【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

千ちゃん〜讃岐うどん巡礼2009-3その4

Posted ish / 2009.06.30 Tuesday / 11:00

千ちゃん1.jpg

讃岐うどんの原材料の小麦の品種の一つに「さぬきの夢2000」ってのがあるんですが、これを100%使ってるお店を「さぬきの夢2000こだわり店」として香川県が認証しているそうです。今回4店目の「千ちゃん」はそんな中の一軒。正直なところ、僕には小麦の違いまではわかりませんが、とにかくこだわっているということはわかるわけで、小麦色な外観も相まって、否が応でも(笑)期待が高まります。

千ちゃん2.jpg

店内に入ってメニューを見て、あれっ?と思いました。各所でうどんを食べまくっているツアーコーディネーターのWakkyさんでさえ同様。というのも「釜かけうどん」の意味がわからなかったからです。釜あげならわかるけど、これはどうしたってあったかいから、ひやあつやひやひやなんて有り得ないし。
その後うすうすわかったのは、この店では茹で置きはせず注文があってから茹で始めるので、いわゆる「かけ」を、茹でたてという意味も込めて「釜かけ」とネーミングしたのではないかと。

千ちゃん3.jpg

当初は別のものを注文したのですが、一から茹で始めているのがわかったので、急遽釜あげに変更してもらいました。釜あげとして食べるなら、もうちょっと太い方がよりおいしいかも知れないなと思ったけれど、それは贅沢というもの。4軒目ということを全く意識せず、あっという間に喉を通っていってしまいました。

千ちゃん4.jpg

釜揚げを食べ始めてすぐに、どうしても冷たいのも食べたくなって、しょうゆうどんを追加オーダーしてしまいました。しょうゆはこのメニュー専用のやや甘味が効いた特製。多めにかけても辛すぎることはありません。うーん、これ、なんて表現していいのかわからんのですが、とにかくおいしかったし、僕好みで、追加して大正解でした。ツルツルクニュクニュシコシコ。

千ちゃん5.jpg

一杯目を茹でている間に僕ら一行の前に顔を出して色々話しかけてくれたご主人・寺島千祐さんによると、
  • しょうゆうどんはかつては裏メニューだったけど、追加で表メニューになった(なので、壁に貼られたメニュー表の左端に付け足されています)。
  • 実はこのしょうゆうどんには、(密かに)絶対的な自信を持っている。
  • 県外の人はかけを食べたがるけど、ほんとうに旨いうどんならやっぱりしょうゆ。
とのこと。その他、さぬきの夢2000の後継種がもうすぐ決まるとか、なんだかんだととにかく話好き。
うどんももちろんおいしかったけど、話も超面白くてキャラが際だちます。こちらのご主人と「百こ萬」のご主人をゲストにお迎えして、トークショーやったらさぞやおもろいやろなあ。(ってうどん巡りには変な感想ですが)

よしや〜讃岐うどん巡礼2009-3その3

Posted ish / 2009.06.29 Monday / 11:00

よしや1.jpg

今回の3軒目は今年初めにできたばかりの「よしや」。真新しい外観からフレッシュなパワーを感じます。で、こちらのお店は見かけは新しいんだけど、ある意味では古いともいえるかもしれません。

よしや2.jpg

お店の前に高々と掲げられた看板や、入り口ドアに書かれた「純手打うどん」「ALL HANDMADE UDON FACTORY」の文字は、こちらのうどんが機械を使用せず全て手作りで作られていることを示します。うどんを作る工程でなんらかの機械を使うのが当然の時代にあって、あえてこの道を選んだ店主の心意気や如何に。


よしや3.jpg

店名リンク先に記載されているように「『宮武が閉めるんなら自分でやったらええわ』・・・で、起ち上げた店」ゆえ、その筋の方には一目瞭然、先日突然に店を閉じられた「宮武」の流れを汲むメニュー。
…とエラそうに書いてても、僕は宮武では食べることがないままでした。残念。
こういうお店の形態で朝7時から食べられるってうらやましいですね。

よしや4.jpg

チョイスしたのはひやひや。麺の太さが均一ではなく、ねじれていたり太さが途中で変わっていたりしているのがおわかりいただけるでしょうか。(上の写真クリックでアップになります)
この不均一さがこちらの麺の一番の特徴。口の中へとうどんをすすると、一定したリズムではない凸凹した食感を感じます。これを良しとするかどうかは好みが別れるところかもしれませんが、僕的にはそれが却って新鮮で野趣があって面白かったです。普段あまり意識したことがないんですが、香りも立っているように感じました。後のことを考えて控えたけど、しょうゆうどんで食べてみて、このうどんの個性をもっとストレートに感じたかったなあ。(でもかけだしもおいしかったし後悔なし)

山神うどん〜讃岐うどん巡礼2009-3その2

Posted ish / 2009.06.28 Sunday / 18:13

山神うどん1.jpg

今回二軒目の「山神うどん」のお店の向かい側は、広々とした田んぼ。母屋に隣接するこぢんまりした造りの店舗と相まって、入店する前からなんとなくほんわかしたいい感じのやさしいオーラを感じました。

山神うどん2.jpg

外観どおりコンパクトな店内は、セルフスタイルではなく注文したらうどんを持ってきてくれる一般店。シンプルでシンメトリックなメニューが、お店のカラーを表しているような気がします。

山神うどん3.jpg

お店の広さの割には天ぷら類が豊富で、全部で3バットありました。こちらはそのうちゲソ天(奥)と、えびが入ったかき揚げ。初っぱなから天ぷらカード切ってしまったばかりなのに、誘惑されまくりの品揃えです。

山神うどん4.jpg

結局誘惑に負けた天ぷら3兄弟。ゲソ天が一番食べたかったけど連発はナニなので、僕はちくわ天にしました。これ、ほんのりあったかくておいしかった〜

山神うどん5.jpg

うどんはシンプルにしょうゆうどん小をチョイス。あれっと思うくらい小さな器に入って出てきましたが、厚みが薄いので見た目以上にきっちり入っています。やや細めながらも、透明感があって適度にエッジが立っていて、しなやか。

山神うどん6.JPG

こちらのしょうゆうどんは、麺をざるにあげないでそのまま丼にいれているそうです。なので、麺をしめた(洗った)粉っけを含んだ水分も丼に入るわけで、これとしょうゆとが合わさったある種の「かけ汁」で食べてもらいたいってのがその理由。スパゲティのソースを作るときにゆで汁を加えるのと同じ考え方がおもしろいです。
コシがありゃあいいってもんではないってことを改めて感じさせてくれる、すらりとしたおいしいうどんでした。いいなあ、ここの。次回来てもまたしょうゆうどんにするだろなあ。

宮川製麺所〜讃岐うどん巡礼2009-3その1

Posted ish / 2009.06.27 Saturday / 23:59

20090627讃岐.jpg

というわけで、今年に入って3回目の讃岐うどんツアーに行って来ました。道路料金が安くなったお陰で、以前に比べて気楽に行くことができます。何人かで行った方が楽しいのは間違いなし、でもあんまり大人数だと動きが取りにくいので、いつものように車2台くらいがちょうどいい感じです。
同行者のうち、今のところWakkyさんおがちゃんK1郎さんのとこでもエントリがあがっているので、ご参考くださいね。

宮川製麺所1.jpg

今回の1店目は「宮川製麺所」。梅雨入りしたとは言えほとんど真夏のような今日この頃、お店の前に立て掛けられたよしずがいい感じです。

宮川製麺所2.JPG

今回の幕開けをどう食べるか悩んだあげく、ぶっかけ+いきなりのゲソ天カードを切ってしまいました。(多分麺140円天ぷら80円) 毎度ながら、これで220円はめちゃコスパ高いなあ。
細めの麺なので優しい感じかなと思ったら、予想以上に細腕繁盛記(古〜ぅ)な麺で根性ありました。Wakkyさんのかけうどんをちょっと拝借したら、ちょっと丸くなっててこれはこれでいい感じでした。イリコの効いただしもおいしかったし、次回はこっちをいただくことにしましょう。(憶えていたら)

棒々鶏風

Posted ish / 2009.06.26 Friday / 11:00

蒸し鶏.jpg

塩こしょうして日本酒振りかけてショウガのかけらを乗せて(ネギなかった)、蒸籠に入れて蒸すことしばし。冷えてから細かく切って細切りキュウリの上に乗せて、すりゴマのサラダドレッシングを適量かけて。
なんてことないねんけど、こういうのが今の季節のビールによく合います。
PAGE TOP