2泊3日で新潟・松本(6)〜松本から中津川まで

X70F2251
一夜明けて旅の最終日の朝ご飯は、またしても駅前のそば。イイダヤ軒って何軒かあって、駅弁も作ってるようです。

X70F2254
僕はかけそば(300円)に山菜(100円)をトッピング。可もなく不可もなく旅先での朝ご飯にふさわしい駅そばでした。

 
X70F2270
最終日とはいえ高速ですぐに帰るほどは急いでいないので、途中までは国道19号線をメインに地道で。道路脇の風景が延々ぶどうの売店かと思えば、ワインの試飲になったりおやきになったりジンギスカンになったり漆器になったり。こういう面白さは高速じゃなくて地道を走ってこそ。道の駅にもたくさん遭遇したので、けっこうな率で立ち寄りました。
 

X70F2274
昼ご飯は3日間で4食目のそばを「」で。そばが好きだからってこともあるし、ヘタな食べ物だと飲みたくなるから運転してくれているえて吉さんに悪いですしねw

2017-10-18 11.48.36X70F2280
ちょっと贅沢させていただいて、ざるそば(800円)に桜海老のかき揚げ(300円)を追加。3日で4食でもそのうち2食は駅そばで十割はここだけだったし、全然飽きませんでした、というかまだそばを食べ足らない感じでした。

 
X70F2282
どこから高速に乗るか決めてなかったんだけど、中津川からということになったので、せっかくならいつかは行ってみたいと思っていた和菓子屋「すや」に寄ってもらうことにしました。

X70F2287
今はなくなってしまった大阪三越で、秋になると入荷する「恵那寿や」の栗きんとんをちょくちょく買っていました。こちら中津川の「すや」はその直系にあたるらしく、まあどっちゃでもいいからお店に行ってみたかったんです。

X70F2286
すやの栗きんとんの販売期間は9月から1月、原材料は栗と砂糖のみ。中津川でも恵那でも、栗きんとんを扱ってるお店が一杯あるんですねえ。

X70F2297
中津川から高速に乗って、えて吉さんの自宅の最寄り駅から電車に乗ってサクッと帰宅。お土産に持って帰った栗きんとんを久しぶりにいただきました。季節限定・日持ちせず・砂糖はほんの少し・ほとんど栗そのもののシンプルさで、これ好きなんです。食べられて良かった、お店を訪ねられて良かった、今回もいい旅でした。(が、長年治まっていたいた信州熱がまた出始めてしまった模様)
 
 


毎度ながらの三木半(京都・裏寺町)

2017-10-28 19.59.46
先月末、むっちゃ安い宿が取れたので(土曜泊・二人で7600円!)、妻と二人で京都で一泊してきました。ワンパターンやなあとは思いつつ、夕食は三木半へ。まあ二人とも大好きなんだからいいんじゃないでしょうか。
 

2017-10-28 20.04.40
ぼちぼち寒さが厳しくなってきたので、ふぐが食べたいですなあ。ここのふぐコース、すごくいいんです。
 

2017-10-28 20.03.44
まずは大好きなポテサラ(350円)をアテにしながらメニュー検討。ついつい以前食べたのと同じものを注文しそうになるので、記憶をたどりつつできるだけ食べたことないものを選ぼうと努力しました。

 
2017-10-28 20.06.07
とはいいつつ、ここではお造り盛り合わせはほぼ必須。今回はいつもにも増してすごくて、これが1000円とは…

2017-10-28 20.06.232017-10-28 20.06.32
ヨコワ・ハモ・ヒラメに生ウニ載せ・サーモン・ふぐ皮。盛りつけもカラフルで綺麗です。もちろん見た目だけじゃなくてどれもおいしい〜

 

2017-10-28 20.24.46
京の揚げ出し3種を頼みかけたけれど前回注文していたので、豚角トロロかけ揚げ出し(650円)をば。トロトロの豚角煮を揚げ出しにするとは凝ってます。

 
2017-10-28 20.32.01
次も揚げ物で特製大根の天ぷら(450円)。大根をそのまま揚げてるんじゃなくて、厚めに切ってだしで煮て味を含ませてから天ぷらにしています。天つゆ等は不要、好みでカラシをつけて。これ、いいです。

 
2017-10-28 20.54.59
最後は、以前食べたことがあるのがわかってたけど注文したカニ甲羅チーズグラタン(750円)。こういう洋風なのも上手。いつもながら何食べても安くてうまい。

いつも通り予約なしで飛び込んだら、上手い具合にカウンター席が2席空いてたので運良く入れました。土曜の夜、店内は常連さんっぽいお客さんがいっぱい。そりゃあこんな店が身近にあれば、通いたくもなるでしょう。ほんと、いい店。この日の昼ご飯がたっぷりめだったので珍しくここでは控えめだったけど、気持ちとしてはもっと食べたかったなあ。
 
 


2泊3日で新潟・松本(5)〜「卯屋」で信州の味を堪能

2017-10-17 17.57.06
新潟では行き当たりばったりでしたが、松本は事前に調べて良さげだった卯屋(うさぎや)を予約してありました。店の前まで来て外観見て、えて吉さんと二人で「フリで来てたら選んでないなあ(←外観が可愛すぎるので)」と同感。
 
2017-10-17 17.59.19
予約していたので、座敷席を用意してくれていました。つきだしは大根ときのこの煮物にフレーク状の信州サーモンを振りかけたのだったと思います。信州サーモンってマスの新しい品種なんですね、知らんかった〜

 

20171017松本

つきだしで一杯やりながらメニュー検討。こちらのお店、料理の守備範囲が広く地元産&旬にこだわっておられるのと、メニューは手書きで1ページに1品ってのが多いので、ページ数がメチャ多いです。上の写真、スライドショーで32ページあり、ご興味のある方はどうぞ。(マウスオーバーかタッチで矢印が現れます)

 

X70F2226
時期が時期なモンで、とにかくいろんなきのこが食べたかったんです。ちょっと寒かったから、まずは天然きのこ信州味噌鍋(680円)。4種類ほどきのこが入ってるそうで、説明してくれたけどどれも聞いたことがなく記録もせずw もっと食べたかったが他も食べたいので我慢。

X70F2228
続いて馬刺(1200円)。今まで何度か食べた中でこれが一番かも。しつこくなく自然な甘味があり旨味深くかすかな野趣。ここで食べた中でも一番印象深いです。

 
X70F2230
そしてそして、二名様専用おまかせ酒の肴三品(1600円)ってのを頼んだら、こんなのが出てきました。「ご予約していただいていたのでサービスです」って、「全然三品じゃないじゃないですかっ」のこれでも五品盛り。

X70F2232
このあたり、穂高葉わさびと天然きのこ天ぷら。

X70F2233
ダブってますが天然きのこ天ぷらと天然きのこおろし。

X70F2234
信州サーモン刺身と「やたら」載せ冷や奴。やたらとは、いろんな野菜を細かく刻んで、味噌などであえたものだそうで。
地のものを色々食べてみたかった我々旅行者にとって、種類は多いし地元色バリバリだし、ほんとに嬉しいおもてなしでした。当然のことながら途中で日本酒にチェンジ、ガンガンいってしまいました。

 
X70F2241
こちらはきのこ入りポテトサラダ(300円)。メニューにあれば大概注文するくらいポテサラ好きなのですが、きのこ入りは初めてかも。

X70F2246
馬もつ煮(400円)は、ちと味付けが濃かったように思いますが、これもまた地方色かと。

X70F2248
記憶が定かではないが、恐らく原木舞茸と豚肉のすき焼(650円)で、さすがにもうお腹一杯。

かつては信州にちょくちょく来ていたのですが、もう数十年ご無沙汰していたので、とにかく地元の季節の食べ物を色々食べたいと思っていました。そういう目的で事前に調べた結果、こちらのお店を選んで大正解。地元民でも旅行者でも、多人数でも一人でも、その時々の旨いものがリーズナブルに食べられるいいお店でした。
エントリ書いてて、鹿肉も食べたかったなあ。季節が変わったらメニューもまた変わるだろうし、地元の皆さんがうらやましい〜
参考サイト:バッカスの酒酔い日記 第二章 ~γ‐GTPのかなたへ~

{お店データ}
住所:長野県松本市中央1-2-12
電話:0263-36-2544
営業時間:17時半~21時45分(L.O.)
定休日:日・祝
 
 
2017-10-17 21.03.42
満腹だったので食べ物はもう不要、もう少し飲みたかったのでバーを探してウロウロしたところ、やっとこさ「バッカス」というお店を見つけました。

2017-10-17 21.19.22
僕なんかよりお酒に詳しいえて吉さんによると、けっこう珍しいお酒があって値段も安いとのこと。僕レベルでもこれは安いんじゃないのと思うものがいくつもありました。

2017-10-17 21.23.11
で、「山崎 LIMITED EDITION 2014」をば。元値はボトルで8000円、今はけっこうプレミアム付いてるようです。

すご〜く贅沢なこといいますが、食べ物に関しては1軒目が充実していたので、ハシゴができずでちょっと残念。いや、まあ、めっちゃ罰当たりなこと言ってるのはわかってるんですがね。久しぶりの信州だったもので、やはり一晩では全然物足りませんでしたなあ…
 
 


ラーメン会・元町店で「あえ麺」(JR元町駅)

2017-11-11 18.54.09
気にはなりつつも営業時間が短いせいかなかなかタイミングが合わないラーメン会・元町店に、半年ぶりに行くことが出来ました。

2017-11-11 19.44.542017-11-11 18.57.46

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここに来るとついついつけ麺を選んでしまうので、今回はべつのにしようと店頭で検討。汁なし担々麺にするかあえ麺にするか最後まで迷いました。

 
2017-11-11 19.05.37
結局はあえ麺(600円)に半熟味玉(100円)をトッピング。前回来た時はトッピング全部盛りにしたけど、麺がおいしいし味付けしっかり目だったので、肉気はなくてもいいかなと判断しました。
最初はそのままで、途中から辛にんにくを追加、個人的にはこれでビシッと決まったような気がしました。好みでどうぞとカレー粉とからしマヨネーズも添えてくれましたが、使わず。麺のおいしさだけで充分楽しめるので、必要以上にいじくる必要はないなあと。
これはこれでおいしかったけれど、味の濃さを調節出来るつけ麺のほうが僕好みかも知れません。今度は本店で汁あり食べてみようかな。
 
 


バンコク旅行記(5)〜ヘンヘンカオマンガイとイムちゃん

忘れた頃にエントリされる、去年のバンコク旅行記の続きです。
 
P9121532
今回の旅では、バンコク旅行記(4)でご紹介した「タイ行ったらこれ食べよう!」がとても参考になったのですが、3日目の晩ご飯は(1)でもお世話になったバンコクグルメマップの情報をもとに、プロンポンという駅のそばの「ヘンヘンカオマンガイ」に行きました。

P9121551
駅を降りてすぐ、周りにはハデハデなショッピングモールがあるのに、その路上で行列ができる屋台があるというコントラストの差が面白い。こういうアンバランスな風景はバンコクの至る所で見かけました。

P9121523
さすが人気店、覚悟していたほどの行列ではありませんでしたがテーブル席はほぼ満席。

P9121553
例によって字は全く読めないけど、メニューは一種類っぽいし並が40バーツなんだろうというのはなんとなくわかります。

P9121524
注文は妻が担当。どうやらオーダーしてから席で待つシステムらしいが、誰が何を注文したのかわかるんだろうかとか、そもそも誰がお客で誰が店員さんなんだかよくわからない。でもまあなんとかなるだろ。

P9121525
しばらく待って無事運ばれてきました。1年以上前なのでw味の記憶が定かではありませんが、あっさり目で品が良かったように思います。とにかくうまかった。ちなみにお勘定は、注文した場所(調理しているところ)で事後精算。誰が何食べたかなんてわかるわけないだろうに、随分と性善説なシステムでした。

【参考サイト】激旨!タイ食堂:行列が出来るカオマンガイ屋台がプロンポンにあった!
 
 
P9121548
まだもう少しなんか食べたかったしビールも飲みたかったので、これもバンコクグルメマップを参考にすぐ近くのイムちゃんへ。

P9121541
料理の写真付き日本語メニューもあって難易度低いのでスリル感はありませんが、たまにはリラックスもいいかということで自分を納得させました。(というか飲めたらなんでも良かった)

P9121540
お酒を販売出来る時間は昼時と夜に限られており、禁酒日もちょくちょくあるそうです。旅行者としては、余程夜遊びしない限りこの時間帯ならとくに問題はないでしょうね。禁酒日にあたったほうがアンラッキー。

P9121542
一品目は鶏肉のトムヤムスープ、90バーツ。辛味はほとんどなし。

P9121545
エビのタイ風お好み焼き80バーツ、下にはもやしが敷かれていました。

P9121546
味はどちらも可もなく不可もなく。現在のレートで1バーツが3.4円くらいですから、屋台じゃないお店でもやっぱり安いですねえ。
 
 
P9121563
プロンポン駅近くのショッピングモール群。ブランドショップが入ったこの手のモールは、あちこちの駅周辺で見かけました。話には聞いていましたが、バンコクってすごく都会。

P9121568
行ったのが1年ちょっと前、あちこちでこの手の光景を見かけました。最初見た時はなんなんだろうと思いましたが、ポケモンGOだと判明。観光地でも勝手に入るなみたいな表示があったけれど、今はどうなのかなあ。
 


神戸をベースに、食べ歩き・料理・旅行記など、飲食ネタ中心です。