「家族」タグアーカイブ

家族揃って小小心縁(神戸・元町)

IMG_9022
家族のスケジュールがなんとか揃ったので、南京町の福建・広東料理「小小心縁(シャオシャオシンエン)」に行ってきました。
 

IMG_9041
かなり以前、鯉川筋だったかトアロードの上の方にあった時に数度行ったことがあるけれど、南京町に移転してきてからは僕は初めて。何かと賑やかしいメインの通りからはちょっとはずれていて、落ち着いた雰囲気があります。

IMG_9055
移転してからもうそれなりの年数が経っているはずなのに、店内は改装したてのように綺麗。高級店に見えるのに、ランチは1000円アンダーだし夜はコースなら一人3000円からで、今回は4000円のコースをお願いしました。
 

IMG_9039
まず前菜は、クラゲ・焼豚・蒸し鶏・ピータン・酢れんこん・海老・セロリ。中華の前菜で酢れんこんはちょっと珍しいかな。どれもおいしかったけど、太めのクラゲが特に好みでした。
 

IMG_9042
スープは福建岩海苔入りフカヒレ。お正月以降ちょっと胃が疲れ気味だったので、淡泊なスープとフカヒレの食感が嬉しかったです。
 

小小1
季節野菜と海鮮の炒め物は、野菜シャクシャク・海老プリッとイカ柔らかく。揚げ物盛り合わせは春巻き・カキ・なす。薄めでカリッとしたコロモで特にカキがうまし。
 

IMG_9053
肉料理はスペアリブの福建紅麹風味煮込み。紅麹はくせもなくやさしい風味で、スペアリブはホロホロ。
 

IMG_9056
福建式海鮮のお好み焼は、期待通り嬉しいことにカキ入り、表面カリッと中ふんわりにカキが抜群にマッチしてます。別館牡丹園のとかこばやしさん作のとか何度か食べたことあるけど、やっぱりこれはいいなあ。
 

小小2
自家製飲茶点心は、これもまた嬉しいことに小籠包。スープたっぷりウマウマ。最後の鮭とキャベツのチャーハンでもうお腹一杯の大満足。
 

IMG_9064
別腹のデザートはマンゴープリンか仙草ゼリーの選択で、僕は前者をいただきましたが、甘さ控えめでボリュームもたっぷりでした。

ぶっちゃけ、今の南京町メインストリートは行きたいと思う店がどんどんなくなってしまい、観光客向けには盛り上がっていても地元民としてはなんだかなあと思うばかり。そんな中、今回のコースは質も量もコストパフォーマンスがよく、あのゾーンに残る今や貴重ないい店だなあと思いました。今度ランチも行ってみようっと。

{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通1-2-26
電話:078-321-3434
営業時間:11時半~15時 17時~22時
定休日:水曜(祝日は営業)
 


家族で「うるおす」(神戸・JR兵庫駅北側)

2018-06-23 21.37.49
久しぶりに家族のタイミングが揃ったので、自宅近くの「うるおす」に行ってきました。妻とは少し前にちょこっと行ったんだけど、娘も一緒だったせいかご店主はちょっとハイテンションのような気がしました。いや、変な意味じゃなくって、家族で来る客ってそんなにないんだと思うんです。
 

2018-06-23 21.46.41
とにかくまずはこれということで5種盛りをお願いしたら、サービスで6種盛りに。ポテサラ・オクラポン酢・冷やしトマト・枝豆・ししゃも・アンチョビバターバゲットと色々揃って800円。一人ならこれだけで充分飲めますね。
 

2018-06-23 21.48.53
妻チョイスの鶏せせり唐揚げ南蛮(650円)。たっぷりめに野菜が敷かれているので、ちょっとサラダっぽくもあります。
 

2018-06-23 21.53.18
娘チョイスのたこぶつ(700円)。この日の僕はビールでスタート、その後久しぶりに飲みたくなった「ばくれん」にチェンジしました。珍し目の日本酒も入ってたんだけど、ばくれんって好きなんです。
 

2018-06-23 22.01.48
続いて娘も妻もご所望の和牛ステーキアボカドサラダ(900円)は、思ってたよりごっついのが出てきてちょっとびっくり。値段の割りにステーキのサイズは充分だしサラダもたっぷりだし。いやしかし家族そろってけっこうがっつりしたもん食べてますなあ。
 

2018-06-23 22.18.36
和風に行ったり洋風に行ったりバラバラですが、全員希望の揚げ小芋のかに身あんかけ(700円)。こういうちょっと手の込んだものがいただけるのも嬉しいですねえ。そういや写真撮り忘れてましたが、おでんの大根・玉子・がんも(各100円)もいただきました。
 

2018-06-23 22.30.01
なんとなくご飯が欲しくなったので、ちりめん山椒ご飯(350円)。ちりめん山椒だけでアテにもなるし、軽く〆始めにもなるし。
 

2018-06-23 22.51.34
で、ほんとの〆にもりそば(多分600円)。毎度書いてますが、このお店ではちゃんとしたそばも食べられるので、〆のためにハシゴする必要はありません。〆には汁気が欲しくなりがちなんだけど、この日は久しぶりにもりを選んでみたらやっぱりこっちも旨かったっす。

手頃な値段でおいしい和食(に加えてそばも)が食べられる店が自宅近くにあるって、ほんとに恵まれてるなあって毎回思います。また家族そろって来ようっと。
 


家族そろって「いち」(JR兵庫駅南側)

いち1
東京から帰省してきた娘がどうしても行きたいということで、家族そろって立呑厨房「いち」へ。一度は満席で入れず、別の店で時間調整ののち再トライで入店、仕事帰りの僕がちょっと遅れて合流し、久しぶりに家族そろっての外食となりました。その場が「立ち呑み」ってのが我が家らしいというか。
相変わらず何を食べても美味しい・一品の量が少ないので色々食べられる・一部を除き作り置きしないので出来たて・メニュー数多い・そして安いと、文句なし。だからいつでも来たくなるんです。

いち2
相変わらず何喰っても旨いんだけど、今回の中から一つあげるとしたら春巻き。特段期待もせず食べてみたら、もちろん皮はパリッとしてて、中身がなんだか知らんがやたら旨味が濃い。ありふれたメニューだからと見送ってたら、出会えないおいしさでした。
とはいいつつ、前回食べて旨かったオリジナルメニュー・焦がしラー油 台湾ミンチあえそばを注文しようとしたら、麺切れで売り切れでした。それはそれでまたリベンジしに来ないといけませんな。