「おやつ系」カテゴリーアーカイブ

熊岡菓子店のかたパン(香川・善通寺前)

熊岡のカタパン
讃岐うどん巡りの途中、スケジュールが合えば善通寺(地名じゃなくってほんとのお寺のほう)のすぐそばに寄ってもらって、熊岡菓子店でお菓子を買い込みます。

堅パンは初代・熊岡和市(わいち)さんが考案した。三豊出身で、当時大阪の菓子店松前堂の大番頭を務めていた和市さんは、軍用食の開発に携わった。日清戦争のころのことだ。日持ちがして、腹持ちもよいものという軍の要望に応えて作り上げたのが、堅パンだった。
ビジネス香川/香川の老舗より

熊岡のカタパン
パンといってもパンではなく、粉と砂糖で出来た生地をすごく硬く焼き上げたせんべいのようなもの。形は丸・四角・石ころ状など色々あり、生姜風味が効いてたり黒糖風味のもあったりするらしいです。カタパン系以外にもあって、ぼくはここのそら豆せんべいもけっこう好き。早い時間に行かないと品切れの場合が多く、この日はうどんを食べ始める前に行ったおかげでかなり揃ってました。

熊岡のカタパン
注文したらガラスケースの蓋を開けて、紙袋に入れてくれます。写真の小丸パンの堅さはまだマシな方で、ちょっと勇気を出せば?ガリッと砕くことが出来ますが、石ころみたいな石パンはしばらく口の中で含んでいないととてもじゃないが噛めないそうです。歯が欠けたら困るので石パンは食べたことないんだけど、今度試してみようかなあ。
1896年創業・現在の店舗は1913年に建て替えられたものだそうで、店もショーケースも袋のデザインも味もレトロだけどバリバリ現役。こんなに昔の状態のままで商いが行われてるってこと自体が貴重ですなあ。

{お店データ}
住所:香川県善通寺市善通寺町3-4-11 電話:0877-62-2644
営業時間 [平日]7時半~17時半[土・日・祝]8時~17時半
定休日:火曜(祝日の場合は営業)・第3水曜

自宅で焼き芋

写真 2015-02-24 11 12 21
最近、自宅での焼き芋にハマっています。難しいことは何もなし。サツマイモを洗ってアルミホイルで包んで、オーブンで中まで柔らかくなるまでじっくり焼いて、余熱が冷めるまでゆっくり待つだけ。気をつけている点をあげるとするなら、サツマイモを買う時にできるだけ太くて重いのを選んでることくらいでしょうか。
食べる時は何もつけずにそのまま。自然でやさしい甘味の天然おやつです。

スマート珈琲店で遅めの朝食(京都・寺町)

20150104スマート珈琲店
京都の友人と三木半で食事して夜の八坂神社をうろついたその翌日、ホテルをチェックアウト後にちょっと遅めの朝食を取りに行くことにしました。ちょくちょく利用していた四条烏丸付近にあったイートインできる志津屋がなくなってしまっていたので、少し足を伸ばして寺町のスマート珈琲店へ。休日は特に混み合う店だけれど、早めの時間に行けるのは泊まったからではのメリットですしね。

20150104スマート珈琲店
ところが、10時ちょい前なのに残席2席ほどでギリギリセーフ。僕らが入った後に続々とお客さんがやってきて、けっこうな待ち列ができていました。危ない危ない。
僕としては、ここに来るのは2階の洋食を食べに来てる印象が強くて喫茶はあんまり来た記憶がないんだけど、「そんなことない」と妻に否定されました。そりゃそうだろうな。

20150104スマート珈琲店
いわゆる「モーニングセット」はなく、妻はホットケーキセット(1000円)をチョイス。分厚くてボリュームたっぷり・しっかり目の生地なので、たっぷりシロップをかけたほうが似合うかも知れません。他のお客さんの様子を見ていても、注文する人多し。

20150104スマート珈琲店
僕はハムと野菜のミックスサンド(650円)+コーヒー(450円)。パンは思ってた以上に厚みがあり、こちらもボリュームたっぷりめ。贅沢にも、野菜サンドに缶詰のアスパラが入ってるのが嬉しい。こういうのって何十年ぶりかなあ。
朝食として1人あたり1000円は日常からすると高価ですが、旅先だしお正月だしこの内容とこの店の空気なら大満足。けっこう量があるので結果的にブランチみたいな感じになりましたしね。ミックスサンドはハム・野菜・玉子のうちから2つを選んだ組み合わせ3種があるんだけど、なんとなく選んだ野菜サンドが個人的にはとても気に入りました。今度来たら玉子・野菜やなあ、でも2階のランチも久しく食べてないぞ。

{お店データ}
住所:京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町537
電話:075-231-6547
営業時間:8時~19時、2Fは11時~14時半(LO)
定休日:無休(ランチは火曜定休)

DISAPPOINT”MINTS”

友人から(たぶんハワイ)おみやげにもらったミントタブレットのケースが面白い。
イラストの人物は、むろんあの方。流行語だったあの言葉も「THIS IS CHANGE?」と皮肉り、ネーミングもDISAPPOINTMINTSと、DISAPPOINTMENTS=失望をもじってます。
日本じゃこんなんなかなか売れんだろうなあ。