「天ぷら」カテゴリーアーカイブ

まとめて「さのや」(大阪・大正)

IMG_1920
大好きな「さのや」にはちょくちょく通っております。いちいちエントリしてると大変なので、3回分をまとめてたんたんとあげておきます。
 

IMG_1928
店内のポジション的には、やっぱりこのお惣菜が並べてある辺りがいいですねえ。どんなものがあるか一望出来ていい反面、どれにしょうか迷うってのもあるんですが。飲み物は、最近ここではバリキングでスタートして、その後は残波ロックでパターン化しています。
 

さのや
この日はえて吉さんと2人だったので、アテは多め。串物は肝あぶりとつなぎだったでしょうか。右側は山芋とオクラのおひたし梅肉添え(240円)・すじ肉煮もの・ゴーヤーエビ詰め天(350円)。
 

IMG_1934
個人的にこの日の一番は剣先イカお造り(400円)、時々イカが食べたくなるんです。ねっとりしてて旨味があって良かったっす。
 

さのや2
この日は鱧落とし梅肉わさび(380円)・ほうれん草白和え(140円)・かにたっぷりの冷製茶碗蒸し(260円)・ささみブルーチーズの春巻き(220円)。いつもに増してメニューが充実していたように思います、なので食べ過ぎたかも。冷製茶碗蒸しすごく良かった。

IMG_2121
でも個人的この日の一番は、けんさきの耳茹で生姜醤油(200円)。読んでの通りの料理で、茹でたてでまだほんのりあったかい。熱で旨味が活性化してて自然な甘味があって、生姜醤油と相性が良くシンプルでめちゃおいしかったです。(安いしw)
 

さのや3
そしてこの日はややおとなしめかな。いいだこと栗かぼちゃの煮物(260円)・冬瓜とオクラと揚げの冷製おひたし(200円)・きんき一夜干し(300円)。この中ではいいだこが一番好みでした。

こうして並べてみると、よう行ってますなあ。これからもまだまだ行きますよ。
 

天丼が食べたくて「天丼てんや」に(神戸・垂水)

IMG_2056
天丼は東京風に強めの油で揚げられていて、濃いめ・辛めのつゆがかかってるのが好きなんですが、なかなか関西ではお目にかかることができません。と思ってたら、「天丼てんや」というチェーンのがけっこう良さげと知りました。探してみたら関西にはまだほとんど店舗がないのに、たまたま垂水に兵庫県1号店ができたばかりということで、先日行ってきました。
 

IMG_2053
チェーンの天丼食べに行くのに垂水まで行くのもなあとは思ったものの、天丼てんや垂水駅前店は駅に隣接するショッピングセンター内にあり、我が家からならJRであっという間に到着します。三宮方向と反対に行くだけと思えば全然どうってことないですな。
 

IMG_2039IMG_2041

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

色々向きを変えてみても光ってしまうので、見にくいメニューでスミマセン。一番食べたかったのは期間限定・大江戸天丼だったんだけど、オープン間もないためレギュラーメニューのみだったのが残念でした。
 

IMG_2051
お店に入ったのは平日13時前で、オープンして日が浅いせいもあってかけっこう繁盛してました。駅近だし同種の店が近くになさそうだし、けっこううまくいくんじゃないですかね。
 

IMG_2047
本命メニューがなかったので、基本となる天丼(並540円・みそ汁付き)+生ビール(中・430円)を、50円引きクーポン使用でいってみました。

IMG_2049
ネタは海老・いか・白身魚・かぼちゃ・おくら。ご飯は固めでちょっと少なめでしたが、丼物でビール飲むとお腹が張ってしまうので、結果的に好都合でした。つゆは濃いめだけれど甘味がやや強いので、卓上の七味を振りかければOK。ネタの質もまずまずよく、組み合わせも良くできていて、さすが定番はきっちり抑えてきてるなあって感じでした。
元々食べたかった大江戸天丼(玉子なし)だと、えび・穴子・大いか・おくらで820円なので、穴子なしでいいなら基本の天丼・並に好みの天ぷらを追加してもいいかもしれません。ビール飲まないならご飯大盛りもありかなあ。関西圏ではここ以外に奈良1・大阪3しかないのでなかなか機会がないでしょうが、コストパフォーマンスもいいし、個人的には他の用事との合わせ技でたまに垂水まで来るのも十分ありだと感じました。
(「丸亀製麺で天丼」もやってみたいんだけど、やっぱりあそこではうどん食べたいのよね…)
 

「さのや」2回分まとめて(大阪・大正)

IMG_1012
ここんとこ「さのや」に行き過ぎとの声も聞こえますが、好きなんだからしょうがない。2回分まとめて備忘録としてあげておきます。
 

IMG_1020
この日は一人で。いつものバリキングではなく赤星(430円)とスパサラ(120円)でスタート。

IMG_1023
セリと椎茸と揚げのおひたし(160円)。年食って、こういう料理も好むようになりました。特に椎茸と出汁が旨い。

IMG_1026
芋ロック(330円)にチェンジして、アテは純鶏炙り・柚子胡椒添え(350円)。純鶏という呼称がどれだけ知られているかは知らんが、僕は焼鳥の秋吉で知りました。純鶏=親鶏と解釈してるんですが、それでいいんですよね?堅いと言えば堅いが、噛むほどに出てくる旨味が抜群。ちょっとでたくさん飲める飲み助向けのアテです。

IMG_1028
揚げ物はレンコン天ぷら(220円)を選択。レンコン、好きなんです、それも堅くて噛んだら糸を引くようなヤツが。さいきんそういうのあんまりないですよね。
 

IMG_1066
日を改めて、この日はこばやしさんえて吉さんほるもんBarおかだに行ったの後の2軒目でした。

IMG_1072
まずは軽めにアリオリポテト(120円)・空豆塩茹で(180円)・かぼちゃサラダ・ドライいちじく入り(120円)。2軒目とはいえ、3人いると色々注文できて嬉しいです。

IMG_1073
鱧梅肉は430円。もうそういう季節がやって来たんですなあ。

IMG_1075
揚げ物は真フグの身の唐揚げ(380円)。食べ応えありました。

IMG_1077
ボリュームたっぷりな鶏つくね(1本180円)は、僕だけ塩で、お二方はタレで。

IMG_1080
ちょっと軽めにひじき(100円)と

IMG_1082
セリと揚げと海老のおひたし(200円)で、飲み続けながら色んな話を。

IMG_1083
最後は僕が選んだ村上の塩引き鮭(400円)。村上ってなんやねん、塩引き鮭ってなんやねんって思って注文したんですが、こういう代物でした。
 ◎塩引き鮭とは|作り方と美味しい食べ方&新潟村上と鮭の歴史/漁師直送 昭和丸
もうちょっと酔っぱらってない時に食べるべきやったなあ。

前回も思いましたが、やっぱりさのやは3人で来るのがベストですなあ。
 

この日も「さのや」(大阪・大正)

IMG_0063
年度末で何かと忙しくしており、なかなかブログに時間をかけられずにいます。といいつつ、この日は毎度ながらの「さのや」へ。満員だったので少し外で待ち、3、4分で無事入れました。
 

IMG_0067
この日は少し寒かったので、いつものバリキングはぶっ飛ばして最近お気に入りのトヨノカゼにしようと思ったら、なくなってしまったとのことで特に銘柄指定せず芋焼酎のお湯割りと、エビ入りポテサラ(120円)でスタート。この後どうしようかなあとメニューをじっくり見ているうちに、今日は安めのネタで数を稼ごうということにしました。
 

さのや0323

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

左上/最近は以前に比べて高級になってしまった「いわしの梅煮」(100円)。 右上/今回の中ではやや高めだけど、好きなのでたのんだ「たらこ炙り」(240円)はけっこうなサイズ。 左下/今が旬・いい塩梅のブロッコリーのナムル(160円)。右下/どんなものかどうしても頼んでみたかった「ほうれん草根っ子とネギの根っ子の天ぷら」(100円)。いい意味で、ようこんなメニュー出そうと思うなあとちょっと感心しました。

この日どれが一番かと言われたら最後の根っ子の天ぷら、塩をちょこっとつけて食べるとなかなかオツでした。店としてはめちゃ利益率高いんでしょうなあw
 

ちょこっと「茶々」へ(神戸・三宮)+α

IMG_9937
ここんとこなにかと忙しくこの日も三宮でゆっくりしたかったんだけど時間がなかったので、久しぶりに「茶々」へちょこっと寄りました。
 

IMG_9939
会員サービスで赤ワイン一杯無料、組み合わせ的には変だけどなんとなく食べたかったので天ぷら盛り合わせ(599円)を。ワインに続いては会員価格で390円のハイボールをいっときました。
 

IMG_9941
続いていぶりがっこ(299円)をアテに、ちょっとぜいたくして兼八(590円)をロックでちびちび。やっぱり兼八は好きやなあ。結局この組み合わせが一番良かったです。
 

 
IMG_9942
その後なんやかんやとウロウロして、〆に元町の赤萬で餃子をほんとは二人前食べたかったけど我慢して一人前だけ。いつもどおり鉄板の旨さです。
このブログを読んでいただいている方にはワンパターンで面白みにはかけるでしょうけど、やっぱり馴染みの店はいいなあ。