【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

久々にプティポワでランチ

Posted ish / 2005.08.12 Friday / 15:57

一斉にお盆休みという職場ではないのですが、たまたま僕の場合、昨日から数日間の夏休みに入っています。我妻も今日はお休みだったので、久々に自宅近くのフレンチ・「プティポワ」に行ってみることにしました。

このお店に関しては過去2度エントリーしています。
それぞれけっこうな数のコメントをいただき、良かったとのご意見の一方、サービス面その他で問題ありとの情報もいただいています。そのあたりがどうなっているのか確かめたかったのですが、ありがたいことに近頃うちの近辺は興味津々のお店が増えておりまして、今日やっとこさ順番が回ってきたという感じです(^^)

プティポワメニュー.JPG
店頭のランチメニューです。サービスランチは以前来た時と変わらず900円。2500円のCコースなんて頼む人いるんだろうか。えらいことになると思うけどなあ(笑)(過去エントリー参照)

お昼ならこれで充分なことはわかっているので、サービスランチを注文。
スープ、自家製パン、たっぷりなサラダとこれまで同様、いい感じです。

プティポワ豚.JPG

こちらが僕が選んだ本日の肉料理「ポークチャップのピカタ」。ピカタのイメージから激しく逸脱した厚みで、相変わらずのすごいボリューム。写真ではわかりにくいかも知れませんが、厚みは軽く1.5cmはありましたね。
嫌な脂身はなくかといってカスカスではなく、とってもジューシー。豚肉なので当然中心まで火が通っているのですが、これだけの厚みのものをこういう具合にするのは素人には至難の業。ひょっとしてブロックごと一旦ローストしてるんだろか。僕はポークチャップ系はあまり食べないのですが、これはうまかったです♪

プティポワ魚.JPG
こちらは我妻が選んだ本日の魚料理「鰆とカンパチのポワレ」。こっちも肉厚・ボリュームたっぷり。もともと我が家は塩分控えめ傾向なのですが、聞くところによると、濃すぎる手前ギリギリの塩加減でとてもおいしかったとか。

プティポワデザート1.JPGプティポワデザート2.JPG

デザートは200円追加でOK。左は僕が選んだクリーム・ブリュレ、右は我妻の洋梨(だと思う)のタルト。ブリュレは滑らか濃厚、どちらもプチサイズですがこの値段なら納得。

お盆休みだからか、お昼の1時前でもほぼ満席。厨房はシェフお一人、フロアも年配の女性お一人(途中でもう一人来られましたが)なので、大忙し。とはいうものの、僕等のテーブルに関しては特に時間がかかったわけでもなく、スムースに次から次へと料理がサーブされました。
ただし、ランチの内容説明に関しては少し不十分、やっさんさんが指摘されていたおしぼりの匂いに関しても、残念ながら少しかび臭さを感じました。
決して無愛想なサービスではないのですが、できればもう少しがんばってもらいたいところ。でもなあ、この値段でこの内容をキープできているということは、恐らく家族でやってらっしゃるんでしょうね。経営的なことを考えると、ある程度しょうがないのかなとも思います。でもコストを掛けずとも、料理の説明をちゃんとすることやおしぼりを臭わなくすることはできるはずですしね。

立地としてはバリバリの下町なので、気楽にきさくに食べられるのがメリットでもあるわけで、びしっとしたサービスを求める方には今のままではちと難ありかもしれません。その点に少し甘めになっていいというなら、この値段とこの内容は、やっぱりオススメだと改めて感じました。

(お店情報) 神戸市兵庫区塚本通5-1-26 電話078-578-3287 
      第1・3月曜お休み(祭日の場合は火曜)

Comments

やっさん@鳥頭2005/08/14 09:00 PM

TB有難うございました。

やっぱり、料理は安くて美味しいですよね。
少し店の感じが重厚なので、サービスまで要求しちゃうのかな?
いっそのこと、お箸でカジュアルにフレンチ路線を行けば
良いのかも知れませんね。

料理は、ほんとお勧めの店ですよね。

ish2005/08/14 10:43 PM

やっさんさん>
場所柄考えると、けっこういい作りのお店ですもんね。
ほんとに料理はいいんですけどねえ。

もりすけ2006/01/08 06:22 PM

こんにちは。もりすけです。

こちらで知ったプティポワ、やっと行ってきました。
私の長男の方は独自情報でこの店を知っていて、フレンチ好きの長女を含めて3人でわくわくしながら向かいました。

店の雰囲気もよく食事も期待通りの美味しさで、それぞれ「美味しい」というそのまんまの言葉を何度か発しながらランチが進んでいた時です。

奥の席で食事を終えた二人連れが私たちのテーブルの前でこちらを向いて立ち止まって声を発したのです。

「あれ!?どうしてここにいるの?」

その二人は長い付き合いがある神戸に住む友人夫妻だったのです。

「いや、そっちこそこんな場所で珍しい」

その後の彼らのせりふが驚き。

「この店、○○○がオーナーでシェフなんだよ。」

そうだったのです。
プティポワのシェフは私の古い知り合いだったのでした。
おまけに、つい先ほどまでの彼らとシェフの会話に私が登場したとの事でした。

偶然に驚き、おもわず厨房前に行ってシェフの顔を確かめると、そこにある笑顔のシェフは頭の中にある面影と見事につながる顔だったのです。

遅めに入った私たちが食事を終えた時は昼のお客もちょうど引き上げた時間帯でもあってシェフがフロアに出て来ました。
前出の友人夫妻と私の話をしていたことにクシャミをしなかったかい笑ってました。
ひとしきり懐かしい話を交わし、最後にシェフに「いい店を作ったね」と賛辞を告げて店を後にしました。

いやぁこんなことがあるのですね。

これから神戸に戻ったら、必ず行く店になりそうです。

ish2006/01/08 07:35 PM

もりすけさん>
前コメントの予告でひょっとしてと思っていた想定の範囲を越えていました(笑)久しぶりの友人に会ったまでは読み通りでしたが、まさかシェフまでとは!ほんとに、そんなこともあるんですね。結果的とはいえ、久しぶりの再会のお手伝いが出来たような気分になり、僕も嬉しくなってしまいました。良かった良かった(^o^)
ただでさえコスパの凄いお店なのに、今後もりすけさんが行くとなったらどんなことになるのか興味津々です。今度は是非ご家族でディナーを楽しんで来て下さいね!

ポッポ2006/02/06 11:26 AM

私も行ってきました。
みなさんのおっしゃっていた通り、
料理は量も多く、大変おいしかったです。
パンも本当においしかった!!

ただ、残念なのは、ここはお知り合いのかたが多くご来店するのでしょうか。
私たちが行った時に、ちょうどもう一組がすぐ後に入ってこられました。
そしたら、私たちの方が先に入店したのに、
そちらに先にお水とオーダーを取りに行き、
おしゃべりをしていて、
こちらには待てどもなかなか来てくれませんでした。
何度か呼んでやっときてくださったんですが、
お水もなかなか出てきませんでした。

その後はスムーズにすんだと思いますが、
一緒に行った人が気分を悪くしてしまい、
残念な結果になってしまいました。

おそらく、もう行かないとは思いますが、
料理がよかっただけに残念です。

ポッポ2006/02/06 11:34 AM

すみません。
追記です。

私の場合、たまたま運が悪かったと思っています。
いつもいつもこんな状態ではないと思いますし、
お料理は本当に良かったと思っています。
加えて、私がサービス業をしているので、
よけいにひっかかることだったのかもしれません。

ですので、これから行こうと思っておられる方に、
変な先入観を与えてしまったらすみません。

ish2006/02/06 12:19 PM

ポッポさん>
過去にも数回、サービス面で問題アリとのコメントをいただいていますが、残念なことです。ポッポさんの経験がたまたまであったとしても、それぞれの方にとっては一回一回が大事な食事の機会なんですもんね。謝っていただく必要なんて全然ありません。
それにしても、どないかならんもんかなあ。惜しいなあ。

Comment Form





Trackbacks

Trackback URL : http://foodish.net/sb/sb.cgi/517

食べとぉ?飲んどぉ?やすいうまい神戸の探検隊 〓ランチや...2005/08/28 08:16 AM

ishさん(その1・その2・その3)、やっさんさんがレポートされてて、いつかいかなあかんと思っていた「プティ・ポワ」に行ってきました。(地図はこちら)日替わりのランチは900円で、この日は、若鶏のポワレかサーモンムニエル。少し迷って若鶏を注文しました。スープはパンプキンスープ。サラッとした軽い感じで...

王様は裸2005/08/28 05:49 PM

昨日,炭水化物ツアーを終了した後,元部下さんと話していると,すずめで出されたおし...

PAGE TOP