「第7回アホほどカキ」タグアーカイブ

第7回アホほどカキを食べる宴会(後編)

R0003654

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前編」に続いての後編は、牡蠣料理のご紹介。
まず何はともあれ生牡蠣。色々な食べ方ができるようえて吉さんがレモン・ケチャップ・塩などを用意してくれていましたが、僕はそのままとお気に入りの食べ方・ボウモアのちょいがけで。生牡蠣の殻を開けるのって結構好きなので、自分の以外にも5、6個は開けましたよ。(と、ちょっとはやってるアピール)
 

R0003665
こちらはえて吉さん作・牡蠣と春雨のオイスターソース炒め。牡蠣とオイスターソースのスープをたっぷり吸った春雨と、パクチーがよく合ってます。
 

R0003678
続いて、一昨年に続き2回目参加・佳景の女将さん作「神戸の製麺所・同興楼の中華蒸し麺を使った牡蠣とネギの焼そば」。ここの麺、イカリスーパーなんかでも扱ってますが。基本的にプロ用で麵自体がすごくうまいんですよ。なので、手をかけ過ぎることなくシンプルが一番。牡蠣とネギは当然相性良く、うまかったなあ。
 

牡蠣宴会5jpg
こばやしさん作「別館牡丹園風牡蠣のお好み焼」は毎年恒例。何度食べてもおいしいので、これからもずっとこの会で作り続けていただきたいですw
 

牡蠣宴会6
去年初めて作っておいしかった牡蠣の春巻きを、今年も*あきこ*さんと僕で2種作りました。上は牡蠣・セロリ・だいこんさん作ベーコンの具、下は牡蠣・大葉・チーズ。中身を色々アレンジできるし、ヒョイっとつまめるのでアテにもなるしおかずにもなるし、なかなかいいですよ。
 

牡蠣宴会7
大事な用事と重なって欠席のはずだったmyblackmamaさんが、用事が済んだら参加したくてたまらず、わざわざ着替えの服を買ってまで遅れて参入してくれました。強いこだわりを持っておられる牡蠣フライは、当然ウマウマ。
 

牡蠣料理は以上全6種。めっちゃ量があったはずだったのに、こんだけやったかなあと思ってしまうのは、それぞれに贅沢に使ってるからでしょうか。通算8時間ほどえて吉さん宅にいたので、途中で夕寝してしまいましたw 今年の新作になるはずだった「牡蠣のフィデウア」は来年に持ち越し。惰性でやり続けるのは良くないので、楽しんで、なおかつ積極的にやれる限りは毎年続けて行きたいなと思っています。
 

第7回アホほどカキを食べる宴会(前編)

IMG_6106IMG_6109
この数年この時期の恒例となっている、えて吉さん宅での「アホほどカキを食べる宴会」、今年もえて吉さんが朝から坂越まで牡蠣を仕入れに行ってくれました。仕入れた量は、殻付き・剥身ともそれぞれ4kgずつ(写真はその全量ではありません)。参加メンバーは全部で9人、最終的にはほぼ8kgの牡蠣を食べ尽くしました。

会の趣旨としては、仕入れた牡蠣をみんなで料理して食いまくろうってことなんですが、各自テケトーに差し入れを持って来たり別の料理を作るのもあり。それが結構バラエティに富んでたもんで、前編では牡蠣料理以外を備忘録がてらエントリしておきます。
 

牡蠣宴会1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらはえて吉さんが出してくれたごぼうの醤油漬け(市販品)と若ごぼうの炊いたの/ラム肉のトマト煮/ボイルホタルイカ。ホタルイカは口の中で引っかかりがないよう、丁寧に下ごしらえされていました。若ごぼうと共に、春を感じさせてくれます。
 

牡蠣宴会2
こちらは初参加のカレー王子さん作のよだれ鶏/チキンライス/チキンのポタージュ(だったかな)。どれもプロ並みで、特に蒸し鶏にかかっていた麻辣ソースが抜群のおいしさでした。
 

牡蠣宴会3
左上・*あきこ*さん作牡蠣じゃなく柿バター/右上・だいこんさんは僕が無理やりお願いしたベーコン(写真なし)と、こちらは粕漬けにした肩ロースの燻製。下2品もだいこんさん作で、生ハム風に仕込んだ鰤と鯛。相変わらず面白いもん作って来てくれはります。
 

牡蠣宴会4
上はこの宴会では恒例の、こばやしさんがクリスマス用に作った本格的ビーフシチュー、相変わらずおいしかったです。(もっと食べたい)
皆さんが作ってくるものにかなうわけがないので、僕は毎年パンを持っていくことでお茶を濁してるわけですが、今年は頑張って神戸・南京町近くのラロッタベーカリーRIKIの2箇所を回って来ました。
「お前は何もしとらんに等しいやないか!」って、はいその通りです(^_^;)

(牡蠣料理いろいろの後編に続きます)