【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

にんにく丸ごとカレー

Posted ish / 2006.07.31 Monday / 17:42

日本テレビ系列で土曜の18時半から放送されている「たべごろマンマ!」という食ネタ番組があります。毎回というわけではなくたまに見ている程度とはいえ、けっこうおもしろくてこの番組好きなんです♪ いろいろな食材をテーマとして取り上げ、産地に行ってその食材の特徴を紹介したりするわけですが、なかでもおもしろいのが生産者オススメの食べ方。大概は採れたての利を生かした超シンプルな調理法が多く、これがまた毎回めちゃくちゃうまそう。ジャガイモの特集で長崎に行ってた時なんて、採れたて新じゃがをそのまんま素揚げにしただけのが紹介されてたんですが、こりゃ、もうたまらんかったです!こういうのは、産地で、しかも野外で食べたらめちゃくちゃうまいやろうなあと。

で、おとといの特集素材はニンニク。青森の生産者の方々がオススメするニンニク料理ベスト5のうち、第一位の「ニンニク丸ごとカレー」を早速作ってみました。

ニンニクカレー.jpg

わけわからんアップな写真ですんません。作るにあたって取り立てて難しいことは全くなし。ニンニクの薄皮を剥き、素揚げにしたものをカレーに混ぜてしばし煮込むだけ。素揚げニンニクは「ニンニク風味がついた柔らかめのジャガイモ」といった感じで、カレーによく合います。匂うかなぁと思って一人あたり二個にしたんですが、全然足らない。もっと揚げときゃ良かった〜(作り方はこちらからどうぞ)
カレーそのものは、最近キーマ系が好きになっているので、挽肉・カットトマト一缶丸ごと入り水控えめ・辛めに。土しょうががあったので、皮を剥いて一個丸ごと微塵にして加えました。トマトが多いのでかなり赤みが強く、ハヤシライスみたいな外観。これももうちょっと辛くしても良かったかな。

ニンニクがドカーッと入った辛めのカレーを、汗をダラダラかきながら食べれば、夏バテなんてしませんよ!(多分)

夏らしく

Posted ish / 2006.07.29 Saturday / 14:45

ハイジ

ハイジ本店2階の喫茶にて、チョコレート系はさすがに暑苦しく思ったので、マンゴプディング。ココナツソースとマンゴプディングの組み合わせがサマーです。
冷房よう効いてたなあ〜。

追記:残念ながら、ハイジ本店は2006年末をもって閉店されました。

さいもと(明石・朝霧)

Posted ish / 2006.07.29 Saturday / 00:35

さいもと看板.JPG神戸でお好み焼と言えば、兵庫・長田などの下町ゾーンが本場な気分。一方今回の「さいもと」さんは、明石海峡大橋も望める、JR朝霧駅から徒歩3分という立地。夏の陽射しギンギンな海がすぐ近くにあるせいで、ちょっとリゾートな気分です。

さいもとメニュー.JPG…と思いきや、看板の案内どおり2階にあがり店内に入れば、そこはリゾートではなくまさにディープなお好み焼ワールド。壁一面に書かれた多彩なメニュー(クリックで大きくなります)とその内容を見れば、只者でないことがわかります。

こちらのお店、住所としては明石市ですが、神戸市との境界は目と鼻の先。ということで、メニュー要素のうち神戸のお好み焼屋っぽいものがいくつかあります。今やメジャーなスジはもちろん、大阪でもあまり見かけないタコもその一つ。明石という土地柄なので、余計にこのネタにひかれます。それ以外にも、レアもののカス、恐らく神戸しかお好み焼に使わないだろう大貝などもあって、ネタの豊富さは相当。このネタに各種調理法?を掛け合わせた結果が、アテ系から食事系までさまざまにそろったこちらの壁一面のメニューで、ほんとにどれを注文するか迷ってしまいました。

さいもと1.JPG

ここのウリネタ、スジを使ったスジオムレツ。トロトロ玉子とソース味のスジのコンビネーション抜群。同時に頼んだスジミソいため同様、車で来たのが悔やまれる強烈!なビール誘発度です。暑かったしなあ(~Q~;)
ミソ味も美味しかったけど、ここのソースとスジの相性がとてもいいように感じました。

さいもと2.JPG

左・タコのモダン焼。モダン焼には色々な焼き方がありますが、ここのは焼そばを作った後、クレープ状のコナではさむタイプで、僕的スタンダードと同様。ブリコリしたタコがおいしい。モダン焼は焼そばよりまとまりがあるので、テコで直接食べやすいですね。
右・お好み焼のスジ・カス入り玉子のせ。玉子のせはこちらのご主人(むっちゃ気さくで楽しい女性)のアドバイスによるものです。スジのグリゴリネチャ感と、香ばしくてカリッとしたカスの食感の相性はもともと好きなんですが、これに半熟気味の玉子とソースが相まって、本日一番のお気に入りとなりました。

写真以外にも何枚か食べて感じたのは(注:4人で分け分け)、ここのコナの具合、説明しにくいけど僕の好みに合っています。お好み焼屋ではネタも大事だけど、コナのほうがある意味ではもっと大事。自宅から少し離れてはいるけれど、今後ぜひ通ってみたいと思っています。
JRの駅からも近いし、次は車なしでビール飲みまくるぞ〜!!


{お店データ}
住所:明石市大蔵谷字狩口193-7 電話:078-913-0033
営業時間:11時半〜14時、16時半〜23時(ただし、土日祝は休憩なし)
定休日:水曜

※神戸の生田川にある「斉元」さんは長女、「さいもと」さんのご主人は末っ子にあたるのだそうです。生田川の斉元も一度行ったことがあるけど、こっちもシブイお店やったなあ。

梅雨明け(のはず)

Posted ish / 2006.07.27 Thursday / 16:24

スコーンとした青空、入道雲モクモク、日差しじりじり。
暑くなると暑いところのものが食べたくなります。

いちゃりばランチ.jpg

ということで、ちょくちょく行ってるJR大正駅そばの「いちゃりば」で、日替わりランチ(650円)。特別というほどではないけれど、ここの沖縄そばはやっぱりおいしいなあ。今日のおかずは、豚肉と大根にんじんの炊いたの、万願寺唐辛子(多分)炒めアンダンスーがけ。
どうってことない日常っぽい組合せが好きです。

ムウムウ&イルバール(大阪・北浜)

Posted ish / 2006.07.24 Monday / 12:09

同僚氏とうなぎを食べた後、以前行って気に入った「ムウムウコーヒー」に行こうとしたら、なくなってる!
…と思ったら、コーヒー専門店から、夜はバールになる「ムウムウ&イルバール」に進化?していました。

ムウムウ外観.JPG

コーヒー専門の頃とはテントが変わっていたような気がしたので、なくなったのかと思ったんです(^^ゞ
北浜界隈には歴史のあるビルがたくさんあり、ムウムウが入っているのは生駒時計店の本社・生駒ビルヂング(1930年建造)。今建てたらどれくらいお金と時間がかかるんだろう、いや、ひょっとしたらもう造れないのかもと思わせる、優雅で手の込んだ造りが見ものです。

ムウムウ店内.JPG

建物の価値を活かしたモダンな店内。ビルの片隅なので、席数はわずかしかありません。狭いながらもけっこうゆったり目の配置で、イスの居座り心地が良ければ長居してしまうこと確実です。

ムウムウコーヒー.JPG

ムウムウという名の通り、こちらのコーヒーはハワイコナのエスプレッソ。今回オーダーしたのは、「アイス・シェカラート・コン・パンナ」というシェーカーで冷やしたエスプレッソに生クリームを添えたもの(500円)。ややこしい名前なので、メチャクチャ注文しにくかったです(笑)
生クリームは半端なものでなくて、どっしりうまい。ほんの少しだけ甘味を加えてもらったコーヒー本体は、キンと冷えてて、濃く深く豊かでバリウマ!今まで飲んだ冷たいコーヒーの中で一番美味しかったかもしれません。

僕が初めて行った頃は大阪のこのお店しかありませんでしたが、現在は東京・横浜・名古屋にもできています。本社は大阪なんやから、もっとこっちにもお店を増やして欲しいなあ。それなりのロケーションでないと出店しないのかも。


{お店データ}
住所:大阪市中央区平野町 2-2-12 電話:06-6232-1200
営業時間:11時半〜26時 定休日:日曜祝日
PAGE TOP