「中華麺類」カテゴリーアーカイブ

友人に「いち」を紹介(神戸・JR兵庫駅南側)

2018-03-26 17.29.19
京都在住ながらしばらく地元に帰ってきている友人に神戸の店を紹介するシリーズ」の第2弾として、大好きな「立ち呑み厨房いち」に連れて行きました。
 

2018-03-26 17.32.262018-03-26 17.35.31
今回もワンコインセットからスタート、アテは枝豆・油淋鶏・えびマヨ。友人はこれで500円に驚くと同時に、「ここの生ビールうまい」とその後ガンガンお替わりしていました。
 

いち
おつまみパクチーサラダ(280円)・海老とトロトロ玉子のチリソース(320円)・麻婆豆腐(290円)・水餃子四川ソース(290円)と怒濤の注文。友人もよく食べるし、単価が安いので2人いるとどんどんオーダーできます。
 

2018-03-26 18.20.33
ひね鶏の胸一枚網焼き(320円)は、ボリュームたっぷりで噛むほどに鶏のおいしい肉汁が湧いてくるジューシーさ。ひね鶏って好きなんです。
 

2018-03-26 17.57.58
で、この日の一番・豚足の四川揚げネギフレークがけ(290円)。素揚げした豚足にかかってる特製ピリ辛フレークがすごくよくって、豚足との組合せが抜群でした。友人にたくさん食べられてしまったけど、喜んでくれたんだからまあいいか。
 

2018-03-26 18.50.12
で、〆はこれも大好きな台湾ミンチと焦がしラー油の油そば(390円)。結果的に辛目の料理を多めに注文しましたが、辛さに弱い友人は当初警戒してたもののそれ程でもないことがわかり、食べまくってくれました。

他にも食べて欲しい(食べてみたい)ものがあったんだけど、さすがにもう無理。また日を改めて来ましょうかね。
 


神戸元町別館牡丹園でサクッと

2018-03-29 11.20.40
この日は午前中に神戸駅近くで用事を済ませ、昼からの出社の前にどこかで昼ご飯を食べるつもりでした。ところが予め頭にあった店に振られ、その後も2軒ほど都合が合わず、結局元町まで流れてきてしまったので、「もうこうなったら別館牡丹園じゃっ!」という気分になってしまいました。
 

2018-03-29 11.25.41
この後仕事なのでビールを飲むわけにはいかないけれど、席に着くなりメニューも見ず「焼そば、堅いほう」とオーダー。ここで焼そばを注文する時、いつも堅いほうにするか柔らかいほうにするか迷うのに、この日は珍しく即決でした。

2018-03-29 11.25.57
このノーマルの焼そばが1000円で、もう200円足せばいろんな具が乗ってる五目焼きそばにできるんだけど、そっちだと飲みたくなるし、こっちのほうが野菜をたっぷり採れるのがこの日選んだ決め手。最初は何もつけずにそのままで、追って辛子をつけたり酢を足したりと、麺が徐々に柔らかくなってくるのと合わせて変化を楽しみました。なんだかいつも以上にボリュームあったような気もして、これだけで満腹の大満足。でもやっぱりビール欲しかったなあ。
 


長崎に行って来ました(3)〜出島の後にちゃんぽんと皿うどん

DSC03161
旅先なんだから早起きして行動すりゃいいのに、夫婦そろってのんびり屋なもんで、10時前にホテルをチェックアウトして路面電車で移動。といっても行く先は3駅先(^_^;

R0035725
行き先は、かつて日本史でも学んだ出島。恥ずかしながら今も海に突き出してるもんだと思ったら、それは当時の話で、時が経ち周囲が埋め立てされて今やどこが島だったのかわからん状態になっていました。でも復元されて一般公開されてからまだ1年半しか経ってないだから、知らなくてもしょうがないか。

DSC03167
入場したら運良くボランティアさんによるガイドが始まったところだったので、ちゃっかり合流。話は面白いし、へえそうやったんか〜の連発。

DSC03166
明治期に役割を負え、埋もれていたものを60年程前から復元に着手されたのだとか。思っていたよりも見所が多くもっとゆっくりしたかったのですが、帰りの飛行機の時間とか昼ご飯のことを考えるとガイドの途中で離脱せざるを得ず、とても残念でした。
 

DSC03177
長崎市内から空港までのバスは混み合うので(しかもこの日は日曜)、確実に乗るためにはJR長崎駅付近から乗るのが堅い。そちらへ向かう途中でブランチをと思っていたら、かの有名なカステラの文明堂本店に遭遇。神戸でも買えるんだけど、オーラを放ってる建物だったのでちょこっとお土産を買いました。
 

DSC03196
今回の長崎旅行での最後の食事はぜひちゃんぽんと皿うどんでと思い、出島を出てから2軒ほどトライしてみたものの縁がなく、時間がなかったのでしょうがなく長崎駅の駅ビルへ向かい、選ぶ余裕もなく「皇上皇(こうじょうこう)」へ飛び込みました。上の写真は帰りに撮ったものですが、けっこう待ち列できてたのでもう少し入るのが遅かったらヤバいところでした。

DSC03179
この手の点心系にも惹かれたけれど、悠々とこんなの食べてる場合じゃない。

DSC03178
迷うことなくちゃんぽんと皿うどん(細麺)のギョーザセットとビールをオーダー。
 

DSC03182
ちゃんぽんの具は、キャベツ・人参・もやし・きくらげ・豚肉・げそ・牡蛎・蒲鉾二種。具だくさんで彩りきれい〜

DSC03191
太麺で白濁したスープは見た目よりあっさり。友人に訊いたところ、ちゃんぽんに牡蛎は地元では当たり前なんだとか。

DSC03187
皿うどんも具はほぼ似たような感じで、牡蛎の代わりにあさりが入ってたかと。味付けはやや甘め、最初はこのままで・途中からは地元流にウスターソースをちょっとかけていただきました。

DSC03189
細い揚げ麺が、最初はパリパリ・時間が経つにつれアンを吸ってしんなりしてくる変化も魅力の一つ。ビールのアテなら、ちゃんぽんより皿うどんですな。
歴史あるちゃんぽん皿うどんが世代交代により味が変わり、地元でもリンガーハットを勧める人がいるとか。確かにリンガーハットは美味しいけど、地元ならではのお店を大事にしたいですねえ。

この後駅からバスに乗って空港に向かい、昼過ぎの便で関空に戻りました。滞在時間ほぼ24時間、全くの駆け足だったので観光も食事も全く物足りませんでしたが、久しぶりの長崎はやはりいい街でした。是非また再訪するぞ!
 


5ヶ月振りに「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

2018-01-27 17.36.37
そんなにご無沙汰やったっけと後になってわかった久しぶりの「立ち呑み厨房いち」。一度妻と行って満員で入れなかった時を挟んでの5ヶ月振りで、今回は早めの一人飲み。
 

2018-01-27 17.38.202018-01-27 17.41.09
18時前の入店だったので、まずはワンコインセットを頼んでメニュー検討。この日のセットは枝豆と水餃子・魚の蒸し物でした。蒸し魚、おいち。
 

2018-01-27 17.39.522018-01-27 17.51.00
どうしようかなあ、毎度ながらやけど迷うなあ〜
 

2018-01-27 17.55.09
迷ったあげく、まずは今まで記憶になかった柚子胡椒と高菜の白麻婆豆腐(360円)。いつもの麻婆豆腐とは違う種類の辛味と、高菜と豆腐の組み合わせが面白く、なんとなく素朴さも感じます。思わずハイボールから紹興酒にスイッチしました。
 

2018-01-27 18.09.11
続いて、あればほぼ自動的に頼んでいるエビ天。メニューでは四川揚げ葱フレークがけ(360円)になってましたが、敢えてシンプルにお願いしました。
 

2018-01-27 18.21.29
〆は以前食べてすごく好みだった、台湾ミンチと焦がしラー油の油そば(390円)。卵黄を潰してグワーッと混ぜて、ちょい濃いめで辛くてパンチのある味付けが、酒のアテとしても合うんですよ。やっぱうまいなあ。これ。

今回は一人だったので、これだけで限界。人数揃えてもっと食べたいなあと思っていたら、この数週間後に同級生と3人で行くことが出来ました。前回は満席で入れなかった妻ともまた来なければ。
 


京鼎樓(ジンディンロウ)ミント神戸店(神戸・三宮)

2017-12-18 13.55.56
ミント神戸で妻と映画を見終わって14時頃。腹ペコだったのですぐになんか食べたくって、下の階の初めての「京鼎樓」へ。基本的に東京資本の中華のお店に入ることはほとんどないんだけど、背に腹は変えられず。本店は恵比寿そのルーツは台北だそうで。
 

2017-12-18 14.20.26
同じものを頼んでも面白くないので、セットを2種類取って半分こ。まずは小籠包3個と杏仁豆腐付きで1500円の海鮮五目焼きそばセットを。神戸では豚饅はあちこち店があるけど、小籠包はそれほどないので久しぶりな感じ。まあごくフツーってとこでしょうか。
 
2017-12-18 14.29.45
セット価格からすると、この海鮮焼きそばは、アンの味付けはやや濃いめながら具だくさんでなかなかお値打ちでした。キクラゲがでっかくてたっぷり。
 
2017-12-18 14.45.32
この杏仁豆腐は、この後のセットにも登場。可もなく不可もなく。
 

 
yamutya
もう1種のランチセットは、関西地区限定・桃花ランチコース(1980円)。コストパフォーマンスに厳しい関西人対策?商品なのでしょうか、けっこうお得でした。上の写真は前菜2種(蒸し鶏・茹で海老)・江戸菜炒め生姜風味・特製焼売2種(肉・トマト)・フカヒレスープ。
 
2017-12-18 14.20.31
小籠包は3個で、ノーマル・烏龍・辛辣の3種。それぞれ味が違ってて面白いんだけど、個人的にはノーマルが好みでした。
 
2017-12-18 14.34.05
山査子(サンザシ)風味の黒酢酢豚。黒酢の酢豚ってもともと好きなんだけど、そこに初めてのサンザシ風味(フルーティーというか花っぽいというか)が加えられて、面白い一皿でした。コースなので量少なめだったけど、これはもうちょっとしっかりしたボリュームで食べてみたかったです。
 
2017-12-18 14.34.20
〆は蟹肉とカリカリ干し貝柱入り中華粥。味付けハッキリ目のおかゆに、細く切られたカリカリ干し貝柱トッピングでけっこうリッチな中華粥でした。〆ならもっとあっさり目の方がイイかもしれませんが、個人的にはこれはこれでアリ。

東京本店だからか全体的に濃いめの味付けに感じましたが、思ってたよりはリーズナブルで、小籠包ウリの店というよりは「それもある中華の店」って感じでした。今度は小籠包・焼売・蒸し餃子オンリーで攻めてみようかなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸 7F
電話:078-414-8622
営業時間:11時〜23時
定休日:ミント神戸の営業日に準ずる