【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

マルヤ浜中店(神戸・和田岬)

Posted ish / 2007.12.30 Sunday / 14:12

浜中マルヤ1.JPG

塚本通のマルヤは自宅から近いのでちょくちょく行ってるんですが、こちら浜中店にはなかなか行くチャンスがなく、今回が初めて。色んな方のブログで取りあげられているので、行く前から食べたい候補がすでにいくつか頭の中でグルグル。洋食・中華二刀流のこの手のお店は、どういう組み合わせにするか迷ってしまいますね。

浜中マルヤ2.JPG

店に入る直前には、「よし、やっぱり初めての店ではビフカツ!」と決めていたのですが、お店に入ったら隣の席のおばあちゃんが食べてたオムライス(480円)がおいしそうだったので、あっさり変更。やや小振りっぽいのをこれ幸いと、食べてみたかった候補の一つ・中華そば(300円)を追加しました。
オムライスにかかっているドミグラスは、見た目の暗褐色から想像したより重くはありませんでしたが、コクがあるスタンダード系。卵の内側がトロッとしてて、さすが熟練の味。隣のおばあちゃんは何年間これを食べ続けてるんやろ。
ラーメンというよりあえてこう呼びたい中華そばは、ものすごく懐かしい味。僕のスタンダード、長田商店街にある「大西」でかつてメニューにあった中華そばを思い出してしまいました(このエントリのコメント欄参照)。昔からの食堂にある(あった)中華そばってこういう味でしたよね。

それにしても、安い!この2品頼んでも1000円以下やもんなあ。
次回は、今や懐かしい名称となったメニュー・ダブルカツにするぞ!(多分)


{お店データ}
住所:神戸市兵庫区浜中町1-10-5 電話:078-651-5375
営業時間 11時〜14時半、17時〜21時 定休日:火曜

Billie Jean - Michael Jackson

Posted ish / 2007.12.29 Saturday / 01:40

某所でMICHAEL JACKSON 30TH ANNIVERSARY CELEBRATION (ベタ訳:マイケル・ジャクソン・ソロ活動30周年記念)ライブのDVDを観ました。
参考サイト:saya cafe/MJ Concert in NY

そういやもう何十年も前、今は無き大阪球場で雨のため開演が1時間以上遅れ、カッパかぶってマイケルの登場を待ったなあとか、この人のスタイル(というか芸というか)は、初めっから出来上がってたんやなあ、とかなんだかんだと思いにふけりながら。

ライブのポイントの一つがビリー・ジーン。ムーン・ウォークお披露目ともいわれるモータウン25周年記念ライブのパフォーマンスは、やっぱり鳥肌立ちます。
(カクカク状態ではなく、ぜひともスムースな動きで観ていただきたい)



色々言われていても、さすがKING OF POPやなあと思うんですがね。


ところで、こういうのもありましたね。



(元ネタはこちら)

扁炉(ピェンロー)を作ってみました

Posted ish / 2007.12.27 Thursday / 17:01

古くからのブログ友達、ぷるみえさんえて吉さんだまかなさんと3人立て続けにこの鍋料理をやってたので、僕も作ってみました。
必要な材料は鶏モモ肉・豚バラ肉・白菜・干し椎茸・春雨、味付けには塩・一味・ゴマ油と、至って家計にやさしくシンプル過ぎるので、ついついそのへんにあるものを加えてみたくなります。実際、先の3人中お2人は少しだけアレンジされていましたが、素直な僕は(爆)妹尾河童さんが紹介されているレシピどおりに作ってみました。

ピェンロー.jpg

やっぱり鍋料理の写真って難しいっす。単なるごった煮で申し訳ない(^_^;) 材料の入れ方が大雑把やねんなあ。
感想としては、とにかく簡単でおいしい(単純でスマン)。特に白菜がおいしくてアホほど食べられます。たまたま食べてる途中で普段使いの安物ゴマ油が切れてしまい、どこからかいただいた精製した高級品にチェンジしたのですが、河童さんのレシピのページにも書いてあるとおり、普段使い品のクドめなゴマ風味のほうが合います。必要な材料が少ないので、他の鍋料理をして白菜が余った翌日はこの鍋にチェンジってのもありかと。

ところで、鍋のシメにラーメン入れて食べてたら、味が似ているもんで、頭の中でこのCMソングがずっと鳴り響いてました。知ってる人少ないやろなあ…

速攻で良友酒家へ

Posted ish / 2007.12.26 Wednesday / 11:25

keitさんのあまりにも刺激的なエントリを眼にしてしまったもんだから、いてもたってもおられず矢も盾もたまらず、良友酒家に飛んで行きました。
カキ焼きそば・カキ汁そば・カキ飯いずれも1260円、その他冬の定番カキお好み焼などもある中、今回は席に付く前に「カキ焼きそば!」と勢いよくオーダー。

カキ焼そば.JPG

アンに埋もれた麺をちょっと引っ張り出してみましたの図。うーん、やっぱりむっちゃうまそう。それなりの値段だなあとは思っていたけど、1ダースほどのぷっくりガキがゴロゴロしているのを見て納得。ここの海鮮は定評ありますしね。三種ほど使われいる青菜類は当然シャキシャキ、アンはかすかにしょうが風味でかなりしっかりした味付け(個人的にはもう少し薄味のほうが好み)。

なによりかにより、ここの焼そばはとにかく麺そのものがおいしい!両面に焼きが入ってカリリと香ばしく、麺そのものに旨みがある。もし替え玉制度があったら、絶対オーダーするね、僕は。アンが麺に染みて柔らかくなって味が馴染んできたのもおいしいけど、僕みたいな堅麺好きはちょっとくらいバリバリしたほうが好み。今度ここで焼きそば食べる時は、最初にアンの下から麺をもっと引っ張り出しておこうかな。それもできれば大盛で(笑)

こういうの食べてると、職場が神戸の人がうらやましくてしかたありません!
PAGE TOP