【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

流れ流れてスシローへ

Posted ish-mobile / 2012.09.28 Friday / 12:59

時々行く定食屋にいってみたら、日替わり定食がイマイチだったのでやーめた。どこにしようかふらついてるうちに、なんとなくスシローに来てしまいました。
最初の4皿は鯛・かつおユッケ・さんま・煮穴子。この中ではさんまが良かったかな。最後はエビ天で締めて、計7皿に抑えときました(^^)


焼鳥丼弁当

Posted ish / 2012.09.26 Wednesday / 11:21

R0016932
鶏胸肉を薄めにスライスして、冷蔵庫にあった焼き鳥のタレで味付けし、粉山椒をパッパ。玉子焼きは菜種(炒り卵)に。誰が買ってきたのかジャンボ満願寺唐辛子なるものがあったので、これを炒めてちりめんじゃこ加えて鹿児島の甘い醤油でさっと味付け。
丼物は色合いだけ考えて載せるだけなので、盛りつけが楽ですね。

マレーシア旅行記6〜さあフリーだ!晩飯だ!

Posted ish / 2012.09.24 Monday / 21:10

myGR283
日帰りマラッカツアーからホテルに帰ってきたのが20時頃。到着後3日目のこの日の晩飯以降は朝食を除いて食事は付いてないので、晴れて自分達の好きなものを食べに行くことが出来ます。翌日4日目の夜には早くもお迎えが来てしまうので、自由な時間はかなり貴重。

myGR285
滞在していたホテル周辺は夜でも人通りが多く、不安を感じることはありませんでした。でもさすがにこの時間から地図を見ながらウロウロ店を探すのもナニなので、ツアーガイドさんから教えてもらっていた近場のショッピングセンターLot10地下のフードコートに行くことにしました。

myGR300
十號胡同(フートンフードコート)の入り口には、入ってるお店の名前と、料理の鉄人なんかにも時々出ていたチャイランさんの写真が。フードコートとチャイランさんの関係はようわかりませんが、どうやら誉めてもらったことがあるようです

myGR287
ここに来た第一の目的はバクテー・肉骨茶。以前からずっと食べてみたいと思っていたので、事前に調べていた別の店に行くつもりでした。ところがガイドさんにその事を話したら、Lot10の地下のがオススメだということでこちらにやってきた次第。フードコートを一周してロケハンしてるうちに、この店を発見。お店の看板に肉骨茶って書いてあるし、店主が「バクテ、バクテ」と針が飛んだレコードみたいに(←レコードを知らない人にはわからない表現w)連呼してるので、すぐにわかりました。

myiphone022
バクテーは量とかその他選択肢があり、セットか否かもチョイスできます。カタコト英語もあまり通じないので、お互いにメニューを指差しながらやり取りした末、ミニマムなセットを注文することができました。
豚肉スペアリブのごろんとした固まりはホロホロ、その他に干し椎茸も入ってます。肉も美味しいんだけど、要はスープ。一言でいうとかなり漢方が効いた醤油ベースで、見かけまっ茶っ々でも味はさほど濃くなくそのまま飲んでもいいし、ご飯にかけても可。この手の漢方くさい料理が好きなこともあり、とっても気に入りました。ぜひぜひ今後は他の店のも食べ比べてみたいなあ。

myGR291
フードコートなのでどの席で何を食べても言い訳で、骨肉茶食べてるテーブルのそばにあったロースト屋?StarDuckもけっこう良さそうなので、一品取ってみることにしました。

myGR293
下から皮付き焼豚・タレ付き焼豚・焼鴨。これで15.7RM、ということは400円程。個人的にはやっぱり皮付きが好きですねえ。そうそう、ここを含めてアルコール類はメニューに載ってない場合が多かったです。宗教的あるいはその他の習慣で公然とは提供しないんでしょうかね。みなさんそのかわりに紅茶(けっこう砂糖入り率高し?)飲みながら食事されてるようです。

myGR294
お昼をたっぷり食べたせいもありここまででそれなりにお腹は膨らんでいたけれど、フードコートをロケハンした時にSarifah Cafeで目をつけていたものがありました。

myiphone024
「ラクサ」とは、マレーシア、シンガポールの屋台でもっともポピュラーなココナッツ風味のカレー麺です。カレースパイス、唐辛子、各種香辛料&ハーブをミックスしたカレーにココナッツミルクを加えて仕上げたのが「ラクサ」のスープです。インドネシアとマレーシアそれにシンガポールで愛されている国民食です。

確かメニューにはカレーラクサ(9RM・200円ちょっと)って書いてあったはずなんだけど、とにかく上の引用どおりのココナツ風味カレー味のトロッとしたスープの中には、太めの麺が隠れています。具は野菜・スライスした油條(中華風揚げパン)・かまぼこみたいなの、トッピングはフライドオニオン。

myiphone026
うにゃぁ〜これはうまかったなあ。すでに2品食べた後というハンデにもかかわらず、ずるずるイってしまいました。以前なんばの宏亜楼で食べたココナツチキンカレー麺はちょっとしたリメイク版だったわけで、そういう意味では初体験ではないですがけっこうなインパクトを受けてしまいました。
食べてる途中で周りがドタバタしだしたなと思ったら、フードコートの閉店時間が来たらしい。最後のほうは必死こいてがんばったけれど、スープ残してしまってちょっと申し訳なかったです。


フードコートで食べるのってイージーでちょっと敗北感みたいなのがあったんだけど、色んなものが食べられて良かったです。それぞれどれもおいしかったし、この十號胡同はわりといいんやないかなあ。(他に行ってないのでなんともいえんが)

マレーシア旅行記5〜マラッカにて

Posted ish / 2012.09.23 Sunday / 00:08

myGR231
クアラルンプールは大都会、マラッカは古都。(オランダ広場)




myGX475
この街も多民族的で街の表情も多面的。


myGX502

myGXR351
少し天気が悪かったですが、遠くに見えるのがマラッカ海峡。海賊は見えず。


myGR233
個人で行ってたら絶対乗らなかったトライショーっていう人力車にも乗りました。2人掛けのシートに自転車がついてて、おっちゃんが汗だくで漕いでくれるんです。これが予想外にオモロかった。
客が乗るとそれぞれに付いてるオーディオセットでおっちゃんがアドリブで選んだ曲をギンギンにかけてくれるんですが、なんでか知らんが僕らはSmork on the water。後ろの客は北国の春w それぞれバラバラの曲を大音量でかけながら隊列組んでエッチラオッチラ走るもんだから、おかしくておかしくて。


myGX447
で、この日のツアー昼飯。娘惹はネギ娘じゃなくって、「ニョニャ」って読みます。

myGR258
15世紀ごろ、多くの中国人がマレー半島に移り住み、現地の女性(おもにマレー人)と結婚。生まれた子供たちのことをプラナカンといい、彼らが作り出したのが、 ニョニャ 料理です。マレー系の特徴である多様なスパイス使いと、中国系ならではの食材を融合させた料理で、その奥深くやさしい味わいに、日本人にも多くのファンがいます。

myGR261
ツアー飯なんで全然期待してなかったんです。でもこれが予想外においしかった。これまで海外ツアーで経験した中で一番だったかも。

myGR262myGR264
海老を炒めたのとか白菜を炒めたのとかもそれなりによかったんですが…

myGR263
何を使ってるのか全くわからんのですが、この八丁味噌そぼろあんかけ厚揚げみたいなのがやたら美味しかったんです。みそ味としか思えなかったなあ、なんなんやろこれ。

myGR267
それとこのココナツミルクチキンカレーもうまかった。ごろんとでっかいチキンはホロホロ、シャバシャバのカレーをパサパサのご飯にかけて、僕一人で相当食べてしまいました。
この店がたまたまヒットなのかニョニャ料理が好みにあったのかはわからないけど、その他の料理もそれなりの水準でツアー飯としては好印象。ちゃんとしたところでこの料理を食べる機会があればいいのになあって思いました。あと、マラッカのチキンライスボールも試してみたかったなあ。


さあ、マラッカから帰ったら、晩ご飯はフリー、翌日は唯一の自由行動日だ!
PAGE TOP