「宴会・パーティー」カテゴリーアーカイブ

邯鄲小吃館で出張中華三昧(大阪・駒川商店街)

2018-08-30 18.55.34
以前「龍麺坊」って店で腕を振るっていた出張中華料理?の大将が、大阪の駒川商店街の倉庫でお店をやっているということで、前回同様*あきこ*さん・LAKSAさん・だいこんさん・えて吉さんと僕の5人で行って来ました。あまり僕は事情がわかってないのですが、大将は以前住之江で「邯鄲小吃館(ハンダンショウチュカン)」という店をやっていて、今は駒川商店街近くのこの場所でやってはるとのこと。店名看板はなく、以前の建物使用者?の「有美堂」の表示のまま。わかってなかったらここが飲食店とは誰も思わないでしょう。
 

2018-08-30 19.54.08
店内は飾りっ気一切なし。写真右側には小上がりがあり、ベニヤ板貼ったみたいな壁で仮設感バリバリ。こういうのあかんわ〜って方もいるでしょうが、僕はこの手のワケわからなさがけっこう好きなんです。
 

2018-08-30 20.54.36
びっくりしたのは調理器具で、なんとカセットコンロとフツーの家庭用のフライパンを使ってはるんです。大将曰く、出張料理人だから火と鍋さえあれば大丈夫とのこと。すごいなあ。
 

ハンダン
今回の料理は一人3000円のおまかせ(ドリンクは別途)。予め用意されていた涼(冷)菜は、ミズダコわさび風味・枝豆・鯛刺身のピリ辛和え・いちじく・セロリと湯葉の和え物・茹でたコブクロとネギの和え物で、これだけでもかなりなボリュームと多彩さです。
 

2018-08-30 19.20.15
炒め物は中国家庭料理の定番の一つ・トマトと玉子の炒め物からスタート。これ、僕もちょくちょく作るんですが、好きなんですよ。
 

2018-08-30 19.22.31
続いて、牛すじとじゃがいものカレー煮。肉じゃがみたいだしカレーみたいだし。
 

2018-08-30 19.34.33
そしてドカーンとスペアリブのオイスターソース煮。以前来た時も笑ってしまいそうなほどの骨付きの煮豚が出てきましたが、これも相当なものでしたねえ。
 

2018-08-30 19.45.12
個人的にはこれがこの日の一番・炒め肉とネギの干し豆腐巻。運ばれてきた時は小麦粉で作った皮かと思いきや、よく見ると干し豆腐。濃いめの味付けの肉とちょっとツンとくるネギとの組み合わせがよく、とても気に入りました。
 

2018-08-30 19.57.47
ぶどうが出てきたのでデザートかと思ったら、ぶどうソースの海老の炒め物でした。ここまでの料理の流れとはちょっと違っていて新鮮。
 

2018-08-30 20.23.57
そして〆は皮から手作りの水餃子(ひょっとして羊肉?)。中身ももちろんですが、皮がモチモチで旨かったですねえ。
 

以上、全部で12品。お店に入る前からその怪しさにワクワク、入ってからもその雑然さ?を楽しむことができ、安くて量もたっぷりで旨い料理の数々が味わえて、ほんとにすごい&オモロイ店でした。ここの大将、只者やないなあとつくづく思います。

参考サイト:メシ通/ホントは秘密にしておきたい「倉庫中華」で脂っこい中国料理のイメージが完全に覆された
 

{お店データ}
住所:大阪市東住吉区中野1-15-28
※それ以外はあまり定かではありません…
 


移転した「古もん」ですき焼き(神戸・三宮)

2018-04-29 18.50.59
帰省する娘に何が食べたいか事前に聞いたら、「すき焼き」とのご希望。まあ僕らだって年に一度食べるかどうかだし、一人暮らしならまず食べることはないわなあと、家族で何度か行ったことがある「古もん」を予約しました。
 

2018-04-29 18.49.30
予約しようとしてわかったのは、今年の3月に以前の東門筋から東急ハンズ西側のビルに移転してたこと。1階にリンガーハットが入っているビルなので、以前よりわかりやすいかも知れません。
 

2018-04-29 20.42.11
移転して少し席数が減ったけれど、江戸風民芸調な調度は変わらず。前の店から数々の骨董品をそのまま持ってこられたそうです。
 

2018-04-29 19.00.38
一富士二鷹三茄子の箸袋もそのまま。海外から来られた方をお連れしたら、調度もこの手の箸袋も料理も、とっても喜んでもらえるのではないでしょうか。ただし、すき焼きの生玉子はだめでしょうが。
 

2018-04-29 19.02.52
こちらのメニューは、すき焼き・しゃぶしゃぶ・バター焼き(いずれも5000円)、その他うどんすき(3300円)や季節限定はもすき(5000円)もあり。上等な牛肉を買ってきて家で食べるほうがお得でしょうが、外で食べるすき焼きとしては、この店の雰囲気・量・肉質(神戸牛使用)でこの価格なら上等だと思います。
 

2018-05-21 19.04.55
焼き方は割り下を使わず、醤油・砂糖・日本酒だけで作る関西風、作り方がわからなくても、ベテランの仲居さんが全部やってくれるので安心。
上の写真をクリックするとflickrページに飛び、さらに真ん中の再生ボタンをクリックすると、食べるまでの様子が動画で観られます。(都合により音が再生されますのでご注意下さい)
 

2018-04-29 19.05.37
個人的には、こんな風に「焼いて」こそすき焼きだと思っています。肉質がいいなら、火の通しすぎは厳禁。さっと焼いて生玉子を絡めて口に運べば、肉汁の旨みがいっぱい。砂糖の甘さが嫌とのご意見もございましょうが、年に1,2度ならこれもまたありかと。
 

2018-04-29 19.14.23
さらにもう一枚いただいて、最後は野菜と共に。これはこれでいいんだけど、やはりすき「焼き」が一番。いつかはここで「バター焼き」食べたいなあと、ずっと前から思ってます。江戸民芸風でありながら神戸を感じさせるいい店、こういうお店を大事にしたいなあ。

(お店データ)
住所:神戸市中央区下山手通2-10-4 シンミチビル 7F
電話:078-331-0673
営業時間:17時~22時
定休日:日曜
 


第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理編)

2018-01-28 13.54.44
カキ料理以外編」に続いて、メインのカキ料理編です。この日えて吉さんが買い出しに行って来たカキは、殻付き・剥き身とも4Kg。どっちもすごいですが、ここの剥き身はチューブの中にほぼ水が入ってなくてカキのみなので(写真参照)特に価値あり。多少は余ったそうですが、ほとんどこれを食い尽くしてる我々も相当なもんです。
 

カキ宴会
生はまずレモンだけで、続いてシングルモルトのボウモアをちょろっとかけて(写真左)。この食べ方好きなんです。写真右はだいこんさん差し入れの「レモスコ・勝鯉の赤ver.」で、広島産レモン+沖縄の赤唐辛子。飲み物は最初だけビールで、その後は結局この日はスパークリングワインばっかり飲んでました(多分)。
 

2018-01-28 13.53.53
順不同なんでいきなり濃いのですが、この宴会では初登場のカキのスンドゥブチゲ。後で食べようと思ってたら、結局これは食べ逃してしまいました(+_+) 食べ終わった後のスープを持ち帰ったメンバーもいたようです。
 

2018-01-28 14.51.41
これも意外に初登場なカキのグラタン。カキと玉ねぎとベシャメルとチーズだけのシンプルさで、グツグツしてる熱々がウメー。ちょっとパスタが入ってても良かったかもですね。
 

2018-01-28 14.52.06
続いては、この数年この宴会の定番となっている、こばやしさん作・別館牡丹園式「煎生蠔」(広東風牡蠣のお好み焼き)。今年は牛脂なしでしたが、全く違和感はありませんでした。

2018-01-28 15.07.51
これ大好きなんだけど、けっこうな値段なんであんまり食べられないんですよ。お店で食べるよりもカキ率が高いのをこうしていただけるのはありがたいですねえ〜。今回も遠慮なく2枚いただきました。
 

2018-01-28 16.09.34
こちらも初登場の料理で、佳景の女将さん差し入れのにんにく味噌とチーズを載せて焼いたの。これ、こう言っちゃあなんなんですが、載せて焼くだけなんだけど、すごくおいしかったです。素材が良ければ面倒なことをしなくても充分おいしい、というのの見本みたいな料理でした。
 

2018-01-28 17.05.12
そして自らカキフライ職人と名乗る?myblackmamaさんの調理開始。昨年は欠席だったので*あきこさん*と不肖・私で作らせていただきましたが、今回は食べてるだけなのでラクチン〜

2018-01-28 17.24.52
ただでさえいい素材にめっちゃ丁寧な仕事してるから、当然うまい。タルタルソースも作ってはりましたが、僕は何もつけずにこのままアツアツをバクバクいただきました。少しお土産に持って帰らせて貰ったのを温め直しても、依然としておいしい。やっぱりカキフライっていいなあ。
 

この辺りで皆さんかなり満足されていましたが、やはり最後はご飯もので締めたい私。前週のグルコバでカキビリヤニをやったので、この日はやらないと決まってたから、じゃあカキご飯が食べたいじゃないですか。で、「ええ〜作るの〜ぉ」とめんどくさそうなmyblackmamaさんとえて吉さんに無理矢理お願い。(自分で作れよ!)
 

2018-01-28 20.08.48
出来上がったカキご飯は、めちゃうま。昆布出汁で炊いたご飯に、出汁で軽く火を通したカキを出汁ごと加え、そこに刻んだ生の菊菜と柚子の皮とその果汁もプラスして混ぜたそうで。普段からこの作り方なのかどうかわかりませんが、こんなカキご飯は初めて食べました。やっぱり僕なんかが作るより、上手な人にお願いして正解でしたねえ(´∀`)
 

2018-01-28 19.16.16
個人的には今年はカキビリヤニが食べられなくて残念だったけど、代わりのカキご飯がすごく美味しくて、これはこれで良かったなあと。今までになかったカキ料理も出てきて面白かったしカキ以外も充実してたし、何よりみんなで楽しく過ごせるのが一番です。
来年は口だけじゃなくてなんか作らないと怒られるんやないかなあ。
 

◎関連エントリ
*こんなの食べたよ:第5回アホな量ほどおもろいカキ宴会
*B級的・大阪グルメ!ブログ:第5回、牡蠣をアホほど食べる宴会

しかし、えて吉さん・こばやしさん・僕の3人それぞれで宴会のタイトルが違うってのは「らしい」ですなあ〜
 


第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理以外編)

2018-01-28 13.27.44
このところ毎年恒例・えて吉さんが朝から兵庫県の坂越まで殻付き・剥き身のカキをアホほど買い出しに行ってくれて、それをえて吉さん宅に集まって食べる「アホほどカキを食べる宴会」が先日ありました。メンバーはえて吉さん始め大人9名に子供2名、いつものメンバー以外に元町の佳景の女将さん初参加が新たな刺激で、どうなることやら楽しみ〜
この宴会、各自が自由に持ち込みをしてもいい事になっていて、本来のカキ料理以外にも楽しみなんだけど、あまりに数が多いので今年はカキ料理以外だけをまとめてまずエントリすることにしました。記憶あやふやなので間違ってるところもあるかも知れませんが、ご容赦を。
 

 

2018-01-28 13.28.21
まずは会場提供もしてくれているえて吉さんから、さいぼし3種とイタリアの生ハム・プロシュットとコッパの2種。さいぼしそのものが珍しいのに、それが3種食べ比べ出来るのは貴重です。

2018-01-28 13.35.11
続いて、お得意のすじ肉の煮込み。きちんと下準備をしたすじ肉にあっさりしたいいだしがしゅんだ一品。

2018-01-28 15.40.53
こちらはすじ肉の味噌煮込み・どて焼き。すじ肉を扱い慣れてはるので、甲乙つけ難いおいしさ。
追記:えて吉さん作かと思っていたら、あきこさん作でした。すんません。

2018-01-28 17.41.48
これは食べ逃したのでようわからんのですが、若牛蒡の炊いたんですかね。

 
2018-01-28 13.23.11
こちらは僕の差し入れ、神戸の南京町にあるパン屋さんRIKIのバジルチキンともう一種。ほかにバゲットも買ってきました。あと、大好きなラ・リュンヌの食パンも。ぶっちゃけ、自宅近くのレコルトで買って行くつもりが、日曜定休を忘れてたので、当日朝早めに出て元町に買い出しに行ったんです。
 

2018-01-28 14.08.20
こちらはだいこんさんの差し入れ。うずら玉子の燻製3種は、色の濃いのから順に醤油漬け・味噌漬け・粕漬け、その左は鶏胸肉の燻製。そのまた左はなんと玉子の黄身だけの醤油漬け・味噌漬けの燻製で、グミみたいな感じでフツーに手で持てるんです。囓ってみると最初はなんの味もせず、しばらくすると口の中でじわーっと玉子の味がしてくるとっても不思議な体験。あと、写真の一番左はわさびと粕に漬けた数の子、今回はわさびが足りなかったとのことですが、これも面白かったです。
 

2018-01-28 14.27.53
こちらは昨年に引き続き、こばやしさんが毎年クリスマス前に仕込む本格的ビーフシチュー。リンク先の通り、佐賀牛スネ肉1kgを2日がかりの手間を掛けた力作で、毎年改良が加えられています。洋食大好きなので毎年楽しみ、今年も相変わらずヘタな洋食屋なら足元にも及ばないおいしさで、さすがさすが。
 

2018-01-28 14.59.14
こちらは*あきこ*さん作、サラダとオリーブといぶりがっこ。箸休め的にこういうのがちょっとあるとありがたいです。

2018-01-28 20.26.19
こちらは最後のほうに出てきた。だいこんさん作カキの塩辛で1ヶ月くらい寝かしたとのこと、残念ながら未食。
あとLAKSAさんからはキムチなどの差し入れがありました。他にもあったかも知れないけど、記録(記憶)に残っているのは以上です。
 

2018-01-28 18.47.59
タコ焼き器でカキのアヒージョをやったあと、〆にフツーのたこ焼きも作りました。「炎たこ」は電気じゃないので、外側カリッと内側トロッと焼けておいしい〜僕も欲しい〜(と何年も前から言っている)

自分でエントリ書いていて、カキ料理以外編とカキ料理編の2つに分けて良かったとつくづく思いました。こうやってみると、食べ逃したのもあるけれど、めっちゃ色々食べてるなあ。

 


「まん月」でもつ鍋2種(大阪・天満)

2018-01-18 18.54.07
数年前にひょんなことから見つけて以来、大阪でモツ鍋食べるならここと決めてる「まん月」。だいぶ前からえて吉さんを誘ってたんだけどなかなか縁がなく、この度やっと日程が合ったのでどうせならといつものメンバーに声をかけたら、*あきこさん*とだいこんさんも加わり、総勢4名が揃いました。
 

2018-01-18 18.59.062018-01-18 18.59.21

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

焼き物系色々に、メインのもつ鍋が白味噌と醤油の2種。どっちを食べようか迷うところなんですが、今回4名集まったのは嬉しいことで、何故ならこれくらいの人数ならもつ鍋を2人前ずつ、両方味わえるんです♫

 

2018-01-18 19.01.26
鍋の準備ができるまでのアテとして、まずは福岡ではポピュラーな酢もつ(410円)。湯通ししたもつを薬味とともにポン酢で食べるシンプルな食べ方だけに、もつの素性がもろに出ます。ここの酢もつはほんとに品が良くって、もつ好きの方にとってはちょっと物足りないかもしれません。逆に、苦手な人でもここのならきっと食べられるはず。

2018-01-18 19.03.07
続いてすじの煮込み(400円)、こちらは柔らかくこっくりとした味付け。これはこれでおいしいんだけど、ここでどちらか食べるとしたら断然酢もつをおすすめします。

 

2018-01-18 19.26.22
そしていよいよもつ鍋登場、まずは醤油から。鍋料理ってなかなか写真撮っても絵になりにくいんですが、これはご覧の通り端正なルックス。見ただけで調理した人の細やかな心遣いが鍋から伝わってくるようで、実際ここのご主人はものすごく親切で気配りがすごいんです。
で、こちらの醤油味、肝心のスープがとにかくおいしいんですよねえ。このースープに良質のもつとここんとこは高級品な各種野菜が合う合う。二人前を四人であっという間に食べきり、この鍋には一旦ご退場いただきます。

 
2018-01-18 19.46.28
間髪置かず続いて白味噌味。シンプルな醤油味もいいんだけど、やはりもつと味噌は出合いもの。こっちはこっちでこれまた旨いんですよ。そしてまた野菜もこの味噌味に合う合う。こちらもあっという間になくなったので、もつやら野菜やらを追加発注、その度にご主人は一旦鍋を下げて、追加分を綺麗に鍋に仕込んでから持ってきてくれます。あー、いい人。

 

2018-01-18 20.46.41
そこそこ食べて、〆の中華そば第一ラウンドを白味噌味でズズズッと。

2018-01-18 21.04.04
今度は最初の醤油味の鍋に戻してもらって、野菜も追加して〆の中華そば第二ラウンドを醤油味で。

何年か前のブームの時はそこいらじゅうもつ鍋屋だらけでしたが、今や関西地区ではさほど見かけません。地元博多で経験を積んできたここのご主人はいいもつの仕入ルートを持ってるらしく、とにかく質がいいです。スープ2種も甲乙つけがたく、どちらか選べといわれても迷ってしまうほど。それに加えてこの気持ちのいいご主人、と条件が揃ってて、ほんとにいい店。ちょっとわかりにくい場所にあるのでフリで入ることはあまりないでしょうから、是非是非探して行ってみて下さい。もつが苦手な人でもきっと大丈夫。

{お店データ}
住所:大阪市北区同心2-3-29
電話:06-6356-0314
営業時間:18時~24時
定休日:水曜

 
 

(個人的備忘録として)
2018-01-18 18.01.40
まん月の前に、以前から行きたかった寅屋に立ち寄って、ちょっとだけ助走つけました。こちらも噂どおりいい店。