【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

初めての東北(3)〜盛岡・菜園の夜は「番屋ながさわ」

Posted ish / 2010.09.25 Saturday / 11:31

乳頭温泉郷で泊まった翌日は、前日来た道を少しバックして、田沢湖を経由して角館へ。

東北3-1.jpg

たまたまお祭りの日に当たり、法被姿の方がウロウロしてるわ山車を引いてるわで、なかなかいい光景を見せていただきました。桜の頃ならどれだけ美しいだろうなと思いながら、想像以上に規模が大きかった武家屋敷ゾーンを興味深く観て歩きました。

東北3-2.jpg

続いて娘のリクエストで小岩井牧場へ。ここでも広大な敷地内を歩き回り、お土産たくさん買って(ほとんど食べ物)ソフトクリーム食べて。旅先ではあちこち動き回らずゆっくりするほうが好きなもんで、こういう場所でのホンワカした時間の流れは好みに合います(^^_)


東北3-3.jpg

小岩井牧場をあとにして、盛岡へ。今回の旅行中で唯一素泊まりの宿なので、夕食は自由に選べます。盛岡と言えば思い浮かぶのは、冷麺・わんこそば・じゃじゃ麺など。事前にいくつか調べてはいたのですが、当日になってみるとなんかそんな気分やないなあと。で、素直にホテルのフロントでおすすめを尋ねたら、教えてくれたのが「番屋ながさわ」。ホテルは駅前でしたが、盛岡の繁華街はそこから少し離れた「菜園」というゾーンだそうですね。

東北3-4.jpg
東北3-5.jpg

東北3-6.jpg(左の写真はクリックで大きくなります)
番屋(漁場の近くの海岸線に作る作業場兼宿泊施設のこと)風の建物に入ると、名前も聞いたことないような魚がネタケースにごろごろ。海産物炭火焼きを中心に、地元料理をリーズナブルな価格で堪能できるお店なんです。写真のメニューはごく一部、レギュラーメニューもその日のおすすめも、これ以外にわんさかありました。

東北3-7.jpg

まずはとお刺身の盛り合わせをオーダーしたら、ご丁寧にもそれぞれに名札をつけて持ってきてくれました。観光客だと見て特別に親切にしてくれたのかと思ったら、お隣席のサラリーマングループのも同様でした。親切〜♪

東北3-8.jpg

続いて炭火焼きセットメニューの「三陸浜焼」。どんだけの量なのかわからないので一番下のクラスを頼んだところ、それぞれけっこうなサイズのはまぐり・さざえ・北寄貝・ほたて・つぶ貝・えび・タコがドーンときて、これで3150円!

東北3-9.jpg
東北3-9-2.jpg

テーブルの上の七輪に材料を乗せ、だしを注いで火あぶりの刑。ぐつぐつ火が通ってきたら、熱々をハヒハフ。ネタが新鮮なのでややこしいことせずに塩味程度のシンプルで充分、甘味たっぷり〜

東北3-10.jpg

その他なんだかんだ食べたものの中から、穴子白焼き(840円)。穴子好きなもんで、メニューにあったらついつい頼んでしまいます。最初はビール、途中から岩手の米焼酎「だだすこだん」のロックにチェンジしました。

東北3-11.jpg

蛤ガーリックバター焼には、ニンニクがゴロゴロ。シンプル和風系の料理が続いていたので、久しぶりに洋食っぽいものを食べたなあって気分でした。


旅先のホテルのフロントでおすすめの店を教えてもらった経験はあまりないのですが、今回は尋ねて正解でした。ありがとう、ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングのフロントさん!
盛岡のホテルは共同でグルメマップを作っていて、僕がもらった地図はここからダウンロードできます。別のホテルのサイト内ですが、マップの説明はこちらでご覧いただけますのでご参考下さい。

初めての東北(2)〜乳頭温泉郷大釜温泉

Posted ish / 2010.09.24 Friday / 11:52

東北2-1.JPG

東北旅行の1泊目は、もう何十年も前から知ってていつかは行きたいと思っていた「乳頭温泉郷」の七つの宿のうちの一つ、大釜温泉。有名な田沢湖のまだ奥にあり、あまり遅い時間に知らない山道を走るのもナニなので、早めに到着しました。

東北2-2.jpg

山辺の学校っぽい木造建物は元々ここにあったわけではなく、移築されたそう。校門っぽい看板があったり、入り口上に大きな時計があったりと凝っています。

東北2-3.jpg

車を持っていなくても、マイクロバス・「湯けむり号」で乳頭温泉郷の七つの温泉を巡ることが可能。温泉宿泊者に限り1500円で全ての温泉に入ることができる「湯めぐり帖」を購入することができます。時間があるならここでゆっくりして全部回ってみたかったなあ。

東北2-4.jpg

さすがに内部まで学校っぽくなってるわけではなく、簡素な和室に共同のトイレと洗面所。こういう場所には華美な設備は却って不釣り合いだから全然オッケー。

東北2-5.jpg

(上の写真はクリックで大きくなります)食事は朝夕とも一階の食堂にて。夕飯開始10分前、館内にカランカラ〜ンと鐘が響き渡ったのには笑ってしまいました。刺身の盛り合わせみたいなワケのわからんものはなく、地元色一杯の料理が並んで豪華。最初だけビール飲んで、この内容なもんで当然の如く冷酒にスイッチしました。

東北2-6.jpg

全部説明するときりがないので、代表的なものだけ。七輪で焼いて食べる鮎の一夜干し、鮎をこうして食べるのは初めてやないかなあ。塩焼きが定番だけど、これもオツでした。

東北2-7.jpg

じゅんさいって何だか知らんが好きなんです。秋田県の山本町ってとこが生産量日本一だとか。見た目の透明感とつるっとした食感、酢が効いた味付けが夏向けです。

東北2-8.jpg

上の写真のお膳には写ってなかった熱々のきりたんぽ椀がほどなく登場。これに限らず全般的に塩が効いているのでお酒が進むのはいいんですが、もともと薄味家族なので量を食べるとちょっとしんどくなりました。(おいしかったんですけどね)

東北2-9.jpg

(上の写真はクリックで大きくなります)続いてこちらは朝食。頭まで食べられる鮎の甘露煮だけでも、ご飯一膳軽くいけてしまします。セーブしてなんとか二膳に留めたけど、旅先の朝ご飯ってどうしてこんなにおいしいんでしょうねえ〜

東北2-10.jpg

当日の宿泊客は僕らを含め3組だけだったので、夜遅くに露天風呂の写真を撮ることができました。乳頭温泉郷内でも微妙に泉質が違うそうで、こちらは硫黄臭漂う白濁したお湯、夜2回朝1回の計3回入りました。もちろん源泉掛け流し、お湯がコロコロと音を立てながらいつも流れていて、24時間いつ入ってもOK。湯船独占状態でゆったりゆっくりのびのび温泉につかっていると、ほんとうに贅沢な気分になれます。あ〜気持ちよかったなあ〜♨

初めての東北(1)〜曙食堂(秋田県能代市)

Posted ish / 2010.09.23 Thursday / 11:00

9/8〜12の日程で行ってきた東北への旅について、連続でエントリしていきます。いつもどおり文字数が多すぎるときりがないので、写真多め・文章短めに行こうと思っています。よろしければしばらくお付き合い下さい。

東北1-1.jpg

今回の旅を計画するに当たって、当初は伊丹〜仙台を予定していました。でも、行ってみたいところをピックアップしたら、北東北に絞ったほうがいいと判断したので、一旦秋田空港に行くつもりだったのを再度変更、結局は伊丹〜大館能代(おおだてのしろ)を利用することにしました。
皆さん、大館能代空港って知ってました?恥ずかしながら僕は今回まで「それってどこよ」状態でしたが、秋田市のまだ少し北側にあるんです。この空港の便は、一日あたり東京往復が2便・大阪往復1便の計3便(2010年9月現在)。地上からステップで乗り降りするプロペラ便を久しぶりに楽しめたのは個人的には良かったものの、諸事情で出来上がった空港なんでしょうが、これだけの利用しかないってのは大変でしょうねえ。

東北1-2.jpg

空港に到着したのがお昼過ぎ。この日はそれなりの距離を走らねばならなかったので、高速に乗る前にどこで昼食を取るか予め調べて決めていました。

東北1-5.jpg

JR二ツ井駅近くにある「曙食堂」は1949年創業の老舗。近辺の方々に昔から親しまれているお店だそうです。

東北1-3.jpg

メニューはこの5種のみと、至ってシンプル。看板に「中華そば」と書いてあるように文字通りこれが看板メニューなんですが、ちょっとフツーのとは違います。

東北1-4.jpg

「当店のお肉はすべて馬肉です」「当店独自味つけ馬肉チャーシューです」
チャーシューって豚肉限定じゃなかったっけというのは置いといて、これがこちらのお店のディフォルト。

東北1-6.jpg

そんなに何度も馬肉を食べたことがあるわけではないけれど、一口食べてみて、おー確かにこりゃ馬だとわかるチャーシュー。適度に生姜がきいた醤油ベースの味付けで、なかなかオツなもんです。西山製麺っぽいややちぢれた麺、スープは魚介系の醤油味でこれまであまり記憶にないタイプ。とりわけウマい!って感じではないけれど、シンプルなようでクセもあってとにかく記憶に残ります。
他にはないチャーシューを初めとした個性豊かなこのラーメン、この街を離れた人なんか、「あー、曙のラーメン食べた〜い!」みたいになるんだろうなあ。静かな街におっとりしたお店の雰囲気、これからもこのままずっと変わらずにそう在り続けて欲しいものです。

自宅ピザ

Posted ish / 2010.09.22 Wednesday / 11:00

201008ピザ.jpg

娘がバイト先から鶏ハムをもらってきたので、じゃあピザを作ろうかと。その他の具は、オクラ・ピーマン・アスパラ。
経験上、薄いクラストだと具を乗せすぎるとパリッと焼けないので、これくらいにとどめて短時間で焼き上げたほうがおいしくできます。
自宅ピザ始めてから、多分宅配ピザは一回も取ってないんやないかなあ。冷凍クラストだけど、それでもすごく手軽でおいしいですよ。これでクラストなくなったから、また買っておかないと。

うどんネタ色々

Posted ish / 2010.09.21 Tuesday / 11:05

オープンカーうどん1.jpg

さぬ一でざるカレー+あと飯を食べたあと、まだもう少しお腹に余裕があったので、近くでもう一軒行くことにしました。2時を過ぎていたのでもう閉まってる店もあるし、条件的にはあまり良くないなか、僕は2度目・えて吉さんは初めての上田製麺所へ。

オープンカーうどん2.jpg

オーダーは常温だしのかけうどんというか「ぬるかけ」。前回はなかったのに「ぬるかけあります」みたいな表示が店内にありました。

オープンカーうどん3.jpg

前回ほどだしに塩気を強く感じなかったのは、クソ暑かったからでしょうか。茹で置きなら温めて食べたほうが良かったかな。まもなく閉店という時間だったので、正直なところ前回ほど好みではありませんでしたが(お店のせいではない)、それでも充分おいしかったです。


オープンカーうどん4.jpg

さらにもう一軒。今回のドライブは基本地道だったので、それなら高速を使ったさぬきうどんツアーではなかなか行きにくい徳島の名麺堂に行こうと当初から決めていました。

オープンカーうどん5.jpg

ここも僕は2度目・えて吉さんは初めて。おいしい店は何度来たっていいもんですw またしてもひやひや小にでっかい鳥天。やっぱりここのうどんはうまいなあ。

オープンカーうどん6.jpg

時間は5時過ぎ、お客さんもちらほら状態。この日のお土産に生麺を買って帰りました。賞味期限残り1週間のが半額になっていたので、それもゲットで得した気分。
…ところで、店内に最近よく見かけるポスターが貼ってありました。


uf2010.jpg
(上の写真はクリックでさらに大きくなります)
それがこちら、「udon fantasista 2010」の告知ポスター。
大阪なんばの超有名うどん店・「釜たけうどん」で、香川のみならず全国のうどんが1週間ぶっ通しの日替わりで味わえる、うどんファンにとっては垂涎のイベントです。今回行った名麺堂のほか、「よしや」とか「日の出製麺所」とかは僕も食べたことあるけど、なかなか機会がない石川県の「はた坊」なんかも登場、是非食べてみたいです。
開催は1週間後の9月27日から、7日間ぶっ通しの日替わり。この期間なんば近辺に行くことができるうどんファンは是非行ってみましょう!僕もこのうちのどこかに行けるだろうかなあ。

参考サイト:udon fantasista 2010
PAGE TOP