【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

ミントアイス数珠繋ぎ

Posted ish / 2006.06.26 Monday / 22:32



その代わり…


スーパーカップミント.jpgまたまた新しいのに出会いました!おなじみ・スーパーカップのチョコミントフレーバー、5月29日から発売だそうです。(ぷるみえさんはすでにご存じだったようです)
さすがスーパーカップ、200mlのミントアイスはド迫力。ただでさえボリュームあるのに、チョコチップがかなり少なめなので、もうとにかく口の中はミントフレーバー・タイフーン!って感じになります(^^ゞ
あっさりめのラクトアイス、ミントもさほどきつくないとはいえ、一度に全部食べ切るのは、相当のミント好きかむっちゃ暑い日でないとちょっとしんどいかもです。

明治乳業のプレスリリースによると、「カップアイスの市場では色物フレーバーの人気が高まっています」とのこと。色物フレーバーってなんじゃいと思いつつも、まあいいか。
今年はミントアイスが色々出回りそうで、楽しみです♪

長田の冨士(神戸・長田)

Posted ish / 2006.06.23 Friday / 16:49

久々の平日休み。今日はどうしようかなあと考えているうちに、前から行ってみたかった課題のお店のうちの一つ・レストラン「長田の冨士」に行ってみることにしました。
僕が生まれ育った実家が長田神社に近く、このお店のことは子供の頃から知っていました。「ステーキがおいしい」とかいう噂は当時から聞いていましたが、地元でステーキっちゅうのもなんだかなあということもあり、ずっと未訪。とはいえそのうちいつかと思っていたのと、foodishを読んでいただいている方からかなり以前にメールで推薦いただいてたので、気になっていたんです。「会下山パパ」さん、遅くなってごめんなさい!もう読んでいただいてないですかねえ(__;)

(以下の小さい写真はクリックで大きくなります)
冨士外観.JPG長田というと、JR新長田近辺を思い浮かべる方が多いかも知れませんが、こちらのお店があるのは神戸高速鉄道・長田駅の近く。駅から北に延びる長田商店街にある、「プレノ長田」(2階はダイエー系のグルメシティ)の1階にあります。確か昔は喫茶店主体だったように思うんですが、今や完全にレストランってなってますね。
そういや、同じフロアにインド人の方がやってるインド料理屋さんがかつてあって、ランチが結構美味しかったのに今はもうなくなってて寂しいです。

冨士ランチ.JPGこの日の日替わりランチメニューがこちら。ポーションは不明ながらも、ご覧のようにかなり盛りだくさんな内容です。僕が行ったのは例によって1時過ぎで、客層としては男性は50〜60歳代、女性は30〜50歳代中心という感じで、数はやや女性のほうが多めでした。

冨士テキカツ.JPG
原則的に「初めての洋食屋さんではビフカツ」なのですが、冨士さんはステーキがウリということもあって、今回選んだのは両方が楽しめる「テキカツランチ」(1260円)。注文した時にちゃんとステーキの焼き加減を訊いてくれるところが、おっ、やるなという感じ。

冨士メニュー.JPGメニューを見て(左参照)、スタンダードなランチメニュー以外は、長田という土地柄の割にそこそこの値段やなあと思っていたものの、コーンポタージュに続いて出てきた料理はかなりのボリューム。ステーキ・ビフカツとも長辺は15cmはあり厚みは7,8mm、その下の生野菜とマカロニサラダは全く見えず。ドミグラスソースは粘度が低くさらっと系で、それよりも右上の一見ウスターソースにみえる正体不明ソース、想像するにウスター+醤油+味醂+ワイン+αみたいな感じだと思うのですが、ビフカツのコロモにちょこっとつけるとおいしかったです。

きさくでリラックスしたお店の雰囲気なのに、けっこう本格的。長田商店街近辺で洋物食べるなら、ここできまりって感じでしょうか。買い物ついでに日替わりランチというのもいいですね。

{お店データ}
住所:神戸市長田区大塚町1-8-11 電話:078-691-0384
営業時間:11時15分〜15時、17時〜20時 定休日:水曜

定番アイスの期間限定ミント味

Posted ish / 2006.06.21 Wednesday / 23:02

右カラムのプロフィール欄に「mail」と書いたアイコンがあって、それをクリックすると僕宛にメールを送ることができるようになっています。ごくたま〜にこれを使って、お勧めのお店やらなんやらメールを下さる方がいて、これはこれでコメントをいただくのと同様にとても嬉しいんですよ。

で、昨日久々に、mariさんという方から、新しいミントアイスを見つけましたよ!とのメールをこのアイコン経由でいただきました。

pinomint.jpgおなじみの一口アイス「ピノ」の期間限定フレーバー・ミント味!エスキモーさんのサイトによると6月19日からの新発売だとか。さっそくコンビニに探しに行って来ました。

食べてみた感想としては、マニアな僕には嬉しいことに予想以上にキツめなミント具合!一つ一つがちっちゃいので、食べたさ度合いに応じて食べられる便利さは、さすが今年で30年の歴史を誇るピノ。…といっても、僕の場合はこれくらいの量ならあっという間に食べてしまいますが。
mariさんによるとまだあまり見かけないとの情報もありましたが、僕が探した中では、ファミマ・ローソン・サンクスは○、ハートインは×でした。でも、ピノを扱ってる率はかなり高いので、もう少し経てばかなり入手しやすくなると思います。これは、マイナー人気なミントフレーバーにしては画期的!
この夏は手軽にミントアイスを楽しめそうです♪
mariさん、情報ありがとう!

イングリッシュマフィン

Posted ish / 2006.06.19 Monday / 11:52

マフィン.jpg

「イングリッシュマフィン」という食べ物があることを知ったのは、初めてアメリカに行った時にマクドナルドで食べた「エッグマックマフィン」でした。今でこそ朝マックの定番ですが、当時は日本デビュー前(いつの話やねん…)。カリカリモチモチの食感が気に入り、以来時々無性に食べたくなるものの一つになりました。

初体験以降、どこかで売ってないかなあと探していたら、「パスコ」で発売されているのを知りました。その袋に書いてあった食べ方説明が、「マフィンの周囲にフォークを順々に突き刺し、手で二つに割ってから表面をカリッと焼いて食べる」というもの。ナイフで切れば良さそうなものを、なんでこんなめんどくさいことをするかといえば、このほうが表面がでこぼこになって焼き上がりが香ばしくなり、バターを塗った場合も染み込みやすくなるから、ということなんだそうですね。
オーブントースターを充分に熱してからマフィンを放り込み、表面にやや焦げ目がつく程度に焼いてから、バターを塗るなりジャムをつけるなりチーズを載せるなり、どれもおいしい。僕は、カリッとバリッの中間ぐらいの焼加減で、何もつけずにそのまま食べるのが好きです♪

ちなみに、イングリッシュマフィンに対して、単にマフィンorアメリカンマフィンと呼ばれる代物は別物で、どっちかというとカップケーキみたいな感じ。両者の関係や違いなどについては、下記サイトがおもしろかったです。

最近気付いた近頃の言葉遣い

Posted ish / 2006.06.17 Saturday / 00:49

まず初めにお断りしておきますが、言葉は時代の移り変わりによって変わるものなので、新しい言葉遣いがいいとか悪いとか言ってもしょうがないと思ってます。

とはいえ。ここしばらく、コンビニ・百均・チェーン系居酒屋で、異様に語尾をのばした店員の言葉遣いに何度も遭遇したのが気になっています。
例えば、
「いらっしゃいませーーーーーー〜」
「どうぞゆっくりとご覧下さいませーーーーー〜」
「ありがとうございましたーーーーー〜」
まるで谷間にこだまするがごとく、長ーーーーーくひっぱった喋り方をしているのに気がつきました。

たまたまにしては聞いた回数が多すぎる。一部地域だけの現象かもしれませんが、何なんですかね。これは?
どうでもいいことですが、何故こういう喋り方が流行るのか、興味があります。
PAGE TOP