「サンドウィッチ」カテゴリーアーカイブ

ハンバーグ沼サンド

IMG_1358

沼サンドって言い方はまだ一般的なんでしょうかね。それはともかく、ふるさと納税でゲットした石垣牛ハンバーグを使って作ってみました。キュウリ・トマト・レタスをたっぷり、味付けはバルサミコケチャップ・マヨネーズ・粒マスタード。ハンバーグが中心からずれてしまったのと、チェダーチーズ入れ忘れ・クッキングシートが短かったので抑えが効いてないのが残念でしたが、まあいいか。
見た目以上に野菜がたっぷり入っていて、ハンバーグもどっしり。あ〜喰った感の食べ応えで、大満足でした。

ちなみに、断面を写すのが難しかったので、「すずがみ」という錫を薄く打ち伸ばした食器を使って挟んでいます。今回はちょっと強引な使い方ですがw、色々と便利ですよ。
 

なんと5月29日で閉店「ほるもんBarおかだ」(大阪・大正)

 
先日このツイートを見てぶっ飛びました。あの「ほるもんBarおかだ」が閉店してしまうとは!
 

IMG_0843
とにもかくにもまず行ってみました。まだそれほど閉店情報が伝わってないせいか、店内は至ってフツー。まずはギネス(600円)とホルモン串(一本140円)で。
 

IMG_0844
知人を待つ間にブロッコリーのナムル(250円)で時間調整。ここは野菜メニューもおいしいんですよねえ。
 

IMG_0846
知人が追っかけ到着してきたので、赤ワインにチェンジ。僕好みのしっかりめの赤、ワインには全然詳しくないんですが、最近何故かシラーと縁があります。
 

IMG_0848
この日は特別いいタンが入ったとのことで、ちょっと贅沢してタン刺し(1250円)。サクッとした食感はイメージ通り、噛むほどに溢れる旨味は予想外。これすごかったなあ、
 

IMG_0853
そして続いてのほるもん屋のオードブル5種盛り(900円)がこれまたすごかった。プレートの上から右回りに、ミックスホルモンのちゃんちゃん焼・和牛レバーのコンフィバゲット添え・ゴーヤーのナムル・(多分)白菜キムチ、そして真ん中はタケノコ(大動脈)と筍の木の芽和え。それぞれ手間がかかってるアテを、これだけバラエティ豊かにリーズナブルにいただけるのは貴重。
 

IMG_0854
そして〆はハラミカツサンド(1500円)。いつもあるとは限らないし、あっても数量限定のこのメニュー、何故か僕は遭遇率が高く運良くこの日も出会えました。もうなんともすごいとしか言いようがありません…

しばらく来てなかったのでそのうち来ようとずっと思っていました。それが残すところもう1ヶ月弱でお別れになってしまうとは…
何度も何度も思いますが、行きたいと思う店には行きたい時に行っとかんといけません。このハラミカツサンドに出会えるのも今回限りかも。いずれにせよ、閉店までにまた来るつもりです。
 

東京テケトー旅(5)〜「サンドウィッチパーラーまつむら」でブランチ(東京・水天宮前)

R0000812
東京旅行の最終日、ホテルをチェックアウトして向かったのは、水天宮前駅(人形町駅にも近いです)すぐにある「サンドウィッチパーラーまつむら」。事前に色々調べている時にこちらを見つけ、是非行ってみたいと思っていました。創業なんと1921年。あともう少しで100年を迎えるパン屋さんって、そうそうないですよね。

R0000838
最初の写真はお店の西面で、こちらは北面。どちらからも入れるんですが、こちら側から入ると左側にイートインスペースがあるんです。老若男女様々なお客さんが次々と様々なパンを買っていく様を見ながら、ゆったりブランチするのを楽しみにしていました。
 

R0000818
サンドウィッチパーラーと名乗るだけのことはあって、種類色々(この写真はごく一部)。すごくいいのは、妙な今っぽさが全然なくて、親しみやすくベーシックなのが多いこと。そして東京にしては値段もかなり安いです。

R0000833
僕はどっちかというと甘い系よりもおかず系のパンが好きなので、サンドウィッチとかこの手の調理パンが大好物なんです。最近はコッペパンがブームになっていますが、この手のふんわりしたパンにおかずが挟んであるのって、こういうのをよく食べていた中学・高校時代を思い出すんですよね。
 

R0000820
こちらがイートインコーナー。パン売場で缶入りやペットボトルのドリンクも買えるし、ここで注文することも可能。ちゃんとしたホッとコーヒーが220円でお値打ちでした。
 

IMG_0222-2
選んだのは、玉子・野菜・トンカツ・ツナ・フルーツのスペシャルサンド(550円)とコンビーフロール(140円)、これを妻と半分こ。サンドイッチはバラエティ豊か、ロールパンはチープで懐かしい味でいいわあ〜こういうの。
 

R0000821
これだけでは足りるはずもなく、追加を物色しに。サンドウィッチやロールパン系だけでなく、ものすごくいろんな種類のパンがあるので見て回るだけでも楽しいけれど、迷う迷う。
 

R0000834
迷ったあげく、ここはお店名物のちくわドッグ(165円)をいっとかなあかんかなと。他の店でもちくわを使ったパンを食べたことはありますが、ここのは縦半分にカットしたちくわがパンに載っかっていて間にツナが入ってました。
そしてデザートとしてプリン(110円やったっけ)。我が家の近所のパン屋さんレコルトでもプリンがあって、多分クリームパンのカスタードクリームをアレンジしてるんだと思います。カラメルソースはなし、流行のトロトロプリンより固めのほうが好きなので、レトロな味わいで秀逸でした。

おみやげに買って帰ったパンもちょっと遊び心を感じたりするものがあったりして、でもいずれも奇をてらわず真っ当に作ってはるなあという印象。お店で食べた時も店員さんがやたらちゃきちゃき元気だったり、毎日通ってそうな常連さんみたいな人がいたり、ちっちゃな女の子が店に入ってくるなり自分の好きなパンを見つけて大喜びしてたりと、何かと人間くささを感じるパン屋さんでした。
パンもおいしい・お店もいい。近所にこういうところがあるのってうらやましいなあ。

{お店データ}
電話:03-3666-3424
住所:東京都中央区日本橋人形町1-14-4
営業時間:[月~金]7時~18時[土]~13時
定休日:日・祝
 

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットでエデン(神戸・新開地)


「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットがまだあったので、自宅からちょっくら歩いて新開地の「エデン」までやってきました。
 


11時過ぎに来たら店内ほぼ満席で危ない危ない。カメラのレンズが汚れていたのが幸いして、なかなか雰囲気ある写真になってますな。
 


薄焼き玉子が焼きたてのまだあったかいミックスサンドとコーヒーで、チケット一枚=500円はおいしくてお得。気さくだけど落ち着く店内は相変わらずの雰囲気で、やっぱり「ザ・喫茶店」でした。
 

カツサンドでブランチ


冷蔵庫を覗いたらお惣菜のトンカツがあったので、食パンに載せてオーブントースターへ。パンを焼いてる間に野菜を用意しました。中身は、トマト・胡瓜・レタス・アルファルファ・チェダーチーズ。味付けはマヨネーズとトンカツソースで。
全部載っけたらけっこうな厚みだったのを、ギュッと押しつけてコンパクトにしてから半分に切りました。野菜多めで満足度高し。これで今日はこのあと一食で済ませられそうです。