2泊3日で新潟・松本(5)〜「卯屋」で信州の味を堪能

2017-10-17 17.57.06
新潟では行き当たりばったりでしたが、松本は事前に調べて良さげだった卯屋(うさぎや)を予約してありました。店の前まで来て外観見て、えて吉さんと二人で「フリで来てたら選んでないなあ(←外観が可愛すぎるので)」と同感。
 
2017-10-17 17.59.19
予約していたので、座敷席を用意してくれていました。つきだしは大根ときのこの煮物にフレーク状の信州サーモンを振りかけたのだったと思います。信州サーモンってマスの新しい品種なんですね、知らんかった〜

 

20171017松本

つきだしで一杯やりながらメニュー検討。こちらのお店、料理の守備範囲が広く地元産&旬にこだわっておられるのと、メニューは手書きで1ページに1品ってのが多いので、ページ数がメチャ多いです。上の写真、スライドショーで32ページあり、ご興味のある方はどうぞ。(マウスオーバーかタッチで矢印が現れます)

 

X70F2226
時期が時期なモンで、とにかくいろんなきのこが食べたかったんです。ちょっと寒かったから、まずは天然きのこ信州味噌鍋(680円)。4種類ほどきのこが入ってるそうで、説明してくれたけどどれも聞いたことがなく記録もせずw もっと食べたかったが他も食べたいので我慢。

X70F2228
続いて馬刺(1200円)。今まで何度か食べた中でこれが一番かも。しつこくなく自然な甘味があり旨味深くかすかな野趣。ここで食べた中でも一番印象深いです。

 
X70F2230
そしてそして、二名様専用おまかせ酒の肴三品(1600円)ってのを頼んだら、こんなのが出てきました。「ご予約していただいていたのでサービスです」って、「全然三品じゃないじゃないですかっ」のこれでも五品盛り。

X70F2232
このあたり、穂高葉わさびと天然きのこ天ぷら。

X70F2233
ダブってますが天然きのこ天ぷらと天然きのこおろし。

X70F2234
信州サーモン刺身と「やたら」載せ冷や奴。やたらとは、いろんな野菜を細かく刻んで、味噌などであえたものだそうで。
地のものを色々食べてみたかった我々旅行者にとって、種類は多いし地元色バリバリだし、ほんとに嬉しいおもてなしでした。当然のことながら途中で日本酒にチェンジ、ガンガンいってしまいました。

 
X70F2241
こちらはきのこ入りポテトサラダ(300円)。メニューにあれば大概注文するくらいポテサラ好きなのですが、きのこ入りは初めてかも。

X70F2246
馬もつ煮(400円)は、ちと味付けが濃かったように思いますが、これもまた地方色かと。

X70F2248
記憶が定かではないが、恐らく原木舞茸と豚肉のすき焼(650円)で、さすがにもうお腹一杯。

かつては信州にちょくちょく来ていたのですが、もう数十年ご無沙汰していたので、とにかく地元の季節の食べ物を色々食べたいと思っていました。そういう目的で事前に調べた結果、こちらのお店を選んで大正解。地元民でも旅行者でも、多人数でも一人でも、その時々の旨いものがリーズナブルに食べられるいいお店でした。
エントリ書いてて、鹿肉も食べたかったなあ。季節が変わったらメニューもまた変わるだろうし、地元の皆さんがうらやましい〜
参考サイト:バッカスの酒酔い日記 第二章 ~γ‐GTPのかなたへ~

{お店データ}
住所:長野県松本市中央1-2-12
電話:0263-36-2544
営業時間:17時半~21時45分(L.O.)
定休日:日・祝
 
 
2017-10-17 21.03.42
満腹だったので食べ物はもう不要、もう少し飲みたかったのでバーを探してウロウロしたところ、やっとこさ「バッカス」というお店を見つけました。

2017-10-17 21.19.22
僕なんかよりお酒に詳しいえて吉さんによると、けっこう珍しいお酒があって値段も安いとのこと。僕レベルでもこれは安いんじゃないのと思うものがいくつもありました。

2017-10-17 21.23.11
で、「山崎 LIMITED EDITION 2014」をば。元値はボトルで8000円、今はけっこうプレミアム付いてるようです。

すご〜く贅沢なこといいますが、食べ物に関しては1軒目が充実していたので、ハシゴができずでちょっと残念。いや、まあ、めっちゃ罰当たりなこと言ってるのはわかってるんですがね。久しぶりの信州だったもので、やはり一晩では全然物足りませんでしたなあ…
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.