セブンプレミアム 一風堂 麺翁百福亭

IMG_0052
セブンイレブン・一風堂・日清のコラボ商品は目についたらとりあえず買ってみることにしています。今回の「一風堂 麺翁百福亭」は

一風堂の創業者である河原成美が、「もしチキンラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福氏がラーメン店を開いていたら、どのようなラーメンを作っただろうか」というコンセプトでプロデュースした店舗です。同店は2003年から2008年までの間、インスタントラーメン発祥の地といわれる大阪府池田市で営業していました。(中略)安藤百福氏ご夫妻をモデルにしたNHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」もクライマックスを迎えようとする中、注目間違いなしの商品です。〜(一風堂サイトより)

…とテレビ人気にあやかろう臭もかなり漂いますが、さていかに。

まず蓋を開けてみると、お湯を注ぐ前から上質な醤油のいい香りが。お湯を注いで仕上げに特製香油を加えてぐわっと混ぜてまずスープをすすると、醤油辛さと柔らかな甘味のバランスが良く、ゴボウ風味がいいアクセントに。
透明感を感じる麺はつるっとしっかり。今日びの即席麺はほんとに良く出来てますね。具の鶏団子もスープにマッチしてて、醤油ラーメンの(特にスープの)魅力を堪能させてくれたようなような気がします。最後のほうに少しだけブラックペパーを加えたら、より好みな味になりました。
こういうくっきりした醤油スープのラーメンをあまり選ばないので、自分としては新鮮でした。もう一個買ってあるので次はいつ食べようかなあ。
 


第6回アホほどカキを食べる宴会

R0000071
毎年恒例・えて吉さんが朝から兵庫県の坂越まで殻付き・剥き身のカキをアホほど買い出しに行ってくれて、それをえて吉さん宅に集まって食べる「アホほどカキを食べる宴会」が先日ありました。もう6年目になるんですなあ。今回は時期遅め、メンバーはえて吉さんほか、*あきこ*さん・ラクサさん・しげるさん・こばやしさん・だいこんさん・僕の大人7名に子供3名。上の写真の殻付きは買ったうちのごく一部で、総量は前年並みときいています。(その迫力は前年のエントリをご参照下さい)
 

R0000068
到着してすぐまずはビール飲んで、生牡蛎とスパークリングワイン。必ずしも粒が大きいのが好きでもないんだけど、今年のカキは出来がいいですねえ。そのままで、あるいはレモンを少しだけ搾って、それだけで充分。あ、ボウモアかけて食べるの忘れてた。
 

2019カキ宴会1

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

まずはカキ料理以外から。左上/僕の自宅近くのレコルトさんで買ってきたバゲットと、だいこんさん作・レーズンやらなんやら入ってて色々手をかけたクリームチーズと、じゃことミックスナッツ入りのガールックオイル(すんません、詳細憶えてなくて)。右上/えて吉さんが出してくれたアテ、僕は食べ逃しました。なおペンチは牡蛎の殻を開ける際に使用するためで、食べられません。左下/こばやしさん持ち込みの海苔の天ぷら。右下/えて吉さん作の蒸し鶏。
 

R0000077
こちらはだいこんさん作・鶏チャーシュー。だいこんさんはいつも家で作ってきたものをいくつか持ってきてくれるんですが、一見フツーに見えても実はどれも手間がかかっていて、お店でも出せそうなレベルなのがすごいです。
 

R0000078
続いてはえて吉さん作・手羽元の煮物で、安定のおいしさ。買い出しでパクチーが安かったそうで、気を使わず山盛りでいただきました。あとでこれのスープにフォーを加えて、〆にはフォー・ガーとしていただきました。(写真なし)
 

R0000094
こちらは*あきこ*さん作・明太入りだし巻き。聞くところによると自宅で何個か玉子を割ってしまい、必然的に玉子料理になったそうで。味付け上品で断面もきれいです。
 

2019カキ宴会2
そして、この宴会での準レギュラーメニューである、こばやしさんがクリスマス用に作るビーフシチュー(今回はタン)。冷凍しておいたのを持ってきていただくんですが、大の洋食好きなもんでいつも楽しみにしてるんですよ。。こばやしさんとこのブログにレシピが載っているので、如何に手がかかっているかを是非ご覧下さい。(フツーこんなことする気になる人はめったにいないと思います…)。
もちろんお皿に残ったソースはパンでぬぐって、残さずいただきました。
 

2019カキ宴会3
こちらはラクサさん持ち込みのチーズ2種。いつもお店で「一番臭いヤツ」と指定して買ってきてくれてるんだけど、今回はメンバーのみんながそんなに臭くないなあって感想。悪い意味じゃなく、まあなんちゅうか狙った路線ではないけれどこれはこれで食べやすくてええやんって感じでした。
 

R0000085
以下はカキ料理を。今回は事前に何を作ろうってやり取りがなく、直前にパタパタって決まった感じでした。そういや生ガキ食べ始めてしばらくして、レンジでチンしただけのも食べました(写真なし)。これはこれで熱で旨味が活性化して良かったですねえ。
 

R0000089
えてきちさん作・エビチリならぬカキチリ。残念ながら食べそこねました…なんとなくどんなんだったかイメージ出来るだけに(はずれてるかもしれんけど)、食べたかったなあ…
 

R0000091
続いて、恥ずかしながら僕作のカキのガーリックバター炒め。皆さん料理上手ばかりなので今までなかなかやりにくかったんだけど、今回はなんだかちょっとやる気になってしまいました。カキには軽く小麦粉を振っておいて、刻みニンニクとバターを熱したフライパンに投入。両面ちょっと焦げ目がつく程度に焼いて刻みパセリ振って出来上がり。だいこんさん作のベーコンを入れ忘れたのが残念だけど、割りとイメージどおりに出来ました。
 

R0000093
こちらは前日に僕がリクエストしてこばやしさんが作ってくれた、別館牡丹園式「煎生蠔」・広東風牡蠣のお好み焼。これもここ数年この宴会での定番メニューで、相変わらずのめちゃウマ。こういうのが出てくるから僕なんかが料理するのをためらってしまうんですよねえ。
 

R0000098
今までやったことのない料理を作ろうって事前にやり取りして、僕がこのレシピ見かけたもんでカキの春巻を提案。言い出しっぺなので作らざるをえなくなり、*あきこ*さんに手伝ってもらって当日ぶっつけでやってみました。

2019カキ宴会4
初めてということもあり、中身は色々変えてみました。上から順に「カキ・大葉・スライスチーズ」「カキ・セロリの葉・だいこんさん作ベーコン」「カキ・セロリの茎と葉・ベーコン・チーズをみじん切りにしたの」。カキの旨味が強いので他の素材を合わせても全く負けておらず、それぞれ個性があってどれもおいしかったです。
中身を色々変えられるってのはけっこう楽しいので、焼売とかワンタンとかでもいけるかもしれません。春巻きの巻き方とか切り方を*あきこ*さんに教えてもらえたのも個人的には収穫でした。

結局今回は王道のカキフライを作らず終い。来年はあのカキフライ名人に是非とも参加していただきたいものです。今回も相変わらずおいしくて楽しい会で、わざわざ遠くまで買い出しに行ってくれた上に場所も提供してくれたえて吉さんに毎度ながら感謝。
 


ちょこっと「茶々」へ(神戸・三宮)+α

IMG_9937
ここんとこなにかと忙しくこの日も三宮でゆっくりしたかったんだけど時間がなかったので、久しぶりに「茶々」へちょこっと寄りました。
 

IMG_9939
会員サービスで赤ワイン一杯無料、組み合わせ的には変だけどなんとなく食べたかったので天ぷら盛り合わせ(599円)を。ワインに続いては会員価格で390円のハイボールをいっときました。
 

IMG_9941
続いていぶりがっこ(299円)をアテに、ちょっとぜいたくして兼八(590円)をロックでちびちび。やっぱり兼八は好きやなあ。結局この組み合わせが一番良かったです。
 

 
IMG_9942
その後なんやかんやとウロウロして、〆に元町の赤萬で餃子をほんとは二人前食べたかったけど我慢して一人前だけ。いつもどおり鉄板の旨さです。
このブログを読んでいただいている方にはワンパターンで面白みにはかけるでしょうけど、やっぱり馴染みの店はいいなあ。
 


吉野家で牛丼小盛


吉野家の牛丼の小盛がどの程度なのか興味があったんですが、セットにすれば生野菜サラダが無料になるクーポンが丁度あったので試してみました。
その名の通り丼がやや小振りで、手のひらに乗せやすい程度の大きさ。ちょっと小腹が空いた時とか、ダイエットしないといけない時にはいいかも。でも並が380円で小盛が360円なので、よっぽど理由がないと20円違いなら並にいってしまうでしょうね。
超特盛も出たけど、吉野家で780円の丼食べるのはなんか違う気がするので、自分からは注文せんでしょうなあ。
 


らーめん弥七

セブンイレブンで買って大事にとっておいた「らーめん弥七」。クリーミーな鶏白湯醤油スープは甘みがあってまったり、麺は太めで食べ応えあり。予想してたよりいい意味であっさり目、途中で一味を加えて味変を楽しみました。ニンニク唐辛子とか粗挽きブラックペパーなんかあればより合うんやないかと思いました。
大阪にあるらーめん弥七でオリジナルを食べてみたいと思ったんだけど、やっぱり行列必至なんやろなあ…
 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。