「京都」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(2)〜思い出の味を求めてあちこち

IMG_8569
洋食おかだを出て、まずはすぐ近くの「道の駅パレットピアおおの」へバスの時刻を確認しに行きました。

IMG_8570
おお、ラッキー!30分ほど道の駅でウロウロしてたらちょうどバスがあるじゃないですか!これなら予定してなかった某所に行ってみよ〜🎶
…ところが、あとで気付いたのですが、この写真の上にあるように、このバスはJR岐阜駅行き。来るときは大垣駅から来たのと、土地勘無いのでまさかここから岐阜駅行きのバスがあるとは思ってなかったので、全く気付いていませんでした。まあ結果的には却って都合良かったんですけど(^◇^;)

IMG_8576
そんな事とは知らず、道の駅をウロウロ。

IMG_8577
飲食コーナーもあるし、お土産や物産コーナーも充実していて、かなり見応えありました。

時刻が来たのでバスに乗り、なんかおかしいなあと思いつつ、なんとホームに上がってから岐阜にいるという事態に気づくという体たらく。大垣・岐阜から東に移動するつもりだったし、青春18きっぷだからどうとでもなるという意識だったからこそのすごい勘違いでした。(ははは)
 

IMG_8592
で、やってきたのは僕も初めての鵜沼駅。岐阜駅から東へ6つ目のこの駅に来た目的は…
 

IMG_8584
駅から10分ほど歩いたところにある大正11年創業の和菓子屋さん・艸花庵(そうかあん) 養老軒。なんでこんなとこ知ってるかというと、以前は名古屋にあって、かつて名古屋にしょっちゅう出張してた時のお馴染みの店なんです。平成26年に突如店を閉め残念に思っていたら、翌年場所と一部店名を変えて復活したってことまでは知ってました。

IMG_8588

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

場所はわかってても余りにも遠く行きにくい。でもいつか機会があればとずっと思っていました。お店に入って、ここの一押しの手作りういろにやっとご対面。僕にとってのういろのスタンダードは神戸の長田神社のういろやのなんだけど、ここのはそれに次ぐ大好物なんです。
 

IMG_8669
挽き茶のういろを一本おみやげに買って帰って、帰宅してからいただきました。何年ぶりかなあ、ういろやのよりはややしっかりしてて、でも舌触りはあくまでむっちりスムースで甘さ控えめ。記憶の中で膨らんでいるのではないかと思いましたが、やっぱりここのういろはおいしい。いつの日かまたこれを食べられる日が来るんだろうか…
 

IMG_8615
艸花庵養老軒に寄った後、30分以上時間待ちをして鵜沼駅から帰路に。ぼちぼち晩ご飯時が近づいてきたので途中京都駅で下車し、前から行ってみたかった「京都拉麺小路」に寄ってみることにしました。

IMG_8595
単純に拉麺小路に寄ってみたかったこともあるし、ここには十数年前に一度だけ北海道で食べた「白樺山荘」が入ってるのを知ってたんです。

IMG_8607
本店と同じく食べ放題のゆで卵を割り入れた味噌ラーメンは、予想していたとおりまあこんなもんかなという感じ。味の記憶が膨らんでいたのではなく、チェーン化が理由だと思いたいですなあ。いつか札幌の本店にまた行ってみたいもんです。

というわけで、東へ西へ、予想以上に充実した一日となりました。青春18きっぷはやっぱり面白いです!
 


[小ネタ]松茸ご飯食べ放題・ 直會 撰(京都・寺町三条)

2018-09-28 13.07.10
京都の寺町三条を少し上がったところに「とり市」というお店があって、秋になると店頭ですごく立派な松茸が・すごく立派な値段で売られているのは随分以前から認識していました。でもまあ自分にはご縁のない食べ物なので、前を通る時にちらっと見る程度でお店が何屋さんかもちゃんと知らないほどでした。今回調べてみたら、竹の子・賀茂茄子/つくね芋・松茸・千枚漬けなど、季節ごとの野菜と京漬物を扱っているお店だったんですね。
で、先日京都に行った時にこの前を通りかかったら、ひょんなことから道を挟んで向かい側のお店がこのとり市さんの直営店であることを知りました。
 

2018-09-28 13.06.56
こちらがその直営店・直會 撰(なおらい せん)。お漬け物や佃煮、炊き込みご飯の素などに混じって、ふと見ると松茸ご飯も売っていました。興味深げに見ていたら、横にいたおばあちゃんが「これおいしいで〜」と声をかけてきてくれ、お店の方によるとこのおばあちゃん、松茸の時期には毎日買いに来て、1時間ほどお店で喋って帰るそうです。
 

2018-09-28 13.07.31

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

せっかくなので1パック買って、ふと横を見たら「松茸ごはん食べ放題」の文字が目に入りました。11時〜14時のランチタイムに、松茸ご飯・小鉢2品・赤だし・香の物で1000円。値段が値段だからそんなにすごいものが出てくるはずもないでしょうが、なにしろ向かい側のお店のレベルが只者じゃないので、ひょっとしたらと期待を抱きつつ、今回はそれなりの腹加減だったのでお預け。
 

2018-09-28 13.07.36
食べ放題メニューだけじゃなく丼物・コース料理もあり、夜は一品も各種あって鍋もできるそう。今の時期は松茸メイン、季節が変わればメイン食材が変わるらしく、なんとも気になるなあ。(コースよりも単品、それもとり市で買った素材で作ってもらうのがいいとの情報もありますが…)

※未訪ながら気になったので小ネタとしてアゲさせていただきました。

{お店データ}
住所:京都市中京区寺町通三条上ル
電話:075-231-7010
営業時間:11時~14時 17時~21時(入店)
 ※季節により、営業時間が変わることあり
不定休
 


上海家庭料理 七福屋(京都・神宮丸太町)

2018-09-28 12.18.00
京都の岡崎あたりの美術館にちょくちょく行っているので、その近辺でランチってことがよくあります。何軒かブログネタに上げているし新規も色々探しているのですが、今回の「七福屋」も少し前から狙っていたお店でした。
 

2018-09-28 11.46.26
丸太町通り側に黄色い看板が出ていて、そこから路地をちょっと入ったところがお店。隣のジャズスポット「YAMATOYA」って、何十年か前に行ったことあるかも。
 

2018-09-28 11.49.31
派手さがなくフツーの家っぽい店内はカウンター席と小上がりがあり、友人と二人だった僕らは小上がり席を案内されました。
 

2018-09-28 11.49.59
ランチメニューはこんな感じで、目新しいものは無くいかにも「家庭料理」って感じ。夜メニューも高級食材を使わず、リーズナブルな構成でコースがお得なようです。

2018-09-28 11.50.35
近代美術館から歩いてきて腹ペコだったし喉が乾いていたので、当然の如くランチでビールしましたよ。
 

2018-09-28 11.57.34
こちらは友人が選んだ海老入り五目野菜の旨煮セットで、ご飯・玉子スープ・お漬け物付き750円。正直なところ派手さには欠けますが、毎日食べても飽きない系で野菜たっぷり&安いので、常連さんには人気があるに違いありません。
 

2018-09-28 11.54.53
僕が選んだのは、豚肉細切りと高菜のあんかけ汁麺(780円)。

2018-09-28 11.55.33
麺類とご飯系を一緒に食べるのはあまり好きではないし、このあとハシゴで飲みに行くことになるだろうから単品にしました。味付けは高菜の塩気がベースの薄味で、あっさりズルズルいけてします。麺の量もたっぷりめだったので。これにご飯系をつけてたらお腹パンパンになってたでしょうね。

この2品だけで判断するのは早計なんでしょうが、ハレの中華というよりは日常的に気軽に通うお店のような感じです(もちろん悪い意味でなく)。京都の中華といえば餃子の王将が圧倒的に有名ですが、それ以外にもいろんな中華料理のお店があって奥が深いんですよね。もっと他にも行ってみたいけど、中華以外に食べたい物も一杯あるからホンマに困ってしまうんやなあ。

{お店データ}
住所:京都市左京区聖護院山王町25-11
電話:075-771-3833
営業時間:11時半~15時 17時~22時
定休日:水曜
 


祇園祭宵山に行って来ました

Kyoto Gion festival 2018
昨年祇園祭の宵山に行った後ほどなくして、翌年行くとしたら15,16日かなあ・いい宿ないかなあと思っていたら、何と四条通沿いに格安ホテルを発見。なんかの間違いかもと思いつつ速攻で予約したもんで、今年も行ってきました。
ご存じのようにここ数日はアホほど暑く、昨日は38度を超えてたとか。とてもじゃないが真っ昼間に歩き回る気はしないので、午後ゆっくり目に妻と行って友人に会って、四条当たりをちょろっと回ってから宿に戻って夕寝。20時過ぎてからまた外出という避暑作戦でいきました。今日も友人と一緒に朝ご飯食べて八坂神社にお茶とお菓子をいただきに行って、ビール飲みながら昼ご飯を食べた後、早々に帰ってきました。
 

20180716
 

「祇園祭の時期に泊まりで京都に行っておきながら、なにやってんねん」という声もございましょうが、それなりに色々と楽しくやってきました。しかしながら、ここまで暑いのは想定外。個人的にはこれまで生きてきた中で一番の暑さだったかも知れません。
昨年は16日、今年は15日に泊まったので、来年は友人おすすめの14日に泊まって、露店のないゆったりした宵山を楽しめたらいいなあと思っています。
 

※よろしければこちらの写真もご覧下さい。
 


初めての レストラン菊水(京都・祇園四条)

2018-06-27 16.09.59
京都の四条大橋から祇園方向に向いたこの光景、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。右に南座、左には見るからに歴史がありそうな洋風の建物。

2018-06-27 16.06.54
その建物は、大正5年創業・瓦せんべい屋から洋食屋に転身、大正15年に建てられたレストラン菊水。平成8年には国の登録文化財に指定されたのだそうです。

2018-06-27 14.59.40
神戸っ子の僕でさえこの建物は子どもの頃から見覚えがあるし、1階の窓の向こうで演奏会をやってるのが見えたりとか屋上でビアガーデンやってたりとか、色々記憶に残っています。でも特に理由も無くこれまで入ったことはありませんでした。
 

2018-06-27 14.59.01

(エントリ内の写真は二度クリックなどで大きくなります)

2018-06-27 14.58.49
店頭のメニューを見ると、喫茶系からランチセット・ディナーコースなど、幅広く色々。一等地だしこの建物だし、なんとなく敷居が高そうと思い込んでいたけれど、1000円アンダーのメニューなんかもあって意外と気軽に入れそうです、
 

2018-06-27 15.02.36
建物は4階プラス屋上のビアガーデン。一人だったし中途半端な時間だったので、1階へ。通し営業なのでいつでも入れるのがありがたいです。

2018-06-27 15.08.23
創業以来102年というのは京都ではそれほどでもないかもしれませんが、歴史が浅い洋食ジャンルではやはりご立派。現在で3代目だそうで、とにかく継続していくだけでも色々とご苦労があることだと思います。
 

2018-06-27 15.06.22
むっちゃ暑かったのでまずはビール。四条通を行き交う人を眺めながらちびちび飲るのもなかなかいいもんです。
 

2018-06-27 15.06.47
2018-06-27 15.08.12
オーダーしたのは、終日オーダー可能なハイカラグリルスペシャルセット(1250円)。本日のスープ・ハンバーグ・エビフライ・クリームコロッケ・グリルチキン・サラダ盛り合わせ・ライス・コーヒー。いい意味で普通で真っ当な洋食で、この内容・立地でこの価格はすごく良心的に感じました。980円のランチorイブニングセットならさらにリーズナブルかも。

メニューをじっくり読むと気になるのがいくつかあって、例えばビフカツ・タンチュー・ハイシライス・海老ライスグラタンなどなど。京都に住んでたら色々食べに来るんだけど、たまにしか来ないのにここで色々食べるのはなかなか難しいなあ、けどまた来たいなあ。

{お店データ}
住所:京都市東山区四条大橋東詰南座前
営業時間:
1階 10時~20時45分 (土 ~21時半)
2階 11時~20時半 (土 ~21時)
ビアガーデン(5月7日~9月30日)17時~23時
定休日:無休