「トミー」タグアーカイブ

女将さんと一緒にトミー(福井市)

神戸・元町にある、おまかせ料理のみのお店「佳景」には、たまに寄せてもらっています。毎回行く度にエントリはしていませんが、それというのもこちらの女将さんの話が面白いもんで、写真撮ったり料理のメモを取るのがそっちのけになってしまうからなんですよね。
で、夏の初めににえて吉さんと一緒に佳景に行った時になんでだったか福井のトミーの話になって、えらく盛り上がったと思ったら、えて吉さんが「運転手を買って出るから3人で一緒に行きませんか」って言わはったんです。これには僕も驚きましたねえ。だって運転する=飲めないってことですから、僕以上に食事時にはアルコール類ほぼ必須のえて吉さんにとっては半分ゴーモンみたいなもんですから。まあそれだけえて吉さんがお店と女将さんを気に入ってるからで、それならってことで早速その場で日取りを打ち合わせ、トントン拍子で「女将さんと一緒にトミー」ツアーが決定してしまいました。

DSCF6586
その日からほぼ2ヶ月後、大阪からわざわざ神戸まで車で迎えに来てもらい、女将さんと僕が乗り込んで福井へ。こういう場合には大概僕が助手席なんですが、お店以外で僕らが女将さんと顔を合わすのはほぼ初めてなので、今回は並んで後部座席に座らせてもらいました。えて吉さんがわざわざお父さんのいい車を借りてきてくれていたので、座席は革張り。まるで運転手付きの重役気分にさせてもらって、えて吉さんには申し訳なかったです。

20170911トミー20170911トミー
メニュー選択はほぼ僕に任せていただいて、まずは週替わりランチ(1350円)のサラダをば。女将さんに是非味わってもらいたかったので、300円プラスしてスープもお願いしました。

20170911トミー
えて吉さんはノンアルコールビールで我慢、申し訳ないけど女将さんと僕はいつもどおりお店におまかせで選んでもらった赤ワイン。うー、すんませんなあ〜

20170911トミー
せめてもの罪滅ぼしに、ペシャメル好きなえて吉さんのために通常メニューにはないエビクリームコロッケを事前に頼んでおきました。僕は前回に続いて2回目、前回はランチの一品だったせいか小判型、今回は俵型でどっしりボリュームあり。ドミグラスはもちろんのこと、ここのペシャメル系もすごくおいしいんですよ。

20170911トミー
週替わりランチを選んだのは、メインがこのトミーオリジナルの「ポークベロア」だったから。この料理、かなりの名作だと思っています。

20170911トミー
その実態は、豚肉にトミー特製タンクリームコロッケの中身(ベシャメル)を貼り付け、パン粉をまぶしてオーブンで焼き上げた初代シェフのオリジナル。フツーにポークカツだけでもおいしいのに、それに加えてレギュラーメニューにはない牛タンクリームコロッケのおいしさがプラスされ、そこに例のドミグラスソースがかけられているという手間の固まりみたいな料理です。毎度ながら思うことですが、こんなのがメインで1350円のランチってほんとにすごい。

20170911トミー
そしてメインはもちろんタンシチューとビーフシチューの相盛り。これを女将さんに食べてもらいたくって、わざわざえて吉さんが運転手を買って出てくれたんです。女将さんは子供の頃から、今も元町にある洋食屋さんでよく食事をされていたとのこと。ああだこうだ説明しなくてもこのシチューの意味は食べればわかってもらえるはず。でも気に入ってもらえるかどうかは好み次第。(プロに感想は聞きにくい)

20170911トミー
シチューを食べ終わって、さて〆にあと一品どうしましょうかと言ったら、ハヤシライスが食べたいとのことで特製オムハヤシを。ハヤシライスが食べたいってことはこのソースを気に入ってくれた証、良かった良かった。

20170911トミー
そしてデザートにはサプライズで、季節限定巨峰のゼリーが登場しました。僕は一度食べたことがあって、「巨峰の実が巨峰のゼリーに封じ込められていてその上に巨峰のソースがかかったアイス」という、仕込みの時にナンボほど巨峰の皮を剥いてることやらな一品。いつものことながらデザートまで隙なくビシッと決まっていて、ほんとにすごいレストランです。
行ってから1ヶ月近く経ってこのエントリを書いてると、またトミーに行きたくなってきます。数えたら今年になって4回目。そうかあ、それくらいしか行けてないのかあ…次回のトミー行きは、セイコガニコロッケの時期でしょうかねえ…

帰りにに神戸まで送ってもらうのはさすがに申し訳ないので、えて吉さんの最寄り駅まで送ってもらってお別れ、あとは女将さんと二人で電車で神戸まで。プロの料理人の方と一緒に食事をする機会なんてめったになくて、でもお店と変わらず気さくな女将さんからいろんな話も伺えて楽しい一日でした。お店でも、お店以外でも、機会があればまたご一緒したいものです。


1泊2日北陸の旅(1)〜まずはトミーへ(福井市)

20170701トミー
久しぶりに土日休みが取れたので、妻と北陸ドライブ旅行に行って来ました。そっち方面に行くなら寄らぬ手はないということで、初日のランチは福井で降りていつものトミーへ(こっちが主目的との噂あり)。妻は2回目、今回は車で行ったので僕は飲めませんでしたが、まあそれはしゃあない。2人なので食べられる品数が限られますが、まずはいきなりもはや説明不要のタンシチュー、ここに来てこれを食べないことなどありえません。
(なお、話の都合で、料理は出てきた順番どおりではありません)

20170701トミー

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

タンシチューは迷わず決まってたんだけど、あとをどうするか出発前にしばらく悩みました。悩んだ結果、今まで食べたことがない不定期メニューの「エビクリームコロッケ」をお願いしてみようかと。で、数日前に「もしできれば」とメールを送ったら、嬉しいことにOKとのお返事。
…で、当日お店のメニューを見てみたら、なんとシェフ特製ランチにエビクリームコロッケが入ってるじゃないですか!マダムによると「たくさん作らないとおいしくならないから」とのことで急遽ランチに組み込んでいただいたそうで(そんなことになるんやないかと少しは思っていましたが)、申し訳ないと思いつつ、とても感激してしまいました。

20170701トミー
シェフ特製ランチはいつもながらレベルが高いオードブルから。スモークサーモン・エビのボイル・鴨のローストなど。妻には遠慮なく赤ワインを飲ってもらいましたが、僕はノンアルコールビールでガマンガマン。

20170701トミー
そしてメインの(左)エビクリームコロッケと(右)ポークのピカタ。どちらもコンビニおにぎりを二回りほど大きくしたくらいのサイズで、けっこうボリュームがあります。前者にはエビの殻から作ったアメリケーヌソース、後者には伝家の宝刀・ドミグラスソースがかかっています。

20170701トミー
エビクリームコロッケの断面。おいしいベシャメルがプリッとコロッとなエビの身を包み込み、カリッとしたコロモとアメリケーヌソースの複合コンビネーション。トミーで何度か食べたセイコガニコロッケに比べると、軽やかでカジュアルな味わいで、また違った魅力があります。しかしこちらも相変わらず手間と技術の集合体ですなあ…

20170701トミー
続いてポークのピカタの断面。ポークカツを始めここの豚肉もおいしいのは経験済みなんだけど、ピカタでよりシンプルにそのおいしさを確認。この価格でこの厚み、そしてやっぱりここのデミグラスソースはすごい。

20170701トミー
シェフ特製ランチにはカップスープが付いていて、その半分を妻から引き継ごうとしたら、なんとカラっぽ。なんでやねんと訊いたら「おいしかったから気がついたら全部飲んでしまってた」との答えorz え〜楽しみにしてたのに〜、ということで、スープのみ追加注文しました。
三代目シェフに伺ったところ、昔ながらの作り方のポタージュをベースに、今の季節はコーンを加えているのだそう。真夏に食べたヴィシソワーズもおいしかったし、今後はスープも是非モノになりそうです。

20170701トミー
ここまででデザートを除き注文した料理は一通り出てきたので、さて追加でもう少し食べようと検討開始。ちょうどこの日(7月1日)から昨年好評だった期間限定・ブラックカレーが復活しており、これ目当てのお客さんがけっこう来店されていました。去年食べておいしかったので、追加はこれにしようかなあと思っていたら…

20170701トミー
いきなりドドーンとこんなのが出てきました。ブロック肉を分厚くカットしたのが3枚、ソースを纏ってサフランライスに寄りかかっています。訊けば、60度の弱火で13時間赤ワインで煮込んだ「ポークの赤ワイン煮込み」とのこと。まずは見た目の迫力にびっくり、食べてみたら豚肉ホロホロ、タンシチューとはひと味違う豚肉の旨味が溶け出したソースがこれまたうまい。

20170701トミー
そして嬉しいことに、「食べ比べてみて下さい」とブラックカレーのルーも添えて下さいました。フルーティーな甘味・ドミグラスソースのコク・スパイシーなカレーの合わせ技。「ちょっとだけ」とか言ってた妻、ポークもカレーもバクバク食べてました。
神戸から福井までわざわざ何度もトミーに来ているのは、もちろんここの料理が素晴らしいからなんだけど、それだけでなく、お店の皆さんのこうした心遣いがありがたいからなんですよね。地元にあったらマジで週2回は来てるよなあ。

20170701トミー
そしてようやくいつも通り彩り美しいデザートで締め。いつもと少し違うのは右上、「越のルビー」という高糖度トマトのコンポートで、トマトの風味を損なわないよう軽ーく手が加えられています。

ドミグラスソースに代表されるクラシックな料理を作り続ける一方、それを活かしたブラックカレーを創り出したり、デザートに野菜を加えるという新しい試みは、(気恥ずかしい表現ですが)立ち止まることなくおいしいものを求める意欲あってのものだと思います。一言で言ってしまえば「料理が好きなんやなあ」ってことなんですが、そこが僕がトミーに惹かれる所以なんだろうと思います。
いつもエントリ書いてて旨かったなあって思い出し、また食べたくなる、その繰り返し。さて、今度はいつ行きましょうかねえ、何を食べましょうかねえ。


青春18きっぷで「トミー」へ一人旅(福井市)

20160720トミー
今年も夏の青春18きっぷが発売されていますが、使用開始日初日の7月20日に、神戸から福井まで一人で日帰りで行ってきました。目的はもちろんレストラン・トミー。近所にあったら週2回は行ってるだろうけど遠いのでなかなか行けず、ずっとトミー欲が溜まっていたので、身軽に一人で決行してしまいました。

DSC01190
これまで福井駅からトミーへはワリカンでタクシーを使っていたのですが、一人でそれはもったいないので、前からやってみたかったレンタサイクル「ふくチャリ」を利用しました。福井市がやってるので料金が安く、4時間以内なら200円、それを超えても21時までなら500円。市内15箇所の貸出ポートで自由にレンタル・返却できるので便利です。

2016-07-20 12.54.48
しかも電動アシスト付きなので走るのラクラク、坂道では特に威力を発揮しますね。ハンドル左に付いている強弱ボタンでコントロールでき、バッテリー残量がデジタル表示されます。

20160720トミー
さて本題。これまでは何人かで来ていたので、料理をいくつか取ってシェアすることが出来ました。でも今回は一人なので限りがあります。テーブルに着くまでどうしようかすごく迷ってたのですが、やはり初志貫徹しようと決めてオーダーしました。そしたら、遠くからわざわざここで食べるために日帰りでやって来たこのアホをねぎらうために、お店から冷たいヴィシソワーズのプレゼント。クソ暑い中を自転車で走ってきたので、ありがたかったですねえ。

20160720トミー
そして、初志貫徹のビフカツ登場。ただし、これまで何度かこちらで食べたビフカツとはちょっと違います。こちらのビーフカツ・ポークカツにはカツレツ用のソースがかかっていて、それはそれでおいしいんだけど、ずっとデミグラスソースで食べてみたいと思っていました。でもお店にもポリシーがあってあのソースを使ってるんだから、それを変えて欲しいなんてなかなか言えません。ところが少し前からこちらの3代目と色々やり取りできるようになって、恐る恐る尋ねてみたら「お客様がお望みならやりますよ」とのお返事。うわ、それならと、今回お願いしてみた次第。

20160720トミー
カツ用のソースにもデミグラスは使われているのだと思います。でもやはりこちらの真っ黒でビターなデミグラスで食べてみたかったのは、僕が子供の頃連れて行ってもらっていた洋食屋のビフカツがまさにそんな感じだったんです。なので、今回のビフカツが僕にとっての理想型。どっちがいいかと言われたって好みとしか言えませんが、ぼくはやっぱりこっち。カツに力がなければソースに負けてしまいますが、もちろんそんなことは無く抜群のハーモニー。うーん、これは罪なものを食べてしまったなあ…

20160720トミー
ところで、まもなく創業70周年を迎えるトミーの期間限定・周年企画メニューがこちらのブラックカレー。ステーキと野菜・シーフードフライと夏野菜の2種あって、売れ行き好調だそうです。

20160720トミー
嬉しいことに、またしてもお店から試食バージョン(野菜のみ)をいただいてしましました。ありがたや〜
カレーの見た目はご覧のように真っ黒でややとろみあり、焼き野菜・ターメリックライスとの組み合わせで見た目もきれいです。食べてみるとまずはスパイスの香りとハッキリ目の甘味がやって来て、その後で辛さと旨味が追いかけてきます。僕のカレー経験値が大したことないのでうまく表現できませんが、インデアンカレーと共通するところがあるのかなあと。でもあそこまで甘味も辛さも強くはなく、そこにデミグラスの風味が加わった感じとでもいいましょうか。ビフカツ食べた後だからかも知れませんが、焼き野菜がとってもあってたので、個人的にはステーキやシーフード抜きでも充分じゃないかと思いました。
この期間限定メニューは9月15日まで。気になる方はどうぞお見逃しなく!

2016-07-20 16.13.14
ビフカツやらカレーやらいただいて大満足の満腹になったあとは、帰りの電車まで自転車で福井市内をうろついてみました。特に希望は無かったものの、炎天下「足羽山(あすわやま)」の途中まで登ってしまいました。多分電動アシストの効果を試したかったんでしょうね。
福井駅に返しに行ったら、やはり2台しか置いてないようでした。スポットごとに割り振られてるからなんでしょうが、予約できないので人数揃うと利用しにくいですなあ。せっかくいいシステムなんだから、もうちょっと使いやすくしていただきたいところです。

※なお、この夏2度目の青春きっぷで福井行きを近々実行の予定です。(←アホ)