串焼スタンドKatagiri(神戸・元町)

IMG_2294
ガッツリいくにはちょっと時間が早めな夕刻の元町。またもや金時食堂に行きかけたところ、そうやそうやこの店前から行ってみたかったんやと思いだした「串焼スタンドKatagiri」に行ってみることにしました。
 

IMG_2303
店の前は幾度となく通ってるんだけど、おっさん一人では入りにくい雰囲気だったので妻と二人なら好都合。確かに内装こじゃれててカフェっぽいっちゅうかバルっぽいにもかかわらず、後でわかったのですが男性一人客もちらほら見かけました。これなら一人飲みも出来るぞ。
 

IMG_2304

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

アテはメニュー中央に載ってる串焼がウリらしく(この段階では店名に「串焼スタンド」と冠?がついているのに気付いてなかった)、その他洋風系が色々。

IMG_2299
こちらにはイレギュラーメニューが揃っており、盛り合わせでもオーダー出来ます。
 

IMG_2306
最初のメニューに載ってるとおりドリンク類も各種揃ってるんだけど、店内には日替わりグラスワインメニューもあり、特にワインに力を入れているようです。だからというか、そしてというか、素晴らしいことに、月曜~金曜なら 17時〜19時、土日祝なら15時~19時の間、ハッピーアワーでワインがボトルで1000円なんです!(赤・白それぞれ指定された銘柄2種から選択)

IMG_2297
まあそのシステムを知ってたから、この日ここを選んだというのもあるんだけど、とにかく赤を一本。ワインをボトルでオーダー出来るのって、なんか気持ちに余裕ができるような気がしませんか?
 

IMG_2308
サクッと飲むつもりで前菜の盛り合わせ(1000円〜)を選んだら、予想以上に色々載っかってくるじゃないですか。プチトマトのマリネ・スイートコーンの唐揚げ・スパニッシュオムレツ・黒枝豆のアンチョビバターソテー・人参とオレンジのサラダ・茄子とチキンのトマト煮込みと、野菜多めでバラエティに富んでて、こりゃワインが進む進む。

IMG_2312
サクッと飲むだけのつもりだったので最初に赤ワインを選んだんだけど、一本じゃ足りなくなってしまったので白を追加してしまいました。当然これも1000円。
 

IMG_2319
アンチョビとチーズのピザ(820円)は、小振りサイズながらちゃんとした代物。
 

katagiri
せっかくなんで串焼もイっときました。ホルモン(320円/一本以下同様)・肉詰め椎茸(220円)・長芋豚バラ巻き(240円)・ズッキーニ豚バラ巻き(200円)、バラエティに富んでて楽しいですねえ、ますます飲めますねえ。

ワインがボトルで1000円は確かにインパクトあるけど、それに留まらない魅力が一杯で、前を通る度に良さげな店やなあと思ってた以上のお店でした。今後リピート確定。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1丁目14-18
電話:078-331-1388
営業時間:11時半~14時半(土日祝以外) 17時~24時
注:土日祝の営業時間は、ハッピーアワーとつじつまが合わないので、後日確認して修正します。
不定休
 

青春18きっぷで日帰り名古屋(2)〜市内ぶらぶら

R0001987
鰻を食べた後は地下鉄で移動、建物マニアな妻の提案で名古屋市役所・愛知県庁を尋ねてみることにしました。写真左が市役所、右が県庁。クッソ暑かったですw
 

R0001946
まずは名古屋市役所から。昭和8年竣工、特産のタイルが多数使用されています。

R0001971
古びてはいるけれどものすごく立派な建築で、もうこんなのを建てることはできないでしょう。

R0001955
見所の一つ、中央広間。タイルと大理石がふんだんに使われています。

R0001967

R0001976

R0001980
映画やドラマの撮影場所として数多く使用されているとか。そりゃそうでしょうなあ。
 

R0001992
こちらは県庁内部。市役所に比べてゴージャス感はなかったけど、見られなかった部分がすごそうです。

R0001996
「公衆電話」って看板とか電電公社のマークなど、めちゃ久しぶりに見ました。
 

R0002000
市役所県庁を後にし、クソ暑いにもかかわらず、物好きなことに徒歩で栄方面へぶらぶら。

R0002003
前にも来たことがある「オアシス21」。陽射しが強烈なので、写真のコントラストも強烈です。

R0002012
屋根の上には水が流れているのですが、まさに焼け石に水。行ってはみたけれど早々に退散しました。
 

その後は地下街に避難して、喫茶店でコーヒーフロートやらパフェなどいただいて、さらに徒歩で名駅方向へ。
 

R0002016
暑い中でも歩いた目的は、こちら大甚中店。当初は以前だいこんさんに連れて行ってもらった大甚本店に行こうとしてたんだけど、行ったことないこっちに。

IMG_2272
本店とは違い一階のみ。でもお店の雰囲気は共通するものを感じます。(当たり前か)

IMG_2273
本店同様、カウンターに並んだおかずを自分で取りに行くスタイルで、例えば温めたりとかだしをかけたりとか鰹節を載せたりとか、何らかの仕上げが必要な場合は、お店の人が席まで持ってきてくれます。

IMG_2275
喫茶店で食べたパフェが応えていたので、アテは軽めにビールを。店内は常連さんが多く、皆さん楽しそうに飲んではりました。やはりここも本店同様いい店。
 

IMG_2276
その後名駅まで歩き、高島屋の地下でお土産物を物色していたら、地下1階の銘菓百撰コーナーでなんと去年の冬、わざわざ岐阜まで買いに行った艸花庵(そうかあん) 養老軒のういろを発見、思わず挽茶と大島の二本を買ってしまいました。元々名駅近くに本店があったので、お里帰りしたんやなあ。名古屋まで来る機会はめったにないけど、それでも岐阜駅から東へ6つ目の鵜沼駅に行くよりは随分とマシ。ずっと置き続けて欲しい!

…以上で今回の名古屋旅エントリはおしまい。僕的には、ほとんど鰻食べに来たようなもんですなw
できればきしめんや味噌煮込みうどん、矢場とんのみそかつも食べたかったけど、矢場とんは今や梅田なんばでも食べられるしまあいいか。
 

青春18きっぷで日帰り名古屋(1)〜「清月」で鰻(JR大曽根駅)

R0001922
今年の夏の青春18きっぷの旅第一弾は、妻と日帰りで名古屋に行って来ました。特に目的があったわけではなく、しばらく行ってないなあということだったんだけど、名古屋となれば鰻をはずすわけにはいきません。
定休日その他を勘案して選んだのが「清月」。JR大曽根駅から徒歩で行けるのも大きなポイントでした。上の写真はお店を出てから撮ったんですが、すでに「売切れ」の札が出されています。11時開店・12時前に入店・出たのが13時過ぎ、それで売り切れとは。出遅れてたらせっかく遠くから来たのに、えらい空振りするところでした( ̄。 ̄;)
 

R0001920
R0001919
店内ゆったり広めで、テーブル席以外に奥にお座敷もあるようでした。客層は様々で、昼ご飯食べに来た勤め人・リタイヤおじさん・家族連れなど。平日昼間ということもあり、地元の方がほとんどで、県外者は僕らだけのようでした。
 

R0001890

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

R0001893
メニューは鰻のみで、この他にう巻き(1350円)もあり。店主は名古屋の鰻の名店・うな富士(そこもいつか行ってみたい)で修行されたのだそうです。他ではあまり見かけない肝焼入りの肝入り丼にしたかったんだけど、品薄とのことで品切れ、お澄ましの具も蛤になる(上の写真参照)とのことでした。
 

R0001901
お昼時はある程度仕事済みなのでしょう、10分ほどで料理が登場。

R0001902
僕のチョイスは上鰻丼(3450円)。お吸い物の実は、蛤・手まり麩・三つ葉、丼一面に覆い重なるように蒲焼きが載っけられています。

R0001918
この日は土用の丑の日の1週少しあとだったので、相場は少しマシになっていたのではと推察します。とはいえ、昨今鰻高騰の折、この価格でこのボリュームは嬉しい。

R0001905
タレは名古屋らしく辛目で、やや濃い焼目の鰻は無駄なブヨつきがなく締まっていて、パリッとというよりサクッとという程度のややクリスピーな地焼き。香ばしい香り、濃厚な鰻独特の旨味、ご飯は固めの好みの加減で、わざわざ時間をかけてやって来た甲斐がある一杯でした、
 

R0001907
こちらは妻チョイスのひつまぶし(3650円)、おひつのご飯が蒲焼きで隙間なく覆い尽くされています。

R0001910
そのまま・薬味添え・出汁をかけて等々、僕もちょっと分けてもらって、余裕でお茶碗4杯分ありました。存分におひつまむしを楽しむことができて、満足度高し。妻によると、10数年前に食べた「あつた蓬莱軒」同様ここの鰻は気に入ったらしく、「名古屋の鰻は私好み」とのこと。蒸しが入ってとろけそうなのもいいけど、僕もこっちのほうが好きやなあ。

{お店データ}
住所:名古屋市東区徳川町2502
電話:052-932-6566
営業時間:11時~14時 17時~20時 ※鰻が無くなり次第終了
定休日:火曜 第2、3月曜
 

※時間があれば近くの日本庭園・徳川園に行ってみるのも良いでしょう。残念ながらこの日は休園日でした。
 

味噌煮込うどん食べました

IMG_2363
先日名古屋へ行った時に現地で食べられなかったので、おみやげに買って帰った山本屋総本家生みそ煮込うどんを作ってみました。「生」は乾麺ではなく生麺タイプの意。「みそ煮込」なのか「味噌煮込」のか、サイトでの表記を統一して欲しい〜
 

IMG_2366
お湯を沸かして附属のだしパックでだしをとって、味噌投入。かき混ぜたら生麺を加えてほぐし、2.3分煮込めば出来上がり。仕上げに玉子・作り置きの鶏胸肉酒蒸し・刻みネギを加えました。一刻も早く食べたかったので、雑な写真でスミマセン。
以前から何度か書いてますが、数十年前初めて味噌煮込うどんに出会った時は、「こんな火の通ってないうどんなんて喰えるかい!」と思いました。でも、これだけ地元に根づいているということはそれなりの理由があるに違いないと、ことあるごとに食べ続けた結果、今や「火の通った味噌煮込うどんなんて喰えるかい!」とまで変わりましたw
今回も麺は一応温まってはいますが、カチカチとはいわんがまるっきり芯が残った?状態。ドンと力強い八丁味噌味には、これくらいの麺の状態だから太刀打ち出来るんだと思っています。一緒に食べた妻は「硬い〜」といってましたが、当然でしょうなw 久々に好物が食べられて良かった、でも、汗だくになりました…
 

まとめて「さのや」(大阪・大正)

IMG_1920
大好きな「さのや」にはちょくちょく通っております。いちいちエントリしてると大変なので、3回分をまとめてたんたんとあげておきます。
 

IMG_1928
店内のポジション的には、やっぱりこのお惣菜が並べてある辺りがいいですねえ。どんなものがあるか一望出来ていい反面、どれにしょうか迷うってのもあるんですが。飲み物は、最近ここではバリキングでスタートして、その後は残波ロックでパターン化しています。
 

さのや
この日はえて吉さんと2人だったので、アテは多め。串物は肝あぶりとつなぎだったでしょうか。右側は山芋とオクラのおひたし梅肉添え(240円)・すじ肉煮もの・ゴーヤーエビ詰め天(350円)。
 

IMG_1934
個人的にこの日の一番は剣先イカお造り(400円)、時々イカが食べたくなるんです。ねっとりしてて旨味があって良かったっす。
 

さのや2
この日は鱧落とし梅肉わさび(380円)・ほうれん草白和え(140円)・かにたっぷりの冷製茶碗蒸し(260円)・ささみブルーチーズの春巻き(220円)。いつもに増してメニューが充実していたように思います、なので食べ過ぎたかも。冷製茶碗蒸しすごく良かった。

IMG_2121
でも個人的この日の一番は、けんさきの耳茹で生姜醤油(200円)。読んでの通りの料理で、茹でたてでまだほんのりあったかい。熱で旨味が活性化してて自然な甘味があって、生姜醤油と相性が良くシンプルでめちゃおいしかったです。(安いしw)
 

さのや3
そしてこの日はややおとなしめかな。いいだこと栗かぼちゃの煮物(260円)・冬瓜とオクラと揚げの冷製おひたし(200円)・きんき一夜干し(300円)。この中ではいいだこが一番好みでした。

こうして並べてみると、よう行ってますなあ。これからもまだまだ行きますよ。