「デュシャン」で念願のアレを(神戸・三宮)

デュシャン
以前から知ってたけど、なかなか行く機会がなかった「デュシャン」。洋食屋とは名乗りながらもご覧のようなお洒落な外観なので、なかなか思いついた時におっさん一人でふらっとは入りにくかったんですよね。

デュシャン

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニュー看板に書かれたランチメニューの内容は、市役所と磯上公園に挟まれたこの辺りの立地からすれば、価格的にこんなところなんでしょうかね。ウィークリーランチがスープとソフトドリンク付きで1000円ちょいってのはお得なような気もするし、日常的にはちょっとしんどい価格だとも思うし。

デュシャン
店内に入るとカウンター席を案内されました。13時過ぎて空き始めてたし、できれば光の状態がいいテーブル席に着きたかったんだけど、一人だからしゃあないか。店頭メニュー以外のコースメニューはこんな感じで、あえてメニュー写真は載せませんが今回僕の狙いはここに載ってないランチコース。

デュシャン
まずは、スープかサラダを選べるので、後者を。それなりにボリュームあって彩り鮮やか、水茄子のスライスが入ってたのが珍しかったです。
パンかライスが選べるので後者をチョイスし、いよいよ出てきたのが…

デュシャン
毎度お馴染みのビフカツ。こちらでのちゃんとしたメニュー名は「国産牛フィレ肉のカツレツランチ」で、食後のソフトドリンク付き・なんと税別3800円!!
「お金持ってるなあ〜」と思われてもしゃあないですが、実は、ここで使える2000円クーポンが某ネットサービスから送られてきたんです。1オーダーで2000円以上みたいなしばりがあったのでサービスランチ等には使えず、それなら僕の食べてみたいビフカツリストに長年入ってはいたけれど、価格的にはおいそれとはよう食べなかったここのを経験する千載一遇のチャンスと捉えようというわけで。まあでもクーポンがあってもけっこうな出費ではありましたけどね(^_^;)

デュシャン
ちょっとぞくっと寒気がしそうなほどの断面、厚みたっぷりの当然レア。見ただけですごく上質なビーフなのがわかります。まず一切れ、さあ食べてみましょう。
ぐぐっと噛み応えがあるのではなく、サクッと歯が通るのでもなく、なんちゅうかごく自然にスッスッと素直に噛みきれる肉質。そして噛むほどにあふれ出す甘くて雑味のない肉汁。塩はしっかり目、ドミグラスソースは甘くもなくビターでもなくのさらっと系。ボキャブラリー貧困で申し訳ありませんが、「今まで記憶にないほど上質な肉質の、ピュアなビフカツ」でした、としかいいようがないですねえ、これは。
ただしですねえ、僕のイメージするビフカツからは逸脱してるように思うんです。ここまでの質と価格なら、別のカテゴリーの食べ物じゃないのかって感じ。確かにものすごく美味しかったんだけど、「洋食」としてこれをリピートしたいかと問われれば、(値段のことを含めて)ちょっとどうなんかなあ。もちろん、ごちそうしてくれるんなら、今回よりもっとオシャレして、喜んではせ参じますけどねw

いやはや、クーポンのおかげで貴重な体験をさせていただきました。今度はフツーにランチを食べに来たいものです。神戸外からのお客さんをお連れしても喜ばれるでしょうね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区八幡通4-1-27 D’グラフォート神戸三宮タワー1F
電話:078-272-2720 営業時間:11時半~15時半、17時半~23時
定休日:不定休


インスタント・パクチー焼そば

写真 2015-08-13 11 05 18
父の日プレゼントにもらったカルディセレクションにはいっていた、パクチー焼そばを食べてみました。
エントリにはあげていませんが、同じくカルディで売ってるパクチーラーメンは経験済みで、そちらは電子レンジ調理がディフォルトの変わり種。この焼そばもちょっと変わっていて、ます添付の粉末ソース・オイル・乾燥パクチーをボウルかなんかに入れておき、そこに茹で上げた麺をあまり湯切りせずに投入して混ぜ混ぜしなさいってことになってます。袋麺の日清焼そばだって焼くのは後半少しだけですが、こちらは一切焼く工程なしなので、むしろ「和え麺」ですな。
ボウルで混ぜてからお皿に移すと洗い物が増えるので、深めのお皿に調味料を入れて出来上がったらそのまま食べる仕様に変更しました。原則的に袋麺は何も加えずに食べる主義ですが、見場を考慮して半熟の電子レンジ目玉焼きだけ追加。パクチー好きとしてはもの足らん程度でしたが、全体的には上々のチープ味。めっちゃ簡単に作れるのもいいですね。


丸新軒で有言実行(神戸・柳原)

20150810丸新軒
先日の休日、お昼前までゆっくり寝て、とりあえずヨーグルトだけ食べてヤボ用片付け開始。一旦やり始めると途中でやめにくかったので、その後何も飲み食いせずに用事を済ませたら、既に16時過ぎてて喉はカラカラの腹ペコ。家に帰って料理を作る気力もなかったので、中途半端な時間でもあそこなら空いてるだろうと先日初めて来た「丸新軒」に滑り込みました。

20150810丸新軒
とにもかくにもビールを飲んでメニューを撮影、1枚目の写真も2枚目の写真も、前回来た時とほぼ同じ写真でスンマヘン。前回はオムライス食べたから今回は中華で、何を食べるかは前回来た時に既に決まっていたので迷いなし。

20150810丸新軒
そう、それは豚天(豚の天ぷら)。鶏の唐揚げはどこでもあるのに。豚天ってあんまりみかけないんですよね。こちらのお店のは、まずそのボリュームに目を惹かれます。単品で800円ってどうかなあと思ったんですが、出てきてみるとゴツい切り身が6ピースほどあったでしょうか。そしてその下にはたっぷり野菜が隠れています。醤油ベースのタレがついてくるけど、あらかじめ下味がしっかり付けられているので、タレなしでも充分イケる。辛子を持ってきてもらって、ちょこっとつけてバクッと食べて、ビールグビグビ。やっぱいいですなあ。
僕と豚天との初めての出会いは、京都に下宿していた頃の近くの王将。豚天と麻婆茄子とジンギスカンをしょっちゅう食べてた記憶があります。あとは社会人になって、以前会社があった近くの定食屋のメニューにこれがあって、そこでは酢醤油と辛子で食べるんです。丸新軒のメニューを見ると「チャリッチ」とも書かれており、初めて聞く言葉なので検索してみたら、ほとんどヒットしませんでした。どういう由来の言葉なのかなあ。

20150810丸新軒
豚天食べながらビール飲んで壁に貼られたメニューを眺めてたら、店主から「餃子が評判いいんですよ」と勧められました。この日初めての食事みたいなもんだからまだお腹に余裕あり、ちょうど興味あったもんで、じゃあそれ下さいと追加注文してみました。

20150810丸新軒
出てきたのがこちら。1個の大きさが、王将の1.5倍か2倍ほどのデカさ。タレ以外に、お皿の端っこにちょこっと味噌が添えられており、好みでこれをつけるのもあり。まずはそのままで食べてみると、こちらもしっかり目に下味がついていて、僕的にはタレ不要。食べ終わったらそこそこ満腹になるのが予想されていたのでビールは追加しませんでしたが、フツーなら必須ですな。自家製らしき味噌も濃厚でニンニク効いてて、これだけでもアテになるほど。できればもう少しカリッと焼けてる面があったほうがうれしいんだけど、あっという間に平らげてしまいました。
結局この日は夕飯をほとんど食べず、ここで一日分の栄養補給した感じ。長年知ってたのに入ったことがなかったんだけど、サクッと使える地元中華としていい店見つけたもんです。次回は麺類かなあ、カレーも気になるなあ。


佳景でゆったり贅沢昼ご飯(神戸・元町)

佳景
某所で「佳景」のおかみさんにお目にかかった折に「久しぶりに伺います」と約束したもんで、有言実行。一人なので予約しなかったから大丈夫かなと思いましたが、ラッキーなことに空いていました。

佳景
いつも通り、茶瓶からタオルに熱湯をかけてキュッと絞ったおしぼりに、何はともあれビール。こちらのお店、営業は朝から昼過ぎまで・カウンター8席で、料理は2500円のおまかせのみだから何も注文する必要がありません。まずは自家製胡麻豆腐からスタート、ここのわさびは常におろしたて。

佳景
なすの煮物なんだけど、おかみさん曰く「忘れ煮」。鍋にかけているのを忘れるくらい時間をかけて煮るからだそうで。皮は取ってあるので中味だけで口当たりが均一。長く煮ていても崩れてはおらず、おいしいだしをたっぷり含んでいます。

佳景
イカと三つ葉の酢の物。数年前からやたら酢の物好きになってきたので、特にこういうのは大歓迎。器も涼しげでよろしいな。

佳景
おかみさんや他のお客さんとしゃべりながら飲み食いしてたら、八寸登場。いつ見ても多彩で充実。あれだけお客に気を配りながらてきぱき盛りつけていく手際もまた見事。余りにもなんやかやと盛り込まれているので、いつもここでメモを取る気が失せてしまうんです。というか、一刻も早く食べたい(笑) で、ビールも切れてきたしここらでぬる燗をオーダーしたら、いつもの錫半の徳利とおちょこが出てきて嬉し。

佳景
僕がいた時間、他のお客さんはおかみさんの昔からお知り合いの女性お一人だけ。この会話がまた楽しく、適当に僕も割って入ったりなんかしてるうちに、玉子焼きと鰯をなにがしかに漬け込んだのを焼いたのが出てきて、ぬる燗やってまたおしゃべり。そしてこの日のお漬け物は、ゴーヤーと胡瓜とプチトマト。

佳景
その後、冬瓜の炊いたのにシャブシャブっと豚肉薄切りを加えたのが出てきて、フィナーレ前に人参のスープ。

佳景
そしてやってきました、大トリの玉子かけご飯。バリバリの銀シャリの上には、厳選玉子の卵黄がこんもり、おろしたてわさびがちょん、お醤油がちょろり。これをグワッと混ぜてワシワシかっ込む旨さと来たら、そりゃもうアナタ、ナニですよ!

佳景
猛烈に旨い玉子かけご飯をあっという間に平らげたら、「お代わりしましょね〜」とお茶碗を持って行かれ、出てきたのがこちらの超レア目玉焼き載せご飯。今度は白身も入っていて、黄身にもわずかに熱が入っているので、当然前とは別物。お箸でざくざくっと混ぜてかっ込むと、これまたそりゃもうアナタ、ナニですよ!(再) 一度の食事で玉子焼き・生玉子・目玉焼きと3個も食べてしまっていいのかなあとも思ったけれど、そんなもんかまうかいって心境の爆旨でした。
う〜、満足ぅ〜今日は晩ご飯いらんわ〜

以前のエントリでも書いたように、おかみさんの食へこだわりと心遣いには本当に脱帽。心底おいしいものを食べるのが好きで、料理を作るのが好きで、それを喜んで食べるのを見るのが好きなんでしょうね。行ったことがある人なら誰でもわかる、この2500円のすごさ。朝ご飯や昼ご飯としてはちょっと気後れしてしまう額ですが、ここに来て満足しない人なんているのかなあって思ってしまいます。


施家菜でランチコース(神戸・ハンター坂)

20150712施家菜
久しぶりに家族全員の休みが揃ったので、食事に行くことになりました。選んだお店は以前から行ってみたかった「施家菜(シーカーサイ)」、かつて北野にあった「老香港酒家」(一度復活したものの閉店してしまったこっちのほうではなく、その前身)のオーナーが開いたお店です。老香港の飲茶コースが大好きだっただけに、こちらのお店もとても楽しみにしていました。

20150712施家菜
お店はにしむら珈琲本店のハンター坂挟んで西向かいのビルの4階にあり、上の写真の店名サインとこのメニューボードくらいしか目印がないので、少しわかりにくいかも知れません。

20150712施家菜
とはいうものの、日曜の昼時の店内は満席。今回は一人3500円のコースを予約しておいたんですぐ席に着けましたが、週末はランチタイムでも予約しておいたほうが無難なのかも知れません。

20150712施家菜
まずは前菜盛り合わせ。行ってからだいぶ時間が経つので詳細忘れてしまったんだけど、海老の素揚げ/イカと蓮根の酢の物/スペアリブ/鶏のなんか、だったかと。彩り鮮やかのあっさり系でどれもおいしい〜

20150712施家菜
続いて点心はむしシュウマイ三種で神戸牛・海老・海老ニラ、さすがというか何というか、姿形が美しい。特に印象に残ってるのは神戸牛シュウマイ、肉の旨味が濃厚で凝縮されていて、一粒食べた割りにはかなりの「肉喰った感」があった代物でした。

20150712施家菜
続いて、三度豆と天草豚トロの炒め物。なんちゅうことない炒め物ですが、豚トロはさくっと簡単に噛み切れ、噛むごとに甘い肉汁が涌き出てきます。いいネタ使ってるなあって感じ。

20150712施家菜
続いて、鯛の豆鼓入り蒸し物。先ほどの点心もそうですが、こちらも一人前ずつ蒸籠で蒸されてサーブされます。大皿でドカッと出てきて取り分けるのもいいですが、このスタイルだとちょこっとランクアップした感じがしますね。無論骨までしゃぶって綺麗に平らげましたが、蒸し汁がこれまたおいしくってもったいなかったなあ。

20150712施家菜
デザート前のコースの締めに竹筒登場。

20150712施家菜
蓋を開けると、香港麺を使ったチャーシューローメン。チャーシュー・白髪ネギなどと共にタレを絡めていただくわけですが、やや固めに茹でられた平打ち麺がおいしい。麺とタレだけで食べてみたいなあと思うほどでした。

20150712施家菜
デザートは杏仁豆腐。寒天っぽさが少なくて、香り(アーモンドエッセンス?)がはっきり効いてて、旨かったッス。なんかしらんがこれ食べたら久しぶりに「豆腐花(ダウフファ)」が食べたくなってきたなあ。

表の看板に載ってたランチメニューや、今回食べたコースでも充分楽しめますが、やはりここの本命はディナータイムにおすすめの魚介類をたっぷりいただくことではないかと。でもそれなりの値段だからなかなか機会がないだろうなあ、でも食べてみたいなあ…

{お店データ}
電話:078-291-0168
住所:神戸市中央区中山手通2-10-21 第2伸野ビル 4F
営業時間:11時半~14時半 17時半~22時 定休日:火曜


神戸をベースに、食べ歩き・料理・旅行記など、飲食ネタ中心です。