宿題を片付けにPopBoyへ・後編(神戸・板宿)

*このエントリは、「宿題を片付けにPopBoyへ・前編」の続きです。
 

2018-06-12 13.12.50
このブログでも、先代のブログでも、「赤ひょうたん」カテゴリを作っているほど、かつて神戸三宮にあったサラダをメインとしたお店・赤ひょうたんについては色々と書いてきました。その内容は僕だけではなく、たくさんの赤ひょうたんファンからのコメントで成り立っています。

以下、先代・現ブログの赤ひょうたんカテゴリへのリンクです。このエントリを含め、これまで・これからの赤ひょうたんカテゴリのエントリが全てピックアップされます。
ただし、新しいエントリから順に表示されてしまいますので、読んでやろうとお思いの場合は、日付が古いほうのエントリから順に、また先代foodish赤ひょうたんカテゴリからお読みいただくことをおすすめします。

 *先代foodish赤ひょうたんカテゴリへのリンク
 *現foodish赤ひょうたんカテゴリへのリンク

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、こちらPopBoyのマスターは赤ひょうたんで修行された方。現在77歳で後継者がいらっしゃらず、ご高齢にもかかわらず「お客さんが来てくれるから」と頑張っておられますが、体力にも限りがあります。
こちらのお店のことを知ったのは、12年前に僕が書いた、写真もなくほんの数行のエントリがきっかけ。書いた当時はなーんも考えておらず、頻繁ではないものの息長く色んな方からコメントをいただく(今もなお)なあと思っていただけで、その後あんなことやこんなことやいろんなことが起こるなんて夢にも思っていませんでした。

そのエントリがきっかけで出会ったもう一つのお店が、東京・新高円寺にあるリスタ2。詳しくはこちらのエントリをご覧いただきたいのですが、こちらのお店も元赤ひょうたんの方がやってらっしゃるんです。そして一昨年の12月、二度目に伺った時にこんなものをいただいてしまいました。
 

赤ひょうたんメニュー
赤ひょうたんファンの方なら見覚えがあるかも知れません。創業時のメニューです。
リスタオーナーのお母様=赤ひょうたん創業者のうちのお一人の奥様の、自宅食器棚の下敷きに使っていたそうで、何枚かあるのでおみやげにどうぞと、軽〜く差し出されてしまったんです。「こ、こんなものをいただいていいんですかっ!」といいつつ、折り目がつかないように大事に持って帰り、以降自宅で大事に保存していました。

…ところがですね、時が経つにつれ、写真でこのブログでも公開したとは言え、果たして僕が持ってていいのか?このブログを知らないファンの方にもみていただいたほうがいいんんやないのか?とだんだんと思うようになってきました。
そんなこんなで先日久しぶりにPopBoyに行ってシェフとお話ししたら、ぼちぼち引退したいが、お馴染みさんから新しい人までまだまだお客さんが来てくれるのでやめられない・体力が落ちてきているので定休日を増やしゴルフで足腰を鍛えてる、なんてことをお訊きしました。

その帰り道、うすうす思っていたことを実行しようと決めました。
「リスタでいただいた創業時の赤ひょうたんメニューをPopBoyにお渡ししよう」と。

PopBoyに残された時間はあと数年でしょう。でもその間に確実に赤ひょうたんのファンがいらっしゃいます。僕が持っているより、そのほうがこのメニューが生きるに違いない。こりゃちょっとでも早くメニューを渡しにいかねば!
…そう思うんなら当日にでも出直してメニューを持っていけばいいようなものなのに、根がいい加減なもんでなんだかんだで日にちがあいてしまい、今回やっとお店に持っていってやっと「宿題」を片付けたという次第。

ということで、要するに
PopBoyに行けば創業時の赤ひょうたんメニューが見られます!

というお話でした。
毎度ながら文章長くてスミマセン。
 


宿題を片付けにPopBoyへ・前編(神戸・板宿)

2018-06-12 13.12.50
先日4年ぶりに行ったPopBoyにまたもや。久しぶりに食べてやっぱりおいしいなあと思ったもんで再びという理由に加えて、以前からうすうす思っていた宿題を片付けに来ました。
 

2018-06-12 13.24.05
前回食べたミックスセットのハンバーグ・エビフライ・クリームコロッケのどれもおいしかったんだけど、以前から好きだったクリームコロッケのおいしさを再認識したもんで、単品のセットメニュー(1000円・14時までならコーヒーか紅茶付き)にしようと店に着く前から決めていました。(レバーステーキとかビフカツとかほかにも食べたいものはいっぱいあったけど…)

2018-06-12 13.24.58
こちらでは、ベシャメルもソースもスープも全部手作り。このクリームコロッケのベシャメル、舌触りが滑らかで自然でほのかな甘味があって、何より最初に割った時にホワ〜ンと香ってくる香りが抜群なんです。
上にかかってるお店オリジナルなトマトソースは揚げ物系をメインに幅広く使われていて、これとのコンビネーションもむっちゃ好み。今回は一人だったので、やっぱりおいしいなあとじっくり味わいながらいただきました。

僕がお店に入ったのは平日の13時ころで、満員とは言えないけれど各テーブルともほぼ埋まってる状態。その後店を出る1時間くらいの間にも、子どもから初老まで・1人客から4人程度まで・高校生の女の子も僕より年上のオッサンも・常連さんもご新規さんも、いろんなお客さんが出入りしてて、幅広い層に愛されてるんだなあと改めて実感しました。
僕同様のオッサンで、クリームコロッケオーダーが一人・ポークチャップが二人あり、後者はメニューにあるのは知ってたけど注文している場面に初遭遇だったので、興味津々でした。

でも、前回の時のエントリに書いたように、残念ながらあと数年後にはこちらのお店はなくなってしまうんですよねえ…

(後編・宿題編に続く)
 

{お店データ}
電話:078-611-7734
住所:神戸市長田区庄山町1-5-9
営業時間:11時半~15時 17時~20時
定休日:水・木・日
 


久しぶりのサイゼ飲み

2018-06-05 14.58.43
この日は三宮で軽く昼ご飯を食べて、ちょっと飲みたくなったので元町まで歩いてサイゼリヤ神戸元町通店へ。三宮店は地下なので、2階にあるこっちのほうが好きなんです。
赤ワイン500mlデカンタ(399円)に、シェフサラダ(299円)とサラミ(299円)。今さらながらほんまに安いですな。

2018-06-05 15.59.49
ちんたらちんたら飲みつつ食べつつ、もう少し野菜が欲しくなって、お気に入りの青豆サラダ(199円)を追加。

初めてシェフサラダ食べたけど、これだったら他のサラダのほうがいいかな。いずれにせよこの価格で飲み食いできるのはほんとにありがたいです。また来ようっと。
 


東から西へうどんツアー(後)〜讃岐うどん巡礼2018-2

*諸事情によりしばらくブログをお休みしていましたが、またぼちぼちと再開します。
 以下、いきなり長いです(^^ゞ
 

◎三軒目:松下製麺所

X70F2552
車はさらに西へ進み、高松市内の松下製麺所へ。けっこう昔からあるポピュラーな店で、Wakkyさんは二回目、僕が三回目。驚いたのは、なんとえて吉さんが初めてだったことで、街中だと車が停めにくいのでついつい後回しになってしまったんだとか。

X70F2553
香川のうどん屋さんでもそばを扱っているところがちょくちょくありますが、ここは珍しくも中華麺もやってるので、迷わずそれを。一玉(200円)が多い…

X70F2554
麺の種類と大きさをを言えばどんぶりに入れてくれるので、あとはどう食べようがお好みで。

X70F2556
さっと温めてうどん出汁をかけてネギと天かすを追加。中華麺を扱ってるので、卓上にコショウもあり。これを振りかけるとうどん出汁なのに、一気に中華そばっぽくなります。姫路の駅そばなど、中華麺にうどん(そば)だしという組み合わせは昔から馴染みがあるので、違和感なしにツルツルッと。けど、一玉デカいのでけっこうお腹に応えましたな。
 

◎四軒目:いなもく

X70F2586
こちらのお店は事前のコース資料には載ってたけど下調べしておらず、「まだできてから間もない店」くらいの予備知識しかありませんでした。道中、「えらい山の中らしい」とか「材木屋がやってるらしい」とか「切れっ端燃やして釜炊いてるんやろか」とか、ようわからん会話が車内で聞こえてきます。(その他各種妄想はWakkyさんとこをご参照下さい)

X70F2583
ここまで2枚の写真は帰りに撮ったもの。香川では、「ようこんなとこでうどん屋始める気になったなあ〜マーケティングはどうなっとるんや、周辺競合店とか人口分布とか調べたんかいな」みたいなうどん屋があちこちにあるんだけど、それでもこの環境はたいがい。キツネやタヌキを客にする気かいw

X70F2558
どんどん細くなっていく道を恐る恐る進んでいったその先に、かの有名な山内うどんクラスの秘境系が、忽然と姿を現しました。ほんまに何考えとんねん。

X70F2560
上の写真の反対側もこんなん。人家がないとは言えませんが、それにしても…

X70F2578
確かにうどん屋ののれんが掛かっている。しかしその横には「天然木の隠れ家」という文字も。

X70F2562
どんなヘンコツな木こり爺イがやってるのかと、とにかく店に入ってみると…

X70F2571
意外にも「ぃらっしゃい!」という明るく威勢のいい若者の声。いずれも若くてシュッとした男性2人と女性1人のメンバーのようでした。

X70F2573
熊の手の天ぷらとかあるのかと思いきや、地物を中心とした魅力的な揚げ物各種あり。幾重にも予想を覆してくれて、こりゃオモロイ。

X70F2563
どう食べるべきか迷った末、正攻法でひやあつにして、ここで天ぷらカードを切りました。野菜の串刺し(100円)の内容は、玉ねぎ・ピーマン・ウインナー・ちくわと色々楽しめて良心的。

X70F2567
さてどんなもんかと食べてみたら、またもや予想を覆してくれました。まず出汁の香りが良く力強くてめちゃしっかりしてる。そして麺はこれまたがっしり骨太系、かといってカチンコではなく勢いがあるとでもいいましょうか、だしとの相性もすごくいい。他の皆さんのもちょっと味見させてもらいましたが、個人的にはこのひやあつがダントツ一番。こんな(クソ)山ん中でまさかこんなうどんに出会うとは。これだから讃岐うどん巡りはやめられませんねえ。

X70F2574X70F2575X70F2577
うどんを食べ終わって二階に行ったら、でっかい天板とか家具とかまな板とか色々売ってました。うどん食べついでに家具も是非!ただし軽トラ程度で抑えておかれることをおすすめしますw
 

◎五軒目:山神うどん

X70F2588
僕の好きな讃岐のうどん屋さんベスト3のうちの一つ、ひょっとしたらここが一番好きかも知れません。

X70F2592
8回目めにして初めて見る光景。店の前の麦畑が黄金色に色づいていました。

X70F2599
前回2年前と値段は変わらず、わかめうどんが新たに加わっただけ。

X70F2598
でもどんなメニューが加わろうと、ここでは醤油うどんしか食べたことがないし、醤油うどんしか食べません。こんな遅めの時間に来てもいつもと変わらず完璧。敢えてなんだかんだと書く必要なし。
(既に書き過ぎて疲れたからとも言う…)
 

ということで、今回は5軒。種物が天ぷら一個だけだったのが幸いしたのか、割りと無理なく回れました。毎度ながらの店が良かったのはもちろん、久しぶりの新規秘境系・四軒目のいなもくは掘り出し物でした。ああいうワケ分からん系な店が減ってきているので、今のうちに回っておきたいですねえ。
 


しばらく更新休みます

諸事情により、しばらくブログ更新をお休みします。
出来るだけ早く再開したいと思っています。