【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

はんなり祇園(神戸・平野)

Posted ish / 2010.05.25 Tuesday / 14:50

神戸って西洋料理や中華など色んな国の料理が充実してるもんで、和食のいい店が少ないように思うんですね。そりゃあそれなりの価格を覚悟すれば色々あるんだろうけど、僕らみたいな庶民でも気軽に行けて、なおかつおいしいって贅沢な望みを叶えてくれる店なんて、ほんとに数えるほどしか知りません。
で、先日やっさんのブログを見ていたら、一目でこれはっ!とピンと来る店に遭遇しました。行きたいなあと思っていたら、ラッキーなことにおがちゃんと一緒にお誘いがあり、僕を含めた3人に、偶然現れたキテンさんも加わって、計4人で昨夜行ってきました。

20100524はんなり祇園1.jpg

そのお店は、開店して1年ほどの「はんなり祇園」。祇園って書いてあっても京都ではなくって、神戸・平野の祇園神社の近くにちなんだ店名です。先日平野あたりをウロウロする機会があったんだけど、平野交差点の北西角とわかりやすい場所なのに、全然気づきませんでした。まだまだ勘が鈍いなあ。

やっさんとしても本来ならこっそり隠しておきたかったのだけど、来月のあまから手帖に掲載される予定なので、そうなったらドバッとお客さんが来るだろうし、ご店主にも了解済みということで、ブログにあげたそうです。ということで、僕も右へ習えで思いっきり公開させていただきますw

(以下の小さな写真はクリックで大きくなります)
20100524はんなり祇園2.jpg20100524はんなり祇園3.jpg
20100524はんなり祇園4.jpg20100524はんなり祇園5.jpg

店主の安藤さんは、日本料理の修業の後に魚屋で働いておられたそうで、その当時のルートと独自で作られた肉・野菜・酒の仕入れ先を持っています。神戸出身・田舎は宮崎・沖縄好きというプロフィールが加わって、出来上がったメニューは日付入りの手書き、和食中心とは言え間口が広いです(ぜひ左上の写真をクリックしてみて下さい)。
こだわりと気っ風が感じられる店内は、テーブル席4+2+2とカウンター席3の11席のみ。今でも予約しておいたほうが確実なのに、この先どうなるコトやら。(←なら書くなよ) フロアは安藤さんのお母さんが担当、平野という土地柄もあって、だからこんな価格でやれるんですねえ。

食べたものをどういう風にご紹介しようかと考えましたが、それぞれに長々コメントしてるときりがないのでw、単純にだーっと並べていくことにしました。僕がウダウダ書いた文章を読むより、写真見ていただいたほうが手っ取り早いでしょうし。

20100524はんなり祇園6.JPG
造り盛り合わせ〜鯛・蛸ブツ・メジロ、きざみ山葵添え。本来はネタごとに別メニューのところ、「一人一切れずつ」とわがままな注文をしたので、価格不明。おろし山葵ではなく、山葵を刻んだものが添えてあって、これを造りに載せていただきます。

20100524はんなり祇園7.JPG

大根からしビール漬け(380円)。この手のちょっとしたアテものの種類が多く、それぞれ気を引く名前だもんだから、飲み助にはたまらんですばい。

20100524はんなり祇園8.JPG

鶏のキモ塩ゴマ添え(480円)。キモ自体もおいしかったけど、上にまぶしてある塩ゴマにガーン。うっすらゴマ油をまとった塩味の白ゴマなんですが、舌触りが面白く香ばしくって、生ギモにすごく合う。別メニューでごまきゅうりなんてのもあって、これも合いそう。クラコットにチーズとこの塩ゴマ載せてもいいんじゃないかと思いました。

20100524はんなり祇園9.JPG

西京味噌漬け焼・赤魚(530円)。味噌漬け好きなんです。アテにもいいけど、猛烈にご飯が欲しくなる。

20100524はんなり祇園10.JPG

パリパリポテトと豆腐のごまドレサラダ(650円)。揚げたて細切りポテトがてんこ盛り状態で、食べごたえがありました。

20100524はんなり祇園11.JPG

ホヤの塩辛(530円)。実は、これまで食べたものの中で唯一苦手なのがホヤなんです。でもこれは塩辛なので、おいしくいただけました。
あ、この日飲んだのは、最初はチューハイ(これもこだわりあり)、続いてクース(泡盛古酒)のロックです。アルコール類も各種充実してるので、楽しいよ。

20100524はんなり祇園12.JPG

これがちまたで噂の、サワラの塩煮・田舎仕立て(480円)。塩だけの煮魚って沖縄の「マース(塩)煮」位しか知らなかったんですが、調べてみると他でもあるんですね。潮汁なんかもそうとも言えるし。
ごまかしがきかない調理法だけに、素材が良くなければ成り立ちません。食べてみての感想は、シンプル・ストレート・やさしくて、とにかく魚の味がよくわかる。恐れ入りました。

20100524はんなり祇園13.JPG

沖縄田芋のどぅる天しょうが風味みぞれあん(2個630円)。那覇の山本彩香さんとこでどぅるわかしー食べて以来、ターンム(田芋)ファンになったもんで、これは店に来る前から注文しようと決めていました。ターンムのリンク先にあるように、ドゥル天とは
ドゥルワカシー - 芋と芋茎をそれぞれ茹で、豚肉や椎茸などの具を加えてペースト状になるまで炒め合わせた家庭料理。法事や慶事につくられる。ドゥルワカシーを円く成形して揚げたものはドゥル天(ドゥルワカシーの天ぷら)と呼ばれる。

もっちり粘りがあって延びがあるドゥル天とみぞれあんの揚げ出し餅っぽいマッチングがグー。お願いしたら沖縄料理も色々作ってくれるんだろなあ。

20100524はんなり祇園14.JPG

海のもんユッケ(650円)。各種刺身混合をユッケだれで和えたもの。お酒にも合うしご飯にも合います。

20100524はんなり祇園15.JPG

甘鯛の兜とアラ煮付け(980円)は、アラとはいえ豪勢やったなあ。それなりにボリュームあったのに、あっという間になくなりました。

20100524はんなり祇園16.JPG

これも大好評のチキン南蛮(@880円だけど、これは何人前だか不明)。鶏肉の質も揚げ方もいいんだけど、タルタルソースがうまい!すでに何回も来てるやっさんが、毎回これを注文するのがわかりました。これも白ご飯欲しい!

20100524はんなり祇園17.JPG

で、〆は玉子ご飯・かつおとらっきょ(350円)。この日いきなり一人の年輩の女性がガラッと店の戸を開けて、「すみませ〜ん、玉子ご飯だけでもいいですか〜?」と入ってこられました。もちろんこれだけでもOKなんですが、すごくいい表情で「おいしかったです〜」といいながら帰って行かれたのが印象的で、最後に食べてみたかったんです。


以上全部で12品、それなりに飲んで、4人で割り勘一人頭@5000円。ク−スも良かったし、この内容でこの価格は大満足です。おいしいし、店の適度な狭さが居心地いいし、なにより店主の安藤さんとお母さんの人柄がいいです。やっさんほどは無理にしても、これから何度も通いたいお店です。でも、ますます混むだろうなあ…


{お店データ}
住所:神戸市兵庫区上三条町1-25 電話:078-511-0665
営業時間:18時〜24時 定休日:木曜

Comments

Melody2010/05/26 08:57 PM

確かに神戸で和食はピンと来るお店がなくて
ずっと京都通いしてました。
最近気に入ったお店が出来たので京都通いが減り助かっています。
フラワーロードから1本東の道にある「日本
料理 櫂」です。
お昼の縁高御膳は1580円とお手ごろです。
ただし絶対予約されないといつも満員です。

Melody2010/05/26 09:17 PM

訂正です。縁高御膳1680円です。

ish2010/05/27 12:55 AM

Melodyさんが勧めてくれるお店なら間違いないですね。
できるだけ早く行ってみます!

アン2010/05/27 01:39 PM

『パリパリポテトとゴマドレサラダ』
材料があったので(レタス、トマト、豆腐)作ってみました。
ポテトのパリパリの食感がおいしかったです♪

Meldoy2010/05/27 10:39 PM

お気に召さなかったらごめんなさい。
ただ縁高御膳は特に女性ファンが多いので
もし行かれるならぜひ奥様もご一緒に。

ish2010/05/28 12:03 AM

アンさん>
お、写真見ただけで作ってしまうとはすごいすごい!
ポテトをパリっとあげるの難しいと思うんです。

Melodyさん>
はい、そのつもりでした。お互いにしばらく忙しいので、日程調整つき次第行ってきますね!

Comment Form





Trackbacks

Trackback URL : http://foodish.net/sb/sb.cgi/1692

おがちゃん便り2010/05/26 08:29 PM

 一部のブロガーの圧倒的な支持により、ブレイク寸前の「はんなり祇園」へ行ってきました。 やっさんに誘われて、ishさんと3人で予約し†††.

PAGE TOP