「ランチ」カテゴリーアーカイブ

「デュシャン」で念願のアレを(神戸・三宮)

デュシャン
以前から知ってたけど、なかなか行く機会がなかった「デュシャン」。洋食屋とは名乗りながらもご覧のようなお洒落な外観なので、なかなか思いついた時におっさん一人でふらっとは入りにくかったんですよね。

デュシャン

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニュー看板に書かれたランチメニューの内容は、市役所と磯上公園に挟まれたこの辺りの立地からすれば、価格的にこんなところなんでしょうかね。ウィークリーランチがスープとソフトドリンク付きで1000円ちょいってのはお得なような気もするし、日常的にはちょっとしんどい価格だとも思うし。

デュシャン
店内に入るとカウンター席を案内されました。13時過ぎて空き始めてたし、できれば光の状態がいいテーブル席に着きたかったんだけど、一人だからしゃあないか。店頭メニュー以外のコースメニューはこんな感じで、あえてメニュー写真は載せませんが今回僕の狙いはここに載ってないランチコース。

デュシャン
まずは、スープかサラダを選べるので、後者を。それなりにボリュームあって彩り鮮やか、水茄子のスライスが入ってたのが珍しかったです。
パンかライスが選べるので後者をチョイスし、いよいよ出てきたのが…

デュシャン
毎度お馴染みのビフカツ。こちらでのちゃんとしたメニュー名は「国産牛フィレ肉のカツレツランチ」で、食後のソフトドリンク付き・なんと税別3800円!!
「お金持ってるなあ〜」と思われてもしゃあないですが、実は、ここで使える2000円クーポンが某ネットサービスから送られてきたんです。1オーダーで2000円以上みたいなしばりがあったのでサービスランチ等には使えず、それなら僕の食べてみたいビフカツリストに長年入ってはいたけれど、価格的にはおいそれとはよう食べなかったここのを経験する千載一遇のチャンスと捉えようというわけで。まあでもクーポンがあってもけっこうな出費ではありましたけどね(^_^;)

デュシャン
ちょっとぞくっと寒気がしそうなほどの断面、厚みたっぷりの当然レア。見ただけですごく上質なビーフなのがわかります。まず一切れ、さあ食べてみましょう。
ぐぐっと噛み応えがあるのではなく、サクッと歯が通るのでもなく、なんちゅうかごく自然にスッスッと素直に噛みきれる肉質。そして噛むほどにあふれ出す甘くて雑味のない肉汁。塩はしっかり目、ドミグラスソースは甘くもなくビターでもなくのさらっと系。ボキャブラリー貧困で申し訳ありませんが、「今まで記憶にないほど上質な肉質の、ピュアなビフカツ」でした、としかいいようがないですねえ、これは。
ただしですねえ、僕のイメージするビフカツからは逸脱してるように思うんです。ここまでの質と価格なら、別のカテゴリーの食べ物じゃないのかって感じ。確かにものすごく美味しかったんだけど、「洋食」としてこれをリピートしたいかと問われれば、(値段のことを含めて)ちょっとどうなんかなあ。もちろん、ごちそうしてくれるんなら、今回よりもっとオシャレして、喜んではせ参じますけどねw

いやはや、クーポンのおかげで貴重な体験をさせていただきました。今度はフツーにランチを食べに来たいものです。神戸外からのお客さんをお連れしても喜ばれるでしょうね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区八幡通4-1-27 D’グラフォート神戸三宮タワー1F
電話:078-272-2720 営業時間:11時半~15時半、17時半~23時
定休日:不定休


佳景でゆったり贅沢昼ご飯(神戸・元町)

佳景
某所で「佳景」のおかみさんにお目にかかった折に「久しぶりに伺います」と約束したもんで、有言実行。一人なので予約しなかったから大丈夫かなと思いましたが、ラッキーなことに空いていました。

佳景
いつも通り、茶瓶からタオルに熱湯をかけてキュッと絞ったおしぼりに、何はともあれビール。こちらのお店、営業は朝から昼過ぎまで・カウンター8席で、料理は2500円のおまかせのみだから何も注文する必要がありません。まずは自家製胡麻豆腐からスタート、ここのわさびは常におろしたて。

佳景
なすの煮物なんだけど、おかみさん曰く「忘れ煮」。鍋にかけているのを忘れるくらい時間をかけて煮るからだそうで。皮は取ってあるので中味だけで口当たりが均一。長く煮ていても崩れてはおらず、おいしいだしをたっぷり含んでいます。

佳景
イカと三つ葉の酢の物。数年前からやたら酢の物好きになってきたので、特にこういうのは大歓迎。器も涼しげでよろしいな。

佳景
おかみさんや他のお客さんとしゃべりながら飲み食いしてたら、八寸登場。いつ見ても多彩で充実。あれだけお客に気を配りながらてきぱき盛りつけていく手際もまた見事。余りにもなんやかやと盛り込まれているので、いつもここでメモを取る気が失せてしまうんです。というか、一刻も早く食べたい(笑) で、ビールも切れてきたしここらでぬる燗をオーダーしたら、いつもの錫半の徳利とおちょこが出てきて嬉し。

佳景
僕がいた時間、他のお客さんはおかみさんの昔からお知り合いの女性お一人だけ。この会話がまた楽しく、適当に僕も割って入ったりなんかしてるうちに、玉子焼きと鰯をなにがしかに漬け込んだのを焼いたのが出てきて、ぬる燗やってまたおしゃべり。そしてこの日のお漬け物は、ゴーヤーと胡瓜とプチトマト。

佳景
その後、冬瓜の炊いたのにシャブシャブっと豚肉薄切りを加えたのが出てきて、フィナーレ前に人参のスープ。

佳景
そしてやってきました、大トリの玉子かけご飯。バリバリの銀シャリの上には、厳選玉子の卵黄がこんもり、おろしたてわさびがちょん、お醤油がちょろり。これをグワッと混ぜてワシワシかっ込む旨さと来たら、そりゃもうアナタ、ナニですよ!

佳景
猛烈に旨い玉子かけご飯をあっという間に平らげたら、「お代わりしましょね〜」とお茶碗を持って行かれ、出てきたのがこちらの超レア目玉焼き載せご飯。今度は白身も入っていて、黄身にもわずかに熱が入っているので、当然前とは別物。お箸でざくざくっと混ぜてかっ込むと、これまたそりゃもうアナタ、ナニですよ!(再) 一度の食事で玉子焼き・生玉子・目玉焼きと3個も食べてしまっていいのかなあとも思ったけれど、そんなもんかまうかいって心境の爆旨でした。
う〜、満足ぅ〜今日は晩ご飯いらんわ〜

以前のエントリでも書いたように、おかみさんの食へこだわりと心遣いには本当に脱帽。心底おいしいものを食べるのが好きで、料理を作るのが好きで、それを喜んで食べるのを見るのが好きなんでしょうね。行ったことがある人なら誰でもわかる、この2500円のすごさ。朝ご飯や昼ご飯としてはちょっと気後れしてしまう額ですが、ここに来て満足しない人なんているのかなあって思ってしまいます。


施家菜でランチコース(神戸・ハンター坂)

20150712施家菜
久しぶりに家族全員の休みが揃ったので、食事に行くことになりました。選んだお店は以前から行ってみたかった「施家菜(シーカーサイ)」、かつて北野にあった「老香港酒家」(一度復活したものの閉店してしまったこっちのほうではなく、その前身)のオーナーが開いたお店です。老香港の飲茶コースが大好きだっただけに、こちらのお店もとても楽しみにしていました。

20150712施家菜
お店はにしむら珈琲本店のハンター坂挟んで西向かいのビルの4階にあり、上の写真の店名サインとこのメニューボードくらいしか目印がないので、少しわかりにくいかも知れません。

20150712施家菜
とはいうものの、日曜の昼時の店内は満席。今回は一人3500円のコースを予約しておいたんですぐ席に着けましたが、週末はランチタイムでも予約しておいたほうが無難なのかも知れません。

20150712施家菜
まずは前菜盛り合わせ。行ってからだいぶ時間が経つので詳細忘れてしまったんだけど、海老の素揚げ/イカと蓮根の酢の物/スペアリブ/鶏のなんか、だったかと。彩り鮮やかのあっさり系でどれもおいしい〜

20150712施家菜
続いて点心はむしシュウマイ三種で神戸牛・海老・海老ニラ、さすがというか何というか、姿形が美しい。特に印象に残ってるのは神戸牛シュウマイ、肉の旨味が濃厚で凝縮されていて、一粒食べた割りにはかなりの「肉喰った感」があった代物でした。

20150712施家菜
続いて、三度豆と天草豚トロの炒め物。なんちゅうことない炒め物ですが、豚トロはさくっと簡単に噛み切れ、噛むごとに甘い肉汁が涌き出てきます。いいネタ使ってるなあって感じ。

20150712施家菜
続いて、鯛の豆鼓入り蒸し物。先ほどの点心もそうですが、こちらも一人前ずつ蒸籠で蒸されてサーブされます。大皿でドカッと出てきて取り分けるのもいいですが、このスタイルだとちょこっとランクアップした感じがしますね。無論骨までしゃぶって綺麗に平らげましたが、蒸し汁がこれまたおいしくってもったいなかったなあ。

20150712施家菜
デザート前のコースの締めに竹筒登場。

20150712施家菜
蓋を開けると、香港麺を使ったチャーシューローメン。チャーシュー・白髪ネギなどと共にタレを絡めていただくわけですが、やや固めに茹でられた平打ち麺がおいしい。麺とタレだけで食べてみたいなあと思うほどでした。

20150712施家菜
デザートは杏仁豆腐。寒天っぽさが少なくて、香り(アーモンドエッセンス?)がはっきり効いてて、旨かったッス。なんかしらんがこれ食べたら久しぶりに「豆腐花(ダウフファ)」が食べたくなってきたなあ。

表の看板に載ってたランチメニューや、今回食べたコースでも充分楽しめますが、やはりここの本命はディナータイムにおすすめの魚介類をたっぷりいただくことではないかと。でもそれなりの値段だからなかなか機会がないだろうなあ、でも食べてみたいなあ…

{お店データ}
電話:078-291-0168
住所:神戸市中央区中山手通2-10-21 第2伸野ビル 4F
営業時間:11時半~14時半 17時半~22時 定休日:火曜


迎賓館見学の後に寿司ランチ〜阿久根(京都・烏丸錦小路東)

20150804京都迎賓館
御所の中にある京都迎賓館の参観に応募したところ運良く当選したので、前もって声をかけていたえて吉さんと行ってきました。テレビ番組で少し見たことがあったのですが、実物はやはりすごい。例えば、上の写真の「桐の間」の24人座れる一枚板のテーブル、その大きさと漆塗りの輝き、その存在感には圧倒されてしまいました。その他何枚か写真ブログのほうにあげていますので、よろしければご覧下さい

20150804阿久根
ただでさえこの数日猛暑の日々が続いているのに京都は特に暑い、なんてことはわかりきっているので、見学の後はビール必須だろうから、昼酒しながら昼ご飯を食べられる店を予め調べておきました。烏丸通と錦小路の交差点を東に少し入ったところにある「阿久根」はまるっきり初めてのお店。繁華街ゾーンにありながら、通りから少し奥まった半地下?にあるので、ゴチャゴチャしておらず落ちついた場所でした。

20150804阿久根

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

通りに掲げられた昼メニューは2100円と1300円の2パターンあって、それぞれ2種の計4種。手軽に行くかちょこっと豪華に行くかでチョイスできますが、僕らは昼酒する気満々だったのでアテが多い2100円の幕の内が狙いでした。

20150804阿久根
店内はL字型のカウンター席10席とテーブル席。スキッときれいに整理されていて気持ちよく、ご主人・おかみさん・お弟子さん(息子さんだそうで)で回されているご様子。まずは何はなくともビールで乾杯、二人で2本空ける頃に小ぶりながらおいしい出汁の茶碗蒸しが出てきたので、ぬる燗にスイッチしました。

20150804阿久根
そうこうしているうちに幕の内弁当・にぎりバージョンが登場。事前にネットで写真は見ていたけれど、こうして現物を目の当たりにすると、そのバリエーションの豊富さとボリュームに小躍りしてしまいました。
左サイドのお寿司は締めにいただくとして、まずは右サイドのお造りと各種アテ(枝豆(いい香り)/小芋の炊いたん/海老/巾着/かまぼこ/赤こんにゃく/鴨ロース/西京漬け/蛸柔らか煮/八幡巻き/だし巻き)で日本酒グビグビ。お造りの横にはもずくもついてるし、具だくさんの赤だしも出て来るし、飲みから食事まで通しでいけるこの内容に大満足。前日調べただけで引き当てたにしては、(我ながら)大当たりなお店でした。

{お店データ}
電話:075-241-1507
住所:京都市中京区西魚屋町619 リベルタス錦小路 1F
営業時間:11時半~14時、17時~23時 定休日:月曜

20150804寺町七夕飾り
お店を出て錦市場をうろついた後、えて吉さんは子猫のミーの世話のために帰宅。僕はしばらく付近をうろうろしていたところ、寺町通で七夕飾りに出くわしました。僕の子供の頃は神戸でも七夕は8月だったんだけど、今はどうなんですかねえ。


デミグラスソースを求めて/後編〜レストラン トミー(福井市) ※修正あり

※このエントリは「デミグラスソースを求めて/前編〜トミーとの出会い」の続きです。
 よろしければそちらからお読み下さい。

20150519トミー
大阪から神戸の自宅までえて吉さんに迎えに来てもらったのが8時頃。そこから名神高速〜北陸自動車を経由して、めざすレストラン トミーに到着したのが11時半ごろ。大きな通りからちょっと中に入った場所にある一軒家レストラン、英字の表記はTOMYじゃなくってTOMIYなんですね。

20150519トミー
マダムともうお一人女性スタッフがフロア担当。エントランス入って左右ある部屋のうち、左側に案内していただきました。カジュアルでもなく重厚過ぎるでもなく、その中間のややフォーマルな雰囲気。調度やクロスなどから「あ、ここは大丈夫」って思わせる信頼感みたいなものを感じました。

20150519トミー
テーブル上のランチメニュー。ステーキランチ以外の3種は週替わりで、お店のサイトでそのメニューが紹介されています。そこに載っている料理の数々やお皿を見てるだけでも楽しいし、このお店の只者ではなささを感じられると思うのですがいかがでしょう。

さて、はるばるやってきて、何を注文するかが大問題。内容的にも価格的にもランチメニューは魅力的、でも一番の目的はドミグラスソースなんだから、この日の内容は不適切。サイトで紹介されていたアラカルトメニューは事前に目を通していたものの、その中からさて何を選ぶべきか随分悩みました。大好きなビフカツ食べてみたいしなあ、でもソース重視ならやっぱりシチュー系かなあ、けど値の張るもの選んでもしハズレだったらダメージ大きいしなあ…

悩みまくったあげく選んだのはビーフシチュー(2500円)。ビーフカツレツ(2500円)食べたかったけれど、今回の目的がデミグラスなんだからちょっと違うか。それならシチュー系にしようと決めたけれど、一番食べてみたかったタンシチューは3240円だから、もしハズレだったらイタすぎるし。昼食に単品2500円は十分高価なんだけど、わざわざ福井までやってきたんだからこれくらいは仕方がないと駄目元で腹をくくりました。

20150519トミー
ワクワクしながら待つことしばし、出てきたのがこちら。お皿の中心部が白く、黒い料理とのコントラストが強すぎてiPhoneでは綺麗に撮れていませんでした。それくらい黒い。ネットで見たとおり、あるいはそれ以上にほぼ黒に近いソースを目にして、ぞくっと寒気。これはやはり永年僕が探していたデミグラスではないか、ビンゴ!だと。
ナイフを入れると、スムースに切れるのはお約束。ソースをビーフにまとわせ、口に運ぶと…

まず感じたのは、何十年ぶりかで嗅ぐあの軽い焦げ臭が混ざった香ばしく重厚な香り、続いて苦味・酸味・旨味。やや酸味が立ってくること以外は、甘味はほとんど感じず、ほぼ僕の頭に中にあったもの。そう、これが僕が慣れ親しんできたあのソース、出会いをあきらめてかけていたあの味に、やっと再会することが出来ました。再会の嬉しさ・今もなおこのソースが残っていることのありがたさ・たまたまネットで発見できた驚き・福井という場所にこのソースが存在している不思議さなどなど、色んな想いが溢れ出てきて感無量。まさかこんなところで出会えるとはなあ。

20150519トミー
僕らがわざわざトミーで食べるためだけに福井までやってきたとフロア担当のマダムに言うと、色んな話をしてくれました。(以下箇条書きで)

  • マダムは初代の娘さんで、ご主人は現在のシェフであり2代目、息子さんが3代目。(サイトトップの写真参照)
  • 初代は福井大阪出身、大阪のレストランや神戸の今はなきニューポートホテル(マダムの話では回転レストランがあったホテル)でコックとして働いていた。
    (追記訂正:初代は京阪神様々なホテルでの経験があり、神戸ではオリエンタルホテル。ニューポートホテルは2代目でした)
  • かつて福井が人絹(=人造絹糸)王国と呼ばれ栄えた時代に建設された「人絹会館」の会員制レストラン「CR(=Club Rayon)」のシェフとして迎い入れられた。
  • その腕を見込んだ常連客達から独立を勧められ、昭和23年独立、トミーを開店。
  • ドミグラスソースは初代の教えのまま作っており、完成まで1ヶ月程かかる。
  • 古いソースを継ぎ足すことはなく、一から作る。(その過程としてビーフシチューやタンシチューもできる?)

…うーん、すごいなあ。なんで福井なのかと思ったら、こういう背景と歴史があってのことでした。今もなおこのソースを継続できるのは、初代の後継としてこれが店の命なんだと語るマダムや現在のシェフの意志が生半可じゃないからなんですね。絶滅してしまったかと思われたソースがちゃんと存在している、そしてそれを継承する3代目がいる、素晴らしいことだと思います。

20150519トミー
ご飯の追加をお願いしたら、マダムが「どうぞソースを混ぜて食べて下さい、お好きな方はそうされるんですよ」と、一つ上の写真の追加ソースまで持ってきてくれました。ソースがごちそうなんだから、具がなくってもこれだけで充分おいしい即席ハヤシライス状態。ご飯に合うなあ、やっぱり洋食だなあ。

20150519トミー
うまいうまいと食べてる途中、マダムに「そういやネットで調べている時に読んだんですが、たまにしか作らない牛タン入りクリームコロッケってのがあるらしいですね」と話したら、「実は今日はあるんです」とのお答え。そしてそしてありがたいことに、その牛タンコロッケをサービスで出してくれたんです!(注:お試しサイズですw)

20150519トミー
タンはシチューの余り物ではなく、わざわざこれのためにに作ったそうで、崩れておらずちゃんと小さなダイス状。タン・ベシャメル・ドミグラスと手間の三重奏のコロッケ。濃厚な旨味で、いやあ、もう参りました。
マダムによると、11月になってセイコガニが解禁になってしばらくして値が落ちついた頃にどさっと買い込み、期間限定でセイコガニのクリームコロッケを作るそうです。内子も外子もカニミソも入ってるらしく、想像するだけでこりゃもうあかん!!

洋食に関しては、僕はそれなりに色んなところで食べてきたつもりです。たまたま出会ったこのトミーのデミグラスソース、これはその中のどこにもありません。苦味が立ったこの味をお気に召すかどうかはわかりませんが、洋食好きの方ならば、これを経験するためだけにでもわざわざ福井まで行く価値があるお店だと思います。(というか、本音は「食べとかなあかんやろ!」と言いたいw)
あーん、タンシチュー食べたい・ビフカツ食べたい・ハヤシライス食べたい・セコガニクリームコロッケ食べたい・日替わりランチも食べてみたい〜 また福井に行きたいなあ…

{お店データ}
住所:福井市上北野1-24-3 電話:0776-53-3080
営業時間:11時~13時半(L.O.)17時~20時半(L.O.)
定休日 :木曜日(祝日の場合は営業)