「餃子」カテゴリーアーカイブ

いい店見つけた「祥龍」(神戸・元町)

IMG_4475
特段あてもなく元町界隈を妻とフラついていたら、元町郵便局の西側でこの店に遭遇。思わず「こんな店あったっけ?」と(小声で)叫んでしまいました。それもそのはず、この「祥龍」は11月16日にオープンしたばかりの新店。
 

IMG_4451
店内はカウンター席10席のみ、中国から来日して2ヶ月の女将一人で店を仕切っておられます。中国で日本語を勉強されていたし、ご主人がすでに神戸で別の仕事をされているので、難しい話以外は日本語で会話可能。偉いなあ、僕はこんにちはとさようならとありがとうくらいしか言えないもんなあ。
 

IMG_4444

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューを見るとトップにラムの串焼きがあったり干し豆腐を使ったメニューがあったりで、女将は中国東北地方のご出身。訊けば、ほとんどのものは自分で仕込んでおられるのだそうです。

IMG_4455
お昼の定食もあるし、通し営業なので昼飲みも可能。できれば紹興酒を置いといて欲しいなあって、向こうではあんまり飲まないとも聞きますが。
 

祥龍1
料理を注文して出来上がるまでに、おまけを出してくれました。上は炒りピーナッツ・下はキムチで、どちらもお手製。

IMG_4453
ハルピンの本格ソーセージ(小500円)も同じくお手製。この手の中華風ソーセージは何度か食べたことがありますが、いい意味で刻み方が粗めで塩が効いてて、アテに最適。
 

IMG_4460
メニューを見た時からこれは美味しそうと思っていた水餃子(6個480円)は、やはり予想的中の大当たり。女将によると焼き餃子の皮は出来合い・中身はお手製だけれど、この水餃子は皮も中身もお手製。一粒が大きくぽってりしていて、皮もちもち・アンぶりぶりでシューシー。アンの旨味がしっかりしているので、何もつけずにこのままで充分おいしい。日本ではあまり食べる機会がないけれど、ちゃんと作った水餃子はやっぱりいいなあと再認識させられました。個人的には日生の「山東水餃大王」(もう6年も食べてないのかっ⁉︎)以来の大正解水餃子で、これに出会えただけでこの店に来て良かったなと思いました。
 

IMG_4467
続いて中国東北地方定番・干し豆腐炒め(790円)は、硬めのきしめんを使った焼きしめんのような感触。

IMG_4469
豚まんを注文したら品切れで、勧められるままに焼小籠包(3個1セット・値段不明)を。スープたっぷりのこちらももちろんお手製。

IMG_4472
酢豚を注文しようとしたらかなり時間がかかるらしく、それよりは時間がかからない茄子の四川風炒め(890円)で〆。最初はビール飲んで途中で麦焼酎にチェンジして大満足。

正直なところ炒め物は僕らにとっては塩味が強めで、ご飯が欲しくなりました。寒い地方の料理だから味付け濃いめになるのかなあ。まあこれはこれで現地っぽいと受け止めるとして、とにかく水餃子は是非もの。今回振られた酢豚も気になるし、焼き餃子も豚まんも食べてみたい。こりゃあなかなか面白い店ができました。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-9-8
電話:080-5789-7999
営業時間:10時~24時
定休日:無休
 

仕事帰りに赤萬(神戸・三宮)

IMG_1966
昨日は仕事が早めに終わったので、三宮に早めに戻ってくることができました。これ幸いとここんとこずっと行きたいなあと思っていた「赤萬三宮店」に行ってみたら、待つことなくサクッと席に着くことができて良かった〜
 

IMG_1963
調べてみたら1年ぶり。お店には若い男の子は見かけなかったけど、あとはいつもの皆さんがいて、餃子もいつも通り。瓶ビール500円に餃子(290円)を2人前、〆て1080円でごちそうさま。やっぱりここの餃子、好きやなあ。
 

圓記(ユンキー)二度目(神戸・元町)

IMG_1001
初めて行ってめっちゃ気に入った圓記
◎関連エントリ:もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編 そしてその後編
まだまだ未食のものが一杯あったので、今度は姉・兄と一緒に行ってきました。
 

圓記
まず初めは僕がここで既に食べたことがあるもので、海老餃子(600円)・海老入り香港焼売(600円)・「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。これらについては上記関連エントリをご覧下さい。
 

以降は前回食べられなかったものばかりガンガンイってみました。

IMG_0971
まずは前回メニューを見落としていた、一日限定10食・香港式皮付きパリパリチャーシュー(1500円)。注文した時にもう売り切れって言われたらどうしようかと心配してたんですが、あって良かった〜
こんがり焼き色のついた皮の下に赤身と脂身が層をなしており、見惚れてしまうほどの魅惑的なルックス。サイコロ状のチャーシューを噛んでみると、まずはパリッとサクッとクリスピーな皮の食感と香ばしさ、続いて脂の旨味がやって来て、後を追って良質の豚肉のいい香りとドーンとした食感、噛むほどに次々と旨味がやって来ます。できることなら、いつまでも噛み続けていたい〜
僕が皮付きチャーシューを好きなもんで、かなりしつこい表現ですが、ほんとにこれはうまかった。個人的にはこれだけ食べに来てもいいと思えるくらい、むっちゃ良かったです。
 

IMG_0980
といってもまだ始まったばかり。どんどん行きますよーでチャーシュー饅頭(480円)は、甘めのチャーシュー入りお馴染みの一品。これは2個でしたが、頼めば個数は増やしてもらえます。

IMG_0978
特に期待せずに注文した春巻き(600円)は、フツーに見えるのになんか知らんが皮も中身もええやん。

IMG_0985
こちらはキノコ入り海老の餅餃子(600円)。なんで餅って字が入るのかよくわからなかったけど、こちらの店としては標準的なレベルのおいしさ。(ほめてるんです)

IMG_0988
威水角=ハムスイコー=香港式ピロシキ(600円)は、中身もだけどそれを包んでいるお餅がカリッともちっとしてて、いい意味で大きく予想を裏切られました。

IMG_0991
湯気でピンボケの写真でスミマセン、こちらは蓮の葉で包んだちまき(700円)。注文してから蒸すので20分ほどかかって出てきました。蓮の葉のいい香りが移った薄味糯米ご飯が極上、豪華ではないけど素朴においしい。元々台湾ちまき(バーツァン)とかも好きなこともあるけど、今回食べた中では先のチャーシューに並ぶお気に入りでした。

IMG_0994
デザートその1・蓮の実餡入り胡麻団子(600円)は、揚げたてアツアツ・胡麻香ばしく・カリッと甘い。

IMG_0997
デザートその2・マンゴープリンタピオカ入りマンゴーミルク掛け(750円)。前回食べたマンゴープリンに比べて何でもありって感じで、見た目も食感もゴージャスでリッチ。プルンとしたプリンにタピオカプリっと感がプラスされて、楽しさおいしさ倍増でした。

神戸で飲茶の店は何軒か行ったけれど、今のところ個人的にここはトップクラスです。といいつつ何軒か未訪の飲茶課題店があるので、近々そっちも行ってみなければ。
 

意外な穴場?「北神ぎょうざ」(大阪・天王寺)

IMG_0297
この日は妻と天王寺まで行って、大阪市立美術館とあべのハルカス美術館をハシゴしました。そのあいま、中途半端な15時過ぎになんか食べようとしたものの、ハルカスにもてんしばにもピンと来る店はないし、かといってこの辺あんまり知らんしなあと思っていたら、あべちかで「ほろよいセット」(税込み900円)の文字が目に入ってきました。この時間にやってる店自体あんまりないし、とにかく値段安いしということで「北神ぎょうざ」に入ってみることに。
 

IMG_0281
卓上には餃子のタレとラー油以外に、神戸の餃子屋ではお馴染みの味噌ダレがありました。店名に北神がつくくらいなんで神戸となんか関係あるのかも知れないし、確かに「北神餃子(←こっちは漢字)」って店が神戸にあったんだけど、関係は不明。
 

IMG_0278
ほろ酔いセットの内容は、お通し三種+揚げ物一品+焼餃子一人前+お好きなアルコール類(除外品あり)で、まずは枝豆・もやし・冷や奴。どうってことないけどフツーにこれで飲めます。
 

IMG_0284
続いての揚げ物はいかにも業務用冷食チックな外見で、食べてみたらコロッケ。じゃがいもベースのどうってことないやつなんだけど、黒胡椒がはっきり効いててなんか知らんが妙にうまいんです、これが。
 

IMG_0286
そして焼餃子はやや小振りの野菜多め。肉々しくないのでサクッとお腹に収まってしまい、追加しようかとも思いました。
以上の内容で、場所柄考えたら900円は上出来、しかもどれもそつなくそれなりだし。
 

IMG_0288

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

で、こちらのお店、外観は餃子とランチセットやってることくらいしかわからなかったんだけど、店内に入ってみるとカウンター7席しかないのにけっこうメニューが豊富なんです。餃子単品6個で290円を始め、揚げ物・炒め物・ちょっとしたつまみなどアテになるメニューが色々。

IMG_0289
アルコール類もお手頃価格な飲み物はもちろん、外観にしては不釣り合いな(失礼)レアもの焼酎や良さげな日本酒もピックアップされており、意外なことに飲み屋として充分に使えることが判明しました。レアもの狙いもよし、気軽に使うもよし、昼前から夜まで通し営業というのも使い勝手がいいです。
 

IMG_0293
大好きな焼酎・兼八が500円だったのでつい注文してしまい、コロッケがよかったのでメンチカツ(390円)を追加。

IMG_0295
まあこれも冷食なんでしょうが、全然オッケー。雰囲気的にここで高級なものを望むのはヤボ、こういうチープなもので楽しむのが適しています。このあたりに来ることはあまりないけど、次回はもうちょっとちゃんと餃子を食べてみたいなあ。

{お店データ}
住所:大阪市天王寺区堀越町 アベノ地下街 3号
電話:06-6776-7559
営業時間:11時~22時
定休日:(あべちかに準ずる)
 

妻と餃子の王将へ(神戸・兵庫駅北)

IMG_9403
この日はなんか知らんが料理をする気分にならなかったので、妻と一緒に自宅近くの餃子の王将へ。久しぶりに行ったら店員さんのメンバーが替わっていて、若い人が入っていました。移動なのか辞めたのかたまたまなのか。
 

IMG_9408
二人で餃子二人前頼むと後があんまり食べられなくなるのは学習済み。焼き手が以前と同じなのかどうかはわかりませんでしたが、以前と変わりがないような気がしました。
 

IMG_9409
妻リクエストによりカニ玉(450円)。思ってたよりボリュームがあり、その上アンは必要以上にたっぷりw ふわとろでおいしかったです。
 

IMG_9406
僕リクエストにより揚そば(580円)頼んだら、これまた破壊的なボリュームでびっくり、こんなにデカかったっけ。3品頼んで様子見て、なんなら追加しようかと思ってたのですがとんでもなかったです。
後から来たお客さんが、揚そばと餃子にてんこ盛りのご飯食べてて、とてもじゃないがアレは無理やなあと思いました。やっぱり王将は色々とすごいや。