【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

ぱっぷはうす(大阪・大正区)

Posted ish / 2008.02.27 Wednesday / 12:49

同名のお店がいくつかあるようですが、大阪・大正区の「ぱっぷはうす」に初めて来たのは10年ほど前。友人が知り合いに連れて来てもらい、感激したから是非行こうと誘われ、それ以来何度か夜に来たことがあります。ちょっと不便な場所にあるのとおいしいけれど安いとは言えないのでここしばらくはご無沙汰でしたが、ランチがあると最近知り、これまでにも一緒に来たことがある同僚氏と食べに行って来ました。

ぱっぷはうす1.JPGぱっぷはうす2.JPG
(上の写真はクリックで大きくなります)
(左)申し遅れましたが、ここは焼き肉屋さんです。ランチメニューのトップ・ぱっぷはうすランチは、丸腸やウルテなどもあって選べる部位が豊富。この日は1日1食のみの限定ランチ以外は、どれでもまだ注文可能でした。
(右)焼肉サイドメニューのランチもあります。こっちも食べてみたいけどなあ…

ぱっぷはうす3.JPGぱっぷはうす4.JPG

久しぶりなので、せっかくなら色々食べたい。けど、あんまり高いのはなあということで、今回は肉道楽ランチ(1650円)をチョイス。サラダとナムルの盛り合わせ、でっかいタンのスライスが入ったたっぷりスープの他、キムチとご飯がついています。昼時とはいえ、ちゃんと炭火を用意してくれてるし手抜きなし。

ぱっぷはうす5.JPG

肉第一弾は塩タン。見ただけで質の良さがわかるので、もちろん表面をさっとあぶっただけでパックンチョ。うーん、昼からまだ仕事あるから仕方ないけど、これでビール抜きは辛いモンあるなあ。

ぱっぷはうす6.JPG

肉第二弾は盛り合わせ。いずれもフツーのランチタイム焼肉で出てくるような質じゃございません。右サイドの白身系は特に焼き過ぎ厳禁、これも強火で表面をあぶっただけでガツガツ。焼肉にご飯ってやっぱり合いますね〜。(…けど、やっぱりビール欲しいぞっ!!) 量的にもかなり充分。当然、昼からの勤労意欲をかなり減退させてくれました。

食事ももちろんおいしいのですが、沖縄テイスト溢れる「サンクス平尾」がすぐ近くというシチュエーションもまた一興。お店の人もテキパキして明るいし、めっちゃ感じがいいです。個人的にはある想い出があり、いつも心の片隅にあるお店なので、これからもちょくちょく来たいと思っています。


{お店データ}
住所:大阪市大正区平尾5-1-11 電話:06-6555-9629
営業時間:17時〜23時 ※ランチは火〜日・祝の11時半〜14時
定休日:不定休(月に2回程度)

関空のフードコートにて

Posted ish / 2008.02.25 Monday / 12:26

関空1.JPG

僕が飛行機を利用したんやなくて、見送りに行って来ました。
時間調整もかねて寄ったフードコートは、そこそこの賑わい。中でも「関空食堂」がけっこう人気があるように見受けられました。色んなところで見かけるまいどおおきに食堂って、それなりに安いし、この手のお惣菜系を食べる機会がそれほどないから流行ってるんでしょうね。

関空2.JPG

僕はといえば、「せんば自由軒」や「たこ昌」は以前食べたし、そんなにお腹も空いてなかった?し、ということで「ほんまもん」のにぎり寿司にしました。内容と場所からすれば、これで850円は上出来とせねばなるまい。

吉兵衛でソースカツ丼

Posted ish / 2008.02.22 Friday / 13:27

自慢じゃないが、もうウン十年前から神戸三宮・「吉兵衛」のカツ丼を食べてきています(←年食ってる証)。それなのに、これまで一度もここのソースカツ丼を食べたことがありませんでした。確かオープン当初はなかったと記憶しているけれど、それにしてもかなり以前からあるのにもかかわらず未食だったのは、「たまにしか来れないのでやっぱりいつもの」という気持ちがあるからだと思います。

で、とある平日休み。三宮での野暮用が片付き、この時間なら大丈夫だろうと14時半頃行ってみたら、さすがに5,6人とは言えまだ行列がありました。食券を買う直前にふと思いつき、初めてここでのソースカツ丼を試してみることにしました。

吉兵衛ソース.JPG

作り方を見ていたら、丼にまずご飯、その上にカツオ風味のタレを回しかけ、キャベツ・トンカツを載せて温泉玉子を加え、ソースをかけて出来上がり。レギュラー600円でこの盛り状態は毎度ながら良心的です。

福井名物・ヨーロッパ軒のソースカツ丼もシンプルで良かったけれど、こちら吉兵衛のは、まずかつお風味のタレがかかったご飯がおいしい。カツはソースがかかっただけなのでコロモサクサク、卵とじバージョンよりもトン「カツ」そのもののおいしさがストレートに伝わってきます。ソースとキャベツは出合いものなので、ある意味では余ってしまう?温泉玉子をどうするか迷いました。カツにまぶすとせっかくの歯応えが半減してしまうので、結局はご飯に混ぜ込んで食べました。みなさんどうしてるのかはわからんが、僕的にはこれが正解。

王道の卵とじもいいけど、このソースカツ丼もいいなあ。
知ってしまったが為に、次回以降どっちにするか悩んでしまいそうです。

たまたまのはしご酒(後編)

Posted ish / 2008.02.20 Wednesday / 17:40

*このエントリは「たまたまのはしご酒(前編)」の続きです。

この日はどういうわけか酔いが回るのが早く、以降の写真はぶれ気味です(暗かったのもあるけど)。ごめんなさい。

はしご5.JPG

二軒目の店は、ふらふら散歩している時に見つけて気になっていた「うちわ」。数週前に行く予定だったのに、おがちゃんが風邪をひいて当日ドタキャンとなり、そのリターンマッチがこの日の本来の目的でした。

はしご6.JPGはしご7.JPG
(上の写真はクリックで大きくなります)
(左)南京町の西側で元町通と栄町通の間と、ちょっと穴場っぽい場所にあるせいか、ホルモン系串焼きを中心にリーズナブルな設定です。
(右)座席が9席しかないので満員で入れなかったとの噂も聞きますが、この日は楽勝でした。壁に貼ってあるのがおすすめメニューで、おつまみ一品+お任せの串5本+ドリンク一杯で980円!赤紙に「闘魂」の文字は何だ?!

はしご8.JPGはしご9.JPG

酔ってたせいもあり、普段以上に部位がわかりません。まあどこだっていいや、おいしけりゃ。けっこうベラベラとお店の方や他のお客さんと話した記憶があり、「店の外に椅子が置いてあるくらいだし、いつも混んでそうですね」と聞くと「いや、ヒマやねん〜」とお決まりのお返事。ゆる目なお店の雰囲気含めて、気に入りました。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通3-1-6 電話:078-334-2951
営業時間:17時〜24時 休日:不定休(仕入れの都合により異なる)


うちわを出て、最近僕が超・気に入ってるパン屋さん「ブランジェリ・ラ・リュンネ」におがちゃんを引っ張り込み、おみやげを購入。二人ともかなり酔ってたのに、ちゃんと家までパンを持って帰れたのはさすがです。


はしご10.JPG

続いて三軒目は、すぐ近くの「たまゆ」さん。この段階でかなりキてたので、もはや入口の写真しかありません(笑) 三種盛りを頼んだのは憶えてるけど、かす汁食べたなんてまったく知りません。ここでもベラベラしゃべった記憶があるのですが、お店にご迷惑でなかったでしょうか。
とここで、出前を食べていたのにおがちゃんに呼び出されたこまつさんが登場。酔っ払いのおっさん二人の介護役として、合流してくれました。(えらい災難なこってす…)

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通4-1-6 山田ビルB1 電話:078-341-8648
営業時間:17時〜23時 定休日:水曜


はしご11.JPG

二宮の藤原から元町を経て、四軒目は新開地へ(ちなみにオール徒歩です)。最近急に芋焼酎への興味が増してるんですが、一度だけ飲んだ「侍士(さむらい)の門」をまた飲んでみたくてネットで色々探しているうちにたどり着いたのが、この「さじ屋」。近いうちに行こうと思ってたんです。
…てな話をこの日おがちゃんにしたにはしたが、今回案内させられるとは思わなかった。それとも僕が行こうと言ったのか、真相不明。ま、どっちでもいいけど。

はしご12.JPGはしご13.JPG

念願の侍士の門を一口飲んで、「お、この芋臭さやん」と思ったのと、大貝のなんかとカキのなんか(こまつさんによるとそれぞれそば焼きとお好み焼だったそう)をおがちゃんが注文してたのは憶えてます。半分以上寝てました…
大貝のお好み焼(そば焼き)って、神戸の下町以外ではまず見かけないと思います。ここしばらく食べてないのでシラフでもこれを注文してただろうけど、残念ながら今回は記憶のカケラも残ってません。もっとまともな状態の時に再訪せねば。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地3-1-17 電話番号:078-351-1132
営業時間:17時〜25時半 定休日:木曜


改めて学んだのは、早い時間から飲み始めたからといって、早く終わるわけではないということ。相手にもよるんでしょうがねぇ(笑) 食べたものも出会った人もバラエティに富んでいて、すごく愉快な夜でした。
量的にはさほどでもなかったとはいえ、これでトータル一人当たり諭吉さん一枚以下って素晴らしいと思いませんか?(ちゃんと払ってたらの話ですが)
PAGE TOP