【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

ゴディバ・オランジェ

Posted ish / 2007.02.27 Tuesday / 11:04

ゴディバ.JPG

バレンタインデーに妻からゴディバのオランジェをもらい、チマチマといただいております。メジャーになり過ぎで色々とご意見もございましょうが、それはそれ・これはこれ。僕がオレンジピールとダークチョコの組み合わせを好きなのを知ってて、コレクションの一環として?贈ってくれたわけで、もちろん初対面。
とにかく迫力がすごい。表現悪いですが、ドーンとイモムシなみの直径1.5cm、一本食べただけでかなり堪能できます。うーむ、さすがゴディバ。(値段も…)

アリマの豆はおいしい

Posted ish / 2007.02.23 Friday / 14:01

歴史ある港のお陰で、神戸には豆関連産業が多いと言われています。例えばコーヒーなら、超メジャーなUCC上島珈琲はもちろんのこと、街のあちこちで焙煎業会社を見かけますし、にしむら珈琲など、歴史ある喫茶店が数多くあります。また東灘区には東洋ナッツがあり、春になるとアーモンドの花見を兼ねたアーモンドフェスティバルが開催されています(今年は3月24,25日)。

と、ちょっと強引な話の持って行き方ですが(笑)、本題は有馬芳香堂さんの豆菓子・各種アリマの豆。豆菓子がどこのメーカーのかなんて意識して食べる方は少ないでしょうが、こちらの会社、家からも近いのでちょくちょく前を通ることがあるし、「有馬温泉→神戸」という連想で、僕としてはけっこう以前から頭に残っていたのでした。(有馬温泉とは無関係です)

で、ある日のこと。妻から「この豆はすごくおいしいし、ご近所でもあるし、是非foodishネタにするように」とのお達しがありました(^^)

アリマきなこ大豆.JPG

それがこちらの「きなこ大豆」で、大豆をきなこでやや厚めにコーティングしたもの。なんちゅうことないシンプルな組み合わせなんですが、薦められるままに食べてみたら…これがうまい!少し甘味を加えたきなこと、シンプルストレートな豆の旨味がドッキング、あっという間に一袋平らげてしまいました(^^ゞ

ナッツと言えば、単純にミックスナッツとか、おかき類との組み合わせとかなど、ありきたりのものしかイメージになかったので、これを機に色々買ってみました。

アリマ焼きカシュー.JPG

きなこ大豆は甘味があってどっちかといえばおやつ系。アテにもおやつにもなる塩味系としてのおすすめは、こちらの「焼きカシューナッツ」。小麦粉で薄くコーティングしたカシューナッツを醤油味で焼いたものなんですが、これもヤバイ。カシューナッツの持つ甘味と醤油風味が合ってて、食べ始めたら止まらない恐れアリ。

アリマ黒胡椒.JPGアリマスパイシー.JPG

その他、粗挽き黒胡椒風味の「黒胡椒大豆」やガツン系がいいなら「スパイシーミックス」がおすすめ。どちらもビール必須です。

なんとなく今ひとつ元気が感じられない神戸。
地元の会社を応援する意味でも、是非試してみて下さいね〜


{入手の仕方}

〆の一杯

Posted ish / 2007.02.22 Thursday / 17:57

ミントカクテル.jpg

なんとなく気分転換したい夜。いつもと違うもので〆たくなったので、バーテンさんにイメージを伝えたら、GET27(ゲットではなくジェットだそう)でミント風味のカクテルを造ってくれました。
かなり薄暗い中、ぶれるかなと思いつつ撮ってみたら、けっこうまとも。シャッタースピードは1秒。ミントグリーンがサワヤカ。

大阪昼酒ツアー(後編)

Posted ish / 2007.02.20 Tuesday / 12:15

(このエントリは「大阪昼酒ツアー(前編)」の続きです)

昼酒ツアーというくらいなんで、軽めの食べ物をつつきながら飲む・これをハシゴする、なんてのも面白かったのですが、一軒目は思いっきり食べるほうにウエイトを置いてしまいました。お腹パンパンなので、とりあえず三人で心斎橋筋を南下。
法善寺横丁近辺を散歩ついでにうろついた後向かったのは、道頓堀極楽商店街。道頓堀にあまり行かないこともあり、僕もここは初めて、というか、この手のセガ系のフードテーマパークのゴチャゴチャした造りが好きでない上、こちらの場合は入場料がかかるのがどうも性に合わない。確かに色々興味深いお店が入ってるんですけどねえ。でも、グリル一平も井手商店もいつのまにかなくなってるとは知らなんだ。
で、行ってみたら、たまたま2/13〜3/16までは入館料が無料とのことで、ラッキーでした。客の入りが悪いんかなあ。

今回こちらに行ったのは、早めの時間でゆっくり飲める二軒目を事前にメールで打ち合わせていた時、はんなさんから「山中酒の店はどうですか」と提案があったから。パークそのものはイマイチでも、このお店には行ってみたかったし、満腹状態にはちょうどいい選択でした。
続きを読む>>
PAGE TOP