【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

久々の奈良

Posted ish / 2008.05.31 Saturday / 23:10

nara4.JPG

1週間ほど前のこと。JRの駅にあったチラシで、奈良の唐招提寺にある東山魁夷画伯の障壁画が5月31日から6月8日まで公開されることを知りました。今まで展覧会では見たことがあるものの、いつかは本来の場所で拝見してみたいとかねがね思っていただけに、よし今回こそはという気持ちがムクムク。
それに加えてこのチラシによると、すぐ近くの薬師寺では3月20日から6月15日まで平山郁夫画伯の壁画も公開されているとのこと。つまり、今行けば両方の絵が一度に拝見できる!というわけで、こんなおいしいタイミングを知ることになったのも何かの縁、早速その初日に行ってきました。

nara1.jpg

初めて訪れた唐招提寺は、静謐で落ち着いた空気に満ちていました。御影堂の入り口から廊下を歩いていくと、目に入ってきたのは「本来の場所にある『濤声』」。思わず「うわっ」と声が出てしまいました。
本来は絵を公開するのが目的ではない催しなので、お参りをしてじっくり拝見。畳の上に座って何を考えるでもなくそれぞれの絵と部屋を眺めていると、あっという間に時間が経ってしまいました。

薬師寺では、修学旅行生に混じって法話をうかがいました。あまり聞く機会のないプロの話芸に、大笑いしたり感心したり。ごく自然なままの状態で置かれている唐招提寺に比べ、こちらの絵は完全に温度・湿度とも管理されており、お寺ともども対称的な印象でした。それにしても、バーミヤンは本当に残念なことです。

唐招提寺に着いたのが9時半と比較的早かったせいもあるのか、土曜にもかかわらずそれほどの人出ではありませんでした。お寺の方にうかがったところ、午前中は比較的空いている・今日は雨模様なのでちょっと少ないかも・でも例年大体こんな感じ、とのこと。もっと混雑してると覚悟していただけに、ゆっくり見られて嬉しい反面、ちょっと肩すかしを食らった感じもありました。期間は来週末までなので、時間と興味のある方はぜひ行ってみて下さい。


さて、2箇所をゆっくり拝観したら時刻はすでに14時前。目的を果たしたら、急に空腹感が襲ってきました。薬師寺からとぼとぼ歩いて、昼食はあらかじめ目星をつけていた「倭膳・たまゆら」へ。

nara2.JPGnara3.jpg

ランチタイム30食限定の季節弁当たまゆら(2100円)は、二段重ねのおかずに赤だし・季節のご飯・デザート・ソフトドリンクがついて、充実した内容。柿の葉すしの老舗・平宗が母体とのことで、おみやげに買って帰りました。


うーん、一度で何度もおいしいというか、充実した一日に満足。奈良に行く機会ってあんまりないんですが、やっぱりこっちはこっちで色々と面白いですね。

宏亜楼で食べまくってきました(大阪・なんば)

Posted ish / 2008.05.30 Friday / 15:10

つい先日ランチタイムのチキンライスセットを食べたシンガポール料理店・「宏亜楼」に、同僚とディナーしに行ってきました。前回は食事の後から仕事だったので、飲めなかった&飲みたくなるようなものは食べられなかったので、今回はそのリターンマッチとでもいいましょうか。どうしても食べたいものもあったし。

(以下の小さな写真はクリックで大きくなります)

koua1.jpg

まずは北京ダックサラダ(880円)。あちらではドレッシングにフルーツを混ぜて使うケースが多いそうで、これはライチ風味でした。ほの甘く上品な香気が肉類と一緒に食べる野菜にマッチしてて、おいしい〜

koua2.JPGkoua9.JPG

(左)カンコン・ブラチャン(880円)・激辛干しエビペースト風味の空芯菜炒め。シャキッ・ピリッでビールが進みます。
(右)大海老のチリソース(1280円)はかなり立派なエビでした。気を使ってくれているのでしょうが、全体的に辛さは抑えめ。お願いすれば辛味増量可能だそうです。

koua3.jpg
これこれこれ!
koua4.jpg

とにかくこのシューヨ・皮付きチャーシュー(1050円)が食べたかったんです!皮んところはカリッと音がするくらいパリパリ、身の部分は適度な歯応えでジューシー。何も付けずこのままで、もぉう〜めちゃウマッ!前回ランチに来た時すでに目をつけてたものの、これをビールなしで食べるのは拷問だと思ったもんでガマンしてたんです。飲茶の一品として食べたことはあるんですが、これだけドカッと出てきてシアワセ。もう一皿追加しようかと思ったくらいです。

koua5.jpg

同じ豚肉のローストものとはいえ、まったく性格が違うハニーチャーシュー(1050円)。ハチミツベースのタレでコーティングされたチャーシューは、皮付き以上にジューシーでトロリ。甘味と豚肉の味がマッチしていて、こっちはこっちでおいしいなあ。

koua7.jpgkoua8.JPG

ロースト系3連発の北京ダック(Aセット1500円)は、中華のとは違って皮だけでなく身も一緒に食べます。白ネギ・キュウリ・甘味噌とともに熱々マントウ(計4ヶ)に挟んで、アングリ。皮だけのもおいしいけど、ほんのり赤味がかった身と一緒だと両方楽しめるしボリューム感もあります。

koua6.JPG

これも前回気になっていたココナツチキンカリー麺(850円)は、シンガポール料理というかこちらのシェフのオリジナルだそうです。あぶった薄揚げが載っかってるのがカレーうどんぽくて面白く、スープに合ってました。カレー風味もココナツ風味も程度が上品、予想以上に洗練され?ててクセになる味。すごくおいしかったんだけど、個人的には両風味とももう少し強めに来てくれた方がいいのではないかと、生意気なことをお店の人に参考意見としてお伝えしました。これもかなり気に入ったので、ややクッキリ系にしてもらって改めて食べてみたいです。


その他2,3品食べてビール飲んで紹興酒飲んで大満足でした。
以下、補足。
  • ローストのチキンライスも予約すればできるそうです。
  • 僕等の意見が効いたのか(笑)、えて吉さんのところで書かれているインパクトあるマレーシア系の「バクテー(肉骨茶)」を近々始められるそうです。ただし、手間がかかるので作るのは月に3回程度とのこと。
  • サービス担当の女性とシェフは、ご夫婦でした。こりゃ強力だわ。

トング買いました

Posted ish / 2008.05.28 Wednesday / 13:15

そんなに料理上手でもないのに、すぐにあれやこれやと調理器具が欲しくなります。「弘法は筆を選ばず」ではなく、まさに下手の横好きってやつですな。

そんなヘタクソが欲しかったものの一つが、トング。ソテーや炒め物をする場合には菜箸や木べらなんかを使ってきましたが、お箸の万能性は認めはしても、簡単に掴めて炒め物にも使えるいいトングが欲しいなあと以前から思っていました。
この手のキッチングッズは最近100均でもいいのが一杯でてるので、ことあるごとにいろなお店を覗いてきました。金属製はよく見かけるんだけど、テフロンコーティングしてあるフライパンには使えないし、ナイロンなんかの樹脂製だと耐熱温度が200度前後なので、なんだか溶けてきそうな気がするんです(実際にはそんなことないんでしょうけど)。100円ではさすがに無理かと東急ハンズなんかでも探してみたんですが、なかなか気に入ったモノに出会えなかったんですよね。

そうこうするうちに見かけたのが、「こんなの食べたよ」のえて吉さんとこのエントリ。ふむふむ、同じ様なこと考えとるんやなあ、そうかこれ買ったんか。僕もハンズで見かけて気になってたけど、確かナイロン製やったなあ。けど、使いやすそうでええなあ…
…と、知らず知らずのうちに引き込まれてしまい、いつか気に入ったのに出会えりゃいいか程度だったのに、いつの間にかネットでの検索モードに入ってしまいました。

トング.JPG

で、出会ってしまったのがこちらのCuisiproシリコンロッキングトング(S)。多分えて吉さんのと同じメーカーので、こちらは先の部分の素材がシリコンで出来ています。最近はオーブンのクッキー型もシリコン製がたくさん出てるそうで、耐熱温度は300度だから炒め物や揚げ物に使っても全然平気。ナイロン製でも問題ないとは思いながら、「より何も気にしなくていい」ほうを選びました。少しだけ高いんだけど、今回は楽天の溜まっていたポイントを使ったので結果的には数百円の出費で済みました。

他の方のレビューを参考にサイズはSにしたところ、これで正解。Mだと長すぎて扱いづらかっただろうと思います。用途によって、例えば熱源から手を遠ざけたい場合なんかには有効なのかも知れませんね。
使い始めて感じたのは、菜箸に比べて掴むのがまるっきり簡単なこと。ま、これは当たり前なんですが、ソテーものなんか材料をひっくり返すのがすごくラクチンです。予想以上だったのが、炒め物がやりやすいこと。木べらなんかと同様にかき混ぜることも出来るし、ざくっと掴んでほぐしたり火の通りやすい場所に移動させたりがしやすいので、よりスムースに料理できるような「気」がします。

ただし味見する時は、トングより菜箸のほうが直接口に入れやすいなあ〜。(←良い子はこんなお行儀の悪いことはせず、一旦お皿に取ってから味見しましょうね)

カフェキッチン・aiai(神戸・湊川)

Posted ish / 2008.05.27 Tuesday / 11:46

aiai1.JPG

神戸新鮮市場が近いせいもあるのでしょうが、湊川近辺にはいい洋食屋さんがたくさんあります。ヒマを見つけては次から次へと渡り歩いているのですが、有名な「赤ちゃん湊川」の斜め向かいにある「aiai(アイアイ)」はつい最近までその存在に気がついていませんでした。表通りに面しているし店構えもけっこう派手なのに、喫茶店だと思い込んでしまう雰囲気があるからでしょうかね。

aiai2.jpg(左の写真はクリックで大きくなります)

店内は予想以上に広め、そのうえ地下にも客席があるそうです。日替わりの定食を初めとするメニューは、各種定食、カレーやオムライスなどのライス系バリエーションなどかなり豊富。サンドイッチやデザート、アルコール類なんかもそれなりにラインアップされていて、かなり守備範囲が広いのにちょっと驚きました。


aiai3.jpg

定食で900円とリーズナブルだったこともあり、今回は久々に「初めての洋食屋ではビフカツ」ルールを適用できました。けっこうなボリューム、デミグラスは甘みが利いた懐かし系。

aiai4.jpg

肉質は値段なりに充分満足いくものでした。これはこれで良かったんだけど、隣の人が食べていた「アイアイオムライス」(700円)がボリュームもあってかなりおいしそう。オムライスメニューのうち、これのみいわゆる「タンポポスタイル」(プレーンオムレツのっけ)だそうで、次回はこれで決まりだな。


{お店データ}
住所:神戸市兵庫区福原町29-8 電話:078-578-3944
営業時間:8時〜20時(祝日は〜16時) 定休日:不明

綿業会館にて(大阪・本町)

Posted ish / 2008.05.26 Monday / 10:32

綿業会館6.JPG

すばらしい建築物として知られる、大阪・本町の日本綿業倶楽部(綿業会館)のランチ付き見学ツアーに行って来ました。
10年ちょっと前に僕はここである会合に出席したことがあるのですが、今回は近代建築フェチである妻の「行ってみたい!」がきっかけ。とはいっても通常ここを利用できるのは会員or会員同伴の場合のみなので、見学するなら一般向けのツアーに参加することになります。

綿業会館1.JPG

ところがどっこいこのツアー、毎月4土曜のみの開催。11時からは食事付き(2500円)、14時半からは見学のみ(500円)で各々定員35名の要予約。かなりの人気らしく、今回の予約が取れたのは昨年12月のことでした(‥;)

建設当時の基金150万円(現在の価値に換算するとなんと75億円!)をもとに作られた建物は、基本性能・先進性・先見性・デザイン・ディテールのこだわりなど、素人からしてもその素晴らしさに感激してしまうというかあきれてしまいます。お金がかかってるからいいとかいうもんじゃなくて、いくらお金をかけたってこれと同じものを今作ることはできない超貴重品。昔の人の技術力って凄かったんだなあと、つくづく思います。

綿業会館3.jpg


綿業会館4.jpg


綿業会館5.jpg


会員食堂(上から2番目の写真)でいただくランチは、ベテランウエイターさんがサーブしてくれてリッチな雰囲気。内容としては、まぁこんなものでしょうねって感じでしたが、これだけの建物を解説付きでじっくり見学できて、ランチもいただけるのは超お値打ちです。この手の建物にご興味のある方にはオススメ!
もし予約とれたら、当日までかなり日数があくので、忘れないように気をつけてくださいね〜

※綿業会館で撮った写真をこちらにあげています。
 よろしければどうぞご覧下さい。
PAGE TOP