【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

紅カブお漬物

Posted ish / 2005.01.31 Monday / 13:39

自宅で食事する場合、たいがいはおかずと一緒にご飯はあまり食べません。仕上げに軽く1、2杯を、何かちょっとしたもので食べます。例えば、梅干し・塩昆布・らっきょ・ちりめんじゃこ・納豆・明太などなどが、ほんの少しあればいいんです。
あると最高なのが、おいしいお漬物。我が家は徒歩5分圏内にスーパーが6軒あるという環境にありますが、お漬物となればやはり昔ながらの市場で、でっかい樽に入った奴を求めたいところ。

昨日ちょっとした用事のついでに、神戸新鮮市場へ寄ってきました。以前にエントリした「すいすい商店街」もかなりのものですが、こちらも3つの市場と2つの商店街からなり、全部で500以上の店舗がある巨大市場です。
こういう市場を歩いていると、あれやこれやとついつい買い物してしまいそうで、危なくて仕方がない(^^;) この日も何点か買い物したのですが、そのうちの一つがこちらの赤カブのお漬物。もちろん、でっかい桶に入っておりました。帰って調べてみると、どうやら琵琶湖紅カブというのらしい。

カブ漬物.JPG


葉っぱの所は細かく刻み、赤いカブのところは細切りにしました。これ以外おかずがいらないくらい、ご飯が進む進む。

カブのお漬物といえば真っ先に浮かんでくるのが千枚漬。あの甘酸っぱ〜いのもたまにはいいのですが、むしろちょっと苦みが残っていて、歯ごたえのある方が好み。
以前、京都の錦市場で買った紅蕪のお漬物はおいしかったなあ。
土曜日に行った時、買っときゃ良かった。

余談ですが、東京なんかで言うところの「お新香」は、(少なくとも僕周辺の)関西ではほぼ「タクアン」と解釈されます。吉野家が増えてから、「ああそう呼ぶ場合もあるのね」という理解がかなり浸透してきたようには思いますが。
少しお上品な「香の物」という言葉もあるので、この辺どうなってるのかとちょこっとググってみたら、おもしろいのを発見しました。

お香々考」(木村言語研究所内のコンテンツです)

今回は「カレー+玉子」の時みたいなことにならずに済みそうです(^^)

Rickie Lee Jones

Posted ish / 2005.01.30 Sunday / 11:24

LPは持っているけどCDでも欲しい!というケース、時々ありませんか?
レコードからパソコンに音声取り込んでから加工して、タイトル手打ちして、アルバムジャケットの画像探してきて…ってことができるのはわかってるんですけど、経験者の話を聞くと数枚やってるうちにしんどくなって来て、結局は多少お金がかかってもCD買う方が楽でいい、という結論に至る場合が多いそうです。

先日Amazon.co.jpの輸入盤掘り出し市をあちこち見ていたら、CDでも欲しい!というアルバムが急に頭に浮かんできました。色々検索したあげく、結果的にはAmazon.comまで行ってポチッとするハメに…
で、昨日届いたリッキー・リー・ジョーンズのアルバム2枚。

RLJ1.jpgRLJ2.jpg
(左)Rickie Lee Jones ~ オリジナルは1979年。日本版は「浪漫」とかいう、ようわからんタイトルがついてました。
(右)Pirates ~ オリジナルは1981年。ジャケットの写真がシブい。

両アルバムとも当時の有名どころが多数バックを勤めています。
一番有名なのは左に入っている「Chuck E.'s in Love」。
古いなあ〜もう20年以上も前の代物かあ。

超私的探求欲を満たさんがため

Posted ish / 2005.01.29 Saturday / 22:18

自分で自分のことを「アホやなあ〜」と思うことがママあります。
今回はまさにそう。いてもたってもいられなくなって、急遽電車に乗ってここまで来てしまいました。

京都駅.JPG


[お断り]
今回のエントリは、我ながら個人的思い入れが強すぎます(いつもそうかもしれんが)し、やたら長いです。
よって、あえて読んでみたいと思われる方、あるいはヒマだからつきあってやろうという方以外は読み飛ばして下さいませ(^_^;)
もし続きを読んでいただける場合は、こちらのエントリ(って昨日のエントリですが)を先にご覧いただきますと、より理解が深まることと存知ますです、ハイ。
続きを読む>>

僕の大好きなラーメン屋に関する超気になるエントリ

Posted ish / 2005.01.28 Friday / 22:36

以前、「ある京都ラーメン」というエントリでネタにした某店(実名書いてもいいんですが、先のエントリのネタバレになるので)に関して、無茶苦茶気になることが連載?で書かれているのを発見。

「関西食い道楽」さんのこちらのエントリを第一回として、現時点ではまだ継続中。このお店のことを知っている人はもちろん、知らない人にも興味津々なはずです。

【以下、2017年3月1日追記】
関西食い道楽さんのブログがなくなってしまい、超気になるエントリが読めなくなってしましいました。僕のブログの移転先でどうしてもその内容が読みたかったので、必死こいてInternet Arciveで探しまくって、ついに見つけました!以下の参考サイト(いずれもアーカイブ)をご参照下さい。

キノシタ雑記帳:キノシタの無駄に長い独り言「最近気になるラーメン屋」

※なお、途中までですが下記が初出のアーカイブです。(内容は上記と同じです)
キノシタのblog:最近気になるラーメン屋

ラ・ピエール・ブランシュ(神戸・須磨)

Posted ish / 2005.01.28 Friday / 21:30

1月ももう少しで終わり。世間ではバレンタインデーを控えての商戦がたけなわです。僕くらいの年になると、チョコレートをいただけるのは職場関係の義理チョコか家族からぐらいなもんで(当たり前)、ウキウキした雰囲気なんてもうありませんが、バレンタインデーであろうとなかろうと、やっぱりおいしいチョコレートは大好きです。
好みはビター系で、中身?は入ってなくてもかまわない。入っているものでなら、ゴテゴテしたものではなくてシンプルなのがいい。ここしばらく欲求を刺激してくれているのはオレンジピールもの。こちらのエントリにも書いたように、トライしてみたいお店がいくつかあり、今回のはそのうちの一つです。

ラ・ピエール・ブランシュ(La Pierre blanche)を知ったのは、昨年12月にオープンした神戸スイーツハーバーに行った時に出店していたのがきっかけ。本店が神戸ということで色々調べてみると、こちらのシェフ・白岩忠志さんはかなり有名な方らしく、素晴らしい経歴をお持ちです。先のスイーツハーバー出店はとりあえず半年契約とのことですが、神戸本店以外にもいろんなデパートに期間限定で商品がおかれているようです。

で、その本店ですが、僕の自宅からなら車で15分ほどであることが判明。こりゃあ行かない手はないでしょう。
本店と書きましたが、正確には只今チョコレート専門店開業に向け準備中だそうで、(恐らくは)自宅の一部をこぢんまりした「PBシヨップ」にして営業されています。HPにもその写真が載っていますが、行ってみてほんとにその「こぢんまりさ」を実感。お店のスペースそのものはお客が4,5人入ったら譲り合いしないと動きにくい程です(笑)

バレンタインデーを控えシェフは工場で大忙しとのことで、当日お店にいらしたのは恐らく奥様とおぼしき方(美人!)。親切で感じのいい方でしたよ〜。

ピエールブランシェ.JPG
この日ゲットしたのはこの3つ。
(左)カットしたアーモンド入りチョコ
(中)エギュイエット・オランジュ。オレンジピール入り!
(右)パンプル・ムース。簡単に言えば白グレープフルーツのマーマレード。

まずチョコレートについて。予想通り、甘すぎずかつ超ビターというほどでもなく、なんちゅうかチョコレート!って感じ(なんとなさけない表現…)。
以降もそうなのですが、全般的に感じるのが、「シンプルかつストレートであるがまま」ということなんですね。だから表現するとしても、チョコはチョコの味、アーモンドは香りや歯触りを含めてアーモンドの味としかいいようがないような感じなんです。
別のいい方をすれば、「おっ、これは何なんや?!」というような驚きや派手さはないかもしれません。ごく当たり前に、当たり前の味がするとでも言えばいいのかなあ。言うまでもなく、この「全てにおいて当たり前の味がする」というところがすごいとこなんですが。

一番楽しみにしていたオレンジピールのチョコ、やっぱり予感通りおいしい!ピール全てをチョコがコートしているのでややチョコの味が勝っていますが、これはチョコレートなのだから当たり前といえば当たり前。噛むとオレンジの風味がふわーっと拡がって、こりゃたまらん…
ブランデーなんかにも合うかもしれません。レモンピールのもあったのですが、次回のお楽しみのために今回はガマン。

事前にサイトを見ていてぜひ買いたかったのが、マーマレード。かなり種類が豊富な上に、あまりみかけないような興味津々モノが一杯あります。
現在求めているのはビター系オレンジなので、お店で訊いてみると、柑橘系では一番これがイメージに近いのではとのこと。うちに帰って味見してみると、グレープフルーツそのものの超自然な味、鼻から抜ける香気が清々しい〜

おそらく今年のバレンタインデー前にはどこかのデパートでも取り扱われるはず。争奪戦に加わるより、須磨海浜水族園からも近いこちらのPBショップを尋ねてみるのもいいかもしれません。なお、やはりこの時期の土日は特に混み合うので、週初めは品薄気味とのことです。

{お店データ}
住所:神戸市須磨区行幸町3-4-43 電話:078−341−1016
※電話番号が間違っていました。078-731-2811に訂正します。
営業時間:10時〜18時 定休日:第1・3日曜
PAGE TOP