【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

「ルージュ・エ・ブラン コウハク」で昼ワイン(大阪・梅田)

Posted ish / 2014.05.30 Friday / 10:50

20140527紅白
えて吉さんと昼酒に行こうということになり、いつもながらの天満近辺では面白くないので、以前一度行ったことがあるホワイティうめだのルージュ・エ・ブラン コウハク(赤白)を提案したら即決となりました。


20140527紅白
HEPファイブの一階にも「KOUHAKU赤白」って系列店があって、そちらは月〜金は16時開店。ホワイティのこっちは11時開店、ランチなんてやってなく昼飲み大歓迎で、しかもボトルなら18時まで20%オフという飲兵衛にはありがたい営業形態。平日の11時からワイン飲む人なんてそんなにいるんだろうかと思ってましたが、満席とはいわないまでもけっこうな数のお客さんが楽しげにボトル開けてました。


20140527紅白
グラスワインなんて頼んでもどうせすぐなくなってしまうので、まずはシャンパンをボトルで頼んでスタート。このお店ではフレンチ風のおでんがウリで、その中から前回食べておいしかった大根・ポルチーニクリームソースがアテ第一号。ふくよかにポルチーニ茸が香るこのソースがおいしくて、お皿が綺麗になるまでバゲットでぬぐっていただきました。


20140527紅白
おでんシリーズ2品目は、フレンチハンペン/クネル・オマールエビソースかけ。こちらのおでんは一品ずつソースが違ってて、量は少なく値段も抑え気味なので、色々試せて楽しいです。


20140527紅白
えて吉さんご指名・軟骨のワイン煮。ちょっと力を込めただけでコリッと噛めてしまうくらいにまで煮込まれた軟骨の歯応えと、こってり目の味付けがマッチして、パワフルなおいしさ。これくらいどっしりしているアテには、それなりにしっかりしたワインが欲しくなります。


20140527紅白
ちょうどシャンパンのボトルが空いたこともあり、赤ワインへモードチェンジ。好みをいえばお店の人がアドバイスしてくれ、20%オフということもあって、ヌマンシア テルメスってまあまあの価格のスペインワインを選びました。


20140527紅白
どかっとシーザーサラダも食べました。


20140527紅白
たっぷりめにカットされた鴨のテリーヌには、オレンジが添えられて。

写真撮ることより色々話してたのと、ペース速めにボトルを2本空けてしまったので、酔いが回って余り記憶が定かではなくいくら払ったのかよく憶えていませんw あんまり食べてないし元々そんなに高くないので、こんだけ飲んだ割りにはリーズナブルだったと思います。(アテにならずでスミマセン) 食べ物もおいしいし昼から堂々と?飲めるし、ワイン好きな方には特におすすめです。


{お店データ}
住所:大阪市北区角田町 ホワイティ ノースモール2 B1F
電話:06-6315-5089 営業時間:11時〜23時
定休日:不定休(ホワイティに準ずる)


【余談】1軒目ですでにいい気持ちになって、その後えて吉さんと一緒に梅田界隈をふらふらしました。記憶にあるだけで、居酒屋2軒・たこ焼きの会津屋とこの後3軒は行きましたねえ。酔っ払いながらも阪急百貨店の食品フロア巡りなんかもして、ではまたとお開きしたのはさて何時だったのでしょうか…

写真 2014-05-27 14 31 04

くら寿司の「すしやのうな丼」

Posted ish / 2014.05.28 Wednesday / 15:18

写真 2014-05-28 14 00 59
去年もやってたとは全然知らなかったくら寿司の「すしやのうな丼」を食べてきました。せっかくなので、2枚のせの特上980円(税別)をイっときました。
うなぎはけっこうボリュームがあり・厚みたっぷり。ということは、予想通りやや身がぶよつき気味で締まりがないです。たれはけっこう甘味が強く、コクがたりない感じ。身の脂分が多いので、2枚のせだと後半ちょっと飽きが来ますね。この値段としては頑張ってるんだろうけど、個人的にはリピートはないなあ。

最初で、ある意味最後の「ニューとん助」(大阪・住之江)

Posted ish / 2014.05.26 Monday / 22:47

20140523ニューとん助
ニューとん助のことを知ったのは、2006年12月、岸和田市民さんのこのエントリあたりの頃だと思います。それ以来ずっと行きたいと思いつつ、もう7年半もの月日が経ってしまいました。執念深いやつやなという声も然り、もっと早よ行っとけよという声も然り。しかしながらこのお店、僕の生活圏から離れてるし、近くに用事ができそうな場所でもないので、ついでにちょいと寄るってことができないんですよね。


20140523ニューとん助
その上ハードルがもう一つ。営業はお昼のみ、それも1日2時間59分しかやってないんですよ。11時1分からというのは、恐らくご主人の茶目っ気。暖簾を掲げるのに1分かかるってことかなと勝手に推測してますw


20140523ニューとん助
先週の金曜日は都合で会社には昼から出社でOK・午前中に特に用事なしってことが、前日に判明。最近以前にも増して洋食ブームだもんで、よし、では念願のニューとん助に行ってみようということに相成りました。で、当日の道中、改めてネットで下調べしていたら、驚愕の事実が判明。なんとニューとん助、5月一杯で閉店するんだと!!
…上のリンク先にあるとおり、1年後には北加賀屋で再開の予定ありとのことでほっとしましたが、しかしたまたまこの日に行くことになったのはなんちゅう巡り合わせか。この場所での営業もあとわずかということならば、さぞや待ち列ができているだろうと焦って到着してみると、意外にも待ち列ゼロの11時20分。


20140523ニューとん助
店に入ったらカウンター席は満席。空き待ち第1号かと思いきや、ご主人が「あ〜、ずーっと奥に入って〜」と。細長い店の奥にずんずん進んでいったら、空き待ちのお客さんがたくさんいて、店の裏口(上の写真手前側)に列が伸びていました。にゃるほど、周りのお店に迷惑かけないように店の正面には並ばせないシステムになってるんですな。結果的に待ち列第7号くらい。上の写真は一番前で待ってる時に撮った写真です。こっちから見た時に暖簾の文字が正面になってるのも、なんか意味があるんでしょうねえ。


20140523ニューとん助
30分ほど待ってカウンター席へ。ここのメニューは何度も見ているので、あらかじめ注文するものはほぼ決めていました。昼から仕事なので、残念ながらここの名物・にんにくたっぷりポタージュスープは泣く泣く回避。自動的にスープとの対面は1年以上先となってしまいました。


20140523ニューとん助
とんかつにするかビフカツにするか最後まで迷っていたけれど、1年先まで食べられないならと思い切ってヘレビフカツ(1600円)+ライス中(200円)にしました。付け合わせは千切りキャベツを中心にマヨネーズ添えとシンプル、ディフォルトで辛子添え。ビフカツはけっこう厚みあり・ソースはそれ程粘度なく軽めで、目の前に運ばれた段階でけっこう強めににんにくが香ります。事前情報でにんにく効いてるとは知ってたけど、予想以上。これならポタージュ控えても意味ないやん(笑)


20140523ニューとん助
この店のステーキの写真を見ていたので、肉質の良さについては安心していました。火の通り加減はミディアムレア、ある程度までは柔らかくその先は噛み応えがあってジューシーで旨味たっぷり。1600円のビフカツを注文するのってそれなりに勇気が入るんだけど、これは値段以上に価値アリと感じました。
食後も軽く、これならダブルでもいけたかなとか、この肉質ならステーキもいいかなとか、通称座布団=トンカツダブルでもいけるんやないかとか、色々思いは巡るものの一年間はお預け確定です。


20140523ニューとん助
大変おいしく満足していただきましたが、同時にご主人と奥さんの人柄も魅力的に感じました。特にご主人の茶目っ気。たまたま僕とお隣のお客さんには事前にお水を持って来忘れていたので、料理が出てきた時にご主人に「あのースミマセンがお水が来てないのでお願いします」と言ったら「いや。」と返ってきました。続いて「これ飲んで」とピッチャーが眼に前にドン。もちろんこの間ご主人はニコニコ笑っていて冗談なのは一目瞭然なのですが、その後すぐ「ごめんなあ、忙しくて抜けてしまって」と奥さんともどもペコペコ謝りながらコップを持ってきてくれました。これは一例で、他のお客さんとのやり取りも軽妙。満員の客を相手に二人だけで店を切り盛りしながらのこの調子に、大したもんやなあと感心してしまいました。
お見受けする限りお2人ともそれなりの年齢。ここで一旦店を閉めることになればそのまま引退となってもおかしくないのに、1年後に再開とは、余程のモチベーションがなければできないことでしょう。この写真の光景はもう間もなく見られなくなってしまいますが、一年後、新しい街での再会を是非とも楽しみに待ちたいものです。

珉珉の餃子が食べたくなって

Posted ish / 2014.05.24 Saturday / 00:26

20140523ミンミン
数日前から無性に珉珉の餃子が食べたくてしょうがなかったので、仕事の帰りに三宮で途中下車してしまいました。生まれてこの方数えるほどしか食べたことないのに急に食べたくなるとは不思議なもんで、何十年ぶりかなあ。ここ三宮店は本店直営、直営以外に「のれん分けのお店」ってカテゴリがあるのは知りませんでした。


20140523ミンミン
店外に待ち列ができてて、さすが金曜よう流行ってるわと思ったら、三のつく日なので餃子が100円引き。ラッキー〜!


20140523ミンミン
餃子2人前と瓶ビール、焦げ加減はご愛敬。珉珉の餃子ってこんなにあっさりしてたっけなあ、めちゃくちゃ軽いやん。ということで、2人前なんてあっという間にお腹の中に消えていきました。次に食べたくなるのは何年後なんやろ。
PAGE TOP