【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

那覇の隠れ家「月桃庵」〜石垣・竹富・那覇その6

Posted ish / 2006.08.31 Thursday / 14:55

※このエントリは「那覇のレンタカー〜石垣・竹富・那覇その5」の続きです。

今回の旅を石垣&那覇と決め、やっと那覇で「琉球料理乃山本彩香」に行けると思ってたのにフラれた(しつこいですが、いきさつはこちら)時から、さてじゃあどこで食べるか、色々と調べまくりました。せっかくなので、琉球料理あるいはそれに近いものを食べたい。できれば国際通りから近いところで、雰囲気も良くて、値段もそれなりで…

って、そんな都合いいとこあるかいっ!と言われそうですが…あったんです。

月桃庵1.jpg月桃庵2.jpg

那覇高校東側の南北の通りに、目指す「月桃庵」の看板が忽然と現れました。看板そばの路地の奥には、歴史を感じさせる立派な門構えの住宅が、というシビレるイントロ♪ 実際に行ってみていただければわかりますが、周囲とはかなり違った非日常的オーラを発してて、まさかこんなところにという意外性充分です。

月桃庵3.jpg

門をくぐり庭を通って入口へ。こちらのお店は、1953年に建てられた、現オーナーのお父様の家を利用したもの。玄関で靴を脱ぎ、通された部屋は、アールデコっぽい調度品や骨董品が飾られた「創作の間」という名の洋室でした(この部屋の他、前の間・後(ウシ)の間などの和室もあるそうです)。商売のために飾られたという雰囲気ではなく、生活の道具として揃えられた品々が、まるで誰かのお宅に招待されたかのような何ともくつろげる雰囲気をかもし出しています。(室内の様子については後述)

お昼時はランチ(日替わり1000円・なんと、てびち食べ放題!)をやっていますが、夜は各部屋一組限定の完全予約制、3000〜5000円のおまかせコースのみとなります。事前に電話で相談した結果、この日は一人4000円でお願いすることにしました。
続きを読む>>

那覇のレンタカー〜石垣・竹富・那覇その5

Posted ish / 2006.08.29 Tuesday / 18:45

※このエントリーは「竹富島の「竹の子」〜石垣・竹富・那覇その4」の続きです。

3年ぶり5回目の那覇、しかも24時間を少し切る程度の滞在だったので、出発前にあまりあれこれ調べませんでした(ただし、夕食をどこで食べるかは別)。那覇でのホテルは国際通りの近くを選んだので、レンタカーなしでも良かったのですが、ツアーに元々ついてたので借りることにしました。

で、那覇空港に着いて指定の場所でレンタカー屋の送迎車を待ってると、係員が「あちらにデューティフリー行きのバスが来ますのでそれに乗ってくださ〜い」…って、デューティフリー(以下DFS)ってどういうこと?と思いつつも、まあいいかとそのバスに乗り込みました。空港近くのレンタカー営業所に連れて行ってくれるものと思っていたら、バスはどんどん北上。市街地に入り国道58号線をすすんで、ついたところが「DFSギャラリア沖縄」。えー何これ〜、どないなってんねん、と思いつつ、徐々にここがいわゆる「新都心」だということがわかってきました。ゆいレールのおもろまち駅付近がそうなってるとかすかに聞いた記憶があるけど、この辺りがそうやったんや。(←まるでわかってなかった)

DFSが那覇に出来たことさえ知らんかった上、なんでレンタカー借りるのにここなのかと思ったら、主要レンタカー会社の営業所がDFSに集合してるんですってね(゜o゜)
システム的にはこうなってて、要はレンタカーを借りる観光客にDFSでお金を落としてもらおうという魂胆。バスかゆいレールでDFSについたら、そこでレンタカーの手続きを済ませ、荷物を預けて(車の引き取り場所まで運送されます)身軽になってどうぞショッピングして下さい、ってこってす。

たまたまかも知れんが、旅行会社からもレンタカー会社からもこういうことは聞かされていませんでした。ま、今はこれが当たり前になってるからかもしれませんがね。
で、このシステム、今回の僕らにはすごく不向きでした。何故なら…
  1. 国道58号線は、ひっきりなしに渋滞している道路。那覇での滞在時間が短い僕らにとっては、新都心までバスで行く時間がもったいない。
  2. 車を借りた後、西海岸方面に行くならまだいいが、国際通り方面や南部方面に行くなら距離的にも時間的にもムダ。
  3. ゆいレールを使うとしても、おもろまち駅までの料金負担はどうなる?また、もし荷物が多かった場合、えっちらおっちらDFSまで行くのは大変。
  4. 車を返却する時もDFSになるのかと訪ねたところ、空港近くでも可とのこと。それなら借りるのも空港近くでできるような選択肢があるべき。(実際にはあるけど、たまたま説明がなかっただけかもしれません)

DFSに行きたい!って方もたくさんいらっしゃるでしょうから、システムそのものには反対ではないんですよ。でも、あの手のショッピングに興味がない層向けの選択肢は用意すべきだろうし、その説明もあってしかるべき。空港返却が可能なのなら、今までどおりの空港引渡しが難しいとも思えませんもん。ま、なんだかんだ言いながら、結局はDFSを素通りすることも出来ず、買い物までしてしまったんですけどね(^^ゞ

沖縄が経済的に大きな問題を抱えていることは、ある程度わかっているつもりです。でも、アウトレットに続いてDFSもできた那覇が、「はて、ここはどこやったっけ」と思われてしまう街にはなって欲しくありません。

人によってその街に期待する「らしさ」は違うだろうけど、僕が住んでる神戸だって危ないもんだ。

竹富島の「竹の子」〜石垣・竹富・那覇その4

Posted ish / 2006.08.28 Monday / 11:07

※このエントリは「石垣島のコンビニ・スーパーにて〜石垣・竹富・那覇その3」の続きです。

竹富街並.jpg

子供の頃、竹富島の街並みと星砂のことを本で読んで、いつか行ってみたいと思っていました。ほんの数時間しか滞在できませんでしたが、ウソみたいな街並み。次に来る時はぜひとも島内で泊まってみたいものです。

竹の子店頭.jpg

竹の子メニュー.jpg3日目のこの日まで、そばを食べる機会がありませんでした。よってここでは迷わず有名な「竹の子」へ。(メニューはクリックで大きくなります)
お昼少し前に着いたら、数組待ちが出ていました。ファミレスみたいに、メニューの上に順番待ちのための名前を書いていきます。同時に、店内かお店の外かの希望も記入。
珊瑚が敷き詰められた竹富島の白い道の照り返しは、思っていた以上にきついものですね。屋外での食事も楽しいのですが、今回は熱いそばでもあるし、さすがに室内を選んでしまいました(‥;)

竹の子そば.jpg
今回の旅行中初めてのそばだったので、僕にしては珍しくソーキそば(700円)にしました。(結局今回の旅行中に食べたそばはこれだけ)
八重山そばの特徴である丸くて細い麺、あっさりだしにほろほろ崩れるソーキ。そばそのものももちろんおいしいけど、なんといってもこの島の雰囲気の中で食べてるというのが最高のスパイスです。

{お店データ}
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1 電話:0980-85-2251
営業時間:10時半〜16時 18時半〜24時 定休日:不定

※竹の子さんのサイトから事前に「オリジナル竹富島マップ」をダウンロードして持って行きました。詳しい地図がなかなか見つからなかったので、島歩きにとても役立ちました♪(お店でも入手可能です)

石垣島のコンビニ・スーパーにて〜石垣・竹富・那覇その3

Posted ish / 2006.08.27 Sunday / 10:14

※このエントリは「念願の石垣牛〜石垣・竹富・那覇その2」の続きです。

HOTSPAR.JPGコンビニシーサー.JPG
初めて沖縄(本島)に来た時は、ファミリーマートが多いなあと思ったものです。今はファミマ全体が店舗数を絞っているそうなので、どうなのかはわかりませんが。
石垣島でのコンビニは左のホットスパーが大半、とはいえ、市街地を少し離れるとコンビニそのものを見かけません。他にコンビニシーサーもあり、こちらは日用雑貨ありみやげ物ありのチャンプルーな雰囲気。アクが強いほうが好きならこっちがいいかも。

オリオン.JPG
ブルーシール.JPGフーチャン弁当.JPG

各種オリオンビールがあったり、アイスクリームケースにごくフツーにブルーシールが入ってるのは当然として、「ミニフーチャン弁当」って何かと思ったら、「ミニフーチャンプルー弁当」でした。特に石垣っぽいわけではありませんが、この他ジューシーおにぎりやらポーク玉子おにぎりなども、平然と鎮座しています。

沖縄そば.JPG八重山そば.JPG
モブログでもエントリしたように、ホットスパーではカップ沖縄そばだけでも4種ありました。観光客向けのホテルが多いゾーンだったので、おみやげ需要もあるのでしょうね。生麺タイプの八重山そばがあるところは、石垣っぽいか。


スーパーはマックスバリューが3店、そのうち2店は24時間営業。日用品・食料品ともに品揃えが豊富、おみやげコーナーもヘタな店より充実しているように感じました。

パパイヤ他.JPG

イリチーなどに使う細切り状のパパイヤが、もやし程度の袋の大きさで238円。思ってた以上に高いんやなと勉強になりました。隣の四角豆も同様。

オオタニワタリ.JPG
前日の夜に初めて食べたオオタニワタリを発見。そうか、こんな肉厚の観葉植物の葉っぱみたいなもんやったんや。やっぱりスーパーや市場は面白い。

滞在中に石垣島の公設市場にも行ってみましたが、閉店間際だったのでほとんど品物がありませんでした。雰囲気的には那覇の市場のミニ版。ものすごいサシの入った石垣牛のブロックが目に付いたけど、かかえて帰るわけにもいかんし(^^ゞ

やっぱりバッテリー交換プログラム対象

Posted ish / 2006.08.26 Saturday / 00:28

今年の6月に買ったPowerBook G4が、バッテリー交換プログラム の対象になってるんやないかと思って調べてみたら…
見事ピンポン!

さっそくWEBで手続きしたら、次のような確認メールが届きました。
このたびはバッテリー交換プログラムにお申し込みいただきありがとうございます。お客様のお申し込み (お申し込み番号 XXX) につきましては、現在作業を進めております。
交換用バッテリーがお手元に届くまでは約 4 - 6 週間かかる予定です。ただし、お使いのバッテリーモデルの在庫状況により日数がかかる場合がありますのであらかじめご了承ください。

うーん、1ヶ月以上もかかるのか。まあしゃあないけど。
PAGE TOP