【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

曹家包子館(神戸・南京町)

Posted ish / 2005.09.30 Friday / 16:15

先日「老祥記」のエントリーの中でご紹介した、松茸入り豚まんの「曹家包子館」に行ってきました。
平日の昼下がりということもあり、本家も行列なし・こちらもガラ空き。とはいえ、厨房の中にはけっこうな数の従業員さんが包子を作ってました。店内で食べる場合、一人あたり最低2個からの注文となります。(1個150円)

松茸豚まん注意.jpg松茸豚まん.jpg
(左)テーブル上には注意書きがあり、松茸を香りを損なわぬよう何も付けずにそのままで、肉汁が飛ぶので気をつけてと書いてあります。
(右)出てきた松茸豚肉包は、老祥記のより2周りほど大きめ、一貫楼や蓬莱のよりは小さめとご説明すればいいでしょうか。


松茸豚まん断面.JPG
品が無くてすみません。今回のはどうしても断面をお見せしたかったもので、僕がかぶったところを撮りました(笑) 中央上部付近に松茸のスライスが見えます。
老祥記のと比較すると、やや大きい・噛むと松茸の香りがポワ〜ンとする(当たり前だが)・肉汁がたっぷりめというところでしょうか。持ち帰りだと肉汁でベタベタになるのではと、ちと心配。
確かに美味しいのですが、もう一度食べたいかと問われたら…僕なら本家のを2個食べます。あるいは、数個食べるうちの1個だけをこれにするとかね。続けて食べるにはちょっと飽きるのでは。また、松茸にコストがかかるのは当然として、この150円をどう受け止めるか。今後注目です。

梅三小路に行ってきました

Posted ish / 2005.09.30 Friday / 09:55

梅三小路.JPG
9月22日にオープンした「梅三小路(うめさんこうじ)」は、JR大阪駅西側の高架と中央郵便局に挟まれたゾーンにあります。梅三は、ご想像通り梅田三丁目にちなんだネーミング。

梅三小路看板.JPG
けっこうせせこましいゾーンに17のお店があり、そのうちの一つはすぐそばにあったソフマップ梅田店。こちらに移転して面積が縮小され、ソフトと中古重視で新品の割合がかなり減りました。やはりヨドバシに食われてるのかなあ。
残りは1店舗を除き、全て飲食関係です。
続きを読む>>

グリルしき浪(大阪・日本橋)

Posted ish / 2005.09.29 Thursday / 11:51

かつて仕事の用事でちょくちょく日本橋に行っていた頃がありました。最近は仕事の用事がなくなったこともあって、とんとご無沙汰。その上、電化製品を買うルートが昔に比べて格段に多様化しているせいもあって、プライベートで行く機会も減ってしまいました。その一方、日本橋も時代に合わせて、単なる電化製品の街ではなくなってきているようですね。

今回の「グリルしき浪」はまだ社会人になって間もない頃から、日本橋に行くとちょくちょく寄っている大阪の老舗洋食屋さんです。ちょくちょくといいながらfoodishで取り上げるのは初めて。ということは、確実に1年半は行ってないことになります。実は何度か行ってみたら、たまたま定休日だったというケースが2,3回あったもので(^^ゞ

しき浪店頭.JPG
地下鉄・日本橋駅からすぐ、近くには黒門市場もあります。いかにも老舗の洋食屋という店構え。2階にも席がありますが、僕は何十回とこの店に行っているのにもかかわらず、一度も足を踏み入れたことがありません。混雑時以外は、1階のカウンターorテーブル席というのが、暗黙の了解です。

ランチ時しか行ったことはないのですが、お客さんの注文を聞いていると9割方はAランチ。1150円でエビフライ+白身魚フライ+ハンバーグにライス付きとあって、ボリューム並びにお得感満点だからでしょうね。
こちらのサイトにAランチ・特製ランチのおいしそうな写真あり)

僕の場合は、Aランチを食べたこともあるけれど、相も変わらずビフカツ(1050円+ライス250円)が定番です。
しき浪ビフカツ.JPG

17,8センチはあろうかという、どうだ文句あっかの迫力、添えられた生野菜もたっぷりあります。こちらのソースはやや甘めなので僕の理想とはちと違うのですが、これはこれでOK。料理が運ばれてくるとフロア係の方が必要に応じてカラシを添えてくれます。うーむ、やっぱりビフカツは洋食の王様だと実感できて、充実感一杯♪

色々なサイトに書かれているこのお店の特徴として、一階の厨房にやたらコックさんが、それもけっこう年配の方が多いということ。この日も計6名(うち2名若手)いらっしゃいました。お店の大きさに比べて多すぎるのではというご意見もあるようですが、2階もあることですし、こちらではソースやドレッシングも全て自家製との話もききます。
お店がある程度の年数を重ねていて、従業員さんの数が多くて、なおかつそのメンバーが変動しないというのは、僕の場合、おいしいお店の吉兆としてとらえています。無駄な人件費を単純に価格に載せていたら、お店を長く続けられる訳ないですもんね。この日の厨房を見て、ベテランから若手へと味を伝えるいい光景だなあと感じました。


{お店データ}
住所:大阪市中央区日本橋2−5−9 電話:06-6631-7530
営業時間:11時半〜20時 定休日:水曜

これは使える!「レンジでパスタ」

Posted ish / 2005.09.28 Wednesday / 15:11

やむやむ」のnanameさんを皮切りに、「えて吉の飲み食い」のえて吉さんまでこれはいいとオススメの、エビス株式会社「レンジでパスタ」。

ご参考までに、発端となったnanameさんのエントリーはこちら
(これ以外にも何度も登場してます)
えて吉さんとこは、こちらをクリックしてお好きな所をどうぞ。

僕もけっこうパスタ好きなので、買いたくてウズウズしておりました。ま、買うのに躊躇するほどの代物ではないので、なんとなくタイミングを逃していただけですが。

レンジでパスタ.JPG
ということで、近くのニトリでゲットしてきました。えて吉さんが買ったよりも少し安くて399円。写真に写っている以外にも何列か並んでいたくらいなので、けっこう売れ筋のようです。

使用感については、お二人のところで何度かレポートされているのでそちらをご参考いただくとして、今回僕が使ったパスタは1.8mm・標準茹で時間7分のスパゲティ。これで2人前を作りました。
レンジでパスタを使う時の茹で時間は、1人前なら標準+5分、2人前なら+8分。説明が書いてある袋がどこかにいってもわかるように、ちゃんと容器の蓋部分にこの目安が書いてある親切設計。水の量も容器に目盛りが書いてあるのでそれに従うだけ。説明書が見つからないからわからん〜なんてことはありません。簡単なことなんですが、こういう気配りをちゃんとしてくれているところに好感が持てます。

パスタソース.jpg初回ということもあり、パスタ・水とも分量は指定通り。ただし、茹で時間だけは7+8=15分のところ、アルデンテを意識して15秒短くしてみました。(あんまり大差ないかな)
使ったソースは、日本製粉の「生風味パスタソース・チーズクリーム」。2食分入って近所のスーパーで100円ちょっとで売ってたやつです。

電子レンジの中のスパゲティが、ぶくぶく沸いてるお湯の中で動く様はおもしろい。なんか拷問されてるみたいでもありますが(笑)
時間が来たら蓋をして、UFO食べる時みたいにお湯を捨てれば麺はできあがり。お皿に取り分けてパスタソースをからめます。

レンジでパスタ出来上がり.JPG
出来上がりがこちら。なお、上にかかっているのは青のりではなく(爆)、付属のスパイスミックスです。混ぜてから写真撮れば良かったですね。

さて、その出来ですが…タイトルどおり、これいいです!
鍋を使った場合と違い、茹でている時に麺が踊らないので大丈夫かな?と思ったのですが、単に水(湯)を熱しているのではなく電子レンジが麺に直接作用しているのでしょうか、まったくの上出来。黙って出したら、好きな人でない限り気づかないんじゃないですかね。
ともかく、決められたとおりにやればある程度のパスタができるので、ヘタな人が(失礼)鍋使ってやるよりも安定した出来になると思います。鍋をずっと見張ってる必要もないし。

その他感想です。
  • 我が家の場合、台所はオール電化なので、どちらにしても使うのは電気。こっちの方が省エネになってるはず。
  • 鍋を使ってる時ほど、暑くない=夏向き。
  • 一人暮らしなどの少人数や、ちょこっとだけ作る必要がある時に超便利。パスタソースだけ作り置きして冷凍しとく手もあり。
  • 冷凍品やレトルト、その他インスタント物に比べて、市販のパスタで作れるので経済的!


信頼するお二人のオススメなので大丈夫とは思っていましたが、正直言って予想以上の出来でした。ちゃんと作る時はこれからも鍋を使って茹でますが、手抜きしたい時やちょこっと作る必要がある時には最適。簡単な割にはそれなりのレベルで出来上がるし、これはいいものを教えてもらいました。

こんにちは、さようなら

Posted ish / 2005.09.27 Tuesday / 15:13

森永スライスアーモンド.jpg近所のスーパーで見つけた、森永のチョコ「スライスアーモンド」。安かったので試しに買ってみたら、意外にチョコがビター系。アーモンド丸ごとカリッも魅力あるけど、このスライスさくさく感もおいしい。

いつ発売なのかなと調べてみたら、今年の5月10日。ところが森永のチョコレート商品カタログには載ってない。ということは、早くも落選決定ということか。けっこうおいしいのに残念やなあ。
森永のチョコとしては、僕の好きなベネズエラ・ビターは生存中。がんばって欲しい!(というのもおかしいのだけど)
PAGE TOP