「ランチ」タグアーカイブ

久しぶりに「大力」でランチ(神戸・新開地)

IMG_7386
そういや長い間「大力」に行ってないなあと思って来てみたら、いつも通り営業されてて何やらほっとしました。

IMG_7388-2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回来てから2年も経ってたとは思わなんだ。その間にお昼の定食は880円から970円に値上げされてるけど、まあこのご時世ですしね。
 

IMG_7392
店内に入ると、カウンター席の間隔が以前より広くとられている以外はいつも通り。平日12時過ぎでもサクッと座れて、お店にとっては色々大変だろうけどラッキーでした、
 

IMG_7400
お惣菜とメインは月曜と金曜に内容が変わります。主菜は注文があってから作り始めるので、少し時間はかかっても出来たてあつあつ。

IMG_7406
上段はほうれん草のクルミ和え、なすびとひろうすのオイスターソース炒め。
中段はだし巻き、名物のそばずし、糠の香り豊かな香の物。

IMG_7408
下段は空豆入りあんかけ豆腐、豚の天ぷら。
毎度ながら品目数多くて色々盛ってあるので、これはどんなんなんかなあと楽しみながらいただけます。お味噌汁と香の物だけでもご飯一膳は軽いので、その他をアテに飲んでから仕上げるのもオッケー。本来は割烹なので日本酒が欲しくなる味付けですが、今回はビールと一緒にいただきました。雰囲気落ち着いてるし料理はおいしいし、毎度ながら昼間っから贅沢な気分にさせてもらいました。
 

IMG_7413
コロナウィルスが収束するまでの期間限定で、お昼の定食を持ち帰り可能。お味噌汁は付いてないけど750円のサービス価格です。早く収束して欲しいけれど、テイクアウトするならお早めに!
 

外さない店「ペルドマーニ」のランチをテイクアウト(神戸・北野)

95387038_1849918425139039_7914918728393818112_n
神戸 北野のイタリアン・外さない店「ペルドマーニ」オードブル盛り合わせテイクアウトに続き、ランチをテイクアウトしてみました。内容は上記の通りで、この日のパスタは、ホタルイカ・アンチョビ・ミツバのスパゲティ/ペンネ自家製ベーコンとキャベツのアラビアータ/挽肉と白葱のスパゲティパルミジャーノ風味/茄子のトマトソースのスパゲティ/タリアテッレ鹿と猪のラグーソース(+400円)の5種類からのチョイス。
完成状態のパスタだとおいしく食べられる賞味期限は「5分」しかないので、ソースとパスタは別にしてもらい、自宅でパスタを茹でて仕上げることにしました。
 

IMG_7108
まずこちらがオードブルの盛り合わせ(一人前)。左上から時計回りにかぼちゃとリコッタチーズのサラダ/田舎風オムレツ/キビナゴのエスカベッシュ/タコとジャガイモのトマト煮/サワラ白子薫製サラダ、別途生姜/パジリコ2種のパン付き。妻の分と二人前買ったからこの量の倍あったわけで、こんなのあったら飲まないはずがない。お昼過ぎにお店に取りに行って食べ始めたのは夕方頃からだったし、当然ワインを開けました。
 

IMG_7110
で、パスタその1は、ホタルイカ・アンチョビ・ミツバのスパゲティ。スパゲティを茹で、別途温めていたソースに投入、「水分とオイル分が乳化したタイミングがベスト」とのアドバイスでしたがそれが難しい。手早くお皿に盛って、仕上げにミツバを散らしてできあがり。
「オイル系のロングパスタは、プロでも一番難しい」とのことでしたが、それでも出来上がりを時間経ってから食べるよりは(ヘタッピでも)自宅で仕上げたほうがはるかにいいはず。個性が強いホタルイカ・アンチョビコンビに負けないミツバとの組み合わせが面白いパスタでした。
 

IMG_7118
パスタその2は、ペンネ自家製ベーコンとキャベツのアラビアータ。こっちは茹でたペンネにソースを絡めるだけって感じだったので、先のスパゲティよりも気楽に作れました。ブリっとしたペンネがおいしく、やっぱりトマト系のソースっていい。2人前なら1つは必ずチョイスしたいところです。

ソースとパスタを別に持ち帰るなら、どれが作りやすいかシェフに訊いてみるのもいいかも。どちらのパスタもとてもおいしくいただきましたが、やはりちゃんとお店で食べたいなあと言うのが正直なところでした。テイクアウトメニューとしては、この前菜5種とパンとパスタで1000円は超お得。自分で仕上げるのは難しい場合もあるけど勉強になるし、また買いに行ってみようかなあ。
 

再び「神戸一」のランチを持ち帰りしてみた(神戸・JR兵庫駅北)

IMG_6640 12.28.09
これまで何度もエントリしている自宅近くの喫茶(と単純に呼んでいいのか?)「神戸一」では、営業時間中ならいつでも各種の素晴らしい定食をいただくことができるんですが、持ち帰りができることはこれまであまり知られていませんでした。僕は過去に一度だけやったことがあるんですが、コロナ騒ぎで飲食店がどこも大変なので、ご紹介がてら久しぶりにやってみることにしました。

IMG_6635 12.28.09

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

丼物や麺類など一部のメニューを除き、持ち帰り可能、ただし店内で食べる時に付いてくる味噌汁などはなし。特にお得なのは、曜日ごとにローテーションする日替わりランチ600円。あと日替わりの「本日のスペシャル」も要チェック。
 

IMG_6737
お店で注文して先にお勘定して出来上がりを待って自宅へ。この日選んだのは、日替わりランチのチキンカツ定食。無地の薄紙にでかでかと「チキンカツ」「ライス」と書かれているのがいいですなあ。

IMG_6741
自家精米のライスはお茶碗なら2杯以上の大盛り。チキンカツには、トマト2カットを含むたっぷりの生野菜とマカロニサラダが添えられています。

IMG_6744
メインのチキンカツはボリューム充分、サクッと揚がってソースが合ってて、ヘタな洋食屋顔負けのレベルです。出汁がおいしい味噌汁が付いてないのは残念ですが、その替わりなのかご飯の盛りがすごくて、一人では難儀するほど。毎度毎度の感想なのですが、とにかくこれで600円とは信じられない味とボリュームに感服します。お店でも持ち帰りでもぜひ! そういえば、ここのカレーって食べたことないんよなあ。
 

ロイヤルホストでランチ

諸事情により、めっちゃ久しぶりにロイヤルホストに行きました。ロードサイドの店はほとんど行く機会がないので、僕は多分10数年ぶり、妻は20年以上、義母は今回がロイホデビューでした。メニュー選択に10分以上かかった結果…
 

R0002487
ロイホデビューの義母は、蟹グラタンのココット&ハンバーグに小ライス。注文した時にこりゃあなんぼか助けんとあかんやろなあと思っていたら、コーンとフライドポテト以外は、味見させてもらいたかったけどほぼ完食w まあ気に入って食べてくれたんだから良かったです。
 

R0002485R0002490
僕はここんとこグラタン食べたかったので、コスモドリアのサラダ・スープセットをオニオングラタンスープに替えてもらいました。上2枚の写真では同じサイズに見えますが、オニグラはドリアの半分か3分の2くらいの直径でした。ドリア(栗が入ってるんですね)は可もなく不可もなく、オニグラは噂通りかなり良かったです。車だったので、飲めなかったのが残念。
 

R0002482
妻のチョイスはアンガスサーロインサラダのセット。何切れか食べさせてもらいましたが、肉質もそこそこ良くってこれが一番正解なような気がしました。(ハンバーグ食べてないけど)

大きく外れることがないし、物によってはかなり質が高く、ゆっくり出来てたまにはいいなと思いました。義母はドリンクバーも初体験だったし、結構喜んでもらえて今回はそれが一番良かったです(^ ^)
 

「肉の松山」でランチ(滋賀県東近江市)

IMG_3842
信楽のミホミュージアムまで妻と行くことになり、じゃあ昼ごはん食べてからにするべということで色々調べた結果、東近江市に肉系のお店が色々あると判明。ちょっとコースからは外れるけど時間もあるし、その中から「肉の松山(しょうざん)」を選んでみました。あたり一面田んぼや畑の中、ここと隣の建物だけポツーンとある感じ。開店11時半のところ15分くらい前に着いたら、駐車場はすでに残り2枠ほどしか空いてなくて危ない危ない。
 

松山1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

入口には牛の固体番号や野菜・果物の産地、店内には全て無添加の調味料の産地が記載されている、意識高い系。都会じゃなくてもむしろ産地でこういうところが増えつつあるんでしょうかね。
 ◎参考:近江牛の定義
僕らがついた頃には入口に順番待ちの名前を書くボードがありましたが、開店少し前に下げられました。入店の順番は、予約あり→ボードに記名あり→早いもん順。
 

松山4
お店のサイトを見ると、焼肉・ステーキ・すき焼きなど様々な食べ方で牛肉を頂けるお店ですが、ランチタイムは焼肉抜きなメニュー構成。まあでも言えば焼肉も食べられんことはないでしょう。皆さんの注文を見ているとエビフライ付きが人気のようで、常連らしきサラリーマンさんは牛ではなくとんかつとエビフライの合い盛りを食べてはりました。もう牛肉は食べ飽きたんかなあ。
 

IMG_3852
通された席が厨房丸見えのカウンターなので、調理の様子をじっくり見ることができました。写真中央のグリルで次々とステーキが焼かれ、保温用の鉄板に乗せられて写真右側でサラダなどがセットされ、客席に運ばれていきます。プロなんだから当然なんだけどめっちゃ手慣れていて、大量の注文を次々さばいていく姿がカッコいい。
 

松山2
こちらが妻の和牛A5やわらかステーキ(2060円)で

松山3
こちらが僕の和牛A5がっつり赤身ステーキ(2700円・ソフトドリンク付き)。肉質と量の違いだけなのであんまり見た目変わらん写真ですが、共通して言えることは結構しっかり噛みごたえがあったこと。僕のほうは赤身なので当然だけど、妻のほうはメニューに書いてあるほど柔らかとは感じませんでした(悪い意味で書いているのではないです)。どう感じるか個人差はあるにしても、妙に柔らかい肉は好きじゃないので、この手のしっかり噛んで味が濃い肉質は大歓迎。特に赤身のほうはサクッと感もあって食べ応えがありました。この肉でビフカツにしたらうまいやろなあ。あと、野菜サラダが美味しかったです。無農薬どうこうに関係なく、野菜そのものもドレッシングも良かったです。
 

IMG_3873
平日の昼間でも予約がいっぱい入ってて、結構席数あるのに速攻で満席。日替わりランチにドライエイジングビーフが出ることもあるそうで、この価格と内容ならそりゃ人気あって当然ですわな。車だったので飲めなくて残念だったけど、いい店に巡り合えてラッキーでした。やっぱり滋賀は牛肉レベル高いなあ。

{お店データ}
住所:滋賀県東近江市木村町50
電話:0748-26-2988
営業時間:11時半~14時、17時半~21時半 土・日の夜は17時~21時半
不定休