【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

スペシャル求めてツアー(3)〜讃岐うどん巡礼2013-2

Posted ish / 2013.04.30 Tuesday / 11:49

◎五軒目:山神うどん

20130426うどん巡り
えて吉さんとうどん巡りにいく場合、「車の運転をする代わりにコース組みはワシがやる!」ってルールがあって、参加者は一応希望は出すことは出来ても決定権はないんです。今回事前に僕が希望を出したのは、2軒目に行った「たむら」とこの「山神うどん」。でも本来はここは落選してて行けないはずだったんだけど、僕が粘りまくって急遽寄ってくれることになりました。粘り勝ち!

20130426うどん巡り
僕は今回が5回目、かなりリピート回数が多いです。それだけここのうどんが好きってことで、ひょっとしたら香川で一番好きなうどんかも知れません。初めて来たときからメニューも値段も一緒。あ、紙に書いて貼ってある「肉うどん」は初めて見るかな。

20130426うどん巡りここではこの「醤油うどん(小)」しか食べたことがありません。細めで艶があってシュッとしていて、なんちゅうか、「品が良くて一見か細く見えるけど、実は芯はしっかりしている美人」って感じの麺なんです。(ぜひ写真をクリックして、大きなサイズでご覧になってみて下さい)
できるだけシンプルに食べたいので、ディフォルトのネギ・ゴマ・レモン以外は、少しの生姜と醤油(マルオ醤油だそうです)をさっとかけるのみ。他の食べ方をやったことがないのに、ここではこれが一番と決めつけています。いつ食べてもおいしいし、他の店のうどんとは明らかに違う。あー、やっぱりここのうどんは僕にとってスペシャルやなあ。今すぐにでもまた食べに行きたいくらい大好きです。

「ハハハ」と笑いながら食べていたmyblackmamaさんの名言:
「山神うどんのうどんは別腹」


◎六軒目:いちみ

20130426うどん巡り
この日は胃袋の具合もツアー進行も順調で、けっこう早めの時間に余裕で六軒目に到着。最近忙しくて新店のことはよう知らんのですが、こちらのお店は昨年6月オープンとのこと。香川でうどん巡りやってて「ようこんなところで商売する気になったなあ」って思うことはしょっちゅうあるんですが、ここはかなりなハイレベル。高松市内とはいえ、市街地から離れた海に近い住宅街の奥まったところにあって、せめてものアピールのつもりでしょう、真っ青な一軒家が忽然と現れるんです(^^;)

20130426うどん巡り
くぐり戸の奥には玉砂利の通路、壁には手書きの説明文。うどんは注文してから茹でる、なのでその間はぜひ天ぷらをとの趣旨。のれんをくぐった奥にカウンター席のみのお店があり、間口が狭くお客が座った後ろは通れないので、空いてる席の背後にあるガラリ戸を開けて席に着きます。

(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)
20130426うどん巡り
店は狭くともメニューは種類豊富。六軒目にしてはお腹も時間も余裕があったので、場合によってはもう一軒行くかもって感じだったんですが、やっぱり天ぷら食べてみたいんでここをラストにすると決定。さすがお店のウリだけあって天ぷらはネタが色々、3種選べるお得なセットでどれをチョイスするかかなり迷います。

20130426うどん巡り
店を切り盛りするのは大将と奥さん。気さくな大将の言葉がまるで関西弁なので出身を尋ねたところ、尼崎だとか。僕らが大阪&神戸からうどん巡りに来たと言うと、大将も休みの日には色々食べ歩いているらしく、どこに行って来たのかとかここがおいしいよとかって話で盛り上がりました。

20130426うどん巡り
まずは奥さんが揚げた天ぷら登場。僕が選んだのは、たけのこ・トマト・あなご。この中ではたけのこが特にうまし。香り豊かで自然な甘味と風味がほわーっときて。妙に体のこと考えて魚卵系とか控えたんだけど、myblackmamaさんが選んだ白子と手長タコがすごくおいしかったとか。失敗したなあ〜

20130426うどん巡り
かけ(小200円)をひやあつで。ちくわ天ぷらはディフォルトで入っています。茹でたてなので当然の如く麺はプリプリ。だしは香川では珍しいほどの薄味で、かつおだし。僕らが普段食べてる関西の出汁に近いのは、やはりご主人の出身に寄るところが大きいのでしょうか。

大将の話によると、ただフツーにセルフの店をやって天ぷら置いてるだけでは大手に勝てるわけがない、だから茹でたて揚げたてにこだわってるし、メニューもいろいろ考えてるんだと。立地と建物だけでもかなりスペシャルを感じるんですけど(笑)、ぜひぜひ商売繁盛となって欲しいと応援したくなるお店でした。

てなことで、今回は6軒・6玉・都合4天ぷら・1玉子。やっぱうどんツアーは楽しいな。

スペシャル求めてツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2013-2

Posted ish / 2013.04.29 Monday / 09:53

◎三軒目:上原製麺所

20130426うどん巡り
こちらへは今回で3回目。これまでの2回は近くのイオンに車を停めてそこから歩いて行ってたんですが、どうやら駐車場があるとのことで今回はそちらへ。駐車場には矢印がぺたぺた貼られていて、それに従って進んでいきます。

20130426うどん巡り
矢印があるからいいようなものの、こんなに細くて生活感溢れる路地を果たして通っていいものか。フツーはちょっと躊躇しますが、でも香川でのうどん巡りならこういうシーンがあってもおかしくはない。ズンズン進みましょう。

20130426うどん巡り
路地を通り抜けると、製麺所の表側に到着。ちょうどバイクの後ろに荷物をくくりつけて、配達に出発するところでした。

20130426うどん巡り
ここで食べられるのは11時から13時までの2時間だけだから、ツアーのスケジュールに組み入れるのが難しいんです。開店10分ほど前に到着したえて吉さんはさすが。いかにもここで麺を作ってますの雰囲気の中、麺の玉数を伝えると丼に取ってくれ、出汁を注いでくれます。

20130426うどん巡り
以前食べたぶっかけは夏期限定だそうで、この日はかけ小(120円)にたしか100円だったと思うかき揚げを載せました。初めてここで食べたときの印象がかなりスペシャルなもので(といっても味の記憶なんてあてにならないんですが)、この日はフツーにおいしくいただきました。開店直後だからといって出来たてってことでもないようですねえ。でもでも誤解なきよう、ほんとにちゃんとおいしかったんですよ。


◎四軒目:白川うどん

20130426うどん巡り
こちらへは初めて。この光景の反対側には広々とした田んぼが拡がっていて、なんとも気持ちのいい開放感。なんでこんなところで商売する気になれるのか不思議でならない、田畑に囲まれた環境が素晴らしいです。

20130426うどん巡り
出来上がって30分以内の麺しか使わない・機械ではなく手切り。入り口そばに貼ってある「釜玉うどんできます(ただし、麺が釜に入っている時のみ)」ってサインが気にならずにおられようか。

20130426うどん巡り
開店10周年を過ぎ、店内にもいい味が出てきた模様。なんだかどっしり地に足がついた落ちつきみたいなものを感じました。

20130426うどん巡り
メニューは、ぶっかけ・かけ・大根生醤油・釜玉・釜揚げに、季節限定のざると珍しくも鍋焼。大根生醤油にひかれるもんあんねんけどなあ〜…
(ちなみにこの写真、けっこう好きです)

20130426うどん巡り
でもやっぱり入り口に貼ってあったサインが気になってたもんで、「釜玉できますか」と尋ねたら「はい」と返ってきたもんで、必然的に3人揃ってイってしまいました。見るからに踊りまくっててめっちゃウマそうな麺。早く食べたい、でもちゃんと写真も撮りたい、急がないと玉子が妙に固まってしまう!…焦りまくって撮った上の写真、是非クリックして大きなサイズでご覧になってみて下さい。
口に入れたら、ウホッ!ぐいぐいと力勝負を挑んでくるかのようなパワフルな麺が、トロトロ玉子を纏って口中こりゃゴキゲン。単なる剛麺じゃなくって、なんちゅうか「活きの良さ」みたいなものを感じる一杯でした。麺もいいしお店の環境もいいし、スペシャルありまくり。

スペシャル求めてツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2013-2

Posted ish / 2013.04.28 Sunday / 09:06

今年2回目となる讃岐うどんツアーに、えて吉さんmyblackmamaさんとの3人で行って来ました。その他何人か誘ったんだけど、スケジュールが合わず残念。とはいえこのメンバーだと気心知れてるんで、なんの気遣いもいらなくっていいんです。
ツアータイトルには深い意味は無し。僕が行くうどんツアーの場合、えて吉さんやWakkyさんがコース組みの際にセレクトしてくれてるので、はずれなんてまずないんです。フツーにおいしいのはある意味当たり前。それに加えてな何かスペシャルなものを感じられたらラッキー、ってなつもりでいつも巡っています。今回はどうかな。


◎一軒目:赤坂

20130426うどん巡り
前回来たのは、うどんツアーに行き始めて2回目の4年半前。事前にちゃんと調べてなかったので来たことあるかどうかあいまいだったけど、建物見てすぐに思い出しました。

20130426うどん巡り
地元言葉丸出しの注文方法説明書、隣には来訪した人数・名前・どこから来たかを書くノートあり。初めて来たとしてもホワッと緩んでしまうこの計算なしの演出、結局名物ばあちゃん・じいちゃんとも人好きなんでしょうねえ。

20130426うどん巡り
ほとんど金髪に近いポップなおばあちゃんが、オーダーに応じて麺を取って丼に入れ、出汁をかけてくれます。

20130426うどん巡り
カウンターに置いてあるネギはあらかじめ切っておらず、かたわらの図工なんかに使う工作ばさみでチョキチョキ切って丼に入れます。おばあちゃんが切り方を親切に教えてくれるので、初めてでも安心。そうそう、お金は6Pチーズの箱に入れてね。

20130426うどん巡り
茹で置きの麺だったので、ぶっちゃけスペシャルは感じられず、フツーにおいしくいただきました。やや塩気効き気味のイリコ香るだしで冷たいのんをいきましたが、ぬくいのんのほうが良かったかな。


◎2軒目:たむら

20130426うどん巡り

ツアーの内容はえて吉さんが決めることになってるんですが、気が向けば?リクエストにも応じてくれます。たむらは僕のリクエストが叶いました。まあここをチョイスするのに文句いう人はいないから、コースの中に入れやすいかどうかでほとんど取捨選択が決まるんでしょうけどね。

20130426うどん巡り
僕は多分今回が5回目、おととしの夏以来。何度か店の前を通りすぎてるのに素通りだったもんで、久しぶりに食べてみたかったんです。

20130426うどん巡り
ひやあつ(小)150円・小細工なし。いつ食べてもスペシャルを感じる一杯。さすが。いつも思うんだけど、こんなものを150円ぽっちで食べさせてもらっていいんだろか、ありがたいなあ。

肉食気分で「えびすや」へ(神戸・宇治川)

Posted ish / 2013.04.25 Thursday / 10:54

20130423えびすや
この日は前日から「肉が食いたい〜!」モードだったので、めっちゃ久しぶりに宇治川の「えびすや」に駆け込みました。gogogo!肉肉肉〜!!


20130423えびすや
高架下のカウンター席のみのお店から昨年5月に移転、恥ずかしながらこっちの店は今回が初めてなんです。ということは1年も行ってなかったのか!と自分でもびっくり。12時ちょい過ぎに着いた時点では空いてたんですが、その後続々お客さんがやってきてすぐ満席になりました。相変わらず繁盛してるなあ。


20130423えびすや
マスターに挨拶したら「お元気でしたか?」って言われてしまいました。いっときは中毒になったみたいに来てたもんなあ。おっ、ビーフカツ定食なんて出来てるやん!


20130423えびすや
お店が移転して、丼&定食メニューも増えました。このメニュー以外に、先ほどのビフカツ定食など店内に別途表示されています。隣の人が食べてたビーフカツカレーがすごく旨そうだし。


20130423えびすや
ビーフカツ定食も魅力的的だったけど、純粋に?肉を食らいたい気分だったので、本日のステーキ定食=肩ロースステーキ(1200円のところ950円)をチョイス。ご飯とお店お汁が出てくるのが遅かったので、待ちきれずに2切れほど食べてしまったじゃないかの図。


20130423えびすや
お皿を横断するがごとくドーンと横たわったステーキ。味付けはやや薄めなので、添えてある塩を使うもよし店内にある各種調味料を好みで使うのもよし。テレビのレポーターがよく言う「柔らか〜い」とか「口の中でとろける〜」みたいな方向性ではなく、ちゃんとガシガシ噛んで肉の旨味が感じられタイプで、肉喰らいたい気分にはぴったりでした。もともと柔らかいだけの肉はあんまり好きではないしね。
高架下時代より値上げされてるのがちょっと残念だけど、まあしゃあないか。その代わりメニュー数が増えているので楽しみが増えました。次はビーフカツ定食に決定。


{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通7-3-7 電話:非公開
営業時間:11時半〜14時半、 17時〜21時半 定休日:日曜

カレー焼飯弁当

Posted ish / 2013.04.24 Wednesday / 10:53

Untitled

ここんとこメチャ忙しくて余裕がなかったのですが、久しぶりに作ってみました。有りものでちゃっちゃと作って、味付けはカレー粉・ウスターソース・ケチャップ少々。火をとめてから細かく切った水菜を混ぜ込みました。これだけでは品目数少なくてイマイチなので、別途ハムサラダと一緒に。
PAGE TOP