「大正」タグアーカイブ

やっぱり「さのや」(大阪・大正)

今週はなんだかんだあってなかなか更新できませんでしたが、相変わらず元気に飲食活動?は続けております。
 

2018-08-11 18.40.32
ぼちぼち独自カテゴリを作ろうかと思っている「さのや」には、ふと気がついたら足を運んでしまいます。たまたまなのか、一人で行って満員で入れないことは一度もなく、混んでいても詰めてくれるのでなんとか潜り込めています。入店したらまずはバリキング、軽めのアテを一つ二つ取って(この日は玉子サラダ・120円とハモ皮胡瓜・200円)メニュー検討するのがパターン。
 

さのや1
お造りメニューにとり貝(450円)がありました。とり貝のおいしいのってあんまり食べたことないんですよね。お皿が小さいので出てきた時は少なめに見えますが、実はけっこう入ってて、肉厚でいい具合のぶりんとした弾力があって、さすがここのはネタがいいです。
バリキングはすぐなくなり、最近ここでのお気に入りの「鼻つまみ焼酎」ロックにチェンジして、もう一品は蓮根エビしんじょう(280円)。生・焼き・揚げ・和・洋・中・エスニックと、店は狭いのに料理の間口が広いのが魅力の一つです。
 

2018-08-11 19.27.47
こちらは鶏白キモ炙り(280円)。軽くねっとり纏わり付く旨味が、どっしりした芋焼酎にめっちゃ合ってて、お替わりせざるを得ません。
 

さのや2
そして別の日、この日もバリキングとポテサラ(120円)とサンマお造り半身(330円)でスタート。サンマの脂の旨味が、確実に秋に移りつつあるなあと実感させてくれます。もう一品は生春巻き/ゴイクン(280円)、この価格でいいエビ入ってて、野菜たっぷりで値打ちありあり。
 

さのや3
サンマを食べたせいで気分が秋っぽくなったせいか、焼き茄子(値段忘れた)を頼んだら、値段の割りにえらく立派なのが出てきて、隣のお客さんも思わず後追い注文してはりました。本来ならぬる燗をいっときそうなアテですが、この日は思うところあってバリキングから赤ワインへチェンジ。メニューにあったらつい頼んでしまうつくね(塩・180円)もうまし。
 

2018-08-31 20.12.38
なんで赤ワインかといえば、初めて見るビーフシチュー(350円)を食べてみたかったから。カウンターの大きな鉢に入っているのを見て他のお客さん何人かが「カレーですか?」と訊いてはりましたが、まさにそう見えます。
価格からして本格洋食的なものは期待するはずもなく、食べてみたら和風の牛すじ煮にトマトペーストその他を加えたバリエーションものって感じでしょうか。コクはそれほどではなくサラッとした感じ、でも旨味は充分溶け込んでいるし肉はトロトロ。うーむ、おもろいなあ、こんなものも出してくるかぁと、ますますこの店が楽しみになって来ました。
 


以前お伝えしましたたように、6月から不定休になりました。9月の予定はこの通り、赤字がお休みで土日休みなし以外は全く規則性なし、このタイプのカードを作るのはヤメになったようで、ちょっと残念。
 


助走をつけに「ゆうだん丸」(大阪・大正)

2018-07-11 18.41.11
この日はえて吉さんと某所に行くのが目的で、その前に(失礼ながら)助走をつけに数年ぶりに「ゆうだん丸」でちょい飲みすることにしました。1階は立ち呑み、2階は椅子席もあり。オープンしてからそれなりの年数経つはずで、大正駅近くではすっかり定着した感があります。
 

2018-07-11 17.56.01
口開けはチューハイプレーン(280円)に、ここの是非もの・鮪の中落ち(280円)をば。さすがウリだけあって鮪の質がいいです。
 

2018-07-11 18.10.19
だいぶ前に食べて確か美味しかったはずと記憶に残っていた鯖の炙り棒寿司(2貫350円)は、やはり記憶どおり。ちゃんと記録してなかったんだけど確かこの日はこちらのお店の寿司の日で、いつもより安かったんだか、普段はお寿司やってないんだったかのような気がします。(←そういうのはちゃんと記憶してない)
 

2018-07-11 18.34.51
僕が味噌漬けが好きなもんで、フグの味噌漬け(値段記録なし)を頼んでみたら、予想以上にサイズデカくて分厚い立派なのが出てきてびっくり。これはうまかったし食べ応えがありました。
途中から焼酎にチェンジしてたし、ヘタしたらこのままここに居着いて助走じゃなくなってしまいそうだったので、今回はこれにてお勘定。さすが年数続いてる店だけありますなあ。
 

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家西1-9-1
電話:06-6554-8277
営業時間:17時~23時
定休日:日曜
 


再チャレンジでホルモンBarおかだ(大阪・大正)

写真 2018-06-25 20 02 07
この日はえて吉さんと某所に行こうとしたら臨時休業で振られ、ホルモンBarおかだに行ったら満席。しょうがないので初めての店にトライしに行ったらイマイチだったので、またおかだに舞い戻ってきたら入れました。さすがハラミカツサンド遭遇率が高い僕、この日もあったんだけど、残念ながら出遅れで売り切れ。まあ他にも色々あるので全然構いません。まずは是非ものホルモン串(一本140円)をば。
 

写真 2018-06-25 19 59 24
ここはワインも色々揃ってます。僕は詳しくないのでいつも3段階あるおすすめ赤ワインのうち真ん中のを頼んでます。この日はレア・ヴィニアーズ・カリニャン・ヴィエイユ・ヴィーニュとかいう樹齢45年の古木から作ったフランス産で1ショット500円。
 

写真 2018-06-25 20 10 28
えて吉さんがこれは初めてということもあり、レバーパテ(580円)を。赤ワイン飲む時にパテっての好きなんです。これとホルモン串とハラミカツサンドがここ の料理の僕のベスト3かな。
 

写真 2018-06-25 20 15 44
初めて見るメニューがあったので頼んでみました。タブリエ・ド・サプール=ハチノスのリヨン風カツレツ・リヨネーズ添え(680円)。こういうのに遭遇する度に、せめて食い物関係だけでもフランス語を勉強せなあかんなあと思います。

写真 2018-06-25 20 17 23
これ、旨かったんですよ。噛むほどに旨味が出てくるハチノスに加え、添えられたソースがめちゃうまい。タルタルソースをベースにハーブ(ディル?エストラゴン?ローズマリー?)のみじん切りが混ざってて、これがハチノスの強さに負けることなくすごく合ってました。手間かかってるなあ、値打ちあるなあ。
 

写真 2018-06-25 21 16 43
ここまではおふらんすな路線だったのに、〆は一転して牛ホルモンのフォー(700円)。フォー好きなんですもん。

いつもの料理もおいしかったし初めてのもおいしかったし、満足満足。強いて言えば最初に来た時に入店できてればもっと色々食べられたのにな。
 


肉喰いたいモードで「ほるもんBarおかだ」(大阪・大正)

2017-07-30 18.34.06
記憶にある限り冷房負けは数度あるものの、夏バテしません。むしろ暑くなると食欲が増して、ガッツリしたものが食べたくなるタイプ。ということで、この日は「ほるもんBarおかだ」へ。

2017-07-30 18.35.27
大概最初はビールなんだけど、この日はシャンパン・スパークリングワイン飲み比べセットなんて企画ものがあったので、せっかくなのでそれをいっときました。

2017-07-30 18.36.18
アワもの、けっこう好きなんです。でも、ワイン系は全然詳しくないです。(ワインに限らないけど)

2017-07-30 18.40.36
この店に来たら必ずと言っていいほど注文してるホルモン串@140円を2本。いろんな部位が刺さってて変化が楽しめて、これだけでけっこう飲めてしまいます。

2017-07-30 18.56.15
めったに出会えないはずのハラミカツサンドと僕は遭遇率が高く、この日もメニューにありました。でも肉だけを喰いたいモードだったので、ハラミを焼きで(900円くらいだったかな)。コロッとした切り方なので、噛むと余計に肉汁がジュワーッと感じられます。思わず赤ワインにスィッチ。

2017-07-30 19.31.46
もうちょっと何かお腹に入れておきたかったので、パテのクロックムッシュ(400円)を追加。ここのパテも美味しいんですよ。思っていたよりもボリュームがあって、最終的にはお腹パンパン。パテ単品にしときゃ良かったかな。

この数日後、焼肉食べ放題に行ったので、当分肉喰いたいモードにはならないと思います。でもこの程度ならいつでも食べたくなりますな。