「二度目」タグアーカイブ

二度目の「祥龍」(神戸・元町)

IMG_5313
赤萬」の餃子が食べたかったんだけど、三宮・元町とも定休日だったので、そういやあそこがあったなと思い出し、「祥龍」に向かいました。(ヒドイ写真やなあ…)
 

IMG_5318

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回行った時はオープンしてまだ1ヶ月足らず、時間が経って店内メニューもメニューブックも以前より見栄え良くなっていました。
 

IMG_5319
なにはともあれビールと水餃子(480円)。黒酢をちょっとつけて、皮つるんとモチモチ・アンたっぷり、やっぱりここのはうめえ〜 水餃子って焼きに比べてやってる店があんまりないのだけど、好きなんです。
 

IMG_5322
今回が2回目ですとかなんだかんだ女将さんと話していたら、味見にと干し豆腐のピリ辛和えを出してくれました。こちらのお店は中国東北地方の料理がメインなんだけど、これとかキムチは韓国風でも女将さんの好みだからメニューに加えてるんだそうです。これ、辛味はそれ程でもなくお酒のあてにぴったりで、レギュラーサイズ以外にハーフサイズもあればいいのではと提案しておきました。
 

IMG_5323
前回食べられなかった焼餃子(350円)は、水餃子とは別仕様で、こちらも皮からお手製。女将さんの好みで野菜少なめ肉たっぷりなので、食べ応えがあります。この手の焼餃子はちょっと珍しいかも。なお前回に引き続き、この日も豚まんはなし。どんなのか気になるなあ。
 

IMG_5330
前回食べられなかったラムの串焼き(一本150円・3本から)を水餃子を食べた後に注文しようとしたら、炭火?を用意する都合で17時以降でないとできないと。その後なんだかんだ飲み食いしてたら頃合いの時間になり、他のお客さんが注文したついでに僕もお願いしました。
クミンが効いたチリパウダーがかかってて、臭みは一切感じられず柔らかくて適度に肉汁あり。3本なんてあっちゅう間になくなってしまいました。強いて言うならもうちょっと獣臭さが残ってても良いんやないかと思ったほどで、この時はハイボール飲んでたんだけど、もっと強めの酒とか重めの赤ワインがあればなお良かったです。これ、是非もの。

休みもほとんど取らず通し営業で頑張ってはるのはありがたいけれど、ちょっと心配。馴染みのお客さんも増えてきてるようなので、無理せずマイペースでやっていっていただきたいものです。
 

二度目のクアトロ(神戸・元町)

IMG_1872
平日12時前に元町にいてどこでランチしようかなあと思っていたら、ふと思いついていつも行列ができている洋食の「クアトロ」に行ってみたら、なんと列なしじゃないですか。勇んで扉を開けたら、実は既に満席で2巡目待ちのお客さんが一人。こんなチャンスはあんまりないし急いでもなかったので、妻と二人でゆっくり待つことにしました。
 

IMG_1877

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この場所には少なくとも13年以上前にバスキアという店があり、その後ダイニングフォース→クアトロと変遷、経営的にどうなっとるのかは知りませんが、代々洋食系のお店として繁盛しています。クアトロになって初めてかと思ったら、7年も前に行っとりました
 

IMG_1881
30分ほど待って12時20分頃には席に着くことができ、オーダー済ましてまずはビール。平日お昼時とあって、客層は近所にお勤めの方が多く、呑んでる人はあんまりいませんでしたw
 

IMG_1883IMG_1894
ランチメニューにはお替わり自由のライス・味噌汁・サラダ付きで、僕のチョイスは当然の如くビーフカツレツ(1500円)。

IMG_1898
内装がオシャレでカフェっぽいですが、出てくる料理はヤワじゃなくちゃんとした洋食。肉質良く厚みたっぷりミディアムレアに揚げられたビフカツに、ビターなデミグラスソース(個人的には少しだけ塩不足?)、味噌汁の具はネギ・薄揚げ・わかめ・巻き麩と具だくさんで、どれもきっちり作られています。
 

IMG_1891
こちらは妻のBセット、ハンバーグ+クアトロコロッケで1100円。ハンバーグは紡錘形のふんわりタイプ、ボリューム十分なコロッケは唯一店名が冠についてるだけあってオリジナリティを感じさせる一品でした。調べてみたら、シェフのお母さんが作っておられた家庭の味で、洋食の道を選ぶきっかけになったものだそうです。周りを見渡すとこのセットを選んでいる方が多く、人気があることがわかります。ビフカツも十分良かったんだけど、こちらのお店ではコンビネーション的にもこれがファーストチョイスかもしれませんね。といいつつ、次回はコロッケ+タンシチューのセットにしようかなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通3-12-3
電話:078-391-8633
営業時間:11時半~15時、17時半~22時
※ただし、日曜日はランチのみ営業
定休日:月曜日
 

「海蓮丸・神戸店」で二度目のランチ(神戸・神戸駅北側)

2018-01-31 13.16.39
すっごい豪雨が予想されていた某休日のお昼時、それでもどうしても寿司食べたいモードだったので、そこまでして行くかなあと自分でも思いつつ、最寄り駅から近い「海蓮丸・神戸店」に行くことにしました。(それなりな雨が降っていたので、上の写真は以前の使い回しです)
 

IMG_1759

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

日曜の12時過ぎということもあり、1階のカウンター席に滑り込みセーフ、2階は宴会中のようで荒天にもかかわらず繁盛されています。僕は二度目、妻は初めて。寿司モードだったので、僕は迷わず前回と同じく寿司ランチ、妻も同じのを。
 

IMG_1761

IMG_1764
ビールをいただきながら、小鉢二種は茄子田楽と魚素麺?を煮こごりで固めた?ようなもの。何なのかちゃんと訊けば良かったけど、お店の人が忙しそうだったもんで。茶碗蒸しも小振りながらちゃんとしたサイズで、出汁がおいしいです。

IMG_1772
お店が忙しかったので料理が出てくるのがゆっくり目になり、却ってのんびりできて好都合でした。料理もこういう感じなので、必然的に日本酒にチェンジ、贅沢して桜正宗 焼稀(680円)ちゅうのをいただきました。
 

IMG_1776
そうこうするうちにお寿司が登場。いずれもネタがツヤツヤしていて、サイズも厚みも充分。どれも良かったけど、特に鯛と蛸が秀逸でした。(好きなネタってこともあるでしょうが)
 

IMG_1779
そして、この赤出汁が旨かった。魚の出汁がすごく濃厚で、お替わりしたいくらい…って書いてて、ひょっとしたらと思って前回来た時のエントリ見たら同じこと書いてました。ブレんなあw

やはりいいお店。1620円で、このボリュームと質はかなりなお値打ちです。夜にも是非来てみたいです。
…って、これまた前回と同じような感想になってしまいました…
 

圓記(ユンキー)二度目(神戸・元町)

IMG_1001
初めて行ってめっちゃ気に入った圓記
◎関連エントリ:もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編 そしてその後編
まだまだ未食のものが一杯あったので、今度は姉・兄と一緒に行ってきました。
 

圓記
まず初めは僕がここで既に食べたことがあるもので、海老餃子(600円)・海老入り香港焼売(600円)・「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。これらについては上記関連エントリをご覧下さい。
 

以降は前回食べられなかったものばかりガンガンイってみました。

IMG_0971
まずは前回メニューを見落としていた、一日限定10食・香港式皮付きパリパリチャーシュー(1500円)。注文した時にもう売り切れって言われたらどうしようかと心配してたんですが、あって良かった〜
こんがり焼き色のついた皮の下に赤身と脂身が層をなしており、見惚れてしまうほどの魅惑的なルックス。サイコロ状のチャーシューを噛んでみると、まずはパリッとサクッとクリスピーな皮の食感と香ばしさ、続いて脂の旨味がやって来て、後を追って良質の豚肉のいい香りとドーンとした食感、噛むほどに次々と旨味がやって来ます。できることなら、いつまでも噛み続けていたい〜
僕が皮付きチャーシューを好きなもんで、かなりしつこい表現ですが、ほんとにこれはうまかった。個人的にはこれだけ食べに来てもいいと思えるくらい、むっちゃ良かったです。
 

IMG_0980
といってもまだ始まったばかり。どんどん行きますよーでチャーシュー饅頭(480円)は、甘めのチャーシュー入りお馴染みの一品。これは2個でしたが、頼めば個数は増やしてもらえます。

IMG_0978
特に期待せずに注文した春巻き(600円)は、フツーに見えるのになんか知らんが皮も中身もええやん。

IMG_0985
こちらはキノコ入り海老の餅餃子(600円)。なんで餅って字が入るのかよくわからなかったけど、こちらの店としては標準的なレベルのおいしさ。(ほめてるんです)

IMG_0988
威水角=ハムスイコー=香港式ピロシキ(600円)は、中身もだけどそれを包んでいるお餅がカリッともちっとしてて、いい意味で大きく予想を裏切られました。

IMG_0991
湯気でピンボケの写真でスミマセン、こちらは蓮の葉で包んだちまき(700円)。注文してから蒸すので20分ほどかかって出てきました。蓮の葉のいい香りが移った薄味糯米ご飯が極上、豪華ではないけど素朴においしい。元々台湾ちまき(バーツァン)とかも好きなこともあるけど、今回食べた中では先のチャーシューに並ぶお気に入りでした。

IMG_0994
デザートその1・蓮の実餡入り胡麻団子(600円)は、揚げたてアツアツ・胡麻香ばしく・カリッと甘い。

IMG_0997
デザートその2・マンゴープリンタピオカ入りマンゴーミルク掛け(750円)。前回食べたマンゴープリンに比べて何でもありって感じで、見た目も食感もゴージャスでリッチ。プルンとしたプリンにタピオカプリっと感がプラスされて、楽しさおいしさ倍増でした。

神戸で飲茶の店は何軒か行ったけれど、今のところ個人的にここはトップクラスです。といいつつ何軒か未訪の飲茶課題店があるので、近々そっちも行ってみなければ。
 

二度目の洋食SAEKI(神戸・阪神岩屋駅)

2018-08-19 13.44.46
妻と昨日兵庫県立美術館に行ったので、お昼ご飯は洋食SAEKIへ。14時前に着いて、店外待ち列は5組程度。待ち列が日陰側だったし回転早かったので、それほど待たずにお店に入ることができました。
 

2018-08-19 13.44.01

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

前回のランチメニューとの違いはカキフライの有無。売り切れていたのはエビカツ&ハンバーグとステーキ。

2018-08-19 14.05.26
ところが店内メニューを見ると、塩で食べるポークカツとプレーンオムレツがありました。たまたま書き忘れなのか、敢えてなのか、さてどっちなんでしょうかw
 

2018-08-19 14.05.12
前回はテーブル席で今回はカウンター席、こんな説明書が貼ってありました。憶えておきましょう。
 

2018-08-19 14.13.02
外で並んでいる間に人数とオーダーを訊いてくれるので、席に着いてから料理が出てくるまでそれほど時間はかかりません。前回と同じのは面白くないなあと思いつつ、価格に引かれて妻はクイックランチ(ハンバーグとチキンカツ)、僕はミックスフライランチ(有頭エビフライ・チキンカツ・ミンチカツ・クリームコロッケ)と、やっぱり同じのにしてしまいました…ただし、前回の経験を活かし、僕はご飯大盛りに。
二人ともオーダー内容が前回と同じだったし、改めて書き足すこともないのだけれど、ここのデミグラスソースってもうちょっとビターだったような気がなんとなくします。一人で来てビフカツ食べてる女性もいましたが、次回こそ別メニューにトライで、ビフカツかあるいはポークカツか。
 

2018-08-19 14.05.52
ランチ以外のメニューにスモークしたノルウェーサーモンフライがレギュラー入り、別メニューのミラノ風カツレツやチキンキエフは今でも食べられるのでしょうか。ポークチャップとポークカツの材料が、神戸ポーク雌肉からスペイン産栗豚に変わっているのが気になります。ということで、次回はポークカツに決定。(忘れていなければ)