「天ぷら」カテゴリーアーカイブ

6月から定休日が変わる「さのや」(大阪・大正駅前)

2018-05-17 17.13.36
久しぶりに(でもないか)「さのや」に行ってきました。17時過ぎだったので楽勝と思っていたら、予想外の満席。でも先客一人がお勘定中だったので、運良く滑り込むことができました(^0^;)
 

2018-05-17 17.37.20
も一つ運良く、通された席は眼の前におかずが一杯盛られている特等席。なんか知らんけどこの位置になる率が高いんですよねえ。
 

2018-05-17 17.21.02
まずはバリキングにマカロニサラダ(100円)と、ここでは初めて見る活け赤貝のお造り。

2018-05-17 17.21.09
久しぶりに赤貝らしい赤貝を食べた感じ。丸々一個分でこれが380円とは相変わらずgreat!
 

2018-05-17 17.32.07
「普通の芋臭さでは物足りない方!!限定入荷しました」って書いてあったので、「鼻つまみ焼酎」ってのを頼んでみました。帰ってから調べてみたら「明るい農村」のシリーズのようで、ワンショット350円でなみなみ。芋臭いのは好きで今までいくつか飲んできましたが、以前飲んだ「山猪」クラスのかなりな奴で、気に入ったのでこのあとお替わりしました。
 

2018-05-17 17.41.06
続いては、以前食べたことがある牛すじポン酢(260円)をリピート。ネタも良くって調理も上手でウマウマ。牛すじ煮込みもおいしかったし、ここで牛すじあったら是非注文してみて下さい。
 

2018-05-17 18.06.56
揚げ物を何にしようか迷ったあげく、いわし天ぷら梅肉挟み揚げ。たっぷりサイズでこれが180円って、スーパーのお惣菜価格やんか。
 

2018-05-17 18.43.38
色々食べたいものがあり過ぎて、迷ったあげくラスト一品に選んだのがスパムと目玉焼き。まさにそのまんまの料理でしたが、きっちり火が入ったスパムの焼き加減が好みで、こちらは280円。目の前にあったトロトロチーズお好み焼も食べたかったけど、もう無理っす。
 

2018-05-17 18.59.19
タイトルの通り6月から定休日が変わります。ご覧のように法則性がなく、女将の話によると「カレンダーを斜めに行く感じ」だとかw これまでの水曜定休(時々その他も)だと行けなかった人も行けるようになりますが、ちゃんと把握していないと空いてるか空いてないかわからんので、ご注意下さい。オモロいこと考えるなあ。
 


昼ご飯を兼ねて茶々へ(神戸・三宮)


久しぶりに妻と休みが揃って三宮に出て、中途半端な時間に昼ご飯を食べることになったので、「茶々」へ。(写真は以前のの使い回しです)
 

2018-04-30 13.34.43
妻チョイスの海鮮ユッケ丼(680円)。食事にもなるしアテにもなるしで、それぞれ生ビールと角ハイボール(各250円)をば。ハイボール一杯は無料クーポンを使えたのでありがたかったっす。
 

2018-04-30 13.45.39
揚げ物はサヨリの天ぷら(480円)、立派なサイズで食べ応えありました。

2018-04-30 13.54.41
姫路おでんは大根・こんにゃく(各80円)・玉子(50円)・つくね(180円)。薄味で煮込んであるので、生姜醤油をちょっと垂らして食べるのがよく合います。

2018-04-30 14.07.08
座ってた席から見えるこのポスターが気になって気になって。生のアスパラって食べたことないしなあ。

2018-04-30 14.17.18
ということで注文してみました。値段(580円)の割りには量がちょっぴりだったのでがっかり。でも食べてみたら、ほんとにストレートなアスパラの味と香りで新鮮な体験でした。

アルコール類4杯飲んで2人で合計3000円ちょっと。休日の昼ご飯兼昼飲みとしては、充分満足できる内容でした。連休明けたらまた色々エントリあげていきますね〜
 


海を渡って「源平」でランチ(淡路島・津名)

2018-03-16 13.56.05-2
妻と義母と一緒にちょっくら淡路島まで「八木のしだれ梅」を観に行くことになり、その際の昼ごはんどころに妻が見つけてきたのが津名の「源平」。店のお隣が岩屋のフェリー乗り場(明石行き)とわかりやすい場所でした。
 

2018-03-16 13.03.37
土日などけっこう混み合うそうですが、この日は平日でお昼のピーク時も過ぎていたのでのんびりムード。カウンターから団体向けの大広間まで席は色々あり、僕らが座った座席からはカウンター越しに明石海峡大橋が見えました。
 

2018-03-16 13.00.49
(上の写真はマウスオーバーでスライドショーになっています)メニューはお寿司を始め、各種定食・一品料理・鍋など。ほんとはお寿司を食べたかったんだけど、車を運転しないといけないのでお酒類呑めないしなあ。
 

2018-03-16 13.15.41
ちょっと肌寒かったこともあり、僕は豪勢に鯛しゃぶ造り定食(2550円)をいってみました。これでもお酒は欲しいけど、個人的にはお寿司よりはマシなんで。

2018-03-16 13.16.00
実はそれ程期待してなかったのに、予想以上によかったんです。お造りの鯛・カンパチ・イカはいずれもボリュームがあり、ハリがあって食べ応えあり。鯛しゃぶの鯛もかなりな厚みで迫力充分。

2018-03-16 13.18.03
もっと薄ければしゃぶしゃぶってゆすぐ程度でいいんですが、これだけ分厚いと切り身を鍋に放り込んでしばらく火を通してやるくらいのほうがいい。刺身も旨いが、熱が加わって旨味が活性化したのもこれまた旨い。それほど期待してなかっただけに(失礼)嬉しいおいしさでした。
 

2018-03-16 13.18.59
妻のチョイスは、お造りと天ぷらの平家定食(2550円)、見栄えがしますねえ。ちりめん山椒が載っかったご飯もおいしかったとか。

2018-03-16 13.19.09
一方こちらは義母の源氏定食(2750円)、ドカーンと巨大な鯛のあら炊きが圧倒的な迫力です。僕も少し分けてもらったあら炊きは、薄味でブリブリ。ご飯にも合いましたが、やっぱりこれも飲みたかったですねえ。

今回は義母と一緒だったのでちょっと贅沢目にいってしまいましたが、もう少し安めの定食とか丼物、お寿司を単品でいくつか取って分け合うなど、いろんな楽しみ方があると思います。車で来ると運転手は飲めないのが難だけど、明石から車なしでフェリーに乗れば大人片道500円で来ることも可能。ちょっとした旅気分で居酒屋利用するのも面白いんじゃないでしょうか。

{お店データ}
住所:兵庫県淡路市岩屋925-22
電話番号:0799-72-2302
営業時間:11時〜20時
定休日:水曜
 


「さのや」その後(大阪・JR大正駅前)

2018-02-18 19.34.11
移転してすぐに様子見に行った「さのや」、その後に二度行っています。この日は日曜の19時半頃、ダメ元で行ってみたら一人なのでなんとか入ることができました。まずはおから(100円)と初めて飲む「バリキング」の炭酸割り(300円)で、メニュー見ながら検討。
 

さのや1
(左上)こちらでは割りとよく見掛けるくじらさえずり生姜醤油(380円)は、独特な旨味と甘味で僕の好物。 (右上)つくね・塩(180円)は小さめハンバーグなたっぷりサイズ。 (左下)多分えびタコス(200円)だったと思います。 (右下)これも多分牛ハラミ串(200円)だったかと。(いい加減ですんません)
 

 

2018-02-22 16.03.04
その次は、平日の16時開店飛び込みでえて吉さんと現地集合。さすがにこの時間なら余裕で入れます。
 

さのや2
(左上)ポテサラ・マカロニサラダ(各100円)、どっちもマヨネーズものですが好きなんです。 (右上)鶏の肝煮(120円)、安ぅ〜 (左下)スモークチーズ(240円)、でっかいのから切り出してはったので、多分自家製。 (右下)玉ひも煮(180円)、この辺からバリキングから日本酒へスイッチしました。
 

2018-02-22 16.25.42
混み合ってる時は申し訳ないけど、開店即ならええやろということでお造り盛り合わせ・二人前(値段不明)。酢がき・天使の海老・鯛・紋甲いか・ぶり・ぶり炙り・くじらさえずりと、超充実。ちなみに以前はこれと同様、天使の海老の頭も揚げてくれて二人前で1700円だったので、これもそんなもんでしょう。素晴らしいとしかいいようがない。
 

さのや3
二人だと色々食べられます。(左上)すきやき(350円)、生玉子付き肉質良し。 (右上)多分やげんなんこつ・塩(180円) (左下)トマトとハムと新玉ねぎの三杯酢(280円)はさっぱり口直しによし。 (右下)つけもの盛り(300円)はなす・胡瓜・沢庵・いぶりがっこの4種盛り。いぶりがっこ、いいっすね。
 

2018-02-22 17.49.37
お造りに海老は入っていたけれど、揚げ物はえびマヨ(350円)をイっときました。サイズデカくてすごく贅沢な気分。
 

2018-02-22 18.07.27
ちょっと寒かったので、湯豆腐(280円)で〆。日本酒に合いますなあ〜、けっこうボリュームもありました。

立ち呑みオンリーの狭い店なのに、メニュー数は毎回50種類以上、しかもどれもおいしいし安いので何を選ぶかメチャクチャ迷います。大正方面に来る時は毎回ここになってしまいそうで、他に何軒か好きな店もあるのに困ったというか嬉しいというか。
 


北浦酒店2回目からのハシゴ(大阪・天六)

2018-02-14 17.34.13
初めて行って大満足だった北浦酒店、そこを紹介してくれたこばやしさんから「冬場は鍋があるらしい」とのお誘いがあり、えて吉さんと3人で行って来ました。
 

2018-02-14 17.37.47
17時半頃に行くと既に常連さんが何人か、時間の経過と共にサラリーマン率が高まってきます。とりあえずポテサラとおでんと赤星、ちゃんと席が確保出来て良かった〜
 

2018-02-14 18.01.45-2
この日のメニューはこんなの、店の外観とのギャップが激しい。値段は書いてませんが、何を頼んでも心配無用なのは既に経験済み。
 

2018-02-14 18.07.46
上の写真のメニュー以外にも冷蔵庫にアテが入っていて、自分で選んで女将さんに自己申告するしきたり。こちらホタルイカの酢味噌和えは、この時点ではハシリかなって感じでした。
 

2018-02-14 18.11.12
メニューには載ってなかったんだけど、こばやしさんおすすめのう巻きは訊いてみたら作ってくれました。量・質とも必要充分な鰻、それよりなによりとろみ加減がいい玉子焼きが基本的においしい。ここでだし巻きとかあったら食べてみたいなあ。
 

2018-02-14 18.18.39
飲み物は最初ビール、その後僕は日本酒を解禁。春鹿の純米超辛口なんぞをいただいておりました。一杯の量がすごい。
 

2018-02-14 18.20.58
人数が多いほど色々頼めます。前回食べ逃していた豚天も楽々オッケー。ボリュームたっぷりで、ちゃんとした中華料理店クラスの出来。なんやねんこの店は。
 

2018-02-14 18.41.17
で、本日のメインターゲット・ミニ鍋…って全然ミニとちゃうやん!出汁が旨くてそれだけでも呑めるし、一人で来たらこれ一品で終わってしまいますなあ。
 

2018-02-14 19.07.58
どんなのか興味があって、〆は焼そば。目玉焼き玉子3個はさすがに人数に合わせてくれたんだろうとは思いますが、これもボリュームたっぷり。どこがどうってこともないフツーメニューのこの焼そばもおでんも、写真は載せなかった白菜・キュウリのぬか漬けも、なんかしらんがフツーじゃないんです。
前回初めて来てびっくり、2度目の今回もすごさを再確認。食べてみたいメニューがまだまだあるし、職場から天六はけっこう来やすいのでちょくちょく来てみたいなあ。
 

 
2018-02-14 19.43.41
その後2軒目は稲田酒店へ移動、めっちゃ混んでたけどみなさん詰めてくれてなんとか3人入れました。

稲田
ここでもアテいくつか。炙りタラコ旨かったなあ〜
 

2018-02-14 21.04.46
3軒目はえて吉さんと二人で、天満に来たらちょくちょく行ってるバー・シードでラム飲んで締め。

よく飲んで食べて、なんとか寝過ごさずに帰宅できました。天満付近は選択肢がアホほどあって、ほんまにすごいゾーンやなあと毎回圧倒されます。