「ハンバーガー」カテゴリーアーカイブ

1泊2日で祇園祭(3)〜宵山・山鉾巡行のウロウロ

喫茶店で休憩したあと地下鉄で二条へ移動、宿にチェックインしてしばらく昼寝してから、再び烏丸御池へ。そこから南下して山鉾が設置されている歩行者天国ゾーンに向かいました。

DSCF7065
今年の前祭りの宵山・山鉾巡行は日曜・祝日にあたり、ヘタなところに突っ込むと人混みでエラいことになりそうだったので、いきなり中心部は避け周囲からそろそろ近づくことにしました。

DSCF7096
周囲のいろんなものを見ながらうろついていると、前方からお囃子が聞こえ山が見えてきます。

DSCF7110
山鉾のそばのビル空き地みたいなところでに屋台が出てて、運良く空席があったのでビールを飲みつつお囃子を聴きながら鑑賞、幸い雨にも降られず暑さもそれ程ではなく宵山の雰囲気満点。

2017-07-16 19.40.37
妻が屋台で売ってた鱧カツバーガーをゲットしてきました。ピンク色のタルタルソースは柴漬け入り・鱧カツも揚げたてアツアツで予想を裏切るおいしさ、これで500円は値打ちもの。あとで調べたらビルに入ってる「酒菜食房いち」さんので、これは大当たりでした。

 ◎参考リンク:祇園祭の逸品グルメ2017


DSCF7201
屋台でおいしいものを食べながらビール飲んでゆっくり楽しんだあとは、ぼちぼちと周辺を散策。

DSCF7203

DSCF7207
山鉾だけじゃなくって、いろんなものが展示されていて飽きることがありません。

DSCF7212
たまたまかも知れませんが、ぎゅうぎゅう詰めの混雑にはほとんど出会いませんでした。泊まりのメリットを活かして、遅めにスタートしたのが幸いしたのかも。

DSCF7219
細い路地から四条通に出て河原町方向へ。さすがの人出ですが、広い通りなのでさほど苦にならずゆっくり散策できます。

DSCF7230
事前に下調べも余りせず、テケトーにうろついただけですが、それでも充分楽しかったです。宵山を見終わってから神戸まで帰るのはかなりハードなので、やはり泊まりが理想ですね。

◎僕の写真ブログも良ければどうぞ:I feel fine today./2017祇園祭宵山


今回の宿はなんと23時門限だったので、それに合わせて引き上げようと思ったものの、晩ご飯は鱧カツバーガーしか食べてないし、かといってすぐ近くにある大好きな「あの店」は祇園祭時期だから満席そうだし加えてもう閉店時間かも知れないし。でもまあとりあえずダメ元で行ってみたら…


DSCF7241
閉店時間まで1時間ほどしかないけれど、カウンターに空きがありました。大好きな三木半で、とりあえずビール。

2017-07-16 22.08.41
こちらも時間がないのでちゃっちゃと注文。京の揚げ出し3種(700円)は生麩品切れで賀茂茄子と満願寺との2種に。パキッとした色合いが夏らしく。

DSCF7246
小海老入りサラダ(550円)を頼んだら、こんなに綺麗でゴージャスなのが出てきました。やっぱり三木半はすごい。祇園祭だろうが何だろうが鉄板です。




DSCF7260
一夜明けて山鉾巡行の朝食は、JR二条駅構内の志津屋にて。セットメニュー頼んだらけっこうなボリュームで、これならカルネとドリンクだけでも良かったかも(^0^;)


DSCF7262
たっぷりエネルギー補給して、地下鉄で河原町御池へ。山鉾巡行を見るためにすでに人垣が出来ていましたが、覚悟していたほどではありませんでした。

DSCF7265
10時過ぎ、先頭の長刀鉾が河原町通りを北上してきました。

DSCF7282
河原町御池に到達。たくさんの人に牽かれているのがよく見えます。

DSCF7290
山鉾は烏丸御池で西に90度方向を変えます。でもハンドルが付いているわけではないので、車輪の下に竹を敷き水をまいて人力で引っ張って方向転換します。これが「辻回し」と呼ばれる巡行の一つの見所。僕も実際に見るのは初めてでしたが、これだけ大きくて重いものの方向を(無理無理)変えるのは、単純にすごいなあと思いました。

DSCF7335
続々と山鉾はやって来るのですが、暑い中ずっと立ち見してるのもしんどいので、丸太町通りを東方向へ移動。巡行コースからは離れますが、車道の真ん中にある噴水越しに見る山鉾も、夏らしくなかなかのものでした。

DSCF7369
河原町通りを四条方向へ南下してみたら、河原町通り沿いはそれ程混んでないことが判明しました。河原町御池・四条河原町での辻回しにこだわらないなら、山鉾巡行は思っていたより楽に見られるのかも知れません。

その後、四条河原町近くの喫茶店「築地」で休憩し、混まないうちに阪急電車で神戸まで帰ってきました。連休の祇園祭に行くなんて無謀かとも思いましたが、運もあったのか覚悟していたよりも楽に回ることが出来ました。「ダメならいいや」って、楽に構えたのが功を奏したのかも知れませんね。なんとなく祇園祭の感じはわかったので、また行きたいな。

 ◎参考リンク:京都市観光協会「祇園祭」



淡路島へ日帰りドライブ

DSCF6705-2
久しぶりに妻と休日が一緒だったので、ご希望により淡路島に日帰りドライブしてきました。自宅を出て高速で一気に淡路島を縦断、一番南の淡路島南で降りました。この大鳴門橋を渡って何度もうどん県には行ってますが、ここで降りるのはいつ以来か記憶がないくらい。

DSCF6643
今回の目的を果たすべく、やってきました道の駅うずしお。高速で降りて地道でここへ着く手前で警備員さんに停められたので何事かと思ったら、駐車場が満車なので今いる場所で停めてあとはピストンバスで行って下さいとのこと。10時過ぎたくらいなのにそんなに混んでるのかー。でも到着してみたらこの時点ではそれほどではありませんでした。

DSCF6650
僕ならわかるが妻にしては珍しく「ここのハンバーガーを食べてみたい」とのご希望で、あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンが今回の目的地。日曜は混むので早めに来てみたところ、開店1時間後でこの程度の行列でした。

DSCF6646

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
ここでは、2013年の全国ご当地バーガーグランプリ1位&2位ほか、何種類かのハンバーガーを食べることが出来ます。こちらだけではなく「淡路島バーガー」って島内色々なところでやってるんですね。

DSCF6651
買った後はテラス席へ移動、鳴門海峡と大鳴門橋がみえてお天気も季候も良く、戸外での食事は気持ちがいいです。

DSCF6665
せっかくなので、左・2位のあわじ島オニオングラタンバーガー、右・1位のあわじ島オニオンビーフバーガー。どちらも主役は淡路島産玉ねぎのカツで、前者は淡路島の鶏と牛乳を使ったグラタンソース、後者は甘辛の淡路島牛にトマトソースがプラスされています。主役が玉ねぎカツなのでハンバーガーをイメージすると肩すかしを食らいますが、地元産品尽くしの「ここならでは感」はさすがで、おいしくいただきました。



DSCF6712オニオンバーガー以外何も予定していなかったので、以降は全くの思いつくまま。どんどん人が増えてきた道の駅を後にし、ちょろっとだけ車で走って休暇村南淡路へ。昔から泊まってみたいと思いつつ、来るのは初めてです。

DSCF6708ここへやって来たのは、日帰り温泉やってたことを思い出したから。鳴門海峡を望む露天風呂で最初は3,4人しかいなかったのでゆったりしてたら、13時過ぎて急に人が増えてきました。どうやら昼食付きの日帰りプランのせいでしょうか。今度は出来たら泊まりで来てみたいな。


DSCF6728
その後地道で北上。どこかで道の駅があったら寄ろうと思っていたら、あんまり近すぎるのでパスした福良以降全く遭遇せず、結局は洲本を超えて道の駅・東浦ターミナルパークまで来てしまいました。

DSCF6719
まずは産直市でを物色。15時を過ぎていましたがまだまだ品物は一杯あり、野菜のうちの半分以上は玉ねぎ。先のバーガーといい、ほんとに淡路島は玉ねぎ押しなんやなあと改めて痛感しました。

DSCF6725
玉ねぎ以外のウリ・びわのソフトクリームがあったので、びわオンリーとバニラとのミックスを購入。他ではあまり見かけないので人気があるそうです。

DSCF6726
産直市の後は隣の物産館へ移動、こちらは加工品がメインです。

DSCF6730
淡路のタコ丸一匹をプレスしたタコ姿焼き(1080円)とか

DSCF6737
元気巻(520円)って素朴な巻き寿司も購入、ノンアルコールビールと共におやつ代わりにいただきました。

2017-05-21 15.58.45
ベラのそぼろを載せた「こけら寿司」というのを発見したのでお土産に購入。来客をもてなす時に作られた北淡路の郷土料理だそうですが、手間がかかるので今やあまり見かけないそうです。


DSCF6827
東浦から高速に乗って、淡路サービスエリアでちょっとウロウロしてから帰宅。日帰りドライブとしては楽勝な距離ながら、色々と楽しめた一日でした。今度淡路島に来る時は、あんまり来たことがない西側を走ってみましょうかね。


バーガーキングでワッパーをオールヘビーで

2017-01-19 12.44.17
元々ほとんど行ってませんが、最近マクドにはますます行かなくなりました。代わりにこの数年店舗が増えてきたバーガーキングにはたまに行くことがあり、今回はドリンク付きワッパーが500円のクーポンをスマホでゲット、こばやしさんに以前教えてもらったように「オールヘビー」でオーダーしてみました。


2017-01-19 12.32.51
ご存じの方はご存じのようにワッパーはかなり迫力あるデカさ、クーポンで安くなっている上にオールヘビーにするとレタス・オニオン・ピクルス等の野菜を無料で増量してくれるから、かなりありがたいです。


2017-01-19 12.33.22
デカいなあと思いながら食べ始めたもの、結果的には楽勝でごちそうさま。写真に写ってるサイドにケチャップとマヨネーズが片寄ってたのがマイナスポイントですが、全体的に満足度高し。マクドの中ではビッグマックが好きなんですが、これ食べると影が薄く感じてしまいますなあ…


美術館ハシゴ途中に58DINER(京都・岡崎)

DSC01662
1ヶ月ほど前、京都市美術館の若冲展を観に行きました。それなりに早く着いたつもりだったんだけど、まだ待ち列が長かったので先にお向かいの京都国立近代美術館に行くことにしたら、予想以上に面白くてけっこう時間をとってしまいました。そのままハシゴするにはどうにもお腹が保ちそうにないので、いったん離脱してランチ休憩。


DSC01690
前回ダリ展に来たときもお腹ペコペコになって、近辺でお店を探したときに満席で入れなかった「58DINER」に行ってみたら、今回は運良く席がありました。


DSC01687

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
こちらはハンバーガーをメインとしたアメリカンカジュアルフードのお店。前回覗いたときは外人さんの姿もチラチラ、今回は幼稚園お迎え帰りのママさんグループやらサラリーマンっぽい人たちやらで、客層いろいろでした。小学校6年生までが注文できるキッズセットがあるから、子連れでも来やすいんでしょうね。


DSC01666
店頭のランチメニュー以外にも色々。平日(火〜金)の17時〜18時はハッピーアワーで生ビール350円、ハッピーアワーセットが720円ってのもいいっすね。


DSC01672
で、いきなり登場、僕が注文したハングリーセット(1030円)は。ダブルチーズバーガーとフライドポテトのセット。以前大阪のPANHEAD’S HEAVEN SALOONで食べたのほどではないものの、こいつもかなりなビジュアルしてます。


2016-11-29 13.57.59
パテ・オニオン・チーズそれぞれ2枚を、かなりしっかり堅めの自家製バンズがどっしり受け止めています。テーブルに備え付けのハンバーガーペーパーで包み、この写真だけiPhone片手使いで撮って、ぎゅーっと圧縮した後でかぶりつきました。こういうちゃんとしたハンバーガーって大好きなんですよね。これだけでもかなりなボリュームなのにポテトもあるからお腹パンパンで、味もボリュームも大満足。美術館に来たらまた来よーっと。


{お店データ}
住所:京都市左京区岡崎最勝寺町2-38
電話:075-752-1358
営業時間:11時~23時
定休日:不定休


垂水で佐世保バーガー・Grill Reo(神戸・垂水)

20160808REO
ちょいと垂水に用事が出来たもんでこの方が行ってたこの店に行こうと思っていたんだけど、色々調べているうちに面白そうな店を見つけたもんで気が変わり変更、初めての「Grill Reo(グリルレオ)」に行ってみることにしました。垂水駅から北東方向に徒歩なら10分ほどの位置、ぶっちゃけ周囲とはまるで違う空気感の店なので、近くまで来ればすぐに見つかると思います。


20160808REO
最初の写真の左端に移っているのがこちらの「Bar Leo style」。佐世保出身・大阪/長崎で経験を積み、このバーを経た方がグリルレオのシェフだそうで。


20160808REO
ということで、佐世保バーガーを店頭販売されてます(最初の写真、店舗の右端)。佐世保バーガーの定義は「手作りでこだわりのあるメイドイン佐世保のハンバーガー」ってことでけっこうユル目な感じ。現地ではテイクアウトが主流だそうで、ここもそのスタイルなようです。(ただし、ワンドリンクオーダーすれば店内でも食べられます)


20160808REO

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
洋食系のランチメニューも色々。注目は佐世保名物「レモンステーキ」、長崎名物「トルコライス」。レモンステーキは名前を聞いたことがある程度、トルコライスは何度か食べたことがあるけれど長崎では未経験だし、どっちも興味あるなあ。


20160808REO
店内はウッディアメリカンって感じでしょうか。そこはかとなく手作りっぽい雰囲気もあり。

20160808REO
照明はこの写真よりやや暗めで、夜営業にウエイトを置かれているのかも知れません。ハンバーガーやランチメニュー以外にも、コース料理・お酒のアテにもなる前菜系・洋食・パスタなど色々あり。隣のバーからカクテルを持ってきてもらうことも出来るそうです。


20160808REO
トルコライスに強く惹かれたんだけど、ボリューム凄そうだったので今回は自粛して、アイスコーヒー(300円)と佐世保エッグバーガー(700円)をオーダー。写真良くないのと色々載っかってるのでわかりにくいですが、中身はたっぷりレタス・厚めベーコン・目玉焼き・タマネギ・トマト・パティ(だったと思う)。かなり厚みあるので、上からギューッと押さえつけた後、手で掴んでガブリとイきました。バンズはそれ程ヘヴィでなくふんわりしていて、味付けも予想以上にあっさり。パティも主張が強くないので全体のバランスで食べるハンバーガーという感じで、見た目よりも楽勝で食べきることが出来ました。
確かにこれはお店の中よりも、テイクアウトして景色を見ながら食べるのが似合ってるかも。垂水のアウトレットなんかで高いの食べるより、これ買って行って海辺でガブッとかぶりつく方が数段良さそうです。


20160808REO
車の場合は、お店周辺のタイムス利用でサービスしてくれます。僕はここに載ってないタイムスだったんだけど、100円キャッシュバックしてくれました。次回は是非トルコライスを食べるぞ。


{お店データ)
住所:神戸市垂水区瑞穂通7-26
電話:078-707-9799
営業時間:11時~14時(テイクアウトは〜15時) 18時〜23時(日曜は~21時)
定休日:木曜