【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

イカ丼食べに三方五湖までドライブ

Posted ish / 2013.07.31 Wednesday / 11:57

先月末のこと。ブログを始めた頃からなんだかんだとやり取りがあるnaohさんつぶやきに反応したえて吉さんのつぶやき僕が連鎖反応。ちょいちょいとやり取りをした結果、2つの候補日のうち片一方を前エントリのうどん巡りに、そしてもう一方の日程でnaohさんオススメのイカ丼を食べに三方五湖まで行くことになりました。

20130726三方五湖

三方五湖にはこれまで何度か来たことがありますが、神戸から車では初めて。中国自動車道〜舞鶴若狭自動車道を経由すれば3時間弱で到着、案外近いもんですね。って、例によってえて吉さんが運転してくれたんだけど。


20130726三方五湖

今回の目的地は、このドライブインマップの15番「ドライブインよしだ」(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)。それ以外にもこのマップには気になる場所がいくつかあって、14番レストハウス湖畔とか23番淡水なんかにうなぎを食べに来ようかと思ったこともこれまでにあったんです。


20130726三方五湖

三方五湖を巡る道路沿いにあるので、めざすドライブインよしだには迷うことなくさくっと到着。こういっちゃあなんですが、なにも知らずに来たらべつにどうってことないお店に見えます。(失礼)


20130726三方五湖

車を降り店頭のガラスケースに掲げられたメニューを見ると、目的のイカ丼以外にも地元名物「へしこ」を使ったものやら、漁師さんが捕った魚を市場に持っていく前に仕入れているとか、その他モロモロ地元産品使用のこだわりがありありと感じられます。


20130726三方五湖

店内は湖を眺められるテーブル席と座敷席。別途個室もありました。僕は考えた結果、イカ丼とゲソ揚げのセットをチョイス。イカ丼だけでも良かったんだけど、丼単品と150円しか違わないんだったら凝りゃイっとくべきと思ったもんで。


20130726三方五湖

注文して程なくドド〜ンと出てきたイカ丼。丼ご飯の上に、イカの刺身と山芋のとろろが溢れんばかりに載っかっており、それに加えてうずら玉子・海苔・大葉・ワサビに醤油ダレがかかっています。まずお箸で少し混ぜてすくうように食べてみたところ、シャキッとしたイカの歯応えとトロッとした山芋とろろの食感がいいコントラスト。それに加えて各種薬味がいい役割を果たしています。


20130726三方五湖

最初は少しずつ混ぜたのをすくって食べてたんですが、途中から方針変更。見た目悪くなっても、全体をぐちゃぐちゃに混ぜて食べたほうが食べやすいと気づきました。イカプリプリ・とろろトロトロ・混成された薬味部隊、ご飯をガバガバかっこんで、あっという間に完食。うまかった〜ごちそうさま!
珍しい素材を使っているわけではないので、自宅で同様の物を作るのもそう難しくはないから、いいかが手には入ったらいつかやってみましょうかね。とろろの代わりに納豆でもいいかもしれませんな。


20130726三方五湖

食後にテーブルにあるメニューを何気なく見ていたら、裏のページに「鰻丼」の文字を発見。お店の人に訊いてみたら、天然なので安定して出すことが難しく表メニューには書いてないけれど、予約すればこちらのお店でもいただけるそうです。これはこれで気になるなあ。しかし、どっちみちイカ丼と両方は、お腹の加減で無理だったろうし。


{お店データ}
住所:福井県三方上中郡若狭町海山70-3 電話:0770-47-1438
営業時間;8時半〜18時 定休日:不定休

さようなら グリルしき浪(大阪・日本橋)

Posted ish-mobile / 2013.07.30 Tuesday / 13:58

20130730グリルしき浪閉店

大阪・日本橋にある洋食の名店「グリルしき浪」が本日7月30日で閉店するとの情報が入ったのが、昨日のこと。僕にとっても思い出のある店なので、最後にもう一度食べておきたいと、スケジュールやりくりして12時ちょい過ぎに駆けつけました。
でも残念ながら少しの時間並んでる間に売り切れ閉店と判明。大将自ら外に出て来られて、残念ながらジエンドとなりました。
もっと早くわかってりゃなあ。美味しかったのになあ、惜しいなあ。


20130730グリルしき浪閉店
ともかく、今までありがとうございました。お疲れ様。


20130730グリルしき浪閉店
しき浪ファンそれぞれに、あれもこれもと想い出多いメニューの数々。
どうぞ写真をクリックして、懐かしんで下さいね。

夏満喫ツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2013-3

Posted ish / 2013.07.27 Saturday / 14:35

◎三軒目:一福

20130723讃岐うどん

一軒目の七福とこの一福に当初から行きたいと思っていたので、いっそのこと今回は「福」づくしにしようかなんてプランも出したんですが、それはあまりにネタに寄り過ぎやろうということであえなく却下。
まあそんなことはどうでも良くって、この新進気鋭の名店には三度目の訪問です。


20130723讃岐うどん

お店に着いたのは平日の11時半頃。すでに駐車場はほぼ満車、店内はオーダーカウンター前に行列ができ、席はほぼ埋まってるって感じの盛況で、さすが人気店ですなあ。夏休みに入ってることもあり、子供連れの姿も目立ちました。


20130723讃岐うどん

最初に来たときは何故か釜揚げ、2回目はぶっかけだったので、今回は何にしようかな。まだここでは食べたことがない天ぷらもおいしそうなので、今回はぜひイっときたいな。


20130723讃岐うどん

…といいつつ、実際には迷うことなく冷たいかけ(200円)を選択。天ぷらは見た目にも美しい小海老のかき揚げにしました。ぱっと見では二軒目の田井製麺に似た細めですらっとした麺は、弾力があって甘味があって粘り腰系とでもいいましょうか。ここでは初めてのかけだしは、いりこ風味が豊かに活かされてて、ワイルドかつ洗練。最初薬味はネギだけで、途中からややたっぷりめに生姜を加えて、2種の味を楽しみました。
過去二回の経験やら世間の評判からしておいしいのはわかってるといえばそれまでなんだけど、かけだしのうまさが予想を超えていた分だけ上積みあり。なんちゅうか「ひやかけの一つの方向における理想型」って感じのおいしさでした。店内の隅々にまで目を配るご主人の気遣いも素晴らしく、ほんとうにいいお店だなあ、繁盛するのも当然だなあと改めて感じました。こりゃ現代版S級ですな。



◎四軒目:飯野屋

20130723讃岐うどん

ここしばらく肉うどん食べたいモードだったので、事前にこちらの店をリクエストしていました。お店の裏に田んぼが拡がるのどかな環境。こういうところでうどん食べるだけで、わざわざ香川にやってきた甲斐があるってもんです。


20130723讃岐うどん

セルフではなく一般店。13時半とピークを過ぎた時間なので空いていましたが、ふらりとジモティらしきお客さんがやってきて、「肉ぶっかけ、3玉(←うどん)」なんてオーダーしてました。


(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)
20130723讃岐うどん

テーブルメニューでは肉うどんは控えめな位置に記載されていますが、店内メニューではトップ位置。釜しょうゆってあまり見かけないけど、釜揚げを醤油で食べるんでしょうかね。しかし、4玉メニューなんてあるんやなあ。別メニュー食べるより球数増やした方が安いもんなあ。


20130723讃岐うどん

ってことで、望みどおりの肉うどん小400円。甘辛く煮たガッツリ系の肉が丼の9割方を覆うルックスに戦闘意欲が湧きます。あっさり系のだしに太めなうどんでコンビネーションばっちり、後半は一味をかけてサクッといただきました。特別に強烈なインパクトはないけれど、これならしょっちゅう食べても食べ飽きないだろうなあって思わせる味でした。


2軒目の田井製麺の盛りが良かったせいか、この日は僕もえて吉さんもこの時点でけっこうお腹が膨れていました。もう一軒行けないこともなかったけど、お店のチョイスが限られてしまう時間になっていたこともあり、今回はここでサクッと終了。1日4軒はこれまで一番少ない軒数だと思いますが、うどん以外にも色々楽しいことがあって内容的には充実した一日でした。いつもながらえて吉さんに感謝します。

夏満喫ツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2013-3

Posted ish / 2013.07.24 Wednesday / 10:18

しばらくうどんツアーに行ってなかったので、毎度ながらえて吉さんにお願いしてみました。2つの候補日を出して他の参加者を募ったものの、平日ゆえ残念ながら希望者なし。結局2人で決行、となったら、自動的に屋根なしのえて吉号で行くことがお約束。この炎天下なんと酔狂なとお思いでしょうが、僕もけっこうオープンカー好きなもんで、汗だらだらかきながらホイホイと行って来ました。


◎1軒目:めんや七福

20130723讃岐うどん

いつも愛読させていただいているメタボ柿原さんのブログで拝見していた、(多分)7月5日にオープンしたばかりの新店。ぜひ行ってみたいなと思っていたところ、今回のツアーが決まってラッキーでした。


(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)
20130723讃岐うどん

メニューは一通り色々。牛肉ぶっかけと豚肉ぶっかけの2種あるのが珍しいですね。オープンしたてなので当然ながら店内はまだ新しくってピカピカ。スタッフの皆さんも平均年齢若めで、明るくハキハキと気持ちのいいサービスでした、


20130723讃岐うどん

道中暑かったので、まよわず冷たいかけ(170円)。メタボさんが書かれているほど固い麺だとは思いませんでしたが、たしかにしっかりした感があります。まだオープンして日が経ってないから、日によって多少のばらつきがあるんでしょうかね。だしもすっきりおいしかったし、次回はあったかだしで食べてみたいです。


◎二軒目:田井製麺

20130723讃岐うどん

お店に着いたら、その風情ある店構えに思わずホーッと声が出てしまいました。網戸の奥に常連客さんらしき姿が見えたのでなんのためらいもなく入っていったところ、食べ始めてしばらくしてのれんを出しに行かれたので(上の写真は食後)、5分ほどフライングだったと判明。申し訳なかったけど、ほかのお客さんもいたからまあいいか。


20130723讃岐うどん

店内はいい意味で飾り気のない、日常に根ざしたかのような雰囲気。先客の常連客さんが食べていたラーメンにも強く惹かれるものがありましたが、ここで2杯食べるわけにもいかんしなあ。

20130723讃岐うどん

僕のチョイスは生醤油(小・210円)。細めのすらっとした麺が、写真ではわかりにくいんですが丼にみちみちと満たされており、小とはいいつつかなりなボリュームです。印象としては、変な意味じゃなくて普通のうどん。この生醤油よりもえて吉さんが食べた「かけ」のほうが、ここのうどんの本質を味わえるような気がします。よそもんにすれば個性が足らないようであっても、毎日食べるならこんなうどんのほうがいいんだろなって感じでした。
PAGE TOP