【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

三久食堂(大阪・JR芦原橋)

Posted ish / 2014.04.15 Tuesday / 10:25

20140414三久
絶賛マイブーム中の洋食シリーズ、今回はJR環状線・芦原橋近くにある「三久」。あまり僕がうろつくゾーンでもないうえに、こちらのお店は年配のご夫婦だけでやっておられるため現在は月水金のランチタイムのみ営業と、場所的にも時間的にもかなりハードルが高いのですが、たまたま昨日の午前中にいいタイミングで近辺に用意があったので、テクテク歩いて行って来ました。


20140414三久
こちらの店のことを知ったのは、こばやしさんのブログ。大きな通りに面しているので、近くまで行けば比較的見つけやすいです。赤テントに「洋食専門」、のれんにビシッとシンプルに「洋食」の文字が、気構えを感じさせていいですねえ。


20140414三久
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
店内は細長く、左にカウンター席、右はテーブル席、ドンツキに厨房。事前に聞いていたとおり、メニューの数々がライス付きで400円!(一部除く) 今や学食でもなかなかこの価格ではお目にかかれないんじゃないでしょうか。うどん200円なんて、まるで香川の製麺所価格ですし。


20140414三久
店内は静か。聞こえるのは、厨房の揚げ音、外を走る車の音、おかみさんのちょっとハイトーンな優しい口調。ゆったり過ぎる時間を楽しんでいると「お待たせしました〜」と愛想のいい声とともに、ビフカツ登場。


20140414三久
サイズはやや小ぶりなのは、この価格では仕方ないところ。付け合わせは、千切りキャベツ・ケチャップスパ・きゅうりと王道。ドミグラスソースはそれほど甘味が効いてる訳ではなく、これまでに記憶にない味。醤油の風味を感じるどこか懐かしい系、白ごはんに良く合ってこれぞまさに「洋食」って感じでした。やっぱり現実に目の前にしてみると、このビフカツとライスで400円っちゅうのはすごいなあというか、なんか尊敬の気持ちが湧いてきました。


20140414三久
ピンぼけでスミマセン、実態はほとんどの客が注文するともいわれる(僕が行った時は5割程度)そば(200円)。店に入った時にメニュー見たらうどんしか書いてなかったのでちょっと焦りましたが、「ビフカツとそば」って注文したらフツーに通りました。うどん出汁に黄色い中華風のそばってのは、学校の食堂で定番だったもので、僕としては昔から馴染みがあります。トッピングはかまぼこ・海苔・天かす・ネギ、ちゃんと一玉あるし、これが200円とはねえ。
他のお客さんの様子を見ていたら、このそばをスープ代わりにしたり、単品のスープ(これも200円)をつけたりしてはりました。あと、オムレツとハンバーグとか、自分で組み合わせて盛り合わせとしてオーダーすることもできるそうです(650円)。

まあしかし値段がどうこう味がどうこう以前に、かなりなご高齢にも関わらず、ご夫婦2人でこうやって今なお商売を淡々と続けておられているということ自体がレジェンド。僕がこの店の常連だったら、いつまで食べられるんだろうかとハラハラすること間違いなし。とにかくとにかく、一日でも長くお店を営業していただけるよう、お2人のご健康を願ってやみません。
いやー、はるばる歩いてきた甲斐がある、色んな意味でいいお店でしたねえ。


{お店データ}
住所:大阪市浪速区塩草2-4-19 電話:06-6561-3959
営業時間:月・水・金の10時半〜14時 定休日:日・祝日・火・木・土

Comments

Comment Form





Trackbacks

Trackback URL : http://foodish.net/sb/sb.cgi/2496

ケノーベル エージェント2014/04/16 09:19 AM

大阪市浪速区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

PAGE TOP