【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

「いち」へハシゴ(JR兵庫駅南)

Posted ish / 2013.05.30 Thursday / 10:48

20130518いち
一菜ますやで娘にごちそうになった後、神戸駅から兵庫駅まで腹ごなしがてらぶらぶら歩いて、「立呑厨房いち」にやってきました。和食の後で中華へハシゴするのもどうかなあって思ったけれど、ここも娘は未訪なので連れてきたかったし、立ち飲みで一品の量も多くないからまあいいかってことで。


20130518いち
妻お気に入り、毎度ながらとても立ち呑みレベルとは思えない「本格四川麻婆豆腐」(280円)は、ピリ辛で相変わらずのうまさ。


20130518いち
これもはずせない、ぷくっとサクッとな「サクサク衣のエビ天」(300円)。うちの家族はみんなこの手の中華天ぷらの衣が大好きなんです。


20130518いち
これも毎回食べてるといっていいくらいのお気に入り「ネギチャーハン」(280円)。なんってことないようでおいしいんよなあ、これ。


20130518いち
これまでの3品はほとんど毎回食べてるようなもんで、相変わらずの写真ですみません。最後にもう一品、娘のリクエストを訊いたら、「サクサクコロモのエビマヨ」(300円)でした。やっぱりこのコロモが気に入ったみたい。


初めて行った娘も気に入ってくれた様子。ここなら女性だけでも大丈夫だし、また友達と一緒に来てくれたらいいなとの思いもあったので、良かった良かった。まあしかし、最初の3品は僕と妻にとってはほぼ定番化してるので、もっと別メニューにもトライしないといけませんな。

娘のオゴリで一菜ますや(JR神戸駅前)

Posted ish / 2013.05.27 Monday / 22:21

20130518一菜ますや
娘がごちそうしてくれるというので、妻と三人でお出かけ。出来れば和食がいいというので、僕以外の2人が行ったことない「一菜ますや」に即決定しました。いつか連れてきてあげたかったお店なので席が取れて良かった〜ってことで、いつも綺麗なお通しからスタート。


20130518一菜ますや
何はともあれまずはお造り5種盛り合わせ。どれもビシッとエッジが立っていて、これで1500円なんですからありがたいですねえ。


20130518一菜ますや
軽めの物でもう一品ということで、砂ずり塩漬け(500円)。コリコリ・シャクシャク、黄色いお皿と料理との軽やかなコラボレーションです。


20130518一菜ますや
何とはなしにオーダーした野菜の炊き合わせ(900円)が出てきたときは、思わずおおっ!と声が出てしまいました。鮮やか・カラフルな野菜達と、ドシッとシックに構えた器との饗宴は、まさにビュ−ティフル&フォトジェニック。こちらのご主人のセンスを感じさせる一品で、もちろん見た目だけでなく丁寧な薄味、目も舌も楽しい。


20130518一菜ますや
妻のリクエストで、地鶏と新ごぼうのサラダ1000円。器含めて組み合わせの勝利って感じの料理でした。


20130518一菜ますや
そして、今回のエンディングを飾る、スズキの唐揚げ梅肉ソース1400円。うーん、積み上げた盛り付けが似合ってますねえ。迫力あって食べ応えありました。


初訪問だった娘も妻も大満足、とても気に入ってくれました。自宅から一駅の駅近なので、ぜひともこれからも継続して通っていきたいです。
んー、ところで3人でこれだけ?少なくない?と思われたあなた、鋭いです。実はこの後もう一軒ハシゴしたんですw

セイロンカリー(大阪・大正区)

Posted ish / 2013.05.22 Wednesday / 11:22

20130521セイロンカリー
近所にヤボ用があったもので、カレー好きな皆さんの評価が高いスリランカ料理店「セイロンカリー」に行って来ました。話には聞いていましたが、ほんまにレトロな商店街にいきなりストレートな店名看板が出現しますなあ。

(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)

20130521セイロンカリー
店頭にディスプレイされた立て看板によると、セットメニューは4種。Cセットの「アンブラ」には「スリランカの母の味です!!」とのコメントが付けられていて、ぜひこれを食べるべしな事前情報が多かったこともあり、メニュー選択には迷いませんでした。


20130521セイロンカリー
店内は、カウンター3席とテーブル席14席、細長くて喫茶店かなんかの居抜きみたいな感じでした。スタッフはスリランカの方なんでしょうか男性お二人と、日本人の女性お一人でした。


20130521セイロンカリー20130521セイロンカリー
20130521セイロンカリー20130521セイロンカリー
店内メニュー。デビルってのはスパイシーな炒め物だそうで。


20130521セイロンカリー
さほど待たずにアンブラ登場。オーダー時に好みのカレーを選べるので、フィッシュをお願いしました。ど真ん中のご飯の上に載っかっているのがそれで、けっこうデカい切り身が入っていました。僕はこの手の料理には全く疎いので、大御所が訪問されたときのこちらのエントリをご参照下さい。スリランカ風ミックスプレートランチって感じでしょうか、詳しいことはようわかりませんが、とにかくとてもおいしくいただきましたよ。(…って感想しか書けないのが情けない)


{お店データ}
住所:大阪市大正区泉尾3-14-21 電話:06-4977-0636
営業時間:11時〜15時、17時〜22時 定休日:水曜

はんなり祇園で食った呑んだ

Posted ish / 2013.05.20 Monday / 11:01

20130514はんなり祇園
初めてコンタクトがあったのが7年も前のこのエントリ。以降ブログやらツイッターやらでやり取りが続いているmariさんと「いつかご一緒しましょう」と言ってたのがやっと叶いました。もう一人素敵な友人も一緒の計3名、mariさんに紹介したかったし僕もしばらく行ってなかったもんで、さほど迷うことなくはんなり祇園にしようと決めました。まずは定番の「ごまきゅうり」と「うずら玉子のバルサミコ酢漬け」をつまみに、チューハイと梅酒水割りでカンパーイ!


20130514はんなり祇園
おっさん一人で素敵な女性2人と飲み食いするのも恥ずかしいなあと思いつつ、なんだかんだ話しているうちにドドーンとお造り盛り合わせが登場。いつもながらに迫力ありますねえ〜。

20130514はんなり祇園
まだ慣れてない新しいカメラの操作に必至だったので、お造りの説明はちゃんと聞けてませんでした。しかも今回はメニューも撮り忘れ。この辺り、マグロ赤身・トロ・鯛・鯛昆布じめ・ノドグロの肝だったかと。真ん中上の黒いぐい飲みに入ったの、すごくおいしかったんだけどなんやったっけ?

20130514はんなり祇園
蛸湯引き・くじら・くじらユッケ・ノドグロ刺身&焼霜。
写真でお分かりのように、どの切り身もピカピカ輝いています。毎度ながら、脂のノリ・それぞれの味の力強さが、他の店で食べるのとは全然違います。うまかったなあ、やっぱり。今回特に印象的だったのは、ノドグロ刺身&焼霜と黒いぐい飲みに入ったの(←印象的だったのに忘れるなよ)。前回来たときも大物ノドグロが入ってたんですが、この日もぶっといのが入荷していてラッキーでした。


20130514はんなり祇園
mariさんのお連れさんがけっこうイケる方だったので、最初のチューハイ以降早速日本酒にチェンジ、一合椀で色々飲み比べて合計5種ほどいったかと。有名どころから名前も聞いたことないのまで色々で、選ぶの楽しい。


20130514はんなり祇園
何だかようわからん物体ですが、まぐろのマース煮(マース=塩、塩水の煮付け)。シンプルに魚のおいしさが浮き上がってくる感じです。


20130514はんなり祇園
この日最初に飲んだ日本酒「Ice Breaker」。まるでガムみたいなラベルにびっくり、フィリップ・ハーパーさんというイギリス人杜氏さんの作だそうで、すっきりいい飲み口でした。


20130514はんなり祇園
続いて’「ぶりかま塩焼き」。シンプルに豪快に、バクバクいただきました。しかし女性陣お2人とも、見かけによらずよく食べますなあ。


20130514はんなり祇園
ガンガン行きましょうってことで、春野菜の天ぷら。mariさんは「天つゆのだしがおいしい」と言ってました。鋭い。


20130514はんなり祇園
ブルー基調のIce Breakerに対してこちらはその名も「どpink」、ボトルの色じゃなくて、お酒そのものが赤色酵母使用のイチゴ牛乳みたいな濁り酒です。「ケバケバのおねーちゃんと思って舐めてかかったら、実はしっかりまともなレディなんだから馬鹿にしたら痛い目にあうよ」みたいな感じでしたw 濁り酒ってあんまり好きやないねんけど、これはうまかったな。


20130514はんなり祇園
食べてみたいのに未経験だと思っていた「トロサバのグラタン」、帰ってから調べてみたら以前にちゃんと食べてました。はんなり祇園が単なる和食屋さんではない証の一品。


20130514はんなり祇園
お店に入ってすぐ、同行のお二人に「これを食べるだけの胃袋の余裕は残しておいて下さいね」と言っておいた、「チキン南蛮」。大盛り白ご飯を3人で分け分けしていただきました。どうだ、これで満腹だろっ!


20130514はんなり祇園
とはいえやはりおやつは別腹なので、「わらびもちクリーミーな変わりきなこで」


相変わらずどれ食べてもおいしくて好みの味でした。定番以外にもトライしたいんだけど、たまにしか行けないからやっぱり是非モノは押さえたくなるんですよね。お酒も色々飲めて楽しかった〜
mariさんとお友達はどうだったんだろう。多分メチャクチャ飲み食いしてたから気に入ってくれたと思ってるんですけどねw
PAGE TOP