【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

Liang Youで鴛鴦火鍋(神戸・トアロード)

Posted ish / 2008.12.24 Wednesday / 11:13

いつ行ってもハイレベルな満足感を与えてくれる良友酒家のモダンバージョン店・「Liang You(リャンヨゥ)」で、念願の「鴛鴦火鍋(インヨンホーコー)」を食べてきました。こちらのお店がオープンして以来ずっと食べたいと思ってたんで、実に3年越し。もっと早よ食べとけよなあ〜。

liangyou1.jpg

初めてだし、かなりボリュームありそうなので、様子見ということで今回は@3675円の一番ベーシックなコースをお願いしました。まずは焼豚・砂ズリ・醤油鶏(だったと思う)の前菜3種盛り。これだけでもかなり飲めてしまうんですが、後のことを考えてセーブ・セーブ。

liangyou4.jpg

「鴛鴦火鍋」とは、日本ではあまり馴染みのない名前だが、中国ではポピュラーなのだそう。赤いスープは四川料理の名物でピリ辛い風味が特徴であり、一方、白いスープは上海料理がベースになっており、丸鶏を煮込んだあっさりした風味。この四川料理と上海料理という全く異なる料理が仲良く一つの鍋になっていることから「鴛鴦(おしどり)」と言われるのだそう。 〜サントリーグルメガイド「鴛鴦火鍋苑」より

赤いスープには白菜・白いスープにはほうれん草が、最初から入って出てきました。視覚的効果狙いかな?好みでどちらかに具材を入れ、中華風・ポン酢・沙茶醤(サーチャージャン)というバーベキューソースを自家製ブレンドしたやや辛系、以上3種のタレで食べるという趣向。スープ×タレで6種類の食べ方ができるってことですね。あ、タレつけないという選択もあるか。

liangyou2.jpg
liangyou3.jpg

具材はこれで4人前、約16種類とのこと。もともと海鮮がお得意なお店なので、海老・蛤・(姿は見えないが)カキなど堂々とした代物でした。
食べ始めこそ「これはどうして食べようかなあ」と考えていたのですが、途中からは全くテキトー。ワイワイ喋りながら飲み食いしていたので、ほぼヤミ鍋状態になってしまいました(笑) 辛味はそれほど強くはないとはいえ、まずは白いススープでいって、その後赤いスープに移るのが味の濃さからして順当なんでしょうか。僕は「赤いスープ+沙茶醤系」が気に入ってしまったので、途中からはほとんどこれ一本槍になりました。

liangyou5.jpg

〆は、一度湯がいてから油で揚げた伊府(イーフー)麺という麺と、エビワンタン。取り皿に鍋のスープや薬味を加えて食べたら、あっという間にお腹に収まってしまいました。

量的には、まだもう少し食べられるなあという感じ。特に麺はもうちょっと追加しようかとも思ったけど、この後があったので見送りました。
ぐつぐつ煮込むのではなく、さっと火を通すorしゃぶしゃぶして食べるので、ドカッとくるのではなく軽〜い感じ。明らかに鍋を使ってるのに矛盾してますが、(いい意味で)あまり鍋料理という印象が残りませんでした。その結果、冬だからこそ食べたくなるのではなく、いつ食べたくなってもおかしくありません(^.^) こちらでは年中予約なしでこの鍋が食べられるそうで、なるほどそういうことなのかと思いました。(←ほんまにそうなんか?)


{お店データ}
住所:神戸市中央区三宮町3-9-20 神戸南泰ビルディングB1
電話:078-333-6684 営業時間:11時半〜15時、17時〜22時
定休日:毎月第1、3火曜

速攻で良友酒家へ

Posted ish / 2007.12.26 Wednesday / 11:25

keitさんのあまりにも刺激的なエントリを眼にしてしまったもんだから、いてもたってもおられず矢も盾もたまらず、良友酒家に飛んで行きました。
カキ焼きそば・カキ汁そば・カキ飯いずれも1260円、その他冬の定番カキお好み焼などもある中、今回は席に付く前に「カキ焼きそば!」と勢いよくオーダー。

カキ焼そば.JPG

アンに埋もれた麺をちょっと引っ張り出してみましたの図。うーん、やっぱりむっちゃうまそう。それなりの値段だなあとは思っていたけど、1ダースほどのぷっくりガキがゴロゴロしているのを見て納得。ここの海鮮は定評ありますしね。三種ほど使われいる青菜類は当然シャキシャキ、アンはかすかにしょうが風味でかなりしっかりした味付け(個人的にはもう少し薄味のほうが好み)。

なによりかにより、ここの焼そばはとにかく麺そのものがおいしい!両面に焼きが入ってカリリと香ばしく、麺そのものに旨みがある。もし替え玉制度があったら、絶対オーダーするね、僕は。アンが麺に染みて柔らかくなって味が馴染んできたのもおいしいけど、僕みたいな堅麺好きはちょっとくらいバリバリしたほうが好み。今度ここで焼きそば食べる時は、最初にアンの下から麺をもっと引っ張り出しておこうかな。それもできれば大盛で(笑)

こういうの食べてると、職場が神戸の人がうらやましくてしかたありません!

良友酒家で麺対決

Posted ish / 2007.08.17 Friday / 11:28

対決ってほど大層なもんではないんですが、連れと良友酒家にランチに行ったら、注文したものがたまたま両方とも麺だったもので。

良友冷麺.jpg良友焼きそば.jpg
写真イマイチで申し訳ないっす。
(左)連れが頼んだ海鮮冷麺(1260円)、(右)五目柔いヤキソバ(890円)。
冷麺に載っかっているイカ・エビ・貝柱などの海鮮は見るからにブリブリで、身がでかい。やや甘めのつゆに辛子を加えてつるっと。

ヤキソバは堅いの・柔らかいのがあり、後者を注文したら「アンあり?なし?」と訊かれたので、すかさず「なし」で注文。以前ランチで食べたのは両面に焦げ目がついてたのだから、それが堅い方やったっけ?じゃあ揚げそばは?…まあいいか、今日はこのタイプが食べたかったし。
具がどうこうというより、とにかく麺がまずおいしい。麺そのものも味付けも火の通り加減も。職場の近くにあったら、五目でなくてもノーマルでいいから、しょっちゅう食べに通ってるに違いないやろなあ。


とてもおいしかったのだけれど、気になる点が一つ。
この日のフロア係の女性のサービスは、あまりにもパキパキ(テキパキではないです)し過ぎで、当たりが強すぎるように感じました。悪気はないのだろうとは思うけれど、あと少しで不快に感じる一歩手前。大好きなお店だけにあえて書きましたが、たまたまであることを願うばかりです。

Liang Youで怒涛のコース料理(神戸・三宮)

Posted ish / 2006.06.05 Monday / 16:40

良友1.jpg神戸の中山手にある「良友酒家」については、これまで2度エントリしています。
その1:神戸の中華料理(5)
その2:良友酒家で昼ご飯

昨年暮れ、こちらのお店の支店というか別ラインのお店・「Liang You(リャンヨウ=良友)」ができたのを知り、気になりつつもちょっと高級そうだったので足踏みしてました(^^) ところが、この度ちょっとした宴会をすることになり、色々調べてみたら場所が便利な割にそんなに高くないことが判明。あの良友なら大丈夫だろうと、ランチでお試しもせず、いきなりコースデビューしてきました。

ちなみに今回は最初から値段をばらしておきますと、@5250円のコース。総勢6名ゆえ、サービスで一品オマケという内容(メニューページ参照)で、お店についてから、どちらの料理にするか選べるパート?があります(以下、チョイスメニューと表現しました)。

(以下の写真は、クリックで大きくなります)
続きを読む>>

良友酒家で昼ご飯

Posted ish / 2005.05.06 Friday / 11:31

以前エントリしたこともある良友酒家で昼ご飯。ここは海鮮がおいしく、定番メニュー以外にも店内のホワイトボードに特別メニューがいっぱいなので、何食べるか決断するまでにはかなり時間を要します。ま、今回は宴会とか何かの食事会みたいなのではなく、家族で「ほな中華行こか〜」と軽いノリだったので、大層なチョイスはなし。

良友えび天.JPG良友やきそば.JPG
(左)車エビの天ぷら。サクッモチッの中華天ぷら衣の中はプリプリ。塩をつけなくてもそのままで充分おいしい〜
(右)五目焼きそば。裏表に焦げ目を付けた細い中華麺、大好き。焼豚どっしり、野菜はシャキシャク。家ではこんな野菜炒め、まず不可能。

良友エビ焼き飯.JPG
上記2品、フツーのメニューでしたが、唯一これは変わりもの。単なる海老入り炒飯に見えますが、実は「海老ミソ入り炒飯」。
ご飯そのものが海老でできているかのごとく、一匙ごとに香ばしい海老の香りがクワッと嗅覚を刺激します。少しクセがあるだけに好みは別れるかもしれませんが、海老好きな方にはたまらん一品かと。

(室内暗めのため、写真がうまく撮れませんでした。補正もヘタッピ。せめてもと思い、擬音に凝ってみましたw)

{お店データ}
住所:神戸市中央区中山手通3-11-8 電話:078-221-5866
営業時間:11時15分〜15時 17時〜20時半
定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)
PAGE TOP