「足」タグアーカイブ

一泊二日名古屋飲み食い旅(3)〜足を伸ばして金山駅の「歓酒亭 大安」

01:29 17.15.08
かつてしょっちゅう名古屋に出張に来ていた時期があったので、金山という地名や、いろんな交通機関が交差している主要駅だとは知ってたものの、降りるのは初めて。JR・名鉄・地下鉄の合わせて5路線が使える「金山総合駅」っていう名称なんですね。

01:29 17.18.40
名古屋に詳しいだいこんさんは、中心部だけじゃなく金山も詳しい。まるで地元民の如く目的の店に向かっていきます。
 

01:29 17.21.12
夜の一軒目は「歓酒亭 大安(だいやす)」。

01:29 17.21.24

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニュー数多い、安い。この店頭メニューを見る限りでは、海鮮系が多い感じですね。
 

01:29 18.46.58
店内はコの字型カウンターの立ち飲み。僕らが入った17時半ごろはまだ半分くらいの入りでしたが、1時間後はこの大盛況状態。皆さん楽しそうに飲んではります。

01:29 17.25.38
カウンターのどの面からでも見やすいようにメニューがあちこちに貼ってあります。入店直後はどのメニューを見たらいいのかよく分からずちょっと迷ってしまいましたが、例えばこの縦長のは店頭のと同じ。その下にちょろちょろっと貼ってあるのはその他メニュー。

01:29 17.25.03
19時半までのお得セットがあるんやと途中で気づきました。
 

01:29 17.28.37
まずはビールでスタートして、いわし350円とミル貝350円。ミル貝って神戸の中華でよくある食材なんだけど、最近あまり見かけないのでさみしく思っています。

01:29 17.44.03
周りのお客さんの注文を見ていて、高い位置に定番メニューがあるのに気づきました。地元の三河産鶏の刺身が人気あるようです。

01:29 17.45.43
早速見習って鶏レバー刺身(230円)。ネタの質と量からするととてもお得に感じました。

01:29 17.51.41
こちらは数量限定・心臓血管(一本150円)。初めて聞く部位でしたが、調べてみたら「ハツもと」「カン」「つなぎ」とも呼ばれてるんでしょうかねえ。脂が乗っていて適度な噛みごたえがあって、個人的にはとても気に入りました。
 

金山
あっさり目のあては、左上・ゆず大根(220円)/左下・干し大根を使った はりはり山椒煮(220円)/右・ゴマだれで焚いてるのかな厚揚げごま煮(280円)と大根とろろ昆布かけ(250円)。
 

01:29 18.03.55
蒸し鶏ねぎまみれ(380円)はボリュームたっぷりで、一人だったらこれともう一品くらいで終わってしまいそうなくらいでした。

01:29 18.19.20
台湾風豆腐(250円)は、豆腐の上にそれほど辛くない肉味噌が乗っかってて、さらにネギと干しエビで彩りもきれい。おそらく台湾料理ではないんでしょうが、干しエビと豆腐の組み合わせが面白かったです。

01:29 18.36.02
メニュー名でけでは何なんかわからんかったかぶらなん骨柔煮(320円)を頼んでみたら、そのまんまのあっさりした煮物でした。

当初メニューを見て魚介類が得意そうな店やなあと思っていましたが、それだけじゃなくどれも安くておいしくて、気軽にワイワイやれる陽性な雰囲気のいい店でした。近くにあったら必ず通うに違いないでしょうなあ。

{お店データ}
住所:名古屋市熱田区波寄町22-24
電話:052-883-6252
営業時間:平日17時〜23時/土曜17時〜21時
定休日:日・祝
 

シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(7)〜足を伸ばしてカトンへ

一昨年のシンガポール旅行記の続きはまだ終わっておりません(^_^;

 
sig1251
朝ご飯にミシュラン一つ星の麺を食べてから、MRTに乗って東へ移動。そこからタクシーに乗ってカトンという街に向かいました。
 

sig1258
多民族国家シンガポールにあって、この地区はプラナカン(15世紀後半にマレー半島に移住した中国人と、マレー系の女性との間に生まれた子供の子孫たち)文化の色濃いところなのだとか。
 ◎参考リンク:華麗なるプラナカン文化に触れてみよう/シンガポールナビ
 

sig1303sig1264
街並みがカラフル・雑貨がカワイイ・スイーツも独特で、昨今女子に人気だそうです。もちろんここに行こうと言い出したのは妻のほうで、僕はホイホイついていっただけですが。
 

sig1291sig1304
昨今女子に人気とはいえ、MRTだけではこれずタクシーに乗り継ぐか、あるいは市内からバスでと少し行きにくいせいか、観光客だらけという感じではありませんでした。
 ◎参考リンク:路線バスでカトンへGO!!/ぶらり空散歩
 

sig1309sig1314
街並みはきれいだしなんだかリゾート感あるし、のんびりしてて住みやすそうな街だなあと思いました。
 

sig1290
いくら妻についてきただけとは行っても、僕がこの地の食べ物に興味がないはずはなく、今回の旅のバイブル・シンガポール 絶品!ローカルごはん(←この本、超オススメです!)の情報を元にやってきましたカトンショッピングセンター。

sig1279
ビルの1階ほとんどがメイドさんを紹介する店ばかりという特殊な環境の中、やっと見つけた目的の店がここ。ショーケースはないし店内除いてみても何人かのおばちゃんがダベってるだけで、どうみてもここでお菓子を売ってるなんて思えません。

sig1276
恐る恐る店内に入って片言でお菓子を買いに来た旨伝えたら、棚からいくつか出してきてくれました。こう見えてここ「ワイスリン・プラナカン・デリカシーズ」は伝統的なお菓子をホテルに卸すのがメインで、少量だけ店頭で販売しているレアな店なんです。(口を尖らせてるおばちゃんは不機嫌なわけではありませんw)

sig1283sig1285
1年半前のことなのでさすがにどんなだったかほとんど憶えてないけど、いずれも甘過ぎず尖ったところがなく、そんなはずはないのに懐かしいような気がするおいしさでした。なんだったか忘れたけど、右下のが特においしかったなあ。
 

sig1301
街をぶらぶらしていると、この手のスイーツの店をチラホラ見かけました。ここでは中華風の粽も。

sig1307
中華風でもなく西欧風でもなく、オリジナルで実質本位な感じ。日保ちがしないものが多く、おみやげにできないのが残念でした。和菓子に通じるものを感じたのはなんでなんやろ。
 ◎参考リンク:カラフルなマレーシア伝統菓子・ニョニャクエをご紹介!おすすめはコレ!/Guanxi Times
 

sig1335
色々見ながらうろついて、暑い中かなり歩いて次の目的地へ。ここもシンガポール 絶品!ローカルごはんおすすめ・ゲイラン・ロロン29・フライドホッケンミー

sig1329
ホッケンミー=福建麺=黄色っぽい太めの玉子麺に、海老や豚肉などから取ったスープを絡めながら炒めた焼そばで、シンガポールに来たら是非もののうちの一つ。そしてメニューにあるキャロットケーキは、何故か人参は入っておらず(広東語でキャロットは大根)、刻んだ大根餅を玉子に混ぜ込んで焼いたもの。こちらでは昔ながらに炭火で炒めているそうです。

sig1332
小さなホーカーの中にあり、周囲はのんびりムード。日本のガイドブックにも取りあげられているようだけど、観光客っぽい姿はあまり見かけずローカルな雰囲気一杯でした。
 

sig1341
まずはキャロットケーキ。主食でもなく、感覚的にはお好み焼とかたこ焼みたいな位置づけですかね。

sig1345
大根餅が入っているからか適度に水分が蓄えられていて、しっとりした平べったいオムレツって感じ。おやつとしてもいいし、附属の辛いソースをつけてビールにもぴったり。

sig1347
そしてフライドホッケンミーは、思ってた以上に麺がスープを蓄えていて、かなり柔らかい。日本で食べるソース焼きそばや中華の焼きそばとは全然違います。極端に言えば、吸わせたスープがメインで、麺はそのための手段としてある感じ。ヘタしたらぐずぐずになってしまうから、スープを加える量・火加減・炒め方など、すごい技術が要るんだと思います。いや〜、面白いなあ。
 

sig1356
キャロットケーキとフライドホッケンミー食べながらビール飲んでダラダラしているうちに、辺りが暗くなってきてものすごいスコールがやってきました。こうなったら待つしかしょうがない。お客さんもお店の人も時折外を見ながら、ダラダラ。こういうのもまた東南アジア的でいいもんです。

以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(8)」に続きます。