「うどんツアー」タグアーカイブ

東から西へうどんツアー(後)〜讃岐うどん巡礼2018-2

*諸事情によりしばらくブログをお休みしていましたが、またぼちぼちと再開します。
 以下、いきなり長いです(^^ゞ
 

◎三軒目:松下製麺所

X70F2552
車はさらに西へ進み、高松市内の松下製麺所へ。けっこう昔からあるポピュラーな店で、Wakkyさんは二回目、僕が三回目。驚いたのは、なんとえて吉さんが初めてだったことで、街中だと車が停めにくいのでついつい後回しになってしまったんだとか。

X70F2553
香川のうどん屋さんでもそばを扱っているところがちょくちょくありますが、ここは珍しくも中華麺もやってるので、迷わずそれを。一玉(200円)が多い…

X70F2554
麺の種類と大きさをを言えばどんぶりに入れてくれるので、あとはどう食べようがお好みで。

X70F2556
さっと温めてうどん出汁をかけてネギと天かすを追加。中華麺を扱ってるので、卓上にコショウもあり。これを振りかけるとうどん出汁なのに、一気に中華そばっぽくなります。姫路の駅そばなど、中華麺にうどん(そば)だしという組み合わせは昔から馴染みがあるので、違和感なしにツルツルッと。けど、一玉デカいのでけっこうお腹に応えましたな。
 

◎四軒目:いなもく

X70F2586
こちらのお店は事前のコース資料には載ってたけど下調べしておらず、「まだできてから間もない店」くらいの予備知識しかありませんでした。道中、「えらい山の中らしい」とか「材木屋がやってるらしい」とか「切れっ端燃やして釜炊いてるんやろか」とか、ようわからん会話が車内で聞こえてきます。(その他各種妄想はWakkyさんとこをご参照下さい)

X70F2583
ここまで2枚の写真は帰りに撮ったもの。香川では、「ようこんなとこでうどん屋始める気になったなあ〜マーケティングはどうなっとるんや、周辺競合店とか人口分布とか調べたんかいな」みたいなうどん屋があちこちにあるんだけど、それでもこの環境はたいがい。キツネやタヌキを客にする気かいw

X70F2558
どんどん細くなっていく道を恐る恐る進んでいったその先に、かの有名な山内うどんクラスの秘境系が、忽然と姿を現しました。ほんまに何考えとんねん。

X70F2560
上の写真の反対側もこんなん。人家がないとは言えませんが、それにしても…

X70F2578
確かにうどん屋ののれんが掛かっている。しかしその横には「天然木の隠れ家」という文字も。

X70F2562
どんなヘンコツな木こり爺イがやってるのかと、とにかく店に入ってみると…

X70F2571
意外にも「ぃらっしゃい!」という明るく威勢のいい若者の声。いずれも若くてシュッとした男性2人と女性1人のメンバーのようでした。

X70F2573
熊の手の天ぷらとかあるのかと思いきや、地物を中心とした魅力的な揚げ物各種あり。幾重にも予想を覆してくれて、こりゃオモロイ。

X70F2563
どう食べるべきか迷った末、正攻法でひやあつにして、ここで天ぷらカードを切りました。野菜の串刺し(100円)の内容は、玉ねぎ・ピーマン・ウインナー・ちくわと色々楽しめて良心的。

X70F2567
さてどんなもんかと食べてみたら、またもや予想を覆してくれました。まず出汁の香りが良く力強くてめちゃしっかりしてる。そして麺はこれまたがっしり骨太系、かといってカチンコではなく勢いがあるとでもいいましょうか、だしとの相性もすごくいい。他の皆さんのもちょっと味見させてもらいましたが、個人的にはこのひやあつがダントツ一番。こんな(クソ)山ん中でまさかこんなうどんに出会うとは。これだから讃岐うどん巡りはやめられませんねえ。

X70F2574X70F2575X70F2577
うどんを食べ終わって二階に行ったら、でっかい天板とか家具とかまな板とか色々売ってました。うどん食べついでに家具も是非!ただし軽トラ程度で抑えておかれることをおすすめしますw
 

(以下追記)
下記リンク先を知って、なんであんな山の中に材木屋兼うどん屋があって、なんであんなにしゅっとした若い人がいるのかわかりました。どうぞご一読下さい。
テレビ朝日「人生の楽園」香川・綾川町~父の想い継ぐ山里の店~
 

◎五軒目:山神うどん

X70F2588
僕の好きな讃岐のうどん屋さんベスト3のうちの一つ、ひょっとしたらここが一番好きかも知れません。

X70F2592
8回目めにして初めて見る光景。店の前の麦畑が黄金色に色づいていました。

X70F2599
前回2年前と値段は変わらず、わかめうどんが新たに加わっただけ。

X70F2598
でもどんなメニューが加わろうと、ここでは醤油うどんしか食べたことがないし、醤油うどんしか食べません。こんな遅めの時間に来てもいつもと変わらず完璧。敢えてなんだかんだと書く必要なし。
(既に書き過ぎて疲れたからとも言う…)
 

ということで、今回は5軒。種物が天ぷら一個だけだったのが幸いしたのか、割りと無理なく回れました。毎度ながらの店が良かったのはもちろん、久しぶりの新規秘境系・四軒目のいなもくは掘り出し物でした。ああいうワケ分からん系な店が減ってきているので、今のうちに回っておきたいですねえ。
 


東から西へうどんツアー(前)〜讃岐うどん巡礼2018-2

今年2回目の讃岐うどんツアーに行って来ました。メンバーはWakkyさんご夫妻・myblackmamaさん・えて吉さんと僕と、毎度のメンバー。
 

◎一軒目:吉本食品

2018-05-18 09.42.09
今回のテーマの一つが、あんまり行くことがない香川県東部のうどんにも目を向けようということで(行くまで知らんかった)、香川に入ってからいつもよりかなり早めに高速を降りました。うどん巡りに行く時はいつも到着前にお腹が空いてきて「早よ食べたい〜」ってなるんですが、ちょっとでも早めに食べられて嬉しかったりして。

2018-05-18 09.44.05
製麺所系でメニューは色々。変わったメニューはなさげやなあと思いきや、よくよく見るとうどん屋には珍しい「替え玉できます(70円)」の文字が。「2玉食べたけどまだもの足らんからもう1玉!」みたいな使い方なんですかねえ。

2018-05-18 09.43.41
うどんツアーでいつも迷うことの一つが、どこで天ぷらを食べるか。あんまり食べると肝心のうどんが食べられなくなるし、かといって後で「あそこで食べときゃ良かった」と後悔するのも嫌だし。ここの天ぷら、めっちゃ魅力だったんだけど、一軒目から天ぷらカードを切る勇気がなく、泣く泣く見送り…

X70F2531
冷たいぶっかけの小(250円)を選択。だしは甘味が効いていて、麺は茹で置きだったのでビキビキではありませんでしたが、ローカルっぽい雰囲気が感じられるうどんでした。かけだしでも食べてみたかったなあ。
 

◎二軒目:松乃家生麺

X70F2540
一軒目を出て地道を40分ほど走って二軒目へ。こちらも普段行っている讃岐うどんゾーンよりはかなり東側に位置します。ふりがなは振ってありませんが「生麺」と書いて「せいめん」でいいんでしょう、瓶ビールに対する生ビールみたいなイメージ戦略なんでしょうか(←ようわからん)。

X70F2548
お店に入るといきなりこの光景。うどん経験値が高い我々は、食べる玉数次第で丼を選ぶシステムであることを瞬時にして察します(←大げさ)。

X70F2546
ちょっと恐めな大将(実際はそんなこと無い)が「細いほうしかないよ!」とおっしゃっていたので、本来は太いの細いのあるんでしょう。何種類かの食べ方はあれど、注文するのは玉数のみ。丼に入れてくれたうどんを、温めようが出汁をかけようがどんな薬味を入れようが全て自分次第。

X70F2547
何故か缶コーヒも売ってて、「HOTが3分でできます」って書いてあるのは、ひょっとして釜で温めるのでしょうかw

X70F2544
1玉(220円)にタンクからあったかいだしを注いで「ぬるかけ」でいただきました。かなり塩気が効いていたものの、やっぱり製麺所系ではだしをかけたほうがいいのかなあと思いました。こちらのお店は創業80年だそうで、今や貴重な昔ながらの雰囲気を味わえたことも大きな収穫でしたなあ。