「神戸」カテゴリーアーカイブ

哈爾濱でワイン持ち込み宴会(神戸・大開通)

20150708哈爾浜
これまで何度か宴会をやってる哈爾濱(はるぴん)で、料理+ワイン持ち込み料金込み5000円って企画にお誘いがあったので、行ってきました。ワインはようわからんので何を持っていっていいのやら悩みましたが、スペインの泡(CAVA)を数日前に購入、冷蔵庫で冷やして持って行きました。

20150708哈爾浜

この店の大将のルーツが中国東方地方なので、できるだけそっち系の料理を出してもらうよう、今回もあらかじめ幹事さんがお願いしてくれていました。いつもながら品数がメチャクチャ多く、これでも4,5品は写真撮り逃してるんやないかなあ。
(前菜盛り合わせ/豚バラ角煮の釜蒸し焼き/エビチリ/クラゲと干し豆腐と野菜の塩炒め/豚モツと干筍の漬物のスープ/ジャガイモ千切り炒め/春雨の炒め物/卵とトマトの炒め物)

20150708哈爾浜
特に印象に残ったものをいくつか。その1は「ジャガイモと茄子とキヌサヤの煮込み」。なんちゅうことない料理なんだけど、いかにもお惣菜っぽいところが魅力です。こういうのはご飯が欲しくなりますな。

20150708哈爾浜
ゴーヤーとホルモンの炒めもの。ようわからんのですが、部位的にはガツではないかと。個性強い者同士を合わせやや濃いめの味付けでざっと炒めた力強い一皿は、沖縄料理を思い起こさせるもんがありました。

20150708哈爾浜
干しジャガイモと干しインゲン炒め。前回の宴会でも使われていた干しジャガイモ、これいいっすねえ。もともとジャガイモ系好きなんだけど、干して旨味が増して芋の旨味が濃いです。見た目全然映えないけど、素材の魅力が光ってました。

20150708哈爾浜
総勢20名、ワインも(多分)20本。2テーブルをワインがあっちこっち行ってみなさん飲み比べてはりました。僕はワインのウンチクを語るほどには到底なれないけれど、単に飲んで旨いか好きかだけではなくって、基本的なことだけでも勉強しとかんとあかんなあと少し反省した夜でした。ま、ともかくおいしかったし楽しかったし、誘っていただいてありがとうございました。


赤ひょうたん直系の方から連絡いただきました(追記・修正あり)

かつて神戸にあったサラダと洋食のお店・赤ひょうたんには、いまだに多くのファンがいらっしゃいます。旧ブログでも「赤ひょうたん系」というカテゴリを独立して作っており、いまだにひょっこりコメントをいただいたりするのですが、先日ちょっとびっくりすることがありました。なんと、創始者の直系の方からコメントをいただいたんです。
ネットの世界ではなりすましなんかもあるので、最初は半信半疑でした。でもコメント内容からすると本物っぽいしと思いつつ、その後コメント欄やらメールで色々やり取りして、間違いなくそうだと確信しました。

赤ひょうたんメニュー
決定的証拠がこちら、ファンが見たら涙モノの赤ひょうたんのメニュー。(2度クリックで大きくなります) この野菜のキャラクターに見覚えがある方も多いでしょう。このメニュー、なんと送っていただいた方(西本さん、後述)の実家の食器棚の中敷きに使われていたのを発見したのだとか。いつの頃のものなのか、どこの店のものなのかは不明ですが、サラダメニューが3種類しかなかったんですねえ。

以下、これまでのやり取りで判明した事柄を箇条書きで。

  • コメントいただいた西本さんは、東京在住・新中野駅近くの「リスタ」というイタリアンレストランをなさっているそうです。
  • 「赤ひょうたん」という店名の由来は、戦後復興時ほぼバラックの焼き鳥屋さんおでんや屋さん「赤ひょうたん」さんに間借りしていたから。(注:焼き鳥屋さんは勘違いだったとのことで訂正しました)
  • 前身(修業先?)は西宮にあったステーキのA-1。恐らくは現在では神戸三宮が本店のA-1の前身ではなかろうかと。(注:後に記憶違いと判明。A-1は赤ひょうたんのいわば兄弟店としてオープン、その後分離独立。今の生田神社横がA-1発祥の地か)
  • メニューのイラストを描いたのは、建築家の安藤忠雄さんの双子の弟さん(北山創造研究所代表・北山孝雄さん)だと聞いているとのこと。(注:その後、弟さんの奥さんの若い頃の作品かもしれないとの説あり)
  • 昔は若き芸術家や欧米人の溜まり場だったようで、鴨居玲さんの渡仏前の絵などが残されてるとのこと。

…うーん、ほんまかいなと思わざるを得ないエピソードがゴロゴロしてますねえ。安藤忠雄さんに双子の弟さんがいらっしゃったこと自体も知らなかったし、鴨居玲さんといえば神戸と縁が深く、よく通っていたと言われる三宮の「でっさん」というバーに行ったことがあるなあとか、いろんなことが頭に浮かんできます。西本さんは赤ひょうたんのレシピブックもお持ちだとかで、こりゃあまだまだネタがゴロゴロありそう。東京に行く機会があれば、直接お目にかかって色々お話を聞かせていただくことになっていますので、後日改めてエントリする予定です(時期未定)。乞うご期待。


おがちゃんとハシゴ(3)〜文ちゃん(神戸・板宿)

R4001849
夕方4時からタカヤナギで飲み始めて雑多屋へ流れて、この段階で既に10時前。この間ちょこっとしたアテと缶詰しか食べてないので、さすがにお腹が空きました。お好み焼きが食べたいとおがちゃんに言ったら、馴染みの店に連れて行ってくれたんだけど休み。もうどこでもいいからとにかくお好み焼っ!と、目についた「文ちゃん」に突撃。

R4001848

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

後で写真を見てみたら、お好み焼きにはディフォルトで油かすが入ってたそうです。(お腹空いてたし酔っぱらってたので全然気づいてなかった…) さすが下町。

R4001851
お好み焼以外にも鉄板アテ系結構あってメニュー豊富。こちらのお店オリジナルの「オムお好み焼」ってどんなんなんなんやろ。

R4001853
炭水化物を控えてるおがちゃんオーダーのとんぺい焼。もやしを下に敷いてくれてて、これで500円はリーズナブルじゃないでしょうか。

R4001855
僕はお好み焼屋に入ったらほぼオートマチックに注文するすじのお好み焼(750円)をば。板宿相場からすればちょい高めに思えるかも知れないけど、油かす入ってるんならむしろお得かも。

R4001858R4001860
酔っぱらってたので、この辺りはほとんど記憶に残ってません。炭水化物ダイエットしてるのにおがちゃんバカバカオーダーしてたようで、上はなんだろう手羽餃子みたいに見えますね。下はなんだかわからないw

お店には失礼ながら、ざくっとした印象しか残ってないんです<(_ _)> でもお好み焼きもおいしかったですし、悪い印象は全くないし、きっといいお店だったんだと思います。遅い時間まで営業されているようなので、地元の方にとっては便利でしょうね。
おがちゃんとのハシゴにしては珍しく3軒で終わりましたが、カロリー消費のために自宅まで歩いて帰ったら23時過ぎてました。やっぱり板宿は面白いお店がいっぱいあって面白い街ですね。

{お店データ}
住所:神戸市須磨区大黒町2-3-11 TEL:090-6203-7565
営業時間:11時45分~14時 18時~25時半 定休日:木曜


おがちゃんとハシゴ(2)〜雑多屋(神戸・板宿)

20150622雑多屋
この日の目的は、板宿公認市場にある「雑多屋」。名前の通り雑多な店で、お店の西側入口には「ご当地カレー専門店」って書いてあるし、ツイッターでは「加工食品バー」、Facebookでは「たまり場」、サイトではなんか色々書いてありますが、実際にそのどれとも言える多面的というか一言では説明しにくいお店でした。

20150622雑多屋
お店に入ってみると、思っていた以上に暗いっす。バーっぽくしようとしてるのもあるし、ひょっとすると電気代節約かも知れんしw、とにかく店内のラックには食べ物が一杯。写真右側のラックはカレーの部で常時130種類以上揃えてるそうです。左のラックは缶詰、店内にはその他袋菓子やらご当地サイダーやらなんやらかんやら。Barもやってるけどこれら「加工食品」の小売りもやってて、飲まなくても買って帰るだけでもいいし値段もお店で食べるのと同額だそうです。

20150622雑多屋
こちら缶詰ラックの一部、鯖系だけでも色々あります。缶詰バーって最近多いですね。保存が利くし手間が掛からないし種類も増やせるからお店にとってメリットあるし、客側からすると安く飲めるならまあいいかって感じなんでしょう。でも、缶詰をアテに飲むだけなら家で飲んでも大して変わらないんだから、どれだけプラスアルファ出来るかが勝負所でしょうね。

20150622雑多屋
店内で飲み食いする場合はこちらのカウンターにて、注文する度に支払をするキャッシュオン制で明朗会計。お店はカウンター内のマスター一人で切り盛りしてるらしく、聞くところによるとかつて加工食品を扱う会社に勤めておられたそう。カレー買おうと思って質問したら、どうやら自分でもほとんど食べてるみたいで、ちゃんと説明してくれます。商品知識豊富でかなりオタクっぽい空気感あり、オモロイ人。

20150622雑多屋
カレーをアテに飲もうとは思わないのでそっちはお土産にして、おがちゃんと一つずつ缶詰を選びました。鯖のなんかとサンマのなんかだったかな。温めて蓋半開状態でサーブしてくれます。

20150622雑多屋
この翌日がベルギービール試飲会とのことで、それに備えて各種ビールを色んな温度設定で冷やして準備してはりました。食べ物だけじゃなく実は飲み物もこだわってることが徐々に判明していきます。僕が一杯目にオーダーしたこのビールPUNK IPA、IPAとはインディアンペールエールの略だそうです。

20150622雑多屋
酒のジャンルは幅広く、セレクトはややレアもの寄りか。2杯目は右下紫色ラベルの「赤武者外伝・瑠璃姫」っちゅう芋焼酎をロックでいただきました。さっきのビールもこの焼酎も見たことないな。

20150622雑多屋
お、これは知ってるぞ買ったことあるぞ、南大東島で作ってるラム酒・CORCORじゃないですか。でも、緑と赤のラベルのは知ってるけど、右の2本は見たことないぞ。右から2つ目は度数の低いのだとわかったけど、一番右はなんじゃらほい?

20150622雑多屋
名前だけは聞いたことがあるイチローズモルトを僕もおがちゃんも初めて飲んだり、大好きだけどあまり見かけない台湾のウイスキーKAVALANもあったりして、マスターのこだわりが伺えます。僕はお酒のことはあんまりよくわからんのですが、お好きな方ならけっこう楽しめるんじゃないでしょうか。
ぶっちゃけ、夜は人通りが少ない板宿商店街でこんな店やってて大丈夫?!ってちょっと心配ですが、単に缶詰やレトルトをアテに安く飲ませるだけのお店じゃないのはすぐわかるし、マスターのキャラもオモロイ。「商店街並びに市場と協力がコンセプト」というのにも大いに賛同、是非皆さん行ってみて下さいと応援したくなるお店でした。頑張ってね〜!

(お店データ}
住所:神戸市須磨区飛松町2-5-10 電話:080-6206-2987
営業時間:14時頃~23時 定休日:火曜・毎月1日


おがちゃんとハシゴ(1)〜まずはタカヤナギ商店(神戸・西代)

R4001798
板宿に面白そうな店ができたという話をおがちゃんから聞いて、早速行ってみることにしました。目的の店に行く前に、西代駅のすぐ近くにあるタカヤナギ商店でまずは集合。

R4001804R4001802
何度か来てますがいつ来ても不思議なお店。食事もできるし駄菓子も売ってるしお酒も飲める。ビール飲んでるそばに近所の子供が駄菓子のお金払いに来るお店ってそうそうないでしょう。

R4001799
これまで様々なダイエットにトライしてきたおがちゃん、ここんとこしばらくは糖質制限してるのでビールは基本的に飲まないそうです。僕もお付き合いでまずはハイボール。

R4001800
シシャモをアテに飲みながら、おがちゃんと店のおばちゃんとのご近所話なんか聞きつ。雨も降ってなかったので、開けっ放しの店内を通り抜ける風が爽やか。

R4001805
らっきょと出し巻きもいただいて、ハイボールお代わり。ガソリン注入できたので、さあ今日の目的の二軒目へ移動するとしましょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市長田区御屋敷通2-6-15 電話:078-611-4615
営業時間:6時~21時頃 定休日:不定休