【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

おおの(大阪・九条)

Posted ish / 2009.05.28 Thursday / 10:28

ちょくちょくやってくる大阪の九条あたりは、庶民的で気さくな雰囲気の街。そんなゾーンにこんな店なんてあるわけないと思ってたら、なんとフレンチのお店があるんです。

おおの1.jpg

看板に「カジュアルふれんちれすとらん」と書かれた「おおの」の店頭には、まさにその看板通り、フランス国旗(ちゃんと写ってなくて申し訳ない)と何台もの自転車が並んでいました。中央大通りより一本南側の筋の住宅街にあるので、偶然発見することはまずないでしょう。この場所で、それもフレンチをもう4年半続けられているということだけで、このお店には何かがあるに違いないとわかります。

おおの2.jpgおおの3.jpg
(上の写真はクリックで大きくなります)
(左)お昼時の日替わりメニューは2種。恐らく毎日肉系魚系から選べるようになっているのでしょう。850円とこのあたりならやや高めのランチ価格とはいえ、フレンチだからまあしゃあないか。オプションの価格設定がなかなかニクく、ついつい追加してしまいそうなシステムです。
(右)レギュラーメニューもあり。夜メニューを見るとステーキがお得意なようなので、ハンバーグもいいかも。

木目調のおしゃれな入り口から店内にはいると、8人分ほどのカウンター席と2人がけのテーブルが5席で、九条とは思えない(失礼)しゃれた雰囲気。ただし表の自転車から想像したとおり、平日昼間ということもあって客層はとくにめかし込んだ風でもない普段着のご近所奥さん中心で、仲良しどおしの話に花が咲きまくっていました。

おおの4.jpg

フルサイズのポタージュ(じゃがいもと人参)と薄めのパンに続き、出てきたメインは「鴨のオーブン焼き赤ワインソース」。この季節に鴨っちゅうのもなあとは思ったけど、肉気分だったのでこっちをチョイスしました。
肉質ジューシーでソースも洋食風でなく、やっぱりこれはフレンチ。ワンプレートランチっぽくご飯とパスタが盛られており、それぞれのボリュームはそれほどでなくても食べ終わったらけっこう満腹感ありました。

おおの5.jpg

せっかくなのでコーヒー(100円)とデザート(200円)を追加しました。この日はブラウニーっぽいのと、(わざと)半分凍った状態のチーズケーキ。こちらのシェフはもともとパティシェだったとのことで、ここのランチが奥様方に人気なのもわかります。

目立たない場所であっても長年続けられているのは、地元のお客さんをがっちりつかんでいるからでしょう。ちょっとゆとりを楽しみたい時のお店として、いいポジョショニングだなあと思いました。夜のフレンチ懐石おまかせコース(5000円)ってどんなんだろ。


{お店データ}
住所:大阪市西区九条南2-10-12 電話:06-6582-9373
営業時間:11時半〜14時半、17時半〜22時半 定休日:水曜

酒菜屋・一休(神戸・長田)

Posted ish / 2009.05.26 Tuesday / 11:11

ちょっとした用事で長田に行くことになったので、おがちゃんおすすめの「一休」に行ってみました。

一休1.jpg

長田商店街を北上して、神社への道とのY字交差点あたりにあってわかりやすいです。子供の頃はこのあたりにしょちゅう出没していたので、土地勘はバッチリ。1階はカウンター席とテーブル席、2階にはお座敷があるそうです。

一休2.jpg

おがちゃん情報でネタがいいと聞いていたので、まずは造り盛り合わせ(1500円)をば。7種類と予想以上にバラエティに富んでいて確かに新鮮、この内容でこの価格はかなりコスパがいいです。

一休3.jpg一休4.jpg
(上の写真はクリックで大きくなります)
(左)地鶏の白肝造り(600円)。これまた鮮度が良くてぬったりとした甘味がうまい。もうちょっと食べたかったな。
(右)ボリュームたっぷり蒸しホルモンは680円。メニューには長田名物って書いてあったけど、僕的には初めてでした。ちょっと見た目がグロいですが、すごく柔らかくて旨味がたっぷり。ここでビールから焼酎ロックに乗り替え、重めの赤ワインなんかも合いそうです。

一休5.jpg

焼鳥は砂ズリ(3本300円)・軟骨入りミンチ(380円)・肝(380円)とうれしい価格な上に、ヘタな焼鳥屋など比較にならないくらい。ここ、鶏料理関係だけでも充分楽しめると思います。

この他、キスの天ぷらとか焼穴子とかも食べましたが、どれを取ってもとにかくネタが良かったです。よっぽどいいルートを持ってはるんでしょうねえ。そのわりには庶民価格なのがさすがは長田、三宮だったら1.5倍はくだらんでしょう。お店のほぼ向かい側がバス停なので、兵庫駅あたりからバスに乗って行ってもいいんじゃないでしょうか。


住所:神戸市長田区大塚町2-2-7 電話:078-631-4365
営業時間:11時半〜14時、17時〜23時半 定休日:不定休

ハーバーランドで釜揚げうどん

Posted ish / 2009.05.25 Monday / 11:00

丸亀釜揚げ.jpg

ハーバーランドに行ってて小腹が空いたので、プロメナの丸亀製麺へ。
数日前にテレビで「長田in香の香」が出てたもんで、釜揚げうどん食べたいなあ、でもここは実は湯だめかなあと思いながら列に並んでたら、僕の少し前で麺が茹で上がりました。お、こりゃラッキーかと思っていると、前の人が釜揚げ頼んでて正真正銘であることを確認。迷わず僕も後に続きました。
釜揚げ(大)380円+あさりのかき揚げ150円。かき揚げおいしかったけど、結果としては不要だったかも。それだけ、たっぷりしょうがを入れただしにどぼんとつけて食べる茹でたてうどんだけで充分満足できたってこと。

どうやらたまたまではなくて、いつでもほんとに釜揚げは釜揚げなのかな。大した?もんだ。

某ランチ×3

Posted ish / 2009.05.22 Friday / 11:00

某ランチ1.jpg

職場近くの薩摩料理屋の昼定食は、全然薩摩っぽくないけど土台がしっかりしてるからどれもおいしい。まずもってご飯・お味噌汁がちゃんとしてるもん。
いつも定食は3種類、肉系魚系など好みと気分に合わせて選択可能。この日はなんとなくハンバーグ食べたいなあと思ってたら、ドンピシャ。まったくの手作りで、ここのはおいしいのだ!ヘタな洋食屋よりよっぽどいい。


某ランチ2.jpg

某お好み焼屋?のウリは生麺の焼きそば。注文してから太めの生麺を茹で、茹でたてを焼いてくれる。広島でお好み焼食べたとき、そば入り頼んだら生麺茹でてくれたのはみっちゃんだったか。うー、旅に出たいぞ。
おいしかったんだけど、太めモチモチの生麺より細めをざっと炒めた方が好みなのは、神戸っ子だからか。

某ランチ3.jpg

今日はカレー!と思ってお気に入りの店に行ったら休みorz。どうしようかと思ってたら、気になってたけどあまりに怪しくて入ったことなかった数軒隣の定食屋店頭に「スジカレー・サラダ付き500円」の文字を発見。既にカレーの胃袋だったので、オートマチックに注文したら、中途半端な時間かかってこれが出てきた。一から作ってるのではないだろうし、単なるレトルトでもないだろうし正体不明。やたら根菜がゴロゴロ入ってて、スジ肉もけっこうなボリューム。付け合わせのサラダが家庭っぽくておいしい。特別旨くはないけど、たまに発作的に食べたくなる系かな。

丸萬(神戸・新開地)

Posted ish / 2009.05.20 Wednesday / 11:37

丸萬1.jpg

某平日の昼間、例によってふらふら歩いていてあんまりにも喉が渇いたのでひょいと入ってみたのが「丸萬」。位置的には湊川というか新開地というか福原というか。パルシネマの向かい側なので、とりあえず湊川としときました。

丸萬2.jpg
ゾーン的には一見はちと腰が引けるんだけど、意外にも入ってみたら年齢層高めでアットホームな雰囲気でした。アテもおいしかったので、今回妻と再訪した次第です。
まずはポテサラ(300円)でスタート、新玉ねぎのせいなのか甘味が効いていて、芋の形がほぼ崩れたクリーミーなタイプ。まったりとしておいしいです、これ。

丸萬3.jpg

店内はカウンター席とテーブル席、2階席もあってけっこう広め。この日は板さん以外の店員さんは全員おばちゃん(4〜5名)で、愛想もサービスもいいです。例えば20代の女性客2人で行っても全然OKじゃないでしょうか。
きずし(300円)もやや甘味が効いていますが、うまい。お客さんの年齢層が高いから全体的に甘めの味付けなんでしょうか(悪い意味じゃないです)。

丸萬4.jpg

看板の焼き鳥、ポテサラや土手焼みたいな如何にもなアテ系の他、寿司・トンカツまでそろっていて、かなりメニュー数豊富です。黒板には海鮮系の品書きも充実しており、その中から上の写真はアブラメ新子のカラアゲ(500円)。からっと揚がった身をパクッといくと、細いからだに似合わない濃い目の旨味にほのかなはらわたの苦みがホワンと漂ってきて、ビールによく合います。

丸萬5.jpg

今回座ったカウンター席の目の前が板場だったので、作ってるのが見えて楽しいやら感心するやらの特等席でした。この手羽(元)の塩焼き(500円)は、作り始めてから出来上がるまで15分ほどかかったでしょうか。写真ではわかりにくいのですが、焼鳥専門店でもこれだけ立派なのにはなかなかお目にかかれないほど、かなりデカくて食べごたえあり。分厚い身をじっくり焼いてくれるから時間がかかる訳で、こういう待ちは大歓迎です。

丸萬6.jpg丸萬7.jpg

お店に入った当初は軽めにしてもう一軒行こうと思っていたのに、妻も妙に気に入ってしまったので結局長居してしまい、とうとう〆に箱寿司2種まで注文してしまいました(焼穴子の箱・バッテラとも500円)。コンパクトなサイズで軽くつまめるのがよろし。焼穴子は、箱ならこれくらい薄くならねばならぬの極めてスタンダードな感じ。一方のバッテラは、最初にオーダーした同じきずしが箱寿司へと仕上がっていくサマを眺めるのも楽しく、おやつっぽくていい感じでした。

お気づきかも知れませんが、今回のメニューはいずれも@300円or500円。別に安いのを選んで頼んだのではなく、食べたいものを頼んだらこうなりました。一番高いのでも1000円くらいだったかなあ。
とにかく安くておいしくて、仕事が丁寧なのが印象的。フツーっぽいけど、色んな意味でかなり気に入ってしまいました。オススメ。


{お店データ}
住所:神戸市兵庫区福原町27-5
電話:078-575-4184
営業時間:11時半〜21時半
定休日:火曜

※今になって、メトロ神戸にある丸萬の本店と判明。そうやったんか〜
PAGE TOP