【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

*あきこ*さん優先ツアー(4)〜讃岐うどん巡礼2014-2

Posted ish / 2014.04.30 Wednesday / 18:51

◎四軒目:こだわり八輻

ここまでのところ皆さんそれ程無理な食べ方はしていないのに、1軒目が小なのにそこそこあったし3軒目がハゲしくヘヴィな麺だったもので、この段階でかなりお腹が膨れ気味。消化剤飲んだり産直市場によって腹ごなししたあと、さて4軒目はどこに行きましょうかと車中で意見を出し合った結果、強引に僕が「ここへ行こう!」と決断しましたw

20140426八輻
八輻と書いて「はっぷく」とか「はちふく」ではなく「はちや」と読みます。前回来た時に印象良かったし、もちろん*あきこ*さんは初めて。加えて、ここは「たむら」出身の方がやってるので、Wakkyさんにも喜んでもらえると思ったからです。


20140426八輻
メニューはごくオーソドックス。それなりにお腹が膨れてるし、このあともう一軒控えてるから無理はできないしなあ…


20140426八輻
結局シンプルにひやかけにしました。しゅるっとした麺のルックスが美しい。少し麺が硬め・出汁の塩が強めに感じましたが、これは僕の体調のせいかもしれません。おいしくいただきましたが、次回はあつあつのかけで食べてみたいですね。


20140426八輻
無料で入れられる天かすの中に、青のりの混ざったのが入っていて、量の割りには磯っぽさがけっこう香ってきて、いいアクセントになっていました。ここのちくわ天が磯辺揚げなので青のりもまざるそうですが、熱いだしで食べたらより合うんじゃないでしょうか。

*あきこ*さん優先ツアー(3)〜讃岐うどん巡礼2014-2

Posted ish / 2014.04.29 Tuesday / 00:01

◎三軒目:まいどまいど

20140426まいどまいど
お店に着いたのが12時少し前。土曜の昼時とあって。学校帰りの女子学生がグループでうどんを食べに来て、ヘルメットかぶって自転車で帰る光景に遭遇しました。やっぱりうどんを食べるのって生活の中の一部なんやなあと、改めて実感する一コマでした。


20140426まいどまいど
店内は、老若男女問わず幅広い客層で繁盛中。そりゃあ昼時なんだからと言ってしまえばそれまでなんだけど、なんだかそれだけじゃない活気を感じます。


20140426まいどまいど
事前の調べによると肉うどんとか肉ぶっかけが有名とのこと。それにしようかなあとも思っていましたが、前の人が頼んでるのを見てやめました。だってすごい盛りだったんだもん。1軒目が思ったより量が多かったしゲソ天も食べてるし、この段階で3軒目とは思えない腹具合だったもんで、この先のことを考えてメニュー選択せねばなりません。


20140426まいどまいど
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
てことで、つつましく冷たいぶっかけ小(280円)にしたんだけど、全然控えめやないやん!事前情報では「少し太め」って書いてあったのに、実際には少しどころか最上級に太いし、みっちり詰まってて重いし固い。僕らの生活圏で言えば「いわしや」を彷彿とさせる超剛麺で、こりゃかなり応えます。フツーに食事として食べるんなら腹持ちもいいし食べ応えもあっていいんだけど、うどん巡ラーにとっては、こりゃ相当アブナイうどんでした。女子学生もこんなゴツいうどん食べるんやなあ…

*あきこ*さん優先ツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2014-2

Posted ish / 2014.04.28 Monday / 14:27

◎二軒目:村上

20140426村上
昭和31年創業当時は製麺所、現在はうどん店として営業されている「村上」。のれんが掛かっている左側がお店の入り口、建物の右側部分でうどんを打ってはります。昔からの風情をいまだに残しているすご〜くいいルックスのお店で、一目で惚れてしまいました。今風のしゅっとした店が増えている昨今、この雰囲気は貴重品ですなあ。


20140426村上
のれんをくぐって店内に入ると、右側のカウンターでうどんの種類と玉数と熱いのか冷たいのかを注文します。入ってドンツキにメニュー(あとで紹介します)があるので、僕らみたいに馴れてないよそ者が店に入った後で「うーんどれにしようか」と考えてるヒマは余りありません。


20140426村上
カウンターを右に曲がると、天ぷらやフライもののコーナー。ここで好きなものを取って先払いでお勘定をします。写真左奥でうどんを打ってて、お店は女性ばかり5人ほどでやってらっしゃるようです。ピカピカな内装ではなく、なんちゅうーかフツーっぽいシックな雰囲気がいいですなあ。


20140426村上
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
無理矢理トリミングした写真なので見にくくてスミマセン。それ程大きくないお店なのに、メニューは豊富。和風ラーメンなんてのもあるし、この時期にしっぽくがあるってことは、年中やってるんでしょうか。カレーうどんが人気なんだそうですがねえ…


20140426村上
ちょっと暑く感じる気候だったので、ひやかけ(200円)。丼に玉を入れてくれたのを手渡され、自分で冷たいかけ出汁をやかんから注ぎます。頼んないというのではない、やや柔らかい麺、だしはけっこう強めにいりこを感じます。うどんそのものは個性的とは言えないかもしれないけれど、「よそ者が地元の方に混ぜてもらって食べさせてもらってる感」が感じられて、個人的にはとても好きなお店に仲間入りしました。

*あきこ*さん優先ツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2014-2

Posted ish / 2014.04.27 Sunday / 23:56

今年2回目の讃岐うどんツアーに行って来ました。今回のコンセプトは、グルコバ繋がりの*あきこ*さん未訪の店しばり、その他メンバーはWakkyさんご夫妻とえて吉さんの計5人。久しぶりにお目にかかるWakkyさんは闘病生活から復帰されてお元気そう、僕もとても嬉しく思いました(^^)/


◎一軒目:滝音

20140426滝音
一軒目の滝音(たきね)の店名には「手織うどん」と併記されています。うどんを打つ際、粉を伸ばしては畳みを何度も繰り返すことを織ると表現されているようですね。うどんはミルフィーユのようなものであるとも言えるっちゅうことか。


20140426滝音
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
店内のメニューには特に特別なものは見当たりませんが、熱いの・冷たいの以外に「そのまま」とわざわざ書いてあるのが珍しいです。天ぷら・フライ類が豊富に揃っていて、朝イチから食欲を刺激してくれるなあ。


20140426滝音
注文カウンターの隣では、いなり寿司と各種おにぎりをせっせと制作中。特に色とりどりのおにぎりが、大変魅力を回りに振りまいているのです…


20140426滝音
結局、カウンターに並んでいたゲソ天(120円)がかなりうまそうに見えたので、勇気を振り絞って一軒目からいきなり天ぷらカードを切りました。ガブッといったら、コロモざくっと・中身のげそが堅めで僕好み。うどんのお供には柔らかいのより堅めのほうが好みなんです。


20140426滝音
うどんは「かけ小・そのまま(220円)」。かけなのに、あげ・かまぼこ・わかめを最初からトッピングしてくれているのが嬉しいです。麺のファーストタッチは柔らかめ。そのままかと思ったら、奥に行くに従ってだんだんと弾力が増していきます。小とは言えボリュームもたっぷり・だしもおいしくて、幸先良いスタートになりました。

三宮一貫楼でリハビリランチ

Posted ish / 2014.04.24 Thursday / 12:23

幸か不幸か仕事休みの期間中ながら、先週末に引いた風邪がなかなか治りません。ずっと自宅に籠もっていては社会復帰できないので、昨日はヤボ用ついでにリハビリを兼ねて三宮に出て行きました。食欲はそんなに落ちておらず、気分は中華。でももう午後の2時を過ぎていたので、選択肢は限られています。

20140422三宮一貫楼
こんな時の力強い味方は三宮一貫楼ちょいと小腹が空いた時に店頭で豚饅なんてのはしょっちゅうやっとりますが、ここはお昼休みなしの通し営業なんで中途半端な時間の場合にも都合がいいんです。で、焼そば最優先モードで入店したら、2品チョイスできるハーフ&ハーフメニューを発見。せっかくなんで、これイっときましょう。


20140422三宮一貫楼
余り迷うことなく相方にはエビ入り玉子飯を選択。ハーフとかいっても、両方ともそれなりにボリュームあって量的に満足度高し。トロトロ卵とプリプリエビのコンビネーションはやっぱりご飯に合う合う、焼きそばも野菜たっぷりでちょいと酢をかけてわしわし。お腹に余裕があったら豚饅も食べようかと思っていたのですが、全くその必要もなく大満足なランチでした。
特別にどうってことはないんだけど、やっぱり一貫楼って好きやなあ。
PAGE TOP