「神戸」カテゴリーアーカイブ

アレが食べたくて紅宝石(神戸・トアウエスト)

20150825紅宝石
昭和56(1981)年創業、2代目シェフもいらっしゃる「紅(こう)宝石」には、これまでほんの数度しか来たことがありません。神戸には中華のお店が一杯あるので、人それぞれの馴染み以外にはなかなか何度も行けないんですよね。この日はあるものが食べたくって検索してみたら、ここのそれが面白そうに思えたので超久しぶりにやってきました。

20150825紅宝石

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

昔からメディアへの露出なども多く、知る人ぞ知る名店。かといってお高いメニューばかりでなく、ランチメニューを初めとして、気軽なのも豊富にあります。

20150825紅宝石
20150825紅宝石
店内メニューにもこれこの通り、それ程気合いを入れなくてもオッケーなものもずらり。もちろんこれ以外にも、写真を撮るのが大変なくらいメニューのページはまだまだありました。全部撮ってアげたら読むのが大変だろうなあ。

20150825紅宝石
入り口近くは各種席数のテーブルが何卓か、写真左手のお店の奥にも、宴会可能な円卓席があります。紅宝石とはルビーのことだそうで、店内は赤を基調とした調度で揃えられています。おめでたい色だからってのもあるんでしょうかね。

20150825紅宝石
この日食べたかったのは「冷麺」(864円)。冷麺で検索すると韓国風のがいっぱいヒットして、この日食べたかった中華風のはなかなか引っかかって来ませんでした。神戸では「冷やし中華」って言葉はほとんど使わないですからねえ。
一見具だくさんのいわゆる中華風冷麺に見えますが、変わってるのは酸っぱくないこと。鶏ガラベースかなんかのごく薄塩味のつゆがかかってて、具は海老・焼豚・錦糸玉子・胡瓜・トマト。麺は細めでもプチッと噛み切れるタイプで、好みでした。焼豚もつゆもあっさり目なので、超さっぱり。酢が入ってないので何だかもの足らない気もしますが、これはこれでありだし、猛暑の時期に食欲がない方には特に合ってるかも知れません。でも僕は夏バテ知らずなんで、そんなことに関係なくおいしくいただきましたがね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通3-5-9 電話:078-331-6162
営業時間:11時半~14時 17時~21時 定休日:火曜


アレが食べたくてグリル一平三宮店へ(神戸・JR三宮駅山側)

20150822グリル一平
この数日前にあるものを食べたんですが、イマイチだったもんでずっと欲求不満状態だったんです。で、それを解消するためにやって来ましたグリル一平三宮店

20150822グリル一平
ちょっと雑な写真で申し訳ありませんが、こちらがメニューの肉料理の部。はは〜ん、こいつ、またビフカツ食べに来たなと思ったあなた、ハズレです。この日の目的は他にあり。

20150822グリル一平
見た目ビフカツとの違いはわかりませんが、今回食べたかったのはチキンカツ。数日前に食べたのは、薄っぺらかったし肉質イマイチだったんですよねえ。でもまあそんな状態でもしょうがない値段のではあったんだけど、とにかくちゃんとしたチキンカツを食べたかったんです。千切りキャベツ・トマト・ポテサラとオーソドックスな付け合わせに、ボリュームたっぷりにド〜ン。そのうえ、かかってるのは例のドミグラスソースだし、文句なし。

20150822グリル一平
予めカットされているので、ご飯をお供にお箸でいただきます。断面こんな感じの厚みたっぷり、胸肉なのであっさり柔らか。ソースは全面にかかってないので、衣のクリスピー感もちゃんと楽しめます。
狙い通り死角なしのチキンカツ。カツそのものもうまいんだけど、やはりここのドミグラスソースは抜群です。ボリューム的にもしっかりなこのカツにこのソースがかかってて、この付け合わせにご飯付き、しかもJR三宮駅改札から徒歩3分、これが1000円ポッキリで食べられるっちゅうのは、すごいコストパフォーマンスだと思います。予想通り欲求不満は一気に解消。確実に計算できる店があるってことはありがたいことですねえ。

今回のチキンカツにはもちろん大満足だったんですが、改めて思ったのはここのデミグラスのおいしさ、そしてこのソースに一番合うのはやっぱりビフカツやなあと。ん〜またビフカツ食べに来なあかんようになってしもたなあ。

{お店データ)
電話:078-252-2527 住所:神戸市中央区琴ノ緒町5-5-26
営業時間:11時~15時、17時~21時 定休日:水曜・ 第三火曜


酢豚モードで噂の「餃子の王将」へ(神戸・御影)

20150815御影王将
予定外に仕事の終わりが遅くなってしまい腹ペコで家まで保たんのが確定な上、突然「酢豚食べたいモード」に入ってしまった某日、帰り道のどこで食べようかと思案してたら、そうや、他店とはひと味違うと噂の「餃子の王将御影店」に寄ってみようと思いつきました。

20150815御影王将
土曜の夜とは言え、21時近くの店内はほぼ満員、かつ持ち帰り待ちの列が絶えずで商売繁盛。一人だったので当然カウンター席へ座ったところ、事前情報どおり隣との距離があまりなく窮屈。かつ、椅子が動かないよう固定されているのでちょっと食べにくかったっす。せめて前後だけでも動ければなあ。

20150815御影王将
当然飲みモードだったので定食類はパスして、単品酢豚で迷いなし。王将だから当たり前と言えばそれまでですが、酢豚単品540円はやっぱり安いなあ。あと、珍しくも僕の好きな豚天があるのも嬉しい。今度来たらそれにしようっと。

20150815御影王将
ビール飲みながら待ってると、待望の酢豚登場。写真の一番上の方に見えるとおり、キュウリが入ってるのが珍しい。それ以外はなんちゅうか(悪い意味ではなく)フツーの酢豚、ただしコストパフォーマンス高いです。突然の酢豚モードを540円で癒してくれてありがたや。

20150815御影王将
王将に来たなら餃子を食わねばなりません。こっちを先に食べたかったんだけどあとで出てきたのがちょっと残念でしたが、これはうまかった。バリッといい感じの堅さに皮が焼けていて、アンもなんか知らんが他店よりいいような気がする。こちらの店では神戸らしく味噌ダレがあるので、それにラー油を足していただきましたが、回りの皆さんは酢醤油ラー油使用率が高いようでした。

隣のお客さんが食べていた炒飯が旨そうだったので思わず追加しかけましたが、時間が時間なのでなんとかガマンしました。次回は餃子・豚天・炒飯に、もちろんビールと行きたいところですな。(食べ過ぎ?)

{お店データ}
住所:神戸市東灘区御影中町1-13-8 電話:078-854-0682
営業時間:11時半~22時 定休日火曜


「いち」で相変わらず(神戸・JR兵庫駅南)

DSC00106

相変わらずではありますが、我が家全員大ファンなご近所中華+α・立呑厨房「いち」に妻と行ってきたので、記録としてサクッとあげておきます。(この写真は以前撮ったのを使い回し)

20140812いち

(こちらの写真も使い回し)まずはメニューにあれば注文率ほぼ100%、サクサク衣のエビ天(320円)でビールを。ぷりっとしたエビはもちろんのこと、さくとプワッとな中華風天ぷら衣が絶妙です。衣だけでももっと食べたいくらい。

20150808いち
さっぱり系の野菜ものが欲しかったので、夏らしく水ナスのネギ塩ポン酢カルパッチョ(290円)。中華がメインのお店とは言え、それ以外のものもなんだかんだ色々楽しませてくれます。

20150808いち
妻リクエストの油淋鶏(330円)。なんか知らんが彼女はこの店に限らず油淋鶏オーダー率高いような気がするなあ。

20150808いち
ポテサラ(260円)。こんな全くフツーのアテもあります。これはこれでうまい。

20150808いち
エビ天以上に、ここではこれを頼まずにはいられない本格四川麻婆豆腐(320円)。これまで何度も書いてますが、麻で辣で熱々でとにかくウマいウマい。本来は辛いのが苦手な妻も何故かここのは大好きで、辛くてしびれるこの本格派がこの値段なんだからほんとに有り難いというかなんちゅうか。一度ご飯にかけて食べたいと思いつつ、まだ果たせていません。

20150808いち
レギュラーメニューがおいしいもんでいつ来てもついついワンパターンになりがちなのを打破すべく、ほんとは〆にねぎチャーハン食べたかった気持ちを、唐辛子中華風焼そば(290円)に注ぎました。店内メニューによると麻婆豆腐が激辛でこれが辛辛なんだけど、こっちのほうが辛かったような気がするなあ。

ビールから初めて途中からはハイボールにスイッチ、量的には2人でこれならけっこう多めだと思います。いつもながらどれも安くておいしくって大満足、でも食べたいものが他にもあってある意味欲求不満。カウンターと2,3人用のテーブル数卓しかないのでなかなか難しいだろうけど、いつか大人数で行って色んなものバンバンオーダーしまくりたいなあってずっと思ってます。実現するには貸し切りしかないかなあ。


「デュシャン」で念願のアレを(神戸・三宮)

デュシャン
以前から知ってたけど、なかなか行く機会がなかった「デュシャン」。洋食屋とは名乗りながらもご覧のようなお洒落な外観なので、なかなか思いついた時におっさん一人でふらっとは入りにくかったんですよね。

デュシャン

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニュー看板に書かれたランチメニューの内容は、市役所と磯上公園に挟まれたこの辺りの立地からすれば、価格的にこんなところなんでしょうかね。ウィークリーランチがスープとソフトドリンク付きで1000円ちょいってのはお得なような気もするし、日常的にはちょっとしんどい価格だとも思うし。

デュシャン
店内に入るとカウンター席を案内されました。13時過ぎて空き始めてたし、できれば光の状態がいいテーブル席に着きたかったんだけど、一人だからしゃあないか。店頭メニュー以外のコースメニューはこんな感じで、あえてメニュー写真は載せませんが今回僕の狙いはここに載ってないランチコース。

デュシャン
まずは、スープかサラダを選べるので、後者を。それなりにボリュームあって彩り鮮やか、水茄子のスライスが入ってたのが珍しかったです。
パンかライスが選べるので後者をチョイスし、いよいよ出てきたのが…

デュシャン
毎度お馴染みのビフカツ。こちらでのちゃんとしたメニュー名は「国産牛フィレ肉のカツレツランチ」で、食後のソフトドリンク付き・なんと税別3800円!!
「お金持ってるなあ〜」と思われてもしゃあないですが、実は、ここで使える2000円クーポンが某ネットサービスから送られてきたんです。1オーダーで2000円以上みたいなしばりがあったのでサービスランチ等には使えず、それなら僕の食べてみたいビフカツリストに長年入ってはいたけれど、価格的にはおいそれとはよう食べなかったここのを経験する千載一遇のチャンスと捉えようというわけで。まあでもクーポンがあってもけっこうな出費ではありましたけどね(^_^;)

デュシャン
ちょっとぞくっと寒気がしそうなほどの断面、厚みたっぷりの当然レア。見ただけですごく上質なビーフなのがわかります。まず一切れ、さあ食べてみましょう。
ぐぐっと噛み応えがあるのではなく、サクッと歯が通るのでもなく、なんちゅうかごく自然にスッスッと素直に噛みきれる肉質。そして噛むほどにあふれ出す甘くて雑味のない肉汁。塩はしっかり目、ドミグラスソースは甘くもなくビターでもなくのさらっと系。ボキャブラリー貧困で申し訳ありませんが、「今まで記憶にないほど上質な肉質の、ピュアなビフカツ」でした、としかいいようがないですねえ、これは。
ただしですねえ、僕のイメージするビフカツからは逸脱してるように思うんです。ここまでの質と価格なら、別のカテゴリーの食べ物じゃないのかって感じ。確かにものすごく美味しかったんだけど、「洋食」としてこれをリピートしたいかと問われれば、(値段のことを含めて)ちょっとどうなんかなあ。もちろん、ごちそうしてくれるんなら、今回よりもっとオシャレして、喜んではせ参じますけどねw

いやはや、クーポンのおかげで貴重な体験をさせていただきました。今度はフツーにランチを食べに来たいものです。神戸外からのお客さんをお連れしても喜ばれるでしょうね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区八幡通4-1-27 D’グラフォート神戸三宮タワー1F
電話:078-272-2720 営業時間:11時半~15時半、17時半~23時
定休日:不定休