【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

マーブルチョコ・オレンジ&ビター

Posted ish / 2010.07.29 Thursday / 11:31

マーブルオレンジ&ビター.jpg

コンビニにて発見、帰ってから調べてみたら今年はマーブルチョコ50周年だそうで、それを記念した新商品&パッケージらしい。
…でも待てよ、なんか記憶にあるぞと調べてみたら、この時(コメント欄参照)すでにオレンジ味もあったので、厳密には新味ではないですな。まそれはともかく、オレンジ+チョコの組み合わせも好きなのでこれはこれでOK。ただしビターというからにはもっとビターにして欲しいなあ。

唐揚げ弁当

Posted ish / 2010.07.28 Wednesday / 12:03

唐揚げ弁当2.jpg

時間に余裕があったので、鶏もも肉に下味を染みこませるところから始めて唐揚げ弁当を作りました。ブロッコリーも丁寧に塩茹で、野菜ソテーも作って、なんだかんだやりなから作ってたらトータル1時間強もかかってしまった。こんなことでは主夫にはなれんな(笑)

江南春(神戸・トアイースト)

Posted ish / 2010.07.27 Tuesday / 11:00

江南春1.jpg

神戸の人ってそれぞれ贔屓の中華の店を何軒か持ってる上に、もともとおいしい店が多いもんだから、なかなか新しい店にトライすることができません。今回の「江南春」も初めて知ってから10年くらい経つんじゃないでしょうか。(←ホンマか?) 
大げさかどうかはともかく、ずーっと前から行ってみたかったこのお店に初めて行くことができました。お願いしたのは、旬の食材をアレンジした四季旬菜コース(@4500円)を家族4人で。ちなみに日替わりランチは840円だそうです。


江南春2.jpg

円卓中央にドンと人数分出てくる宴会形式ではなく、1人前ずつサーブがこちらのスタイルです。まず初めに鮮やかなブルーのお皿に7種の前菜が盛られてきました。クラゲ・蒸し鶏・焼豚などオーソドックスな内容で、特にインパクトがあるわけではないものの、いずれも美味でいい予感。

江南春3.jpg

続いては、クコの赤・香菜の緑のワンポイントが目に美しい「鱧とフカヒレの上湯スープ」。中華に鱧って珍しいんじゃないでしょうか。

江南春4.jpg

底には鱧・フカヒレ(切れっ端じゃない)・冬瓜が沈んでいます。それぞれの具もおいしいんだけど、それよかこの上湯スープがすごーくおいしい〜!あっさりしていて奥が深くて滋味が感じられて、今回食べた中でこのスープが一番だったかも。帰ってから調べてみたらこちらのお店、スープが得意技のようです。

江南春5.jpg

前菜・スープで胃が活性化したところで、お次は「花海老と季節野菜のピリ辛炒め」。ジャガイモを揚げて作ったバスケットの中には、海老以外にマコモ・アスパラ・赤ピーマンなどが食欲を刺激するチョイ辛味(豆鼓系かな?)でささっと炒められています。うーん、ビールが進みますなあ。

江南春6.jpg

辛味で活動的になった胃をクールダウンさせるべく「小籠包」。
あーん、食べる時に一つ皮破ってしもたぁ〜もっと食べたかったぁ〜

江南春7.jpg

胃のリズムが変わったところで「牛フィレ肉のオレンジソース仕立て」は、肉質良く甘酸っぱい仕上げが夏向き。この料理だけでなく全般的に色彩がきれい・モダンな感じで目でも楽しませてくれます。

江南春8.jpg

このコース中で唯一何が出てくるかお楽しみの「本日のお料理」は、「鮎の唐揚げ油淋がけ」でした。うーん、中華で鮎が出てくるとはなあ、しかもこの鮎けっこうなデカさなので2重に驚きました。繊細な味の鮎を濃いめの味付けで食べるのは新鮮な体験、塩焼きとの比較は意見が分かれるところですが、これはこれでアリかと。

江南春9.jpg

デンプン質系は、「蛸と大葉のチャーハン」。これも変わってますねえ。個人的にはもう少し大葉が効いてて欲しかったけれど、中華の指標とも言われるこのチャーハンがかなりおいしく、ノーマルなのも食べてみたいと強く感じました。さすがにこの日は追加できなかったので、日を改めて是非に。

江南春10.jpg

そして〆のデザートは「マンゴーシャーベット」。濃厚なシャーベットの上にこれまた濃厚な果肉乗せ、鮮やかなマンゴーカラーが中華な夏を感じさせてくれます。


こちらのお店の定番コース料理は3000円のミニコースから始まり、今回の4500円、以降5000円・8000円・15000円と続きますが、質・量とも今回ので充分満足できるものでした。(そりゃあ上のコースならもっといいもの食べられるんだろうけど)
お店の雰囲気もオシャレなカットサロンみたいな感じで、中華中華してなくってとにかくモダ〜ン。そんなに広くないと思っていたら2階にも席があり、3階(要予約)には個室やバンケットルームもあって合計100席もあるんだそうです。

江南春11.jpg  江南春12.jpg
(上の写真はクリックで大きくなります)
(左)レギュラーのアラカルトメニュー(右)店内の日替わりメニューも魅力的なので、コースを選ばず自分で組み立てることも無論可能。日替わりメニューの中に家族全員大好物のスペアリブの梅肉蒸しを発見、ミル貝もあるし、次回は行ってからオーダーに決定ですな。ここ、思っていたとおりかなり気に入りました。もっと早くから来りゃ良かったなあ。


{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-8-6 電話:078-325-8725
営業時間:月〜土11時半〜14時、17時半〜21時半 日・祝11時半〜21時半
定休日:水曜日

淡路屋の駅弁「牛肉王子」

Posted ish / 2010.07.26 Monday / 11:00

神戸の駅弁屋さんといえば淡路屋。イチロー選手も大好きな「あっちっちすきやき弁当」とか「ひっぱりだこ飯」なんかが最近人気あるのかもしれませんが、僕としてはやっぱり昔ながらの「肉めし」が好きなんです。今はなきシュウマイも大好物だったなあ。

牛肉王子1.jpg

牛肉王子2.jpg

上の写真・神戸牛100%の「牛肉王子」は、肉めしの豪華バージョンと言えばいいんでしょうか(ごはんは肉めしとは違って白飯だけど)。2007年9月に登場したらしいんですが、今回縁あって食べるまで全然知りませんでした(^^ゞ
ソテーした薄切り牛肉は、さすがに軟らかくてジューシーで甘味があって上質、駅弁らしからぬリッチさが感じられます。ただし肉めしと比べるとやや脂ギッシュな感もあるので、あっさり目が好みの方なら、しゃぶしゃぶ風の「松風」(要予約)のほうがいいかもしれません。

大阪駅の名物駅弁・八角弁当を作っていた水了軒が破産するなど、低価格化時代にあって駅弁業界は大変との話を聞きます。神戸名物を作り続けている淡路屋さんにはなんとか頑張っていただきたいものです。

アインでブンチャー

Posted ish / 2010.07.23 Friday / 10:57

暑くなっても食欲がなくなるタイプではないのですが、さすがに熱い料理はできればご勘弁願いたい。ここんとこしばらく野菜不足やなあ、さっぱりさわやかなもん食べたいなあと思ってたら、そうそうと思いついたのが、ベトナム料理アインのブンチャー。
アインブンチャー1.jpg

こちらのお店に初めて来た時に続いて2度目のブンチャーは、わかりやすく説明すると、ブンというビーフン状の麺と野菜を、冷たいつけ汁に浸して食べるつけ麺。甘酸っぱいつけ汁の中には豚肉の焼いたの・肉団子・ピーナッツなどが入っており、これに山盛りの野菜とブンを好みで投入していただくわけです。ガッツリ野菜が採れて、さっぱりしながらもしっかりした具入りのつけ汁と麺の絡みが心地よく、ついついブンをおかわりをしてしまいました(700円+麺と野菜のおかわり100円)。どうせなら野菜も追加すれば良かったなあ。

梅雨が明けてガンガンな夏本番に、ブンチャーがすごく合います。今シーズン中にぜひまた食べに来なければ。

アインブンチャー2.jpg
PAGE TOP