「中華麺類」カテゴリーアーカイブ

休肝日にもかかわらず「いち」へ(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_8396
この日は休肝日と決めてた日だったんだけど、どうしても「立呑み厨房いち」に行きたくなってしまったんです。
 

IMG_8397

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

IMG_8399

同行の妻はどうしても休肝日を守りなさいとも言わず、さりとて自分も付き合うって気もなく、あっさりと生ビール付きのワンコインセットをオーダー。その程度のことでこちらもめげるはずもなく、初志貫徹でノンアルコールビールを注文しました。(←意地っ張りか!) 僕が飲まないのでマスターが不思議そうにしてたから、事情を話したら笑われましたw
 

IMG_8403
一品目は妻の好物でもある「豚足の麻辣ダレ」(390円)。久しぶりの豚足、トロトロでおいしい〜
 

IMG_8408
二品目はここではしょっちゅう食べてる「油淋鶏」(380円)。暑くなってくると唐揚げがますます食べたくなってきますなあ、今日はノンアルコールだけど。
 

IMG_8410
酸っぱいのが欲しかったので、初めて見る「新玉ねぎの甘酢漬け」(190円)を頼んでみたら、これが想像以上。今ならそのままでもおいしい新玉ねぎに、辛味を少し効かせた甘酢と少し加えてある針生姜でぴしっと締まった感じ。難しい料理じゃないけど、これうまかったです。
 

IMG_8418
〆は辛い麻婆豆腐と迷ったあげく、大好きな「台湾ミンチと焦がしラー油の油そば黄味のっけ」(390円)。ここ何回か見送っててやっと食べられただけに、余計に旨かったです。やっぱりこれ名作。

「ビールも飲まずによくこんなもん食べるなあ」というお声もございましょうが、そりゃ飲みたかったけど、ノンアルコールは覚悟の上で「いち」の料理が食べたかったので、それほどストレスなし。僕はやっぱり飲むより食べるほうが好きなんでしょうねえ。
 

「いち」で10連発(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_3908
Wakkyさんお願いしていたブツを引き取らせてもらうために、「どこかで会いましょう」というということになりました。「それならぜひ「立呑み厨房いち」に行ってみたい」とのご要望があり、お安い御用とばかりにWakky&ish夫妻計4人で行ってきました。
コロナショック真っ最中にも関わらず三連休前ということもあるのか店内満員で、しばらく外で待ちました。当然多い少ないの波はあるんでしょうが、相変わらずの繁盛でちょっと安心しました。
 

いち1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

お二人は初めてなので、当初は僕がお勧めをチョイスし、程なくご希望に沿ってというスタイルで注文することにしました。4人いたら色々食べられるので、僕らとしても嬉しい。
順に海老サクサク衣揚げ(320円)・激辛四川麻婆豆腐(320円)・ネギ炒飯(290円)・油淋鶏(330円)・ひね鷄胸一枚網焼き(420円)・台湾ミンチ中華オムレツ(390円)。
Wakkyさんご夫妻とはうどん巡りで何度もご一緒してるので、ある程度好みはわかってたつもりだったんだけど、奥さんが海老嫌いやとは知らんかった(・・; まあその分は(辛いもの好きなので)麻婆豆腐で取り返してもらったと思っておこう。
 

いち2
まだまだ食べます。和風ツナポテトサラダマカロニ(280円)・とろとろ卵焼チーズあんかけ(390円)・辛辛ガーリック中華焼そば(320円)、ここまでで結構お腹いっぱいだったけど、トドメに僕の愛する名作・台湾ミンチと焦がしラー油の油そば黄身のっけ(390円)でシメ。

妻と二人だとついついお気に入りの中から選んでしまうところ、他の人と一緒だと普段選ばないようなものを頼んでくれるので新鮮でした。Wakkyさんご夫妻はあんまり飲まないはずなのに、この日は3杯ずつほど飲まれていてびっくり。妻に、僕の飲み食いのペースが速すぎるからやっ!って、後でちょっと叱られてしまいましたがw、だっておいしかったし楽しかったんやもん。

大好きな店なので都合つくならいつでもオッケー、Wakkyさんご夫妻、また一緒に行きましょう!(うどん巡りもまたね)
 

第7回アホほどカキを食べる宴会(後編)

R0003654

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前編」に続いての後編は、牡蠣料理のご紹介。
まず何はともあれ生牡蠣。色々な食べ方ができるようえて吉さんがレモン・ケチャップ・塩などを用意してくれていましたが、僕はそのままとお気に入りの食べ方・ボウモアのちょいがけで。生牡蠣の殻を開けるのって結構好きなので、自分の以外にも5、6個は開けましたよ。(と、ちょっとはやってるアピール)
 

R0003665
こちらはえて吉さん作・牡蠣と春雨のオイスターソース炒め。牡蠣とオイスターソースのスープをたっぷり吸った春雨と、パクチーがよく合ってます。
 

R0003678
続いて、一昨年に続き2回目参加・佳景の女将さん作「神戸の製麺所・同興楼の中華蒸し麺を使った牡蠣とネギの焼そば」。ここの麺、イカリスーパーなんかでも扱ってますが。基本的にプロ用で麵自体がすごくうまいんですよ。なので、手をかけ過ぎることなくシンプルが一番。牡蠣とネギは当然相性良く、うまかったなあ。
 

牡蠣宴会5jpg
こばやしさん作「別館牡丹園風牡蠣のお好み焼」は毎年恒例。何度食べてもおいしいので、これからもずっとこの会で作り続けていただきたいですw
 

牡蠣宴会6
去年初めて作っておいしかった牡蠣の春巻きを、今年も*あきこ*さんと僕で2種作りました。上は牡蠣・セロリ・だいこんさん作ベーコンの具、下は牡蠣・大葉・チーズ。中身を色々アレンジできるし、ヒョイっとつまめるのでアテにもなるしおかずにもなるし、なかなかいいですよ。
 

牡蠣宴会7
大事な用事と重なって欠席のはずだったmyblackmamaさんが、用事が済んだら参加したくてたまらず、わざわざ着替えの服を買ってまで遅れて参入してくれました。強いこだわりを持っておられる牡蠣フライは、当然ウマウマ。
 

牡蠣料理は以上全6種。めっちゃ量があったはずだったのに、こんだけやったかなあと思ってしまうのは、それぞれに贅沢に使ってるからでしょうか。通算8時間ほどえて吉さん宅にいたので、途中で夕寝してしまいましたw 今年の新作になるはずだった「牡蠣のフィデウア」は来年に持ち越し。惰性でやり続けるのは良くないので、楽しんで、なおかつ積極的にやれる限りは毎年続けて行きたいなと思っています。
 

やっと行けた蘭州牛肉麺「一天一面」(神戸・三宮)

IMG_2813
数年前からネット上で蘭州牛肉麺なるものをよく見かけるようになったなあと思っていたら、あれよあれよという間にメジャーになって来て、カップヌードルは出るわ神戸にもトントンと2軒続けて専門店ができました。そのうちの一軒・「一天一面」でやっと本物をいただいてきました。
 

IMG_2817

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューは牛肉麺以外に羊・牛の串焼きやちょっとしたおつまみなどで、自動販売機でチケット買うシステム。

IMG_2819
茶たまごとライス以外のトッピングは、ディフォルトで入ってるのの増量用。

IMG_2816
僕はノーマルの牛肉麺(850円)にパクチートッピング(150円)を自販機で購入。その後、席に置いてある用紙にパクチーあり/なし・葉ニンニクあり/なし・ラー油の量・肉の角切り/スライス・麺の種類を記入して、店員さんにチケットと共に渡します。

IMG_2821
卓上の調味料は酢のみ。辛さはあくまでラー油で調整するようです。
 

IMG_2826
しばし待って登場。中央に角切り肉、丼の12時位置から反時計回りに大根・ラー油・葉にんにく・パクチー、スープの奥に麺が見えてなかなか見栄えがします。

IMG_2828
麺を持ち上げてみると、ずっしり重い。

IMG_2838
この写真ではちょっとわかりにくいですが、麺の断面は縦に長い二等辺三角形になっています。きしめんの片方の側からもう片方の側に厚みが増していってる感じとでもいいましょうか。そのお陰で一本の麺の幅?のうちで弾力や噛み応えが違っていて、今までに経験した事がないとても面白い食感でした。

IMG_2833
食べてみた感じは、かなりしっかりしたうどんっぽいきしめん。麺の量が多く、200gは軽くあったんじゃないでしょうか。とてもじゃないですが替玉なんて僕には無理です。スープをすすってみると確かに牛(ぎゅう)。脂っこくもなく重過ぎることもなく、牛ならではの旨味とコクがあってとてもおいしい。そしてこのスープに、それぞれのトッピングがとてもマッチしています。
初めて来た割りには、三角麺・煮牛角切り・パクチー追加を選択したのは正解。ラー油の量を並にしましたが、これは多めのほうが良かったと思っています。あと、スープを吸った大根が思ってた以上においしかったので、お腹に余裕があるならトッピングで増量してもいいかもしれません。麺の種類を変えることで、また違った発見があるのでしょう。

蘭州牛肉麺の店なんて今までなかったからどうなんだろうと思っていましたが、先日店の前を通ってみたら結構繁盛していました。新しいタイプの麺類として、これからもっともっとメジャーになっていくんでしょうかね。

{お店データ)
住所:神戸市中央区加納町4-7-7
電話:078-381-8551
営業時間:【平日】11時~15時 17時~23時半【土・日・祝】11時~23時半
定休日:なし
 

3ヶ月振りに妻と「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_2548
「いち」に3ヶ月振りってのは、まあまあのペース。できれば月一くらいで来られたらいいんですけどね。
 

いち
生ビール頼んで、まずは軽めにおつまみ豆もやし(190円)・オクラ浅漬け(190円)・春巻(290円)・生タコアンチョビカルパッチョ(390円)。色んなのをチマチマつまみつつ、スタートにぴったり。
 

IMG_2563
この日僕が肉喰いたいモードだったので、牛カルビタレ網焼き(590円)。いちは網焼きもおいしいんです。「ひね鶏もも一枚塩ペッパー網焼き」も食べたかったなあ。飲み物はこの辺からハイボールにチェンジしました。
 

IMG_2567
困ったなあ食べたいモノが一杯あって。いつも頼むのばっかりもなあと思いつつ、妻のリクエストもあり大好きな「台湾ミンチと焦がしラー油の油そば黄味のっけ」(390円)をイってしまいました。何度食べてもやはり名作、食事にもなるアテにもなる、シェフやっぱりスゴ腕。
 

IMG_2569
ちょいと一休みでピータン豆腐(390円)。ここでピータン食べたことあったっけ?と思いながらの選択でしたが、いいのを使ってはりました。珍しくはないけど、安定の旨さ。
 

IMG_2572
麺を食べたけど飯も食べたいということで、〆は海老ミソ炒飯(380円)になりました。香ばしい海老ミソの香りがフワ〜ンと漂ってきて、あっという間にバクバク完食。この日の炒飯はこれ以外にネギ炒飯・コク旨ブラック炒飯と3種類あって。どれもおいしそう。

定番だと蒸し鶏・エビのサクサク衣揚げ・麻婆豆腐・油淋鶏とか食べられなかったし、ゆず胡椒と高菜の白麻婆豆腐とかイカの天ぷらラー油マヨソースとか中国屋台酸辣スープ春雨も食べてみたかったし、いつ来ても食べ逃した感一杯で、あー困った困った。