天然うな重あとのウロウロ小ネタ集

わざわざ四国まで行って鰻だけというのももったいないので、食後あちこちウロウロしてきました。
ってか、鰻の前には阿讃亭近くの「内場ダム」ってところで、生まれて初めてダムカードをいただきました。だいこんさんのコレクションにお付き合いしたんですが、ダムカードってああしてもらうんだなあとか、ダムカードにはそんなことが書かれてるんだなあとか、初めてのことだらけで興味深かったです。なんのことかようわからんでしょうから、是非下記リンクをどうぞ。

DSC00704
さて、食後は阿讃亭近くの道の駅「湯愛の郷(ゆめのさと)しおのえ」で産直品のお買い物。今まで見たこともないようなでっかいナメコが売ってて、地元の方々がけっこう買いに来てはりました。あれってどうして食べるんですかねえ、鍋かなんかですかね?

DSC00707
買い物のあとは市街地方向へ移動。せっかく香川に来たんだからうどんを食べずに帰るわけにはいけません。時間的に選択肢が少ない中選んだのは「山もり」。

DSC00709
店内きれいなのでまだ新しいのかなと思いきや、もう9年間だとか。黒ベースに赤字のメニューはこちらイチオシの「温泉玉子うどん」と「しょうゆ温泉うどん」で、温泉玉子を使っているのだとか。今から思えばそれイっといても良かったんですが…

DSC00714
天ぷらがおいしそうだったので、ひやあつ(だったと思う)にちくわ天をイってしまいました。あのうな重食べたあとではこれに玉子はキツいですしね。14時半と条件としてはあまりよくないのに、いいうどんでした。

DSC00721
その後は坂出市へ移動。だいおんさんが「カレー焼」なるものがあるとの情報を入手していたので、商店街の中にある大判焼の「みつば」へ。残念ながらシャッターが降りたままのお店が多い中、おばあちゃんが営むお店で、通常は中身があんこのところ、クリーム・カレー・たこなどのバリエーションがあります。カレー焼の中身はなんちゅうかカレー味の肉じゃがをつぶしたのみたいな感じ。写真は撮り忘れたのでこちらをご参考下さい。たこ入りはミニお好み焼きみたいな感じなのかな。こりゃあどっちもおやつにもビールのアテにもいいです。

DSC00716
店頭の冷蔵庫には「バクダンアイス」なる、今やほとんど見かけない風船入りアイスがありました。こんなん見たの何年ぶりかなあ。調べてみたところ、岡山では「バクダンキャンディー」としてバリバリ現役だとのこと。なんでこういう地域差が出来るのか、不思議なもんですなあ。


今年も阿讃亭で天然うな重(高松市塩江町)

20151010阿讃亭
ここのところ毎年恒例になっている、高松市の山奥にあるうどん屋・阿讃亭に天然鰻を食べに行くツアー、今回はいつものえて吉さん・*あきこさん*・だいこんさんとご一緒しました。
何故うどん屋で天然鰻なのか、詳しくは初訪問時のエントリをご参照下さい。

20151010阿讃亭
例によって、店頭の水槽では鰻がニョロニョロ。店の大将が近所の川で夜釣りしてきたものなので、正真正銘の天然。今年は例年以上に泳いでる鰻の数が多いように感じました。

20151010阿讃亭
何だかようわからん丸いのはスッポン。こんなのも穫れるんですね。

20151010阿讃亭
この時僕は風邪を引いていたのでよくわからなかったのですが、*あきこさん*によるとお店の外にいる時からすでに松茸の香りがしていたとか。鼻詰まり気味な僕でも店内に入るとわかるくらい、強烈な香り。お店には行ってすぐのテーブルに巨大なのが置いてありました。

20151010阿讃亭
阿讃亭はうどん屋なんだけど、天然鰻も竹の子も松茸も名物。季節限定の松茸うどんには大いに引かれるものがあったものの、なんぼなんでも一度に鰻と両方は贅沢すぎるだろうということで見送り。いつの日か近所の塩江温泉に泊まって、両方を制覇するのが僕の一つの夢です。

20151010阿讃亭
うどんメニューはこんなの。というか、4回も来てて鰻ばっかりで一度もうどんを食べたことがないというのもナニなので、そのうちうどんをいただきに来ないといけませんなあ。

20151010阿讃亭
サイドメニューにうな重ってのがすごい。お値段は昨年来た時より500円上がって、3500円になってました。

20151010阿讃亭
鰻を釣って水槽で泥を吐かせるのでいつも何尾かはストックがあるそうですが、遠出してきて万一品切れだとショックなので、僕はいつも行く日が決まったら電話で予約することにしています。ということで、この日も無事天然うな重4人分が無事登場。何度来ても蓋を開ける前のこの瞬間はワクワクするなあ。

20151010阿讃亭
早く食べたかったもんでちょっと写真撮影失敗。それでもけっこう大きめなお重全面を覆い尽くす蒲焼きの迫力と、旨そうな照りと焼き色はご理解いただけるかと思います。うーん、いつ見ても惚れ惚れするなあ。

20151010阿讃亭
あっさり目のタレが鰻そのもののおいしさを覆い尽くさないところがいい。身の自然な甘さと上品な脂のコク、川魚であることを思い出させてくれる一種爽やかとでもいうような風味と香り。身ももちろんおいしいけど、皮までおいしい。天然鰻ってなにがちゃうねんて聞かれたらどう答えたらいいかすごく困るけれど、一番の違いは口に含んだ時の「香気」とでもいいましょうか。
このサイズでこの厚みの立派な天然うな重がこの価格で食べられるなんて、ほんとに嘘みたい。遠くなのでめったに来られなくって残念だけど、今年もこうしていただくことができてとても嬉しかったです。…でもやっぱり松茸うどんも食べてみたかったなあ。


キッチンはんおむ芦屋店でランチ(神戸・JR甲南山手)

写真 2015-09-24 13 50 38
ヤボ用で生まれて初めて下りたJR甲南山手駅のお昼時。どっかなんかええとこないかとウロウロしていたら、山幹沿いにちょうどいい具合の洋食屋さん「はんおむ芦屋店」を見つけました。芦屋店といいつつ、住所としては神戸市内ですが。

写真 2015-09-24 13 50 50
「はんおむ」という店名は、「ハン」バーグと「オム」ライスから。あとでわかったことですが、こちらの本店は摂津本山近くにあり、もう一軒支店が六甲道に、そして旧店名は「くれよん」だそうで。なるほど、ランチの名前はそういうところから来てるのですね。

写真 2015-09-24 14 01 39
店内は、写真左側の入り口から入って、カウンター席を挟んで両側にテーブル席。赤いギンガムチェックのテーブルクロスがおっさん一人客にはちょっと気恥ずかしいものの、全体的にそうメルヘンしてるわけではないので大丈夫。

写真 2015-09-24 13 57 19
日替わりのクレヨンランチはサラダ・スープ・ライスorパン付きでライスは大盛り無料、そのうえ平日ならばソフトドリンクもついて税別720円の超ご奉仕価格。この日、木曜のハンバーグはチーズトッピングも無料ということで、初見ならこれをいっとかない手はないでしょう。

写真 2015-09-24 13 54 44

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

写真 2015-09-24 13 56 48
その他メニューはこんな感じ。ハンバーグ・オムライス以外にも洋食類一通りが揃っています。

写真 2015-09-24 13 56 59
これ以外にも、チョイ載せ用なのかチョイ飲み用なのか、「ちょっと一品メニュー」もあり。カニクリームコロッケに大いに引かれたものの、なんとか我慢しました。

写真 2015-09-24 14 04 44
カップのコンソメスープを飲みながら待つことしばし、出てきたハンバーグは紡錘形で、失礼ながら値段から予想していた以上にご立派なサイズでニンマリ。無料トッピングのチーズが熱いソースにとろ〜りと溶けて、ビジュアル的にも大変美形。

写真 2015-09-24 14 06 13
ざくっとカットしてみると、断面いい感じ。つなぎ少なめで肉々しく、トマトテイストなソースと合わさってご飯ばくばくのおいしさでした。山幹沿いでソフトドリンクついて、この内容で800円以下はかなりなお値打ちだと思います。ご飯大盛りにすべきだったな。

このあたりに来ることがなかなかないのですが、次回は看板メニューの「はんおむ」(ハンバーグ付きオムライス)をイってみるべきかなあ。でもこのハンバーグに合うのはやっぱり白ご飯やろと思うのですが、どうでしょうか。

{お店データ}
住所:神戸市東灘区森南町1-5-1-106 セルバ南側 1F
電話:078-453-8485
営業時間:11時半~15時、17時~22時
定休日:火曜


丸萬・地下のほう(メトロ神戸)

20150927丸萬
新開地あたりでちょこっと飲みたいなと思ったある日、候補店がいくつか頭をよぎりました。そんな中から今回は「丸萬」の湊川にある地上のほうではなく、メトロ神戸西端の地下のほう。両店の正確な関係はわかりませんが、僕は勝手に湊川が本店でこっちが支店だと思っています。偉そうにいってますが、こちらには今回が2回目。

20150927丸萬
前回来た時は昼間で、割りと若めのお兄ちゃんが調理場に入っていましたが、今回はけっこう年配の男性。恐らくこの方がご店主ではないかと。本店のきずしが好きなもんでこっちでもお願いしてみたところ、350円で予想以上のボリューム。ボテッと分厚い切り身が5切れで、これは嬉しい。

20150927丸萬
ピンクグラデーションな断面が美しい。やや浅めの絶妙の浸かり具合で鯖の質も良く、これまで食べたきずしの中でもトップクラスに好みでした。

20150927丸萬
丸萬のウリの一つは焼鳥ということで、なんとなく食べたくなった手羽身を塩焼きで(530円)。ボリューム的には先のきずしの3,4倍はありますかねえ。骨の部分を持って焼きたて熱々にガブリとかぶりつき、ビールゴクゴク。フツーのメニューが当然の如くちゃんとおいしく現れるのはさすが。

ちょこっとのつもりが、結果的には2品でけっこう満足してしましました。以前お昼に来た時より、今回のほうが圧倒的にいいような気がしたのは気のせいだろうかなあ。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地2-3B-1(メトロ神戸新開地駅改札からすぐ)
電話:078-575-3538


ついにあの娘にご対面ツアー(4)〜讃岐うどん巡礼2015-3

◎四軒目:大空

DSCF6347
あの娘にご対面できなかったのは残念だけど、また次回以降のお楽しみに取っておくことにして、次なる店は本業魚屋が営むうどん屋で、目の前は宇多津の産直市。さすが本業魚屋だけあって、店頭ののぼりにも車海老・かき・まぐろ・ハマチなどの文字が見えます。

DSCF6352

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

店内メニューも一軒うどん屋とは思えないコーナーもあり、例えば海鮮丼の竹(500円)はイクラ・カンパチ・サーモン・鯛・鰆などが入ってるそうです。

DSCF6353
しかし我々の目的はあくまでうどん。そちらの部のメニューももちろん海鮮充実で、ここしばらく香川で天ぷら食べてないような気がしたので(そうかぁ?)、食べる気満々でした。

DSCF6355
選んだメニューは車海老天うどん(500円)。天ぷらは香川のうどん屋でよく見かけるカリカリ衣の揚げ置きではなくって揚げたて。ぷりぷりのが2尾入ってて、うどんつるつるだし芳醇でこれ500円はすごい。

DSCF6363
…と思ってたら、ぷるみえさんの選んだ穴子天ぷらうどんがそれ以上の大当たりで、穴子丸ごと1匹とちくわの天ぷらがどか〜ん!こっちの500円のほうが皿にお得感満載、ボリュームも凄くって正直うどん巡りの最中にこれはしんどいかもです。

DSCF6366
僕ら一行を見てご店主が「どちらからですか?」と尋ねてこられたので「東京・大阪・神戸です」と返すと、なんでかしらんが「じゃあこれ食べてって下さい」と高級魚・おこぜ丸々一匹を天ぷらにして下さいました!香川の皆さんは優しいんですよねえ〜。ぷるみえさんは自分の天ぷらと格闘してるし、Wakkyさんは魚だめだし、僕・Wakkyさんの奥さん・でっかいかき揚げに苦しんでいたえて吉さんにちょっと助けてもらって、無事丸々平らげました。さすが本業魚屋さんですなあ〜

◎五軒目:上乃うどん

DSCF6384
天ぷらでけっこうお腹は膨れてきたけれど、4軒で帰るのはもったいない、けれども時間が遅くなると選択肢は限られてくるってことで、時間的にはギリギリでしたが初めての「上乃うどん」にトライしてみることにしました。のれんは掛かっていたものの、戸口を開けるといかにも閉店間際な雰囲気。一人残っていたご店主に訊いてみると、今から茹でるので時間がかかっても良ければ、ということで却ってラッキー。でも帰るつもりになってたのを引き留めて申し訳なかったかな。

DSCF6373
オープンしてまだ2年少しとのことで、どことなく初々しい雰囲気。特特の5玉(大・180円)ってのが書いてあるってことは、その需要があるってことでしょうな。

DSCF6378
僕は冷たいぶっかけの小(280円)。ここはセルフなんですが、だし・ねぎ・天かす以外に大根おろしもあったのでありがたくちょこっと追加。麺は少し扁平気味のグィーンと伸びる感じで、最近僕が好きなタイプ。最近東京に支店を出された「一福」のに似てるんやないだろかと思いました。ここ、かなりいいんじゃないでしょうかね。

ということで、今回は5軒+一空振り(ふみちゃんに会えず)でいつもどおり楽しく終了。遠来のぷるみえさん、久しぶりのWakkyさんご夫妻とご一緒できてなによりでした(^^)


神戸をベースに、食べ歩き・料理・旅行記など、飲食ネタ中心です。