【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

はり重・大宝寺店(大阪・心斎橋)

Posted ish / 2006.05.31 Wednesday / 11:26

精肉業も営む老舗レストランとして全国的にも有名な「はり重」。道頓堀と御堂筋の交差点にあるひときわ目立つ和風な建物が創業大正8年(1919)の歴史を感じさせるとか、精肉店と並んでお座敷・グリル・カレーショップと3段階?あるとか、ビーフワンが名物だとか、etcetc…とにかくさすが老舗、ちょっとググっただけでかなりな数のヒットがあります。
僕もこれまでに、カレーショップでビーフワンを食べたこともあるし、グリルでビフカツ(これ、秀逸)を食べたこともあります。でも僕の行動範囲からすると道頓堀に行く機会はあまりないので、本店ではおいそれとは食べられません。その代わりといってはなんですが、心斎橋駅からも近い「大宝寺店」にはちょくちょくランチを食べに行ったりしています。
(以下の小さい写真は、クリックで大きくなります)


はり重1.jpgはり重2.jpg

(左)ホテル日航のすぐ裏手、ほぼアメ村内という立地にこんなところが?!という感じの和風な大宝寺店。左側が日本料理の部(といっても、すき焼しゃぶしゃぶが中心)で、ちょっとした料亭風。気軽にのれんをくぐれるような雰囲気ではありません。出入口横には「お昼のサービスメニュー・すき焼定食5250円(サ別)」と書いてありました(^^;
(右)左の写真の位置を右側から見たところ。「お二階へどうぞ」の通り、「はり重」看板横の階段から上に上がると大宝寺店新館の入口があります。


いかにもクラシックな洋食屋という感じの店内の雰囲気がとてもいいです。新しくはないけれどきちんと手入れされていて、しっくりくる。こういう「味」みたいなモンはちょっとやそっとでは出せませんよね。カウンター席無し・テーブル席のみ、スペースの使い方もゆったりしていて、なんちゅうかお店のゆとりが感じられます。


はり重3.jpgはり重4.jpg

テーブル上のメニュー裏表です。立地、雰囲気等を考え合わせたら、充分安い部類に入るのではないでしょうか。名物ビーフワンは700円、これを除けばオーセンティックな王道メニューばかり。「にっぽんの洋食!」って感じで、いいなあこういうの。
続きを読む>>

ゴゴコーspecial

Posted ish / 2006.05.30 Tuesday / 11:41

午後カムカム.jpg少し前からコンビニで見るたびに気になっていた、「午後の紅茶special・カムカムレモンティー」。ゴゴコー発売20周年(もうそんなになるんや)を記念しての、スペシャルシリーズ第一弾だそうです。
アセロラに似た風味で、ちょっと紅茶の渋みがきつめ。レモンに比べて個性が強そうなので、紅茶を濃い目にしないと負けるのかな。
で、カムカムって何やねん?と思ったら、
最近果樹として利用されるようになってきた、サクランボのような赤紫色の果実をつける常緑低木である。ペルーのアマゾン川流域の熱帯雨林に産し、Camu camu、CamuCamu、Cacari、Camocamoなどいろいろの名で呼ばれる。グアバなどと同じフトモモ科に属し、樹高は約3m。(中略)実には100gあたり約2800mgのビタミンCを含み、これはオレンジの60倍近い。〜カムカム-Wikipediaより
というものなんですと。 …それにしてもフトモモ科ですよ、フトモモ科。
そのフトモモとはこんなんで、沖縄で自生しているそうです。
誰が聞いても違うモン連想しますよねえ、この名前は。(それがどうした)

ゴゴコーspecial第二弾は「茶葉(ウバ)2倍ミルクティー(6/13発売)」、第三弾は「スパークリングレモン(7/18発売)」。
濃いミルクティーに期待してます。でも、甘いと嫌やなあ〜

50万ヒット御礼

Posted ish / 2006.05.29 Monday / 23:47

昨年の元旦に今のURLを使い始めてほぼ1年半。途中お休みしたこともありましたが、なんとか50万ヒット地点をよたよたと通過しました。
日記など続いたことがなく、何につけても飽きっぽい僕がここまでやってこられたのも、blogの世界で知り合った色んな方々との楽しいやりとりがあったからこそだと思います。
以前のように頻繁に更新することはできないかも知れませんが、今まで同様マイペースで続けていく所存ですので、今後ともどうぞよろしくお願いしますね。

次にこういうこと書くとしたら100万ヒットの時だろうけど、その時はどうなってるんやろか。Web2.0とか言われてるけどなあ。

みなとや(JR神戸駅)

Posted ish / 2006.05.29 Monday / 15:23

みなとや.JPG

かの有名な、ラーメンの「みなとや」さんに初めて行って来ました(^^ゞ
今更なあという感じでなんとなく恥ずかしいような気もするんですが、これまで何度か行ってみたけど、売り切れだったりお休みだったりの空振り続きだったんで、しょうがないですよね。

僕が行ったのはランチタイムぎりぎり滑り込みの時間帯だったので、店内はゆったりした感じでした。ご主人は勝手に描いていたイメージよりかなり若め。もっと頑固爺さんぽい人かと思っていたら、正反対の爽やか系でした。
こってりラーメン(600円)に100円プラスして、ランチタイムのおかずご飯食べ放題サービスにしました。これ、やってみたかったんですよね〜。諸事情により、今回は店内の写真はなし。やっさんさんのところに、こってりラーメンその他みなとやさんに関するエントリが一杯ありますので、ご参考下さいね。

スープはかなり粘度があり、天一のこってりを思い出しました。九州のトンコツラーメンともまた違い、臭みやえげつなさはなく、ほんのりした脂の甘味がしゃきっとした麺によく絡んで、うまい。僕はあんまりラーメンに詳しくないんですが、こういうタイプって神戸発祥のお店では今までなかったんじゃないでしょうかね。麺もなんだか違ってて、いい意味での堅さ・芯を感じました。
100円プラスのランチサービスも、聞いていたとおり破格の内容。カレーを先に食べるとラーメンの味がわからなくなるので、ガマンするのに苦労しました(笑) 自宅からも近いので、日を改めてあっさりや醤油も是非食べてみたいです。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区西出町27 電話:090-4299-3354
営業時間:12時〜14時、18時〜23時(売り切れ次第終了)
定休日:日曜

旬に勝るモノなし

Posted ish / 2006.05.28 Sunday / 21:58

空豆玉ねぎ.JPG
ヒジョーに見栄えが悪い写真ですが、今夜の献立の一部です。
左は、ムキムキに大きくなったサヤがいかにもおいしそうだった徳島産の空豆を、ただ単に塩茹でしたもの。右は淡路島産の新玉ねぎ製オニオンスライス。繊維を切る方向に薄く輪切りし、軽く塩をまぶして混ぜた後に水洗いして水気を切っただけ。

どちらも近くのスーパーで買ったごくフツーの食材で、材料費は両方合わせて200円とちょっと。アホみたいに簡単なのに、なんでこんなにおいしいのか!
空豆は香りが豊かで豆豆しい旨味がたっぷり。オニオンスライスはドレッシングもなんもなしのそのままで、甘味を堪能。
この手のモノを食べると、料理って一体なんやねんって思ってしまいます。
PAGE TOP