「おやつ系」カテゴリーアーカイブ

天然うな重あとのウロウロ小ネタ集

わざわざ四国まで行って鰻だけというのももったいないので、食後あちこちウロウロしてきました。
ってか、鰻の前には阿讃亭近くの「内場ダム」ってところで、生まれて初めてダムカードをいただきました。だいこんさんのコレクションにお付き合いしたんですが、ダムカードってああしてもらうんだなあとか、ダムカードにはそんなことが書かれてるんだなあとか、初めてのことだらけで興味深かったです。なんのことかようわからんでしょうから、是非下記リンクをどうぞ。

DSC00704
さて、食後は阿讃亭近くの道の駅「湯愛の郷(ゆめのさと)しおのえ」で産直品のお買い物。今まで見たこともないようなでっかいナメコが売ってて、地元の方々がけっこう買いに来てはりました。あれってどうして食べるんですかねえ、鍋かなんかですかね?

DSC00707
買い物のあとは市街地方向へ移動。せっかく香川に来たんだからうどんを食べずに帰るわけにはいけません。時間的に選択肢が少ない中選んだのは「山もり」。

DSC00709
店内きれいなのでまだ新しいのかなと思いきや、もう9年間だとか。黒ベースに赤字のメニューはこちらイチオシの「温泉玉子うどん」と「しょうゆ温泉うどん」で、温泉玉子を使っているのだとか。今から思えばそれイっといても良かったんですが…

DSC00714
天ぷらがおいしそうだったので、ひやあつ(だったと思う)にちくわ天をイってしまいました。あのうな重食べたあとではこれに玉子はキツいですしね。14時半と条件としてはあまりよくないのに、いいうどんでした。

DSC00721
その後は坂出市へ移動。だいおんさんが「カレー焼」なるものがあるとの情報を入手していたので、商店街の中にある大判焼の「みつば」へ。残念ながらシャッターが降りたままのお店が多い中、おばあちゃんが営むお店で、通常は中身があんこのところ、クリーム・カレー・たこなどのバリエーションがあります。カレー焼の中身はなんちゅうかカレー味の肉じゃがをつぶしたのみたいな感じ。写真は撮り忘れたのでこちらをご参考下さい。たこ入りはミニお好み焼きみたいな感じなのかな。こりゃあどっちもおやつにもビールのアテにもいいです。

DSC00716
店頭の冷蔵庫には「バクダンアイス」なる、今やほとんど見かけない風船入りアイスがありました。こんなん見たの何年ぶりかなあ。調べてみたところ、岡山では「バクダンキャンディー」としてバリバリ現役だとのこと。なんでこういう地域差が出来るのか、不思議なもんですなあ。

プチ「ミレービスケット」ブーム

写真 2015-09-26 0 29 16
少し前に会社の同僚から、高知への帰省のお土産にミレービスケットをいただきました。こんなの初めて見たのでなんじゃらホイと食べてみたら、これが意外においしい。ビスケットと言いつつ揚げてあるのが変わってて、口の中で蕩ける感よりもバリバリ噛み砕く感が強くて香ばしい。貰った小袋があっという間になくなってしまいました。
また食べたいなと思っていたら、カルディにて発見。お土産に貰ったのはノーマルタイプだったんですが、色んなバリエーションがあることが判明しました。その後業務スーパーなんかでも見かけてちょくちょく買っており、写真は「朝の・昼の・夜の・真夜中の」四部作の二つで、それぞれコーンポタージュ・生姜・ブラックペパー・にんにく風味。「真夜中」がうなぎパイ路線と同じで笑わせてくれます。キャラメル味の右下についてる変わった髪型?の女の子は、ミレーちゃんというキャラクターで、高知出身・やなせたかしさんの作だそうです。

職場でも(小範囲ですが)ちょっとしたブームになってて、新しいのを見つけたらお互いに買ってきたのを味見し合ってます。いくつかの種類を食べてみましたが、アレンジものではコーンポタージュ味かなあ。でもやっぱり一番はノーマル。これがおいしいからバリエーションも成立するんですね。そんなに甘くなくアテとしてもいけるので、甘いのが苦手な方も見かけたら是非試してみて下さい。

柿の種・コク旨デミグラス風味


東京土産の小袋詰め合わせ4種(甘辛天どん風味、もんじゃ焼風味、コク旨デミグラス風味、だしカレー風味)のうちの一つです。まさに「風味」で、はっきりわかりやすい味ではありませんでした。ちょっと期待外れかなあ、期待し過ぎだったかなあ。

誕生日プレゼントいただきました

DSC09515
娘達からのプレゼントを備忘録がてらあげときます。左は伏見の日本酒・蒼空(そうくう)・純米吟醸山田錦、元町の熊澤で買ってきてくれたそうです。このところ夜は少し涼しくなってきたので、冷やでいただくのを楽しみに冷蔵庫で待機中。
右は、LAGUIOLEってとこの、スプーンとフォーク。なんでナイフじゃなくってこの組み合わせなのか謎ですが、あえて追求しないでいます。まあ確かにこの2つが稼働率高いしなあ。

DSC09510
毎年誕生日に自分で買いにいってるケーキですが、今年は妙に凝らずに御影高杉にしました。代表作・ショートケーキを始めいくつか買ったんですが、全部が収まった写真を撮るのが難しいので、代表してこの一点のみ。名前なんだったっけ。撮るの難しいなあ。

この年になって何がめでたいねんって気もしますが、ここまで無事歳を重ねて来られたことに感謝しなければいけませんね。まだまだ食べたいもの一杯あるしなあ。

熊岡菓子店のかたパン(香川・善通寺前)

熊岡のカタパン
讃岐うどん巡りの途中、スケジュールが合えば善通寺(地名じゃなくってほんとのお寺のほう)のすぐそばに寄ってもらって、熊岡菓子店でお菓子を買い込みます。

堅パンは初代・熊岡和市(わいち)さんが考案した。三豊出身で、当時大阪の菓子店松前堂の大番頭を務めていた和市さんは、軍用食の開発に携わった。日清戦争のころのことだ。日持ちがして、腹持ちもよいものという軍の要望に応えて作り上げたのが、堅パンだった。
ビジネス香川/香川の老舗より

熊岡のカタパン
パンといってもパンではなく、粉と砂糖で出来た生地をすごく硬く焼き上げたせんべいのようなもの。形は丸・四角・石ころ状など色々あり、生姜風味が効いてたり黒糖風味のもあったりするらしいです。カタパン系以外にもあって、ぼくはここのそら豆せんべいもけっこう好き。早い時間に行かないと品切れの場合が多く、この日はうどんを食べ始める前に行ったおかげでかなり揃ってました。

熊岡のカタパン
注文したらガラスケースの蓋を開けて、紙袋に入れてくれます。写真の小丸パンの堅さはまだマシな方で、ちょっと勇気を出せば?ガリッと砕くことが出来ますが、石ころみたいな石パンはしばらく口の中で含んでいないととてもじゃないが噛めないそうです。歯が欠けたら困るので石パンは食べたことないんだけど、今度試してみようかなあ。
1896年創業・現在の店舗は1913年に建て替えられたものだそうで、店もショーケースも袋のデザインも味もレトロだけどバリバリ現役。こんなに昔の状態のままで商いが行われてるってこと自体が貴重ですなあ。

{お店データ}
住所:香川県善通寺市善通寺町3-4-11 電話:0877-62-2644
営業時間 [平日]7時半~17時半[土・日・祝]8時~17時半
定休日:火曜(祝日の場合は営業)・第3水曜