【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

食後は冷たいデザート〜「東・京・大・神」その2

Posted ish / 2007.07.31 Tuesday / 08:01

*このエントリは「まずは寺町・京極あたり〜「東・京・大・神」その1」の続きです。

京都の夏としてはそれほど大した暑さではない(by サル)とはいうものの、やっぱり暑い。その上、昼酒で多少なりとも体がほてっているので、冷たいデザートを食べに行くことにしました。

銀閣寺キャンデー1.JPG
大阪なら北極、神戸なら鈴木商店、京都ならこちらの「銀閣寺アイスキャンデー店」が手作りレトロ系アイスキャンデーの代表格でしょうか。写真左端の新聞紙は持ち帰り時の断熱包装用、大50円小30円のパインジュースは持ち帰り可、ひやしあめやソフトクリームもあり。冬場は大文字焼という回転焼(どら焼き)中心のお店になります。「氷点」の文字がインパクトきつし。

銀閣寺キャンデー2.JPG
お店右側のボックスの中に各種アイスキャンデーがぎっしり。どれにしようかいつも悩みます。

銀閣寺キャンデー3.JPG
四者四様、僕は手前の抹茶。かじりかけで失礼します。
この手のアイスは乳脂肪はどうでもよく、あっさりシャクッとした食感が持ち味。暑いさなかには、濃すぎる味よりこの手のあっさり味がおいしいですね。近所の人がうらやましいなあ。


{お店データ}
住所:京都市左京区浄土寺東田町56 電話:075-771-5349

まずは寺町・京極あたり〜「東・京・大・神」その1

Posted ish / 2007.07.30 Monday / 00:09

ブログを始めたばかりの頃からお付き合いがある「素食讃歌」のぷるみえさんが東京から京都に来られるとのことで、馴染みの関西勢数人と一緒に食い倒れツアーをすることになりました。
メンバーはぷるみえさんの他、「Sarutobi*Diary_2」のサルさん(京都)・「こんなの食べたよ」のえて吉さん(大阪)・foodishのish(神戸)の4名。「東・京・大・神の会」とでも申しましょうか、居住地バラバラなのがいかにもブログ繋がりです。

smart.JPGぷるみえさんを出迎えた後、まずは寺町の「スマート珈琲店」で顔合わせと打ち合わせ。サルさんには初めてお会いしたのですが、想像以上にむっちゃ活発でユニーク、おもしろ〜い人♪初対面とは思えないくらいごく自然に馴染むことが出来ました。

あれやこれやと話していると、隣のテーブルからホットケーキのいい匂いが。親子三代和気あいあいと楽しまれている光景は、意気やなあって感じでした。お勘定払ってるおじいちゃん頼りがいありそう、サンドイッチもおいしそうやったなあ。

スマートを出た後は、近辺に馴染みがあるジモティ・サルさんの案内で錦市場を行ったり来たり。僕なんか学生時代数年いただけなので京都のほんのさわりしか知らないのですが、いやあ、さすがにジモティはレベルが違うわ。店に関する知識が半端やないし、錦であんなに試食できるとは知らなかったなあ。もっともっと色々教えてもらいたかったです。

スタンド1.JPG
てことで、頃合いを見計らって12時開店・新京極の「スタンド」へ。この辺りはこれまで何度もウロウロしてるのに、このお店には全く気づいてませんでした。スマート珈琲店同様、店名ロゴのデザインが歴史を感じさせると同時に、シブ・モダーンな感じが素敵です。

スタンド2.JPG
注文した品物の金額を伝票に足し込んでいくスタイルは、居酒屋などで時々見かけますね。店名を右から左に読んでいく配列、それを伝票の一貫に組み込んだデザインがおしゃれです。

12時ちょい過ぎにお店に入ったら、あっという間に満席。客層は、1人で昼酒のおっちゃん・家族連れ・カップル・女子学生などバラバラで、相席が常識。普通なら女性だけでは入りにくいだろうに、そんな雰囲気は皆無、各種定食など食事が目的の人と、昼酒目的の人が混在している状態は、とても珍しくおもしろく感じました。長い年月を経て、そういうカラーが出来上がっていったんでしょうね。

スタンド3.JPGスタンド4.JPG
運転手役をかってでてくれたえて吉さんには申し訳なかったのですが(事前に了解済み)、他の3人は生ビールで乾杯。定食やラーメン(これがうまそうだった)もある中、アテ系をあれやこれやと注文。写真はその一部で、左・東日本ではしめ鯖と呼ぶでしょうが、関西では「きずし」、右・鴨ロース。

スタンド5.JPG
手前・ビフカツ、奥・自家製コロッケ。いずれもコロモがバリッとしててうまし。特にまん丸な自家製コロッケは4人ともにウケていました。中身の塩加減がいいんでしょうかねえ。

後のことがあるので大量注文こそしませんでしたが、そこそこ食べて飲んでトータル5000円ちょい。この立地でこの価格はご立派。まずは上々のツアー滑り出しです。


{お店データ}
住所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町546
電話:075-221-4156 営業時間:12時〜21時 定休日:火曜

チョコミント蒸しパン

Posted ish / 2007.07.28 Saturday / 17:44

チョコミント蒸しパン.JPG

「か」さんから情報をいただいたので、さっそくサンクスに買いに行ってきました。今月半ばあたりの新商品だそうですね。

ミントブルーの蒸しパン生地にチョコチップがぽつぽつと、サーティーワンのチョコミントを思い出させる見た目です。
食べてみたら…もろ「チョコチップ入りのミント風味蒸しパン」としかいいようがない味。予想してた以上にミントが効いていて、「ほぉ〜、パン生地でもこんなにミントフレーバーをつけられるのか」とやや意外。
おいしいかって言われると、どうかなあ、蒸しパンにミント風味ってなんか合わないような気がします。面白いけど短命の予感。

アサヒ熟撰

Posted ish / 2007.07.26 Thursday / 15:36

熟撰2.jpg時々行くお店で生ビールを頼んだらたまたま品切れ。替わりに「これ飲んでみて」と出されたのが、アサヒの「熟撰」。初めて飲んだのですが、ひっかかりなくすっと入ってくる感じ。悪く言えばクセがなくて没個性的かもしれないけど、こういうあっさりさらっと飲めるのもけっこう好きです。

サントリー・プレミアムモルツのヒットに刺激されたのか、今年になって特に高級志向のビールが色々出てきているので、これもその一環かと思いきや、2004年に発売されてるんですね。基本的には飲食店でしか飲めず、中ビン・小ビン・樽詰のみ。といいつつ、まれに小売店にあったり、ギフト用に缶もあるようですが。

普段自宅では発泡酒や第4のビールみたいなの専門で、ビールには全然こだわってません。熟撰の旨さがどれほど理解できてるのか自分でも疑問ですが、基本的に缶より瓶入りのほうがおいしいと思ってるせいもあるのかなあ。

チェリオ・クリームソーダマンゴー

Posted ish / 2007.07.25 Wednesday / 11:08

チェリオ.JPG
街を歩いていて、ふと目についたオールチェリオ&オール100円の自動販売機。その中の「クリームソーダマンゴー」のポップでチープな色合いと、そのカラーを存分に生かしたお気楽テイストのラベルが気に入って買ってしまいました。
もちろん無果汁(笑)、ジャンキーな味。これでこそチェリオ。

中学や高校の時は、チェリオオレンジやグレープをよく飲んだなあ。
夏来る!って感じ。

しかし、マンゴークリームソーダとクリームソーダマンゴーはどう違うのだ?!
PAGE TOP