「神戸」カテゴリーアーカイブ

洋食の新店・翔樹(神戸・大開駅北)

20150323翔樹
気が向いたら洋食屋を色々調べてるんですが、自宅近くに新しい店が出来ていることを知りました。ちょっとヤンキーチックな店名の「翔樹(しょうき)」は、今は北野に移転したペルドマーニがもとあった場所に今年1月19日に開店。最近大開通から北側には行ってないので、こんな店が出来てるとは全然知りませんでした。

20150323翔樹

(エントリ内の写真はクリック2回で大きくなります)

唐揚げとか焼豚丼なんてのもありますが、メニューはほぼ洋食一本槍。ここに載っていないカレー・ナポリタンもあります。

20150323翔樹
僕が行ったのは13時過ぎ、この日の日替わりランチは煮込みハンバーグで、僕は食べなかったけれど他の方のを見てるとサイズ的に充分で、あれで650円なら値打ちあるなあと感じました。

20150323翔樹
店内はペルドマさん時代とほぼ変わらず、4人掛けテーブル×2、2人掛けテーブル×1にカウンター席。お昼休みを過ぎていても店内はほぼ満席、やたら女性率が高く、男性客は僕を含めて2人だけでした。あと、一番上のクラスのスペシャル(特大エビフライ・ビフカツ・ハンバーグ・ライススープ付き1500円)をオーダーしてる人がけっこういたのも意外でした。

20150323翔樹
どれにしようかけっこう迷ったあげく、「初めての洋食ではビフカツ」ルールを適用しました。サイズはまずまず、付け合わせはキャベツメインの生野菜とポテサラ、ちょこっと辛子添え。これにご飯とオニオンスープが付いて1200円。

20150323翔樹
思っていたより厚みたっぷりでウレシ。噛んでみると、最初歯応えがあるのかなと思いきや、意外にスムースに噛みきれるちょっと不思議な食感。揚げ加減はミディアムよりも幾分火が通ってる感じで、できればもう少し浅めが良かったなあ。ソースはけっこう軽めで、もたれないのはいいんだけどこのビフカツにはやや弱いように感じました。個人的にはもっと煮詰めた方が好みですねえ。でも、肉質も良くとてもおいしくいただきましたよ。
次回は、650円の日替わりランチも魅力的だけれど、このビフカツ1300円とスペシャル1500円との違いを確認してみたいです(エビフライ、おいしそうだし)。とにかく近所にいい洋食屋さんができて、楽しみが増えました。

(お店データ)
住所:神戸市兵庫区中道通7-3-5 電話:078-515-2022
営業時間:11時半~15時 17時~20時 定休日:不定


やっとこさサンセール(神戸・南京町)

20150309サンセール
まだ行ったことがない課題の洋食屋のうち、これまで3回程トライしたものの休みだったりタッチの差でお昼休みだったりとご縁がなかった「サンセール」にやっと行くことが出来ました。南京町広場の東側にあるちょっとごちゃついたビルの2階にあり、1階にはメニューが出ています。いかんせん周りの店がハデすぎて埋もれてしまってる感がありますが、あの街の喧噪から逃れることが出来て却っていいんじゃないかと個人的には思います。

20150309サンセール
階段を上がるとお店の入口あり。混んでる時は子供お断りって扉に書いてあるのは、ステーキなどは鉄板に載せてサーブするから。動き回るとキケンってだけで、子供嫌いって訳じゃないはずです。

20150309サンセール

20150309サンセール 20150309サンセール
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)

メニューをざっと見渡しただけで、肉料理メインであることは一目瞭然。洋食屋さんというよりは、むしろステーキハウスに近いかも知れません。お昼時は右下のランチメニューから選択可。他のお客さんの注文を聞いていると、やはりステーキ定食の人気が高いようです。

20150309サンセール 20150309サンセール

ランチにセットされているスープとサラダ。スープはオニオン系で、ひょっとして自家製?

20150309サンセール
で、僕のオーダーは定食のビフカツではなくって、思い切ってサンセール定食のほうの「柔らかいフィレビーフカツレツ」(スープ・サラダ・ご飯がセットで1440円)。珍しいことに、スパッとカットされたこの状態で出てきました。瞬時にその意味を理解、これは中の肉質・揚げ加減をどうぞご覧下さいってことですな。

20150309サンセール
如何にも食べ応えがありそうな厚み、写真ではわかりにくいですが揚げ加減はほとんどレア、ソースはバランスが整ったやや軽め。期待に胸膨らませイってみると、上質な甘味の肉汁が溢れ、確かにメニュー名どおり柔らか〜い。価格とこのボリュームからすると、すごくレベルが高いビーフ!
ただし、僕は肉は柔らかければいいと思ってる訳ではないので、もちろんすごくおいしかったんだけど、なんちゅうかこの肉はビフカツには「もったいな過ぎる」ような気がしたんです。ビフカツ大好きなんでいい肉であることは当然嬉しい、けれどむしろこれはステーキで食べるべきじゃないかみたいな感じなんですね。これまで色んなビフカツを食べてきましたが、こんな風に感じたのは初めてやなあ。

食後にフロア担当のマダムと少しだけお話しできました。人力車が並んでいる昔の神戸オリエンタルホテルの写真(すごく素敵)がカウンター席に飾ってあったので、伺ってみたらシェフはそちらのご出身だと。そして、あのオニオンスープもサラダドレッシングもドミグラスソースも、やはりシェフの手作りでした。
  参考リンク:南京町商店街振興組合公式サイト 「ステーキと洋食 サンセール」

カットして出てきたビフカツを見た時、これはかなり自信をお持ちなんだなあと思ったんですが、どうやら洋食好き・肉好きにとって予想以上なお店のようです。うーん、なんでもっと早く来れなかったのか… ステーキもビフカツもシチューも、これから通って色々食べてみなければ

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-3-7 電話:078-331-3524
営業時間:11時半〜14時半 17時〜20時(L.O.) 定休日:火曜(祝祭日を除く)


「まこと」で春を感じる(神戸・三宮)

20150313まこと
三宮でなんだかんだと用事を片付けていたら、ちょうどいい時間になったので、開店即飛び込みで久々に「まこと」に行ってきました。ブログ引っ越してから初めてかと思ってたけど、去年の10月に行ってたようです。

20150313まこと
この日はポジション的に店内メニューが撮れる位置でした。上の段のいもからえびまでと玉ネギ・うずらはほぼレギュラーメニュー、さかなは日替わり、その他はシーズンメニュー。まだかきがあるなあと思いきや、僕の大好きなトマトとたけのこがあるじゃありませんか!
大将の話によると、ここで使ってるのは神戸トマト。メニューの下に西戸田産って書いてあって、帰ってから調べてみたら神戸市西区平野町西戸田ってところでした。

20150313まこと
第1ラウンドは手前からトマト・いも・肉。トマトといもは塩で、肉はソースで。トマトの串カツって何年か前にここで初めて食べたんですが、旨味が熱で凝縮されてすごくおいしいんですよ。
結局3ラウンドほど食べましたかねえ、そのうちトマトは3本も食べてしまいました。その他特に美味しかったのは、たけのこ(下味付いてるのでそのままで)・たまねぎ(ソースで。新玉なのであま〜い)。確実に冬から春へと季節が移っているのを感じる結果でした。
うーん、やっぱりこの店はいい。地球上で一番好きな串かつ屋だといっても過言ではないなあ。


赤萬で一休み(神戸・三宮)

20150309赤萬
人それぞれ、好みの餃子ってのがあると思います。(ってこともないか)
僕の場合、神戸なら赤萬。それも三宮店のほう。お昼過ぎから夜まで営業してるんだけど、ここに来たくなるのは大概3時とか4時とかの中途半端な時間。そのほうが空いているし、お店の方が無駄な会話一切なしに黙々と餃子を包んでる雰囲気の中で、ビール飲みながらゆったり餃子を焼き上がるのを待つのが好きなんです。

20150309赤萬
お店にあるのは餃子(1人前280円)とビール(大瓶500円小瓶350円)のみ、1人最低2人前がルール。タレは醤油・酢・ラー油・味噌だれを好みで各自が調合します。皮が薄めでパリッと焼き上がった餃子のアンは野菜多めであっさりしてるから、2人前なんてあっという間。この日もいつものとおり、買い物の途中にふらっと寄って、餃子2人前とビールをおやつ替わりにさくっといただきました。食べ飽きないんですよねえ、ここのは。
どうでもいいことなんですが、おかみさん(ファンなんです)と焼き担当の男性は親子なのかなと以前から思ってるんですが、どうなんでしょうか。

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-2-1 電話:078-331-0831
営業時間:14時~20時半 ※土日祝は13時〜 定休日:水曜


「一心」で寿司ランチ(神戸・新開地)

20150226一心
某日昼時。しばらくちゃんとした?お寿司を食べていなかったので、新開地の「一心」へ。
写真右に見える赤と青のゲート・BIGMANは、映画発祥の地のシンボルとして、チャップリンがモチーフになっています。…なんてことは地元民にとっては今さらなネタなんですが。

20150226一心
お店に入ってカウンター席へ。お皿は回っていなくてもそう緊張する雰囲気でもないのは、さすが庶民の街。ちゃんと値段が書いてあるので安心です。昼間っから飲んでる男性、お寿司を楽しむ母と娘など、客層も様々。

20150226一心
前回食べた上ちらしがおいしかったので、今回はノーマルなちらし(赤だし付き・1000円)にしてみました。蓋を開けたら「海の玉手箱や〜!」なルックスは、上ちらしと変わらず丁寧で美しい。無論、値段の差なりにネタの違いはあるにしても、ウニ・トロ・かになんかが入ってなくてもこれで充分。酢飯やでんぶの塩梅も良く、相変わらずお酒が欲しくなって困りました。このあと用事がなかったら迷わず日本酒イってたなあ。
ちらし寿司って、見た目が華やかでなんか華やいだ気分になれて好きなんです。これで1000円はお値打ち。そのうち夜にも来てみたいもんです。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地6-1-5 電話:078-512-4323
営業時間:11時半~14時、17時~21時 定休日:月曜