【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

桜巡りWALK

Posted ish / 2014.03.31 Monday / 19:19

昨日は雨の中、京都府庁まで桜を見に行ってきました。一転今日はいいお天気、週末まで桜が保つかどうかわからないので、平日休みということもあって自宅からふらふら歩いて神戸市内の色んなところの桜を見に行ってきました。


2014桜巡り
兵庫大開小学校裏



2014桜巡り
生田神社



2014桜巡り
カトリック神戸中央教会



2014桜巡り
一宮神社



2014桜巡り
ANAクラウンプラザホテル神戸前付近



2014桜巡り

自宅〜三宮〜北野と歩いて、今日の目的地である生田川公園に到着。久しぶりにすぐ近くのマジックパンに寄ってトンカツサンドを買い、酒屋で缶ビールゲットしてプチ花見でゴキゲン。お天気穏やか、平日で人出もそれ程なく、のんびり過ごすことができました。生田川公園でじっくり桜観るのって初めてなんですが、見応えありますねえ。


2014桜巡り



2014桜巡り



2014桜巡り

トラットリア・サッサ(神戸・御崎公園)

Posted ish / 2014.03.31 Monday / 10:49

20140301トラットリアサッサ
ちまたで評判のイタリアンなお店 トラットリア・サッサにやっとこさ行って来ました。とはいいつつ、これは3月初めのこと。ネタを寝かせすぎて記憶があいまいです。ノエビアスタジアムのちょいと西側、地下鉄海岸線御崎公園駅下車すぐなので、その気になれば三宮からでもすぐに来ることができます。


20140301トラットリアサッサ
数年前からこのあたりでイタリアの国旗を見かけていたような気がするのですが、こちらによるとオープンは昨年4月1日とのこと。ということは、明日で丁度1周年!


20140301トラットリアサッサ
繁華街ではなく庶民的な土地柄にもかかわらず、オシャレで隙がないびしっとした店内に気合いを感じます。カウンター席でも良かったんだけど、妻と二人でなんとなくテーブル席へ。


20140301トラットリアサッサ
まずは全てのランチメニューにセットされている前菜から。サラダ以外に色々5種盛られていて、コーヒー付き800円(注:4月3日から880円)のランチについている前菜としては内容充実品数豊富、思わずワインでも頼んでみたくなります。


20140301トラットリアサッサ
僕のチョイスは空豆とイカスミソースのリゾット。もちろんきっちり中心に芯が残っていて、(妙な言い方ですが)すごくちゃんとした一皿だなあと感じました。


20140301トラットリアサッサ
妻は小柱入りカリフラワーピュレソースのパスタで、リゾットの色とは対称的、小柱たっぷり。少なくともこの日のランチ2品をいただいた限りでは、どっしりとシンプルに、アイディアと技術で料理を提供してくれるお店って印象でした。


20140301トラットリアサッサ
プラス100円でデザート(この日はティラミス)追加してくれるし、フォカッチャは自家製だし、お店の方は感じがいいし、そりゃあ人気出ますわなあ。時間が経ってるのでイメージでしか書けませんが、僕にとってはやっぱり「ちゃんとしたお店」ってのが一番フィットするような気がします。


{お店データ}
住所:神戸市兵庫区金平町1-17-14 電話:078-381-6337
営業時間:11時半〜14時半、17時半〜23時 不定休

なんちゃってビーフシチュー

Posted ish / 2014.03.28 Friday / 08:02

なんちゃってビーフシチュー

日常的にそうなんですが、それ以上にここしばらくMy洋食ブームなこともあって、ちったあマシなビーフシチューを作ることにしました。市販のビーフシチューのルーで作るのはちょくちょくやってるけど、今回はHeinzのデミグラスソースを使って、珍しくもサイトに書いてあるレシピを元にしました。牛肉は自宅近所の元市場系スーパーの優れもの牛赤身筋を使用、ワインはメルシャンの1.5リットルボトルを使ったので、コスト的にはそう大したことはありません。レシピ通りに作るはずもなく、適当に醤油とかドロソースとかなんだかんだ適当に加えてできあがり。

食べてみたら、当たり前ながらやっぱりビーフシチューのルーで作ったのとは違う。なんちゅうか後味の品の良さが違うんですねえ。あえてじゃがいもを皮付きのまま煮込んだのも大正解。自画自賛ながらけっこういい出来でした。
僕が理想とする味はもう少し苦みがあったほうがいいんですが、次回は小麦粉をバターで炒めたのを加えてやってみましょうかね。

ブーランジェリー・レコルトの明太子フランス

Posted ish / 2014.03.26 Wednesday / 13:50

20140326レコルト明太子フランス

今日はけっこうな雨降りだからこの時間でも品揃えが豊富だろうと、ご近所パン屋さんブーランジェリー・レコルトに行ってみたら、予想どおりで大正解。色々買い込んでレジで精算していると「ただいま明太子フランス焼き上がりました〜」とのアナウンスがあったので、こりゃ急遽追加せねばなりません。

家に持って帰る途中からいい香りを放ちまくりのを、早速丸かぶり。超絶旨い。
ただでさえ旨いのに、焼きたてだもんだからバターはまだ半溶けだし、最近改めてそのおいしさにハマってるrバゲットのバリバリ感が余計に際立っているし、明太子とのマッチングは相変わらずワンダフル、たった180円でもう幸せ一杯。
もしこれの焼きたて見つけたら、是非とも買って、店を出るなり丸かぶりされることを強くおすすめします。

個性派麺ツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2014-1

Posted ish / 2014.03.26 Wednesday / 12:45

三軒目:たちばな屋

20140226たちばな屋
このツアーに行った2月末は、まだぎりぎりしっぽくに間に合う時期。で、そのしっぽくがうまいと噂のこのお店へ。

20140226たちばな屋
しっぽくがうまかった店に勤めていたおばちゃんがこの店に移ってきて以降、格段にうまくなったとの噂も。香川のうどん屋さんって、どこの店でもおばちゃんが頑張ってますなあ。

20140226たちばな屋
うどん屋にしては珍しいメニュー発見。うどん焼やそば焼はもちろん、その右側の豚焼とかイカ焼はお好み焼だそうで、えて吉さんによると、過去何回か見たことあるけど食べたことはないとのこと。どんなのか興味あるなあ。

20140226たちばな屋
これが噂のしっぽく。小とはいえ、これで270円は安い!前エントリの言い訳の通り詳細は憶えてませんが、とにかくおいしくいただきました。


たちばな屋を出て次の目的地に向かう途中、えて吉さんとなんやかんや話していて、事前に調べてある程度おいしいと予想が付いてる店ばかりに行くのはオモロないなあと。どないなるかわからんワクワクドキドキ感を持ちながら、リスク覚悟で全く知らない店にチャレンジしてみるのもたまにはええんやないかということになり、よし、じゃあ最初に目に入ったうどん屋に行ってみようと急遽予定変更することになりました。


◎四軒目:たまや

20140226たまや
ということで、最初に目についた「たまや」へ。時刻はちょうど12時頃。先客の車が停まってるのはプラス要素。

20140226たまや
外観からある程度想像したとおりの雰囲気の、ごくフツーに日常使いなお店でした。ガラスケースに入ってる各種お寿司類が魅力的。ちらし寿司おいしそうやなあ。

20140226たまや
えて吉さんがかけを注文したもので、同じものでは面白くないからメニューで隣に並んでいた湯だめ(250円)をチョイス。まあ見た限りはどうってことなかったんですが、いざ食べてみたら…んん?!なんじゃこれは!
これまでそれなりに香川で色々うどんを食べてきたつもりですが、こんな麺は初めてでした。堅いっちゅうか重いっちゅうか角があるっちゅうか。お箸でつかんでみても、なんというか「しなり感」に欠けてるんですね。お店の方がそれなりの年齢なので、もっとふにゃふにゃのが出て来るかと思ったら、まるで正反対。うーん、やっぱり香川のうどんワールドは奥が深いですなあ。

20140226たまや
ちなみにこちらはえて吉さんのかけ。かけとはいいつつ具が色々乗っかってて、これも同じく250円なのでお得です。きつねうどん(300円)はあげがデカくて有名だそうです。いや、おもろかったなこの店は。


◎五軒目:渡辺

20150226渡辺
今回のラストは、以前からえて吉さんが何度も「できれば行っときたい店」にリストアップしていた渡辺。僕はあまりよう知らんのですが、木の葉型の天ぷらの元祖らしいのです。到着してお店に入ろうとしたらいきなり救急車がやってきて、どうなることかと思ったんですが、大事に至らず良かった良かった。

20150226渡辺
外観から想像できるように、広々した店内はテーブル席カウンター席あり。12時半頃とピークタイムだったこともあり、店内ほぼ満席でした。

20150226渡辺
なんとかカウンター席に座れてメニュー検討。しっぽく2杯食べてたし、その他2軒もけっこうずしりと来る麺だったので(特に四軒目)、けっこうお腹に来てました。なので、二人でかけと天ぷらうどんを1つずつにすることにしました。

20150226渡辺
結果としてわかりやすい画になりました。でっかい天ぷらが、丼の中ではなく上に乗っかっています。天ぷらはあくまで軽く薄めにサクッとした仕上がり。これをそのまま食べても良し、丼に入れても良しってことですな。
この天ぷらが有名ということですが、個人的には麺のほうが印象に残っています。ここもどっちかといえばみっちり系剛麺で丼が深くて量もたっぷり。自宅近くのうどん屋・讃松庵を彷彿とさせるものがありましたねえ。


というわけで、今回もバラエティに富んで楽しいツアーでした。あんまり憶えてないといいながら、書いてるうちに思い出すもんですねえ。
PAGE TOP