【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

東京味巡り3〜「天丼讃」と「土手の伊勢屋」(三ノ輪)

Posted ish / 2008.10.31 Friday / 10:43

注:かなりな長文です。読んでいただけるなら嬉しいですが、そのおつもりで。


手元に、1984年発行の文春文庫「東京たべもの探検」という本があります(季刊誌「くりま」8号「東京人の食」を再編集したもの)。この中に、当時東大助教授(フランス語)でいらした冨永明夫さんが書かれた「天丼讃」という16ページほどの文章が載っているのですが、僕にとっては20数年前に初めて読んで以来今に至るまで、この天丼讃が「食べ物に関するナンバーワン文章」なんです。
出来れば写真と共に全文引用したいところ、そうもいかないのが大変残念なのですが、何が素晴らしいかと言えば、とにかく文章が簡潔明快的確。難しい言葉や言い回しなど全然使ってないのに、全くスキを感じさせずレベルが高い。そしてなにより、江戸っ子である筆者が子供の頃から慣れ親しんできた「天丼」という食べ物に対する愛が、溢れんばかりに文章の中に充ち満ちていること。
いやー、食いしん坊なら、いやそうでなくても、この文章読んだら、今すぐにでも天丼食べに走り出したくなるような、ほんとうに素晴らしい名文です。例えば、文中の「天丼はかくあるべき」という項目をいくつか抜き書きしてみますと、
  • 天丼は上品ならざるべきこと
  • 天丼は東京風なるべきこと
  • 天丼は誠実に作らるべきこと
  • 天丼は誠実に食さるべきこと
などと一見独断的に思えますが、文章を読めば大いに共感すること間違いなし。気っぷが良くてお人好しで、頑固に見えて実はシャイな江戸っ子堅気が伺える名フレーズがいくつも散りばめられているんです。僕はまったくベタベタの関西人ですが、こういう昔ながらの東京の世界は大好きなんですよね。

上記リンク先にも記載されているとおり、冨永さんが天丼六佳撰としてお選びになったうち、半分以上が今はお店を畳まれているそうです。そのうちの一つにでもいつか行かねばと思いつつ、たまにしか上京する機会がないのでなかなか天丼まで手が(口が)回らず数十年経過。そして4年ほど前のこと、その六佳撰には選ばれなかったものの、素晴らしく魅力的な天丼屋・「土手の伊勢屋」があることをこのfoodishがきっかけである方に教えていただきました。

伊勢屋1.jpg

このお店の最寄り駅・三ノ輪は東京の中心部からやや離れていて、近辺に有名な観光地はありません。ここで天丼食べたいなら、ほぼそのためだけに行く覚悟が必要。また超人気店なので、場合によっては長時間待つ覚悟が必要。その手の覚悟をしつつ、やっとその機会が来たと3年前にトライしたところ、見事撃沈した経験が僕にはあります。

今回上京するに当たり、伊勢屋のことは初めから頭にありました。でも行くとしたら週末になるからすごく並びそうだし、前回撃沈したトラウマもあるし、どうしようか迷っていました。
築地で3時間並んだその日、そこから秋葉原に移動してウロウロ捜し物をし、気がつけばすでにお昼を過ぎていました。さて昼飯をどうするか。当然伊勢屋のことは頭にあったけど、土曜だから混んでるだろうし、今から行ってもお昼の営業時間ギリギリ。もう並ぶのはイヤだし目前で「閉店しました」もイヤだし…………
ええい!迷っててもしゃあないわい!並ばされようが目前でシャットアウトされようが、それもネタになってえええやないか!と、結局のところやや自虐気味になって、そわそわと三ノ輪に向かったのでした。
続きを読む>>

東京味巡り2〜初めての築地・寿司大

Posted ish / 2008.10.29 Wednesday / 11:07

何度も何度も東京に行ったことがあるのに、これまで一度も築地には行ったことなかったんです。こんなに食べ物に興味があるのに、我ながら不思議。
今回は(結果として)割とスケジュールに余裕があったので、是非築地を体験してやろう、それもどうせなら早朝から寿司!とミーハーにイってみることにしました。数ある中から選んだターゲットは、築地の超有名店「寿司大」。決行したのが土曜だったので長時間待つ可能性もあることを承知でトライ、お茶の水発5時過ぎの電車で築地に向かいました。

到着しても何しろ初めてだしまだ薄暗いもんで、方向的には合ってるはずと思いつつ多少気持ちに迷いがあり、お店にたどり着くのに手間取ってしまいました。到着したのは5時45分。店の前には15人ほどしか列ができておらず、さすが早起きした甲斐があったと思ったら…
続きを読む>>

東京味巡り1〜グリルエフ(五反田)

Posted ish / 2008.10.28 Tuesday / 11:02

これまでに東京で何度か洋食を食べたことがありますが、関西に比べるとなんだか位置づけがやや高級なような感じがします。値段はもとより、雰囲気もなんとなく緊張感漂うような。もちろん庶民的で気さくなお店もあるけれど、洋食食べるなら関西の方が色んな意味でバランスがいいような気がして、いつの日からか東京ではそんなに食べたいと思わなくなってしまいました。
ところが。

グリルエフ1.jpg

ここ数年来ずっとビターなデミグラスソースを探し続けていたところ、かなり強力に気になるお店に出会ってしまいました。近くだったらすぐにでも行くんだけど東京なのでそういうわけに行かず、機会を待ち続けること数ヶ月。今回やっと望み叶って、目指すお店「グリルエフ」の前ではやや興奮してしまいました。おかげで、激しい雨が降る昼下がりということもあって写真ブレ気味(かなり修正しました)。JR五反田駅東口からすぐの路地をちょこっと入ると、ソース同様重厚な外観がいい感じです。

グリルエフ2.jpg是非この手書きメニューを読んでいただきたくて、今回はクリックすると特大サイズになるようにしました。「牡蛎はじめました」の文字が超魅力的ですねえ。普通ならソテーと表記するところ、こちらではソーテーになってるのが面白いです。いかにも洋食というメニューなのにフレンチっぽい雰囲気がプンプン漂うのは、25年前に先代がフランス料理店としてオープンされたからでしょう

僕がここでまず食べたかったものは、何故かメニューに載っていないハヤシライス(1200円)。裏メニューとはいえかなり有名で、お昼時はかなりのハヤシライス率と聞いています。お店のサイトでも、写真は出てくるのにメニューには載っていません。なんでなんかなあ。

グリルエフ3.jpg

最初に言い訳しておきますが(そればっか)レトロチックな店内はとてもいい雰囲気ながら、照明はかなり薄暗く、写真を撮るには超難しい環境。出てきたら一刻でも早く食べたいという思いがあるもあり、またしても手ブレ写真になってしまいました(^^ゞ

というわけで、出てきたハヤシライスはビーフ・厚めに切った玉ねぎ・マッシュルーム・飾りのグリンピースのみで、見たとたん「お〜、これこれっ!」と言いたくなるかなりな暗褐色。僕にとっての洋食の原点である、神戸新開地のグリル金プラを思い起こさずにはいられない炒め系のハヤシです。このほろ苦い味を、絶賛する方もあれば焦げてると思われる方もあるそうで、まあこちらとしてはこの苦みを求めてきたわけで。
結果としては、僕の記憶の中で理想とする味ではなかったけれど、かなり近い距離にあってちょっとベクトルが違うおいしさでした、と書いてもなんのこっちゃわからんですね。僕としてはもうちょっとビターさが欲しいと思う一方、こちらのはその代わりになんらかの調味料(醤油?)っぽい風味が立ってくる、という感じ。とはいえ、これはこれで大変美味しくて僕の好みのソースでした。

事前の予想通り、ここではもっといろいろ食べてみたいなあという欲がわんさか湧いてきます。シチュー系はもちろんのこと、仔牛カツレツもカニコロッケもカキソーテーも平目ムニエルもクラブカクテールも食べてみた〜い!!今度来れるのはいつのことやら…


{お店データ}
住所:東京都品川区東五反田1-13-9 電話:03-3441-2902
営業時間:11時〜14時半、17時〜21時 定休日:日曜・祝日
こちらのサイトもご参照下さい。

東京から帰ってきました

Posted ish / 2008.10.27 Monday / 00:44

tokio.jpg

久しぶりに、金曜から3日間行ってきました。自分なりに、今回はいつも以上に意義深い旅だった気がします。
これからしばらく東京ネタが続きます。こちらもけっこう充実してたので、お楽しみいただければ幸いです。
PAGE TOP