喫茶エデン(神戸・新開地)

20150724エデン
昭和23年創業の「喫茶エデン」、昔から知ってるし何度も前は通ったことはあるけれど、お店に入るのは初めてかも知れません。

20150724エデン
店内は震災を乗り越え、ほぼ創業当時のままだとか。神戸らしく客船の内装会社が作った家具を見るだけでも訪れる価値があろうというもの。

20150724エデン
壁には歴代のマッチ箱コレクションが掲げられています。禁煙ディフォルトが当然のご時世ではオリジナルのマッチを作ってるお店なんてほぼ絶滅だろうと思われますが、あの小さなスペースをキャンバスにして、どんなものを描いてやろうかって試みが楽しめなくなったのは残念でもあります。今でも「もん」のマッチはあるのかなあ。今はなき名店「ジャンムーラン」にもあったなあ。

20150724エデン
雰囲気がある写真を撮ろうとしたものの、どっちつかずになってしまう失敗の典型的写真になってしまいましたが、こちらはこのお店のハーフサンドセットで通常650円。ただし、全部で7種類あるらしいモーニングセットの一つとして提供される時間帯なら550円だそうで。

20150724エデン
オーダーが通ったら、玉子をかき混ぜる音・ジューッと焼ける音・バターのいい香りが漂ってきます。一瞬パン4枚分でワンセットかと思いましたが、パン2枚分ごとに(水分を通さないため?)野菜が挟んであるだけなので、この一皿でサンドイッチ4個分としていただけます。見たマンマ、食べても感じる丁寧な作り。なんでこれでハーフサンドかと思いきや、サンドイッチ単品なら当然ながらこの倍あるそうで、でもこのハーフでも充分満足できるボリュームでした。パイナップル・グレープフルーツ・バナナとカットフルーツもついてて、これでこの価格はさすが下町新開地。

全国、いや場合によっては世界中どこにでもあるような喫茶チェーン店が増殖する昨今、個人で喫茶店を経営するのは大変。創業当時の面影を残したまま歴史を重ねてきたこんな喫茶店があることを、神戸っ子として誇りに思うと同時に、大事にしていかねばと思いました。(えらく真面目に締めてしまった…)

{お店データ}
電話:078-575-2951 住所:神戸市兵庫区湊町4-2-13
営業時間:8時~20時、日祝~16時 定休日:元旦


仕事帰りに「うるおす」(神戸・JR兵庫駅北側)

20150710うるおす
仕事帰りに駅でぱったり妻と出会い、帰ってから夕飯作るのも面倒なんで久しぶりに「うるおす」にちょこっと立ち寄ることにしました。自宅近くにこういう店があると便利ですなあ。

20150710うるおす

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

もともと店の規模の割りにメニュー豊富だったけれど、しばらく来てない間にますますパワーアップして種類が増えてるのにびっくり。よくこんなにツメツメに書けるなあ。毎日これだけ仕込んで、手書きメニュー書いて、ほんとに頭が下がります。

20150710うるおす
まずは思いやり5種盛り(800円)は、だし巻き・豆あじ南蛮漬け・かに身カニミソ・鮎の山椒煮・枝豆。この価格でこの内容、幅の広さはいつもながらさすが。ハートランドでスタート、続いて当然の如く日本酒にチェンジ。豆あじと鮎が特に良かったです。

20150710うるおす
揚げ物が欲しくなったので鱧と野菜天ぷら(800円)、野菜は、アスパラ・なす・ししとう・オクラなど。鮎やら鱧やら、季節ものがこうして手軽にいただけてありがたや〜

20150710うるおす
この店に来たらやはり十割そばで〆ないといかんでしょう。トップの写真のメニュー以外にもこんなそばメニューあり、さてどれにしようかな。

20150710うるおす
結局、かもなんばのあったかいの(950円)にしました。ここのそばは自分とこで打ったのを注文してから茹でて出してくれるので、ちゃんとした蕎麦屋なみ。それが〆で食べられるんですから、贅沢というか便利というか。そばもおいしかったけれど、鴨の旨味が染み出た出汁がこれまた逸品。アテも酒もそばもそろっていて、毎度ながらいい店だなあと実感しました。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区大開通7-1-6 電話:078-576-3588
営業時間:17時半~深夜 定休日:火曜


立ち呑み天ぷら「國/KOKU」再び(神戸・湊川神社西側)

20150625國
以前おがちゃんと行った時はハシゴの中の一軒だったので、もう一度ちゃんとということで、某日開店直後に行ってみました。

20150625國
天ぷらメニューを再掲。これ以外にも日替わりネタあり、この日は鱧・ふぐの白子・穴子などがありました。

20150625國
前回撮れなかった天ぷら以外のメニュー。個人的には酢の物とか野菜系メニューがもう少しあればいいなと思います。

20150625國
天ぷらが出来上がるまでの間に、スピードメニューとしてまずはポテサラ。ディッシャーできれいな形に盛りつけてくれてますが、ポテサラ好きとしては形を整えずにドンと盛ってくれたほうが気分かなあ。あ、ポテサラそのものはとてもおいしかったですよ。

20150625國
天ぷらは、お得な「おまかせ4品(海老入り)」をやっぱり頼んでしまいますね。前回に比べて、なすがサツマイモに変わっていました。4種のお塩から好みで選んで、揚げたてアツアツをビールと共に。ぷりっとした海老はもちろん、自然な甘味感じる野菜もいいですなあ。

20150625國
せっかく開店即飛び込みしたんだから、1日限定10個のコロッケをオーダーしたら、神戸地ソース・プリンセスソースがついてでてきました。

20150625國
ソースにも興味があったんだけど、まずはそのままで。半分にカットしてみるとややじゃがいもの粒を残した仕上げ、シンプルにイモのうまさが感じられてこれはかなり好みでした。結局ソースは使わず、何もつけずにそのままで全部食べてしまいました。これで100円なら、(失礼ながら)ヘタなネタの天ぷらよりもいいんじゃないかと思えるほど、個人的にはここでの是非モノとなりました。土曜限定のコロッケサンドイッチってどんなんなんかなあ。

もう2品ほど天ぷら追加してたら、えらく騒がしいおばちゃん達が入ってきたのでスタコラと退散。もう少し居たかったけれど、次回以降のお楽しみに取っておくことにしましょう。

{お店データ)
TEL:078-341-6426
住所:神戸市中央区多聞通4-1-4
営業時間:月~金 17時~24時 土 15時~21時 定休日:日・祝


マカロニ切れてたのでスパゲティサラダ

写真 2015-07-17 18 02 39
ここんとこしばらくマカロニサラダが食べたくって、さあ作ろうと思ったらマカロニ切れ。この日は台風が来てて外に買いに行くのもおっくうだったので、スパゲティで代用することにしました。そのままでは長すぎるので、当初キッチン鋏や包丁でカットしようとしたんだけど、乾麺状態ではどっちもやりにくい。結局は手でパキパキ折ったんですが、これがベストな方法でした。
麺を茹でてからいったん水でぬめりを取り、そこに胡瓜・玉ネギ・プチトマト・ハムを投入、塩胡椒してマヨネーズかけてグワッと混ぜて、仕上げに乾燥パセリなど加えて出来上がり。
ポテサラより手間がかからないし、スパゲティならいつでもあるし、こりゃあなかなかお手軽なメニューですな。


哈爾濱でワイン持ち込み宴会(神戸・大開通)

20150708哈爾浜
これまで何度か宴会をやってる哈爾濱(はるぴん)で、料理+ワイン持ち込み料金込み5000円って企画にお誘いがあったので、行ってきました。ワインはようわからんので何を持っていっていいのやら悩みましたが、スペインの泡(CAVA)を数日前に購入、冷蔵庫で冷やして持って行きました。

20150708哈爾浜

この店の大将のルーツが中国東方地方なので、できるだけそっち系の料理を出してもらうよう、今回もあらかじめ幹事さんがお願いしてくれていました。いつもながら品数がメチャクチャ多く、これでも4,5品は写真撮り逃してるんやないかなあ。
(前菜盛り合わせ/豚バラ角煮の釜蒸し焼き/エビチリ/クラゲと干し豆腐と野菜の塩炒め/豚モツと干筍の漬物のスープ/ジャガイモ千切り炒め/春雨の炒め物/卵とトマトの炒め物)

20150708哈爾浜
特に印象に残ったものをいくつか。その1は「ジャガイモと茄子とキヌサヤの煮込み」。なんちゅうことない料理なんだけど、いかにもお惣菜っぽいところが魅力です。こういうのはご飯が欲しくなりますな。

20150708哈爾浜
ゴーヤーとホルモンの炒めもの。ようわからんのですが、部位的にはガツではないかと。個性強い者同士を合わせやや濃いめの味付けでざっと炒めた力強い一皿は、沖縄料理を思い起こさせるもんがありました。

20150708哈爾浜
干しジャガイモと干しインゲン炒め。前回の宴会でも使われていた干しジャガイモ、これいいっすねえ。もともとジャガイモ系好きなんだけど、干して旨味が増して芋の旨味が濃いです。見た目全然映えないけど、素材の魅力が光ってました。

20150708哈爾浜
総勢20名、ワインも(多分)20本。2テーブルをワインがあっちこっち行ってみなさん飲み比べてはりました。僕はワインのウンチクを語るほどには到底なれないけれど、単に飲んで旨いか好きかだけではなくって、基本的なことだけでも勉強しとかんとあかんなあと少し反省した夜でした。ま、ともかくおいしかったし楽しかったし、誘っていただいてありがとうございました。


神戸をベースに、食べ歩き・料理・旅行記など、飲食ネタ中心です。